札侍編(ふだざむらいへん)

Last-modified: 2021-06-22 (火) 02:13:02

 パワポケ14の裏サクセス。相棒はコスギまこと
 本作では「野球札」と呼ばれる、カード野球をベースに独自のルールを取り入れたカードゲームで戦闘が行われ、これまでのRPGとは全く異なるシステムで動いている。野球人形海洋冒険編と同じく、道中の資金稼ぎの手段として存在している。
 ストーリーは三章構成だが、二章まではシステムに慣れるためのチュートリアルの色合いが強く、本格的なデッキ構築やカード収集および選手作成は三章で行われる。

 

 表サクセスでは「札侍が斬る」というタイトルで映画になっており、天月紗矢香のイベントで見られる。シズヤ曰く「わたしに似た存在も活躍している」らしい。



ストーリー

 普通の中学生である主人公(裏)は、野球の最中に草むらに飛び込んだボールを捜していると、大きな穴の中に落ち、今までいた世界とは違う江戸時代に良く似た異世界へと落ちてしまう。
 この世界では刀の代わりに、札ショーグンによってもたらされた「野球札」と呼ばれる野球カードを持ち、カード勝負で打ち負かした者を野球札に変えてしまう「札侍」による暴力的な支配が横行していた。
 謎の老人から野球札のデッキを託された主人公(裏)は、この世界を生き抜き元の世界へと戻るため、支配者である札侍達に立ち向かう。

第一章 マダラを倒せ!

 異世界から流れ着いたエドの町にて、札侍により人間が野球札に変えられる光景を目の当たりにした主人公(裏)。そこで出会った小杉からこの世界の実情を聞き、自身も札侍として戦う覚悟を決める。
 そこにマダラの手下・加山が小杉の道場を潰しに襲いかかるが…

 

 なお、札侍になることを放棄してその場を去る選択肢が提示されることがあるが、これを選ぶと札勝負を挑んできた加山に対し、札勝負のルールが分からないために為すすべもなく敗れ、ゲームオーバーとなる。その場に相応しくない選択肢を選んだプレイヤーに対する罰としてはあまりに唐突だが、この世界の厳しさを端的に表現した展開とも言えよう。
 また、ルールを教えてくれた小杉を野球札に変え、悪の札侍として生きるバッドエンドも存在しかけるが、こちらは主人公(裏)が途中で思い留まり実現しない。

第二章 札ショーグンを倒せ!

 マダラとの札勝負を制し、彼に野球札にされていたまことを救出し戦いの仲間に迎え入れた主人公(裏)。
 異世界の出身である札ショーグンと呼ばれる人物が野球札を作り出し、札侍が支配する世界の元凶となっていることを知り、彼を札勝負で倒すことを決意する。
 身分が違いすぎるために会うことがそもそも困難なこと、札勝負を挑めても絶望的なデッキ格差のために勝利はまず不可能なことから無謀な挑戦と思われたが、札ショーグンが野球札でショーグンの地位を得たことに着目した主人公(裏)は、彼を倒すための秘策を密かに練っていた。

第三章 天狗党を倒せ!

 札ショーグンを倒し、世界に平和を取り戻したと思われたのも束の間、天狗党と呼ばれる集団が札侍を率いて全国各地を襲っている、との知らせを受けた主人公(裏)。
 小杉、まことと共にエドを出発し、天狗党を倒すための長い旅が始まる。本作のメインシナリオ。

