野々村愛 の変更点

TITLE:野々村愛(ののむらあい)/槌田愛(つちだあい)
#contents
*表サクセス [#w683816c]
 [[野々村耕造]]の1人娘で初登場は『2』。その後『11』で[[槌田]]と結婚した為「槌田愛」になった。息子が[[壮太>槌田壮太]]。ところが明言はされてないが、どう見ても壮太の父は[[水木>水木卓]]で結婚後も水木との間に不倫関係があり、更に未だに続いてる模様。
 『2』公式攻略本では「野々村藍」という表記だったが、「これは誤植であり『愛』が正しい」と『7』プロフィール2で判明。
 以後の作品では全て「愛」表記されている。

**パワプロクンポケット1・2/[[パワプロクンポケット2]]([[ドリルモグラーズ]]編) [#w79bd3d5]
**[[パワプロクンポケット2]]([[ドリルモグラーズ]]編) [#w79bd3d5]
 [[ドリルモグラーズ]]球団食堂で働いている。彼女候補の1人。この時20歳。
 モグラーズの台所事情の厳しさに悩んでいるが、その中でも頑張って食事作りに励み、時には実家へ食料調達に行ったりと健気。
 [[水木>水木卓]]に密かに好意を寄せられ、本人も満更では無かった模様。
 かなりの童顔美女で髪が赤髪ツインテール。母似なのか野々村耕造の娘には見えない。
 愛を彼女にした場合のエンディングでは[[主人公(2)]]との間に[[娘>なな子]]を授かり、監督を辞めた父耕造も含め幸せな日々を送る。ただし『11』で槌田と結婚した為に正史彼女ではない事が判明。ところが水木と浮気して正史では水木と付き合った後で槌田と結婚した模様。
#br
 『3』-『10』で一切登場しなかったのでその間の事はほぼ謎。
 『5』スタッフロールで父共々球団を去ってた事が判明。
 ただし[[レシプロ財団]]の球団寮に対する扱いが[[ドリルトーイ>ドリルコーポレーション]]並に酷かった台詞が有るので[[プロペラモグラーズ]]時代にも水木達から話を聞いたりしてた模様。

**[[パワプロクンポケット11]](新球団[[ナマーズ>ジャジメントナマーズ]]編) [#yc99fb10]
 [[ジャジメントナマーズ]]の寮長として働いている。恐らく1年目で38歳。
 『2』の頃の童顔っぷりは鳴りを潜め、すっかり食堂のオバチャンといった風貌になってしまった。
 パワポケ11公式サイトのしつもんコ~ナ~第01回で本人直々に「太りました・・・」と語っている。
#br
 8年前元ドリルモグラーズ1軍コーチだった槌田と結婚して槌田姓となる。
//「8年前」の根拠は槌田が水木に「アレは結婚3年目にして生まれた子、という事にしておけ」と釘をさす場面があり、そこから計算したもの。しかしこのセリフは”そういう事にしてある”というだけで真実かどうかは分からない。
 5歳になる壮太という息子がいるが、明言はされていないもののどう見ても壮太の父親は水木であり、結婚後も水木との間に不倫関係があり、しかも未だに続いている模様。ちなみにその事は夫である槌田も把握しており、槌田はこの事に対して愛と水木を責める事は無く、水木にこの事が世間にばれぬ様に忠告していた。
 しかし[[狩村正己]]が気落ちした時は[[槌田]]を励まし役に推薦しているため、夫婦仲が冷え切っているわけではないのかもしれない。
 またパワポケ11公式サイトのしつもんコ~ナ~第22回では、
>Q.野々村愛が槌田コーチと結婚したいきさつは?てっきり水木さんとくっついたのだと思っていました。 
>A.野球のことで大変だったから、うまくいかなかったんだ。

