Top > データベース用特殊文字
HTML convert time to 0.003 sec.


データベース用特殊文字

Last-modified: 2011-01-14 (金) 02:58:50

各データベース編集時、「タイプの内容設定」での「データ名」において利用可能な特殊文字です。

 

【INDEX】


 

数値・文字列代入

  • \udb[A:B:C]
    ユーザーデータベースの「タイプA番・データB番・項目C番」の内容に置き換えます。
    検索用タグ:
  • \cdb[A:B:C]
    可変データベースの「タイプA番・データB番・項目C番」の内容に置き換えます。
    検索用タグ:
  • \sdb[A:B:C]
    システムデータベースの「タイプA番・データB番・項目C番」の内容に置き換えます。
    検索用タグ:

  • \udb[A:B]
    ユーザーデータベースの「タイプA番・データB番」のデータID名に置き換えます。
    検索用タグ:
  • \cdb[A:B]
    可変データベースの「タイプA番・データB番」のデータID名に置き換えます。
    検索用タグ:
  • \sdb[A:B]
    システムデータベースの「タイプA番・データB番」のデータID名に置き換えます。
    検索用タグ:

  • \d[X]
    データ項目の内容番号+Xの値に置き換えます。
    例えばデータ名12の入力欄に\d[4]と入れると、16になります。
    検索用タグ: