黄昏時に終わる恋 の変更点

**製品情報 [#c8288049]

-タイトル:黄昏時に終わる恋
//↓単発物の場合、この項目は要りません。
//↓既タイトルと同様の続編など新しくシリーズ名を増やす際は、「(タイトル) シリーズ」とタイトルの後に半角空けてください。
//-シリーズ:[[]]
-発売日:2018/05/24
-発売日:2018/05/25
-価格:1,800円+税
//↓全年齢or18歳以上推奨or18歳以上の何れかを明記してください。
-対象:18歳以上推奨
-発売元:[[Dusk]]
//↓制作スタッフ不明の場合、リンクを外したうえで「?」と表記しておいてください。
-P:[[雪華]] D:ー シナリオ:[[雪華]] イラスト:[[ヅラ]]
-キャスト:[[黛希和]](越智昭春)、[[三楽章]](工藤夏樹)
//↓ジャンルタグはジャンルページから選択するか、任意で増やしてください。
//↓ジャンルを編集したら、リンク先に飛んで各ジャンルページにも作品タイトルを追加してください。
-ジャンル:[[教師]](越智昭春) [[年上]](越智昭春) [[幼馴染]](工藤夏樹) [[同年]](工藤夏樹) [[高校生>学生]](ヒロイン) [[執着]] [[嫉妬]] [[セフレ]] [[強要]](ヒロイン[[一人H]]) [[イラマ]] [[後背位]] [[中出し]] [[フェラ]]
-ジャンル:[[教師]](越智昭春) [[年上]](越智昭春) [[幼馴染]](工藤夏樹) [[同年]](工藤夏樹) [[高校生>学生]](ヒロイン) [[執着]] [[嫉妬]] [[セフレ]] [[言葉責め]] [[指示オナ]] [[イラマ]] [[後背位]] [[中出し]] [[フェラ]]
-収録時間:96:00
//↓トラックリストがない(番号のみ)場合、この項目は削除してください。
#region(トラックリスト)
トラックリスト  
|1 越えられない壁&br;2 昭春とのセフレ契約&br;3 夏樹の勘&br;4 黄昏時に終わる恋|
#endregion
//-特典:
-備考:
・[[公式作品サイト>https://www.dusk-tasogare.com/]]
・発売日2019/05/24 → 発売日変更2019/05/25
・DLsiteがるまににて[[サンプルボイス視聴>https://www.dlsite.com/girls-touch/work/=/product_id/RJ254065.html]]、ダウンロード配信販売(専売)
・[[DLsiteがるまに>https://www.dlsite.com/girls-touch/work/=/product_id/RJ254065.html]]にてサンプルボイス視聴、ダウンロード配信販売あり(専売)
#br

//↓amazonで該当商品を扱っている場合、//を消して加えてください。
//ASIN番号はamazon商品urlの /ASIN/_____この部分_____/ 10ケタの英数字です。
//#amazon(ASIN番号,left)
//#amazon(,clear)

#br
//↓編集時に//を消してください。
**レビュー [#g96964bb]
- ヒロインは小さなきっかけから教師である越智昭春(おち あきはる)が気になりだし、次第に恋心を抱くようになっていった。
しかし、それとなくアピールしても、昭春はヒロインのことは眼中にない様子。
そんな不毛にも思える毎日が過ぎ、ついに卒業を数ヶ月後に控えたある時……
幼馴染から大胆なアドバイスを受ける。
「このままでは先生との接点がなくなる」と焦っていたヒロインは、そのアドバイスを聞き――体当たりで告白することに。
結果は、見事に玉砕。
昭春はヒロインを子供扱いし、その上「生徒と本気の恋なんかできるか」と軽くあしらった。
どうしても諦められないヒロインは「じゃあ本気じゃなきゃいいの?」と食い下がり……。
――戯れを装った関係は、ヒロインが想像していた以上の切なさになる。

- キャラクター:越智 昭春(おち あきはる)CV.黛希和
ヒロインの担任教師。冷たく見えるが、困っている生徒がいたら必ず手を差しのべる。
しかし美しい顔が原因で女生徒から興味を持たれることが多いためか、必要以上に親しげにされると、途端に一線を引く。
異性として女性に接する時は、少しSになる。

- 工藤 夏樹(くどう なつき)CV.三楽章
幼稚園の時から一緒の幼馴染。
ヒロインのことは家族のように大事に思っている。

- この物語のヒロイン
一年前に満員電車内で痴漢に遭い、その時に昭春に助けられた。
それから昭春を目で追うようになり、気がつけば恋をしていた。
過去にセックスの経験はあるが、根が真面目なので元彼と数回した程度。
だが昭春の気を引くために必死になり、ビッチのふりをしてしまう。



#comment(noname)