設定・イベントの元となったと思われる史実

人物

  • シアン
     大村益次郎。医師にして学者であり、日本陸軍の事実上の創始者。表で神条紫杏が尊敬している人物としての繋がりもある。

事件

  • ほへと丸
     「いろは丸」。大洲藩が坂本龍馬のコネで購入し、後に土佐藩に貸し出された西洋船。紀伊藩の軍艦と追突、沈没する。
     坂本竜馬は沈んだ積荷の補償として紀伊藩から多額の賠償金を勝ち取るが、後世の調査で彼が主張した積荷の内容は虚偽のものだったと判明した。日本初の「当たり屋」の事例とも言われている。なお、坂本竜馬が暗殺されたのはこの事件のすぐ後である。
  • カムイ入植
     北海道入植。劇中の入植民は充実した保障の元で開墾に励んでいるが、史実における保障は充分とは言えなかった部分も多い。ただし、本格的な北海道入植は江戸時代ではなく明治時代の出来事である。
  • 政府(大統領)による無茶な改革
     「寛政の改革」or「天保の改革」。現実と乖離した改革を強引に推し進めた為失敗に終わった。
     理想の先行した強引な改革による弊害の例は世界中で見られ、「外国の生産力に並ぶ為」という目的や善意による凄惨な悲劇、改革の徹底した支離滅裂ぶりという劇中の描写もよくある話である。
    • 日本語の廃止
       日本国内で江戸末期から現代に至るまで度々「漢字廃止論」として頻出している議論が元と思われる。ただし、実際に「漢字」ではなく「日本語」の廃止を訴えた例も少数ながら存在する(ex.志賀直哉「国語問題」(『改造』、1946年) )
  • ふぁんでの毒性
     おしろい。江戸時代になって、ベースメイクとして顔にべた塗りする風習が流行った。当時の高級おしろいは材料に鉛の化合物を使用していたため深刻な鉛中毒の原因となり、後に製造法が改められている。制度として鉛白製白粉が禁制されたのは昭和になってからだが、毒性と価格を知ったうえで買い求める客はなお多かった。

地名

  • ムサシ地方
     現埼玉県周辺、「武蔵国」。
    • エド
       現東京、「江戸」。
    • ヤツフサ
       安房国(現千葉県)と、そこを舞台にした作品「南総里見八犬伝」に登場する犬の「八房」の掛詞か。
    • ヒタサ
       現茨城県、「常陸国」。
    • クイツケ 
       現群馬県、「上野国(かみつけのくに、こうずけのくに)」、クイの由来は噛み→食いという連想か?
    • サガフ
       現神奈川県、「相模」+現山梨県、「甲府」。
  • カムイ地方
     神を指すアイヌ語「カムイ(日本語表記:神威)」
    • カムイ
       同上。
    • カイヅ
       現福島県、「会津」。
    • モツ
       現福島~青森県、「陸奥国」。
    • デバ
       現秋田・山形県、「出羽国」。
    • チマ
  • トカイドー地方
     「東海道」。
    • ナゴン
       現名古屋の旧綴り「那古野」。
    • ガッスル
       現静岡県、「駿河国」。
    • スワ
       現長野県、「諏訪地方」。
    • ミノン
       現岐阜県南部、「美濃国」。
    • アワミ
       現滋賀県、「近江国」。
    • イセシンマ
       現三重県、「伊勢国」+現三重県、「志摩国」。
  • ゴショ地方
     「御所」。天皇の住居を指す。
    • キョウの町
       「京都」。
  • ホクロク地方
     「北陸地方」。
    • サト
       現新潟県、「佐渡国」。
    • ノト
       現石川県、「能登国」。
    • カサ
       現石川県、「加賀国」。
    • マンゴク
       「加賀百万石」、江戸期加賀藩は石高が100万石に達しており、加賀百万石と言った際に藩そのものを指す場合もあった。
  • ヤマシーロ地方
     現京都府、「山城国」。
    • ヤマト
       現奈良県、「大和国」。
    • オオサカ
       「大阪」。
    • キシュウ
       現和歌山県、「紀伊国」。
    • タラバ
       「丹波国」。現在の大阪府と京都府と兵庫にまたがる地域。なお、丹波国は海に面していない。
    • シラサギ
       「白鷺城」、姫路城の別名。
  • フウシュウ地方
    • ミマグニ
       現岡山県、「美作国」。
    • ナカノシマ
       「広島」と現岡山県「備中国」か? 備「中」+広「島」
    • アスノクニ
       現広島県「安芸国」と現山口県「周防国」。 
    • エガワ
       「愛」媛+香「川」。
    • チジマ
       高「知」+徳「島」。
  • キュウコク地方
    • シマバラ
       現長崎県、「島原藩」。
    • ダザイフ
       現福岡県、「太宰府」。
    • アソ
       現熊本県、「阿蘇山」。
    • タカチホ
       現宮崎・鹿児島県境「高千穂峰」。
    • サクジマ
       現鹿児島県、「桜島」。


