敗北勇者 ~戦いに敗れた勇者はドSヴァンパイアに身も心も凌辱される~

Last-modified: 2022-05-22 (日) 20:54:11

製品情報

 

レビュー

  • 「無駄だ、暴れるな。敗北したお前は大人しく俺の元に下れ」
    魔族との戦闘に敗北した勇者の貴女
    さらなる力を得るために聖なる血を求めるヴァンパイアの魔王・ギルに捕らえられ凌辱の限りを尽くされる
    「俺に血を吸われると気持ちいいだろう? ――認めねえつもりか。なら、わからせてやる」
    「お前の血飲むと、マジでチンポがガチガチになるぜ」
    彼に吸血されると、抵抗もむなしく身体が熱くなってしまい
    「心配すんなよ、初めてでもずぶずぶに快楽に溺れさせてやるから」
    「処女マンコでしっかり咥えこんじゃって……じゅぽじゅぽいってるぜ」
    「もう頭ん中ぐちゃぐちゃで何も考えられなくなってるみたいだな。そのままもっと気持ちよくなっちまえよ」
    容赦ない攻めに身体は敏感に反応して初めての快感を覚える
    「お前は勇者なのに、魔王の俺にいやらしいところ舐め回されてんだぜ。ふっ、敗北したんだからしょうがねえよな」
    圧倒的な力で貴女を支配する暴君ギルからはもう逃げられない……!
    ※音声内に激しめのプレイや吸血、淫語を含みます。苦手な方はご注意ください。
  • 聖なる血筋の生まれで勇者の貴女はヴァンパイの魔王・ギルの館に連れ去られていた。
    気を失っていた貴女は「噛んでやれば起きんだろ」と首筋に歯をたてられ目を覚ます。
    「お前は俺に敗北したんだよ。血を吸わせろ」と牙が皮膚を刺し、音を立てて吸われると体内の血が沸騰したように身体中が熱くなっていく。
    そんな貴女を見て彼は「俺に血を吸われると気持ちいいだろ」と勝ち誇った笑みを浮かべた。
    「もうマンコ濡らしてるよな」とギルの手が下半身に伸び、
    「お前、勇者のくせに感じまくってんじゃねーか」と彼の吸血や言葉責めは容赦なく、頭も身体も快感に支配されはじめる。
    「仲間と故郷のヤツらがどうなるか……」と大切な人たちも人質に取られ、凌辱の限りを尽くされる。
    「今度は下の口でチンポ味わわせてやるよ。『ギル様のチンポでマンコ犯してください』って言え」とついに彼の怒張したモノで貴女の純潔は奪われ……。
    「頭もマンコもぐちゃぐちゃになっちまえよ。俺がそうさせてやるから」といつしかギルも貴女もお互いを求めあうように繋がって――……。
  • キャラクター:ギル
    年齢:??歳 職業:魔王 身長:180cm 体重:73kg
    ヴァンパイアで魔王。人間の血(特に聖なる血)を飲むと力が増す。聖なる血を求め、勇者を捕らえた。
    俺様、ドS、冷酷な性格で、何でも自分の思い通りにならないと気が済まない。
  • 主人公
    魔王軍と戦う勇者。聖なる血族の生まれで、その血を求める魔族に狙われることが多い。
    魔王・ギルとの対決に敗北し、彼の館に捕らえられた。