東京四角形 -辻ヶ花サーガ- Scene:1 羽沢光弘

Last-modified: 2019-11-07 (木) 00:21:29

製品情報 Edit

  • タイトル:東京四角形 -辻ヶ花サーガ- Scene:1 羽沢光弘
  • シリーズ:東京四角形 -辻ヶ花サーガ- シリーズ
  • 発売日:2019/10/30
  • 価格:2,000円+税 (品番:HKCS-53)
  • 対象:18歳以上推奨
  • 発売元:花鏡
  • P(企画):堀川ごぼこ D:[[]] シナリオ:堀川ごぼこ イラスト:をかゆ
  • キャスト:魁皇楽
  • ジャンル:探偵 監禁
    公式通販&アニメイト共通特典:
    ステラワース特典:ホテル
  • 収録時間:00:00

    トラックリスト

    トラックリスト  

    1 「標的 午前10:32~」
    2 「拉致 午前10:42~」
    3 「監禁 午前11:15~」
    4 「脱出 午後12:48~」
    5 「潜伏 午後01:36~」
    6 「思慕 午後05:05~」
    7 「蜜月 午後09:07~」
  • 特典:
    ・公式通販&アニメイト共通:特典CD「失踪人調査」(22:19)
    ・ステラワース:特典CD「浮気調査」(26:09)+キャスト直筆サイン色紙(予約購入者抽選1名様)
  • 備考:
    ・公式ブログにてキャスト収録後インタビューを公開中。
     
 

レビュー Edit

  • 変化し続ける街、東京。それでも変わらないものを守りたい。
    ――あなたと生きていくために。
    巨大ターミナル駅の、ほど近く。時代に忘れ去られたようなエリアがあった。
    江戸時代には染師が多く住み、「辻ヶ花町」と呼ばれていたそのエリアは、再開発の手をなぜか逃れ続け、未だに昭和の面影を保っていたが、人口は激減していた。
    2016年。オリンピック開催を控えた東京は、再び開発の嵐を迎える。
    遂に「辻ヶ花町」にもその手は伸び、外資系大手デベロッパーがかつて「辻ヶ花神社」だった土地全てを買い上げるとの一報がもたらされ、住民たちは大混乱に陥る。
    古い工房でたったひとり、今でも「辻ヶ花町」で染師をしている上槇は、下見にやって来たデベロッパーの話に疑問を抱く。
    「この土地売買は、不法なものではないのか?」
    上槇は小学校の同級生である探偵・羽沢に調査を依頼するが――。
    「辻ヶ花町」で生まれ育った者たちが、複雑な想いを抱え、あなたと共にこの町を疾走する。
    それぞれの、守りたいもののために。
    ※「東京四角形 -辻ヶ花サーガ-」は、「ある晴天の土曜日」一日を、4人の主人公それぞれの目線から描いたシリーズです。
  • 小学校の同級生である上槇から依頼され、『旧辻ヶ花神社』土地売買の経緯を調査することになった探偵・羽沢。
    地面師による詐欺事件であること、その黒幕は、同じく同級生である五條かもしれない証拠を掴む。
    報告をしようと上槇の工房がある辻ヶ花町に到着した羽沢は、地面師グループに捕まる。
    とある用事で辻ヶ花町を訪れていたあなたは、その現場を目撃。口封じのため、羽沢と共にそのまま拉致されてしまう。
    潰れたスナックに監禁された二人は、証拠の隠滅を求める地面師グループから逃れるため、やむなく協力することに。
    羽沢とあなたの「長い土曜日」が始まった。
  • キャラクター:羽沢 光弘
    零細調査会社を営む探偵。辻ヶ花小学校出身。無愛想で他人に媚びることができない。
    最難関中高一貫校に合格したことで、両親の資産の都合上「辻ヶ花町」に居住できなくなり転居。
    今は近隣の地区のボロアパートで一人暮らし。
    小学校の同級生だった辻ヶ花工務店の娘に初めて恋して以来、未だ片想いし続けている。
  • 公式通販&アニメイト共通:特典CD「失踪人調査」
    本編からひと月経った、ある水曜日。
    失踪した若い女性の行方を探すよう依頼された羽沢は、あなたにレンタカーの運転を頼み、女性の元カレが働いている海沿いの町へ調査に向かうが――。
  • ステラワース:特典CD「浮気調査」
    本編から二ヶ月が経った、ある水曜日。
    浮気調査を依頼された羽沢は、決定的な写真を撮影するため、シティホテルにいても不自然ではないよう、あなたに同行を頼む。
    二人息を潜め、調査対象者の後をつけるが――。
  • 用語解説「辻ヶ花神社」
    江戸時代には大きな神社だったが、昭和初期に廃れ、宮司もいなくなる。太平洋戦争時の空襲で焼失。
    戦後、その跡地に疎開から戻ってきた住民が住み着いた。神社は地元住民が小さな祠を建て、細々と守っている。
  • 用語解説「上槇工房」
    上槇が営む、自然染めの小さな工房。
    かつて近くに川が流れていたという土地を活かし、細々と藍等も育てている。住居と兼用。
  • 用語解説「地面師」
    地権者になりすまし、勝手に土地を転売し、最終的な買い手より多額の金銭を奪う詐欺師のこと。

URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White