Le Theatre 第4幕 塚原和馬

Last-modified: 2020-06-19 (金) 20:42:59

製品情報

 

レビュー

  • 一般企業のOLだったあなたは、ひょんなことから演劇に魅せられ、会社をやめて劇団ラグナロクの広報担当スタッフとして入団することに。
    次回公演『魔性の女』の密着取材をするために現れたのは、元恋人である演劇雑誌編集長の塚原和馬だった。
    過去はすべて水に流し、仕事相手として和馬に接しようとするあなた。
    だが思い出の場所を訪れたあなたは、別れのきっかけになった出来事が誤解だったと知る。
    あなたの、そして和馬の本当の気持ちはーー。
  • キャラクター:塚原 和馬(つかはら かずま)
    演劇雑誌『プレイアクト』編集長・劇評家。1年前に別れたヒロインの元恋人。
    普段の飄々とした物言いとは裏腹に、劇評家としては辛口で有名。
    そのかわり、和馬が絶賛した舞台は必ず成功すると言われている。
    雑誌で『魔性の女』の特集を組むため、稽古期間からラグナロクに密着取材することになる。
    昔から女性関係が派手だったが、ヒロインと付き合っている間は女遊びをぴたりとやめていた。
    本条恭太郎にとっては大学時代の演劇サークルの先輩にあたる。当時は役者をやっていた
  • アニメイト&公式通販共通:特典CD「酔った彼女は好きですか?」
    友人の結婚式に出席したあなたを、和馬が車で迎えに来てくれる。
    ほろ酔いのあなたに「俺がいないときにあまり飲みすぎるな」と釘を刺す和馬は、どうやら他の男に言い寄られていないか心配な様子。
    ひとけのない場所に停めた車の中で、酔っていつもより素直になったあなたは……。
  • ステラワース:特典CD「夫の親友と不倫妻」
    校了明け、久しぶりにあなたの部屋にやってきた和馬。あなたが見ていた人気ドラマの話になり、その流れで「禁じられるからこそ燃え上がる恋」をエチュード(即興芝居)で体験することに。
    人妻のあなたに、夫の親友である和馬が横恋慕するという設定で、久しぶりの逢瀬であることも手伝って二人は次第に熱くなっていく……。
  • キャラクター(塚原和馬)がヒロインよりも年上という情報は本編中の会話で分かります。 -- 2020-02-05 (水) 22:12:34

URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White