 との回答が送られている。
*[[裏サクセス]] [#u8449734]
 『11』で槌田と結婚したにもかかわらず水木と不倫した為に『12裏』でも不倫の設定が受け継がれた。
**[[パワプロクンポケット5]]([[忍者戦国編]]) [#l8a27373]
 月光の頭領[[野々村>野々村耕造]]の娘で登場。『2』の顔で登場。
 [[主人公(5裏)]]が月光に所属している際は後に主人公(5裏)と恋人同士になる。
 主人公(5裏)がそれ以外の勢力に所属していた場合は、月光城門前の防衛戦にて立ちはだかる。やがて状況は劣勢になり、それを報告しに頭領のもとへ出向くと、頭領は[[水木>水木卓]]と[[倉刈>倉刈仁志]]に愛を逃がすよう命ずる。これが親子の今生の別れとなることに涙する愛を連れて、2人は城を出る。
 月光滅亡後に水木共々月光の仇を討つためある計画を企て、その一環として主人公(5裏)の属する仇の里に身を寄せようとする。
 水木が主人公(5裏)に接触を試みた時点で[[下忍>忍者]]に切り捨てるよう命令すれば、水木が飲み込んでいた爆弾で自爆する。そしてその騒乱の最中主人公(5裏)の前に愛が現れ一騎討ちになる。
 この戦闘で敗北時は、「ひぃいいい、お助けー!」と醜態を晒しながら逃げ惑う主人公(5裏)に愛がとどめを刺そうとする。しかし、主人公の味方の[[忍者]]達が駆け付けて返り討ちに遭う事になるため、どの道ここで彼女は命を散らせる。
 なお、このイベントで彼女が死んだ後、主人公(5裏)は主人公らしからぬ悪意ある笑みを浮かべながら「これで月光の血は絶えたな」と満足げに言いその残忍な一面を垣間見せる。
**[[パワプロクンポケット12]]([[秘密結社編]]) [#zcc033c6]
 小説家[[ミタカ>三鷹光一]]の妻「アイ」で名前だけ登場。
 題材探しの旅に出ていた夫の帰宅を待ち続けたが、子供達が病死してしまい、生活の為に領主[[ツチダ>槌田]]と結婚していた。この設定は表サクセスで槌田と結婚したにもかかわらず水木と不倫した為に本作でも不倫の設定が受け継がれ、表サクセスでは夫が槌田で不倫相手が水木だが、本作では夫がミタカで不倫相手がツチダになっている。表サクセスでは槌田とは複雑な関係だったが、本作ではツチダとの夫婦仲が良好。
*プロフィール2 [#j88ac6d9]
**[[パワプロクンポケット7]] [#j9551ba9]
 『2』の野々村愛で登場。プロフィール2では「野々村『''藍''』(パワポケ2)」で表示されるが本名「野々村''愛''」。『2』開発後露出用で作った資料で間違いでこの資料でこの漢字で表記した為にユーザーに混乱を与えた。
----
※簡単な意見交換にどうぞ。
 &color(#ff4b00){''雑談・感想目的の書き込みはご遠慮下さい。''};
 このページにあまり関係の無い内容の場合、コメントが削除されることがあります。
- 槌田とは二倍近い年齢差があったにもかかわらず結婚したのか... --  &new{2015-02-03 (火) 21:37:16};
- なんで槌田とくっつけたのか、何かの伏線かとも思ったが最後までわからなかった --  &new{2015-08-03 (月) 02:29:58};
- 12裏と同じで、槌田と結婚したのは生活のためかな。槌田が水木との件を不問にしてるのは、それが世間にバレたとき、自身の2の時のスキャンダルも発覚してしまうことを恐れたからじゃないかな --  &new{2017-08-19 (土) 17:42:19};
- 11の時点で38っておかしくない? --  &new{2017-11-22 (水) 08:45:31};
- 凡田(2つ上)が9(11の3年前)の時点で40なんだから、38は9の時だと思うんだが…… --  &new{2017-11-22 (水) 08:48:08};
- 托卵した水木は見損なったなぁ --  &new{2019-09-28 (土) 02:09:36};
- この娘に限らずだけど過去にヒロインだった登場人物を再登場させる際はもう少し気を使うべきだと思う。制作側には思い入れなくても2とかまともにパワプロやってた時代のヒロインが托卵不倫してたりとか過去の思い出破壊された感じ --  &new{2021-02-24 (水) 10:10:07};
- なんか生々しくて嫌だよな2の寝取られならまだ微笑ましい感じがあったが、12は不倫を美化してるみたいで --  &new{2021-02-27 (土) 09:22:21};
- 38歳はどう考えてもおかしいから多分誤植で58歳とかでしょ(適当) --  &new{2021-06-03 (木) 18:02:58};

#comment(noname)