※簡単な意見交換にどうぞ。
 雑談・感想目的の書き込みはご遠慮下さい。
 このページにあまり関係の無い内容の場合、コメントが削除されることがあります。

  • 最近の研究で大統領の元ネタって大工の棟梁からきてるのが明らかになったんじゃなかったけ。 -- 2012-01-09 (月) 20:23:23
  • 大工の棟梁説は確か俗説、1853年フィルモア親書の漢語訳が初出という論文がある http://www.american-presidents.info/daitouryoutoiuna.pdf -- 2012-01-09 (月) 21:07:38
  • シアンは思想と北陸から河井継之助も入ってんじゃね -- 2012-01-09 (月) 22:53:57
  • 読書家とか西洋軍事学の導入、地方(藩)の武装中立とか河合の影響もあるかもしれんな -- 2012-01-10 (火) 00:54:30
  • キュウコク地方のイベントの元ネタってあるんだろうか? -- 2012-02-12 (日) 22:00:38
  • チバヤシはなんとなく足利義政が元ネタのような気がする -- 2012-02-14 (火) 15:01:06
  • 14裏の舞台となってる国名ってヒノモト国なの? -- 2012-02-16 (木) 08:58:37
  • ↑そう。攻略本にも書いてある -- 2012-02-26 (日) 18:08:37
  • クイツケ=上野(こうずけ、群馬県)のことじゃね? -- 2012-03-14 (水) 23:07:24
  • エガワは愛媛と香川、チジマは高知と徳島だと思う。場所はめちゃくちゃだが有力説。 -- 2012-03-18 (日) 07:33:45
  • 語呂の問題かな?札侍の世界では、愛媛と徳島の場所が入れ替わってるっていうのでも面白そうだけど。 -- 2012-03-18 (日) 13:05:25
  • ナカノシマは広島と備中じゃないのか? -- 2012-03-18 (日) 13:39:57
  • だったらアスノクニは安芸と周防か。四国のは地名通りにすると上下分断になってゲーム上、行き来がややこしくなりそうだしな -- 2012-03-18 (日) 14:23:36
  • そういや相棒メガネいないんだね。今さらだけど -- 2014-04-27 (日) 16:20:11
  • ↑前作までと違って亀田が身近にいて、ややこしくなるからじゃないか? -- 2014-08-09 (土) 15:59:19
  • 発想は凄く面白いからもっとカードの枚数増やすとか先攻が有利になる点を改良した続編を札侍単体で良いから出して欲しい、マジで。 -- 2015-10-07 (水) 03:47:01
  • いや、タカチホは、そんまま高千穂のことやろ。鹿児島じゃなくて熊本の県境かな? -- 2016-03-09 (水) 19:40:26
  • 来図枢由、鈴音さん、ムシャを出して欲しかった。特に来図は山師という設定があるから、ある意味札侍編向きのキャラクターかと。 -- 2017-12-22 (金) 18:28:20
  • アップデートでもいいからこれの新作やりたい -- 2017-12-23 (土) 17:39:06
  • ↑パワポケの新作が出たらいいのにね……。で、裏サクセスは札侍編第弐幕で。 -- 2017-12-23 (土) 21:13:49
  • 唯一人の死なない裏サクセスだよな・・・ -- 2018-05-24 (木) 23:18:50
  • ホンフーのデッキ見て守備型の同点狙いデッキにしたな。同点ならデッキの枚数が少ない方が勝ちのルールだったからそれで勝ってた。 -- 2018-05-26 (土) 22:54:50
  • ホンフー強過ぎやろ -- 2018-07-05 (木) 03:57:11
  • 琉球に当たる土地がないのは残念。 -- 2020-03-02 (月) 08:53:12
  • ホンフーには隠し球ランナー飛び出しドンマイ強気のリードあたりで大丈夫ですよ -- 2020-08-15 (土) 00:09:24
  • 裏サクセスのパワポケくんのコスプレの中で一番好き -- 2020-11-25 (水) 22:51:44