神田カンタ の変更点


 *パワプロクンポケット9 [#q56de697]
  『9』で[[主人公(9)]]の相棒担当。主人公(9)が[[ブギウギ商店街]]にやってきて最初に仲良くなった友達。
  父は四年前に交通事故で他界しており、現在は母親の[[神田奈津姫]]と2人暮らし。
  奈津姫の言によれば「小学生低学年」。
 //(攻略本によれば一年生)。←ページ数を記載してください
 #br
  外見は酷似しているが両親共に[[メガネ一族]]とは縁の無い人物であり、シリーズの歴代メガネ一族とは血縁関係はない。「~でやんす」の喋り口調は[[亀田>亀田光夫]]に教わったものらしい。その為か、[[凡田大介]]に会った時は、案の定亀田と間違えていた。
  なお、母からは度々「やんす」口調を改めるよう叱られている。
 #br
  大人と子供、という組み合わせ故か、主人公(9)との関係は「相棒」というよりは「護る者と護られる者」、といった様相が強い。また、OPイベントやスタッフロール等のイラストでも、両者の体格の差は明白にわかるように描かれている。
  チンピラ三人を瞬く間に倒してカンタを救う、という鮮烈な出会いもあってか、彼にとって主人公(9)は紛れもなく「ヒーロー」であり、憧れの対象であった。特に当初は、彼の特異な生活ぶりを毛嫌いしていた母と喧嘩してでも彼との交友を選んだ。そして本編では一貫して風来坊の味方をし続け、紅白戦にも助っ人側で参加している(ポジションは外野手)。
  一方の主人公(9)も、河原のテントに遊びに来てくれたカンタを満面の笑みで迎えているように、彼には非常に好意的。彼が小遣い稼ぎ等々の為に自分を利用した時も、それを看破した上で更にそれを受け入れる、という態度を見せていた。
 #br
  上述との通り子供らしい悪知恵は働くものの、基本的には素直な年頃の少年である。
  現在の自己評価は「バカで泣き虫でイジメられっ子」。といっても、少なくとも劇中では泣く場面はほぼ無いし、OPで[[ジャジメント]]側の大人たち三人に囲まれて凄まれた際にも臆することなく立ち向かっていた。イジメに関する直接の描写もないが、こちらは彼が幼くして父を失って片親の境遇にあることにも起因するものと思われる。
 #br
  母一人子一人という家族関係もあり、勿論奈津姫ルートでの出番が多い。[[温水ちよ]]の舞台への助っ人出演を快諾する下りからは彼女との交友も垣間見え、更に、[[山下貴子]]ルートにもエキストラ的な立ち位置ながらも登場している(貴子の事は「あのおねえちゃん」と呼称している為、然程親しくはない模様)。
  また、奈津姫は忙しい時には「親友」の[[広川武美]]にカンタのお守りを任せているらしく、彼女と共にいる姿も度々描かれている。もっとも、どちらかといえば子供っぽい彼女の性格や言動故か、カンタの彼女に対する態度はかなり雑、と言わざるを得ない。
  なお、武美はカンタが主人公(9)を騙して古本を売らせてお小遣いを稼いだ際のお仕置き(漢方薬店の店番)も奈津姫から任されているが、そこでの、「最低時給を下回っているでやんす。」「経営者の横暴でやんす。」「これってサービス残業っていうんだよ。」「どこに訴えたらいいか ちゃんと調べてくるんだよー!」といった会話からは、彼の年齢の割に豊富なボキャブラリーの一端が、彼女によって担われていることを伺わせる。
 #br
  奈津姫グッドエンドの場合、カンタは母や主人公(9)と共に、商店街と[[ジャジメントスーパー]]とが共存共栄する遠前町で暮らしていくことになる。
  一方、主人公(9)が街を離れる場合、彼は主人公(9)に十年後の挑戦を宣言し、必ずその存在を乗り越えると誓うことになる。
 #br
 *パワプロクンポケット14 [#d5adb180]
  本編には登場しないが、 [[木川則夫]]の証言によりその後の健やかな成長を覗うことができる。曰く「わんぱくでマセたヤツだったけど、(中略)ほんといい子だったよ。」また、「いっしょに野球やってた」とも。
  因みに、「ずいぶんと世話になったよ。ボクに女っけが無いって、友達のお姉さんとか紹介してくれたりしてさ。」を見る限りでは、女性との交友関係が広く、事によっては女性からの人気が高い、という姿すらも想像することができる。
  なお、現在は「家族で引っ越して行っちゃった」との事。奈津姫の「カシミール」への愛着も空しく、時代の流れに抗えずに寂れた商店街を離れざるを得なかったものと考えられる。
  因みに14の年代は正しく9のEDで彼が主人公(9)との再会と勝負を誓った10年後にあたる。
 #br
 
