Top > STEP+4 属性の設定
HTML convert time to 0.026 sec.


STEP+4 属性の設定

Last-modified: 2013-04-20 (土) 17:54:26

この「STEP+」は本編の「STEP1~STEP20」とは独立した単体の機能説明や制作手順説明になります。
本編の「STEP1~STEP20」での学習後、より多くの機能等を学びたい際に御覧ください。


 

ここではステップアップの本編では省略した「属性」の設定手順を説明します。
「属性」STEP11で設定した「ステータス状態」と同じように戦闘部分を彩る要素になります。
例えば、炎に弱い敵を炎の魔法で攻撃すると大きなダメージを与えられたり、水の魔法に強い敵に水の魔法で攻撃すると魔法が効かずダメージを与えられなかったり、逆に吸収されてHPを回復してしまったり。というような要素を追加することができます。
プレイヤーに、より戦略を考えさせる戦闘を提供し、ゲームとしての要素を強めることが出来ます。

 

「属性」の設定は非常にシンプルです。
「STEP11 ステータス状態の設定」はなかなか複雑だったと思いますが、「属性」の設定は「属性」の名前と、その「属性」の耐性を設定する「属性耐性」で多少の入力をしていくだけです。

 

【INDEX】


 

属性名の設定

まずは、登場させる「属性」を作成していきます。
これは名前を入力していくだけです。

 

「ユーザーデータベース」を開きます。

stepp4-001.jpg
 

「7:属性の設定」を選択します。

[tip]ウディタ2では?
 「7:属性名の設定」
stepp4-002.jpg
 

空いているデータ部分を選択して、「属性名」入力します。

stepp4-003.jpg
 

「更新」ボタンを押して保存すれば、設定完了です。

stepp4-004.jpg

属性耐性の設定

次に「属性耐性」を設定していきます。
「10:属性耐性」を選択します。

[tip]ウディタ2では?
 「11:属性耐性」

「属性耐性」「属性名」で設定した「属性」がどのくらい効果のあるタイプかという設定をしていきます。
「炎に弱いタイプ」、「雷に弱いタイプ」など。
STEP12で設定した「状態耐性」と同じように、種族といったニュアンスで設定していっても良いと思います。

 

設定項目がいっぱいあるように見えますが、これは「属性名」で設定した「属性」分入力するだけです。
「属性名」の設定で作成した「炎の属性」と、追加でもう一つ「水の属性」を作成したので、この2つの「属性」について入力していきます。

stepp4-005.jpg
 

まずは、空いているデータを選択して、IDに「属性耐性」の名前を設定します。
「種族」でもいいし、ダイレクトに「炎に弱い」など分かりやすい名称にしておきましょう。
今回は「植物」と入力してみます。

stepp4-006.jpg
 

続いて、「属性名」の設定で作成した各「属性」「効果率」を入力していきます。
「植物」は
 「炎の属性」は+100%の効果
 「水の属性」は-150%[50%吸収]
という設定にしてみました。
「炎の属性」の攻撃を受けた場合に2倍のダメージとなり、「水の属性」の攻撃を受けた場合には回復するという内容になっています。

stepp4-007.jpg

この「属性の効果」の値は、例として通常10のダメージを与える攻撃の場合に下記のようになります。

効果ダメージ量(基準10)
+400%50のダメージを与える
+300%40のダメージを与える
+200%30のダメージを与える
+100%20のダメージを与える
+50%15のダメージを与える
+40%14のダメージを与える
+30%13のダメージを与える
+20%12のダメージを与える
+10%11のダメージを与える
±0%[変化なし]10のダメージを与える
-10%9のダメージを与える
-20%8のダメージを与える
-30%7のダメージを与える
-40%6のダメージを与える
-50%のダメージを与える5
-60%4のダメージを与える
-70%3のダメージを与える
-80%2のダメージを与える
-90%1のダメージを与える
-100%[無効化]0 ダメージなし
-150%[50%吸収]5回復する
-200%[100%吸収]10回復する
 

「更新」ボタンを押して保存すれば、「属性耐性」の設定は完了です。

stepp4-004.jpg

属性を付与する

今度は実際に設定した「属性」が有効になるように「属性」を付与していきましょう。
「属性」が付与できるのは「技能」「武器」の設定になります。
付与できる「属性」は各1種類のみです。「炎と水の属性を持った武器」というものは作れません。

 

まずは「技能」から「属性」を付与していきます。
「ユーザーデータベース 0:技能」を選択します。
「ファイア」という炎の魔法を作成し、ページ1の「属性」「炎」を設定して完了です。

stepp4-008.jpg
 

今度は「武器」「属性」を付与していきます。
「ユーザーデータベース 3:武器」を選択します。
「湿った木の棒」という水に関連する武器を作成し、ページ1の「付与属性」「水」を設定して完了です。

stepp4-009.jpg

属性耐性を付与する

「属性耐性」の付与も「属性」の付与と同じように設定していきます。
「属性耐性」を付与できるのは「敵キャラ個体データ」「主人公ステータス」「防具」の設定になります。

 

「防具」から設定していきます。
「ユーザーデータベース 4:防具」を選択します。
「花の冠」という植物でできた防具を作成してみました。
1ページの「属性耐性」で「植物」を設定します。

stepp4-010.jpg
 

「敵キャラ個体データ」から設定していきます。
「ユーザーデータベース 9:敵キャラ個体データ」を選択します。
植物モンスターの「マンドラゴラ」を選択し、1ページの「属性耐性」で「植物」を設定します。

stepp4-011.jpg
 

「主人公ステータス」から設定していきます。
「可変データベース 0:主人公ステータス」を選択します。
「木の精」という植物関連のキャラクターを作成してみました。
3ページの「属性耐性」で「植物」を設定します。

stepp4-012.jpg
 

以上で「属性の設定」は完了です。

 

※TOPページでの説明どおり、コメント受付を停止させていただきました。


  • 特殊技能によって戦闘中に一時的に変化させる方法を教えてください -- daiki? 2011-05-12 (木) 23:21:11