2009年冬の総会 の変更点

#br
''&size(16){2009年度冬の総会について};''
#br
&color(Red){&color(Silver){関西ミステリ連合冬の総会は無事終了しました。
講演をこころよくひき受けてくださった綾辻先生、ならびにご来場くださった皆さま、まことにありがとうございました。};};
&color(Red){関西ミステリ連合冬の総会は無事終了しました。};
&color(Red){講演をこころよくひき受けてくださった綾辻先生、ならびにご来場くださった皆さま、まことにありがとうございました。};
#br
関西ミステリ連合冬の総会を12月6日(日)に開催いたします。
また、総会内で行われる講演会に、綾辻行人先生にお越しいただきます。
#br
''&size(15){講演会情報};''
''講演者'' 綾辻行人先生
''講演形式'' 質疑応答形式
''日時'' 2009年12月6日(日)開場12時30分 開演13時
''場所'' 大谷大学講堂棟3F多目的ホール
''入場料'' 1,000円(当日券のみ。会場は全席自由席です)
''サイン会'' 有り。綾辻先生の著作を1冊ご用意ください。
#br
会場までのアクセスおよび場所につきましては、大谷大学までの交通案内と学内建物配置図をご参照ください。
→ [[大谷大学キャンパスマップ>http://www.otani.ac.jp/annai/nab3mq0000000ze8.html]]
#br
''&size(15){質問公募};''
%%綾辻先生への質問を募集します。%%
%%質問公募掲示板にどしどしお書きください。→ 質問公募掲示板%%
&color(Red){質問の募集は終了しました。たくさんの書き込みありがとうございました。};
#br
----------------------------------------------------------------------------------------------------
#br
''&size(15){2009年度講演会講演者について};''
&size(14){略歴};
  綾辻行人 あやつじ・ゆきと
  1987年 在学中に『十角館の殺人』で作家デビュー。
  1992年 『時計館の殺人』で第45回日本推理作家協会賞(長編部門)を受賞。
#br
&size(14){著作リスト(2009年10月現在/最新の物のみ文庫優先で掲載しています)};
  &color(Blue){&size(12){館シリーズ};};
  『十角館の殺人』 (講談社文庫、2007年10月)
  『水車館の殺人』 (講談社文庫、2008年4月)
  『迷路館の殺人』 (講談社文庫、2009年11月) 	 
  『人形館の殺人』 (講談社文庫、1993年5月)
  『時計館の殺人』 (講談社文庫、1995年6月)
  『黒猫館の殺人』 (講談社文庫、1996年6月) 	 
  『暗黒館の殺人』 (講談社文庫、2007年10・11月)(文庫版は4冊に分かれています)
  『びっくり館の殺人』 (講談社ノベルス、2008年11月)
  &color(Blue){&size(12){囁きシリーズ};}; 
  『緋色の囁き』 (講談社文庫、1997年11月)
  『暗闇の囁き』 (講談社文庫、1998年6月)
  『黄昏の囁き』 (講談社文庫、2001年5月)
  &color(Blue){&size(12){殺人方程式シリーズ};};
  『殺人方程式─切断された死体の問題─ 』 (講談社文庫、2005年2月)
  『鳴風荘事件 ─殺人方程式 II ─』 (講談社文庫、2006年3月)
  &color(Blue){&size(12){殺人鬼シリーズ};};
  『殺人鬼』 (新潮文庫、1996年2月)
  『殺人鬼 II -逆襲篇-』 (新潮文庫、1997年2月)
  &color(Blue){&size(12){その他小説};};
  『霧越邸殺人事件』 (祥伝社ノン・ノベル、2002年6月)
  『四〇九号室の患者』 (南雲堂、1993年9月)
  『眼球綺譚』 (角川文庫、2009年1月)
  『フリークス』 (光文社文庫、2000年3月)
  『どんどん橋、落ちた』 (講談社文庫、2002年10月)
  『最後の記憶』 (角川文庫、2007年6月)
  『深泥丘奇談』 (メディアファクトリー、2008年2月)
  『Another(アナザー)』 (角川書店、2009年10月)