 *[[裏サクセス]] [#l7eb760b]
  直接の登場はなし。ただ、12裏「[[秘密結社編]]」のドリー(=奈津姫)にはヴァンパイアによって命を落とした夫クレネウスと息子クルトの存在が言及されており、裏に登場するキャラが表の家族関係を踏襲するケースが多い事を考えると、クルト=カンタの可能性も排除はできない。(12裏にはこの他にも、表の兄弟姉妹や祖母と孫のうち片方だけが登場して、他方は故人、というパターンがある)
 #br
 
 ----
 
 ※簡単な意見交換にどうぞ。
  コメントは新しいものが上になります。
  このページにあまり関係の無い内容の場合、コメントが削除されることがあります。
 
 - 大村と武美のセリフから少なくとも9の時点で小学3年生と6年生ではないことは確定したな --  &new{2010-08-12 (木) 15:36:08};
 - ↑6年生じゃないのは会長のプロフから分かるけど、3年生じゃないのはなぜ言い切れるんだ? --  &new{2010-08-14 (土) 20:49:03};
 - 9歳の武美が自分と同じくらいと言っているので、つまりそれ=9歳ではないので3年生ではない --  &new{2010-08-15 (日) 09:14:58};
 - ↑「同じくらい」≠「同じ」ということ?ちょっと穿ちすぎでは・・・。武美がカンタの年を正確に把握してないから曖昧な表現になったのかもしれないし。 --  &new{2010-08-15 (日) 09:30:10};
 - 奈津姫曰く「小学校低学年」 --  &new{2010-09-14 (火) 22:29:10};
 - ↑ってことは小2か小3だな。微々たる違いだが --  &new{2012-02-01 (水) 11:47:12};
 - 攻略本に(小学一年生)と掲載 --  &new{2012-07-25 (水) 08:39:54};
 - マジでか --  &new{2012-07-28 (土) 02:12:06};
 - かんだかんた? --  &new{2012-07-30 (月) 12:02:56};
 - 9の時点で小一なら14で高3か --  &new{2013-07-13 (土) 22:18:34};
 - やんすの口癖は仕方ないでやんす --  &new{2015-01-02 (金) 11:47:32};
 - やんすの口癖は仕方ないでやんす --  &new{2015-01-02 (金) 11:47:33};
 - 10裏のゴンダのアルバムに出てた帽子メガネはカンタだろ多分 --  &new{2015-08-01 (土) 05:25:51};
 - カンタでてきてくれよ!15でな! --  &new{2016-08-05 (金) 08:00:04};
 - ↑矢部くん「パワポケシリーズの続編の予定はないでやんす。引き続き、パワプロシリーズをよろしくでやんす!」 --  &new{2018-01-31 (水) 08:55:55};
 - もうちょっと続いてたら彼が主人公の相棒作品もあったかもね。 --  &new{2018-02-01 (木) 13:43:34};
 - ↑出るとしたらプロか社会人か。奈津姫さんや風来坊も出れたかもな --  &new{2018-04-12 (木) 15:01:25};
 - ↑むしろ実は主人公がカンタくんってのやりたいな --  &new{2018-04-20 (金) 00:51:11};
 - ↑むしろ実は主人公がカンタくんってのやりたいな --  &new{2018-04-20 (金) 01:03:20};
 
 #comment(noname)