誰が私を殺したのか~紅也の場合~ の変更点


**製品情報 [#c8288049]

-タイトル:誰が私を殺したのか~紅也の場合~
//↓単発物の場合、この項目は要りません。
-シリーズ:[[誰が私を殺したのか]]
-発売日:2017/10/31
-価格:2,778円+税
//↓全年齢or18歳以上推奨or18歳以上の何れかを明記してください。
-対象:18歳以上推奨
-発売元:[[Operetta Tre]]
//↓制作スタッフ不明の場合、リンクを外したうえで「?」と表記しておいてください。
-P:[[]] D:[[]] シナリオ:[[堀川ごぼこ]] シナリオ監修:[[松竹梅]] イラスト:[[和田ベコ]]
-キャスト:[[テトラポット登]]
//↓ジャンルタグはジャンルページから選択するか、任意で増やしてください。
-ジャンル:[[主人公共通]] [[幼馴染]] [[監禁]] [[強姦]] [[孕め発言]] [[中出し]] [[ゴム描写あり]] [[一人H]] [[媚薬]] [[キスイキ]] [[バッドエンド]](分岐) [[怒号・絶叫]]
-収録時間:二枚組(44:29)+(28:00)
//↓トラックリストがない(番号のみ)場合、この項目は削除してください。
#region(トラックリスト)
トラックリスト  
|1 罪を犯しても&br;2 投げられた心&br;3 選択&br;4 ハッピーエンド『許す強さ』&br;5 バッドエンド『誤解』|
#endregion
-特典:
//↓あれば//を消して追加してください
//-備考:
・初回ロット分共通特典:SS小冊子
・HOBiGIRLS:A4ミニポスター
・ステラワース:L判ブロマイド
《シリーズ4作品連動購入特典》
・HOBiGIRLS:缶バッジセット
#br

//↓amazonで該当商品を扱っている場合、//を消して加えてください。
//ASIN番号はamazon商品urlの /ASIN/_____この部分_____/ 10ケタの英数字です。
#amazon(B0759RQFGX,left)
#amazon(,clear)

#br
//↓編集時に//を消してください。
**レビュー [#g96964bb]
-  説明  幾度でも、ワタシは愛故にころされる。   各界の令嬢令息が通う瑞樹幼稚舎。その中でも影響力を持つのは、保泉家、辻家、高円寺家、市松家の四家。  彼らは家族ぐるみで仲が良く、親同士も幼馴染の関係だった。   十五年前―そんな瑞樹幼稚舎で大事故が起きる。奇跡的に生き残った児童は主人公だけ。  遺された遺族は心に傷を負い、次第に精神を蝕まれていった。  壊れていく妻たちを見ていた夫たちは思った。「愛を注ぐ対象を迎え入れよう」と。   ほどなくして、それぞれの家には養子が迎えいれられた。  引き取られた彼らには、唯一生還した主人公の世界が彩られるようにと、新しい名が与えられた。 かくして彼女の世界は優しく彩られ、幸福の内に終わると誰もが信じていたが…。   誰かが言った―「集められた理由から既におかしかったんだ。おかしくなるのは、むしろ自然だろう?」  誰かが問うた―「知ってるか?俺たちの色が混ざると、どんどん暗い色になっていくんだ。みんなに犯されたお前は、もう白くはなれないんだよ」 誰かが嘆いた―「こんなこと、許されないと知ってる」  誰かが笑った―「さて、今日も染めてあげよう。心配しないで、おかしくなっても愛してるよ」   誰かが呟いた―「もうころすしかない」と。 --  &new{2019-08-22 (木) 04:18:18};
- 2017/9/29
- Operetta Treが贈る、『耳で感じる乙女ゲーム』シリーズ最新作!
愛憎が引き起こした一つの事件が、別視点、そして別の未来で語られる――全四部作の第二弾。

- 幾度でも、ワタシは愛故に殺される。
各界の令嬢令息が通う、瑞樹幼稚舎。
その中でも影響力を持つのは、保泉家、辻家、高円寺家、市松家の四家。
彼らは家族ぐるみで仲が良く、親同士も幼馴染の関係だった。
十五年前――そんな瑞樹幼稚舎で大事故が起きる。
奇跡的に生き残った児童は、主人公だけ。
遺された遺族は心に傷を負い、次第に精神を蝕まれていった。
壊れていく妻たちを見ていた夫たちは思った。
「愛を注ぐ対象を迎え入れよう」と。
ほどなくして、それぞれの家には養子が迎えいれられた。
引き取られた彼らには、唯一生還した主人公の世界が彩られるようにと、新しい名が与えられた。
かくして彼女の世界は優しく彩られ、幸福の内に終わると、誰もが信じていたが……。
誰かが言った。――「集められた理由から既におかしかったんだ。おかしくなるのは、むしろ自然だろう?」
誰かが問うた。――「知ってるか? 俺たちの色が混ざると、どんどん暗い色になっていくんだ。みんなに犯されたお前は、もう白くはなれないんだよ」
誰かが嘆いた。――「こんなこと、許されないと知ってる」
誰かが笑った。――「さて、今日も染めてあげよう。心配しないで、おかしくなっても愛してるよ」
誰かが呟いた。――「もう殺すしかない」と。


#comment(noname)