Top > STEP11 味方・敵の設定1 技能・ステータス状態・戦闘コマンド
HTML convert time to 0.028 sec.


STEP11 味方・敵の設定1 技能・ステータス状態・戦闘コマンド

Last-modified: 2013-04-20 (土) 15:34:35

仲間キャラクター敵キャラクターの設定は主に戦闘に関する項目になります。
戦闘はRPGでいうゲーム要素の主となる部分ですので、ここの設定がゲームバランスの要となり、非常に重要なところです。何度も試行錯誤しながらバランスを取っていく必要があります。
ただ、今回はひとまずの完成を目指してというところですので、気負うこと無く簡単に設定していきます。
このあたりは設定する項目が非常に多くなっており、今回は必要最低限の項目のみ取り扱っていきます。
他の部分は自身の興味に応じて、色々と実験してみてください。

 

【INDEX】


 

技能の設定

順番的にはキャラクターの設定を行ってからの技能設定としたいところですが、キャラクターの設定に大きく関係する要素ですので、先にこちらから設定していきます。
STEP4で決めた特技の設定をベースに進めていきましょう。

特技名称使用者効果
応援一定時間、仲間の攻撃力がアップします。
歌う一定時間、敵全体の動きを封じます。
連撃ニワトリ,森のボス(モンスター)2回攻撃します。
乱舞ニワトリ敵全体を攻撃します。
粘液スライム(モンスター)一定時間、相手1体の動きを封じます。
絶叫マンドラゴラ(モンスター)相手全体にダメージを与えます。
噛み付き蛇(モンスター)相手1体にダメージを与えます。毒のダメージを与え続ける。
威嚇森の狼,森のボス(モンスター)相手1体の防御力を下げます。

表にまとめると、8つの技能設定をすることになります。
ここで注意する必要があるのは魔法的な「特殊技能」だけでなく、「通常攻撃」「防御」といった基本的な行動についてもここで設定する必要があります。ちなみに「アイテム」「逃げる」は別扱いです。

特技名称使用者効果
通常攻撃全員通常の攻撃をする。
防御全員敵の攻撃から身を守る。

合わせて10の技能設定を行っていきます。

 

それでは、STEP10のアイテム設定と同じように「ユーザーデータベースエディタ」を開きましょう。
左側のタイプから「0:技能」を選択します。
step11-001.jpg

 

デフォルトで「通常攻撃」が設定されていますので、その設定項目を確認していきましょう。

  • 技能の名前はそのまま「通常攻撃」。これは実際に「戦闘コマンド」で表示されるものにはしないので、効果がすぐにわかる名前にしましょう。ただし「魔法や技のようなもの」はこのまま魔法・技の名称として設定されますので、きちんと設定しましょう。「戦闘コマンド」に紐付けされた「技能」と「魔法・技」といった「特殊技能」の2つにわけることが出来ます。
  • 説明技能の名前と同じような扱いになるので、必要に応じて設定しましょう。
  • 効果対象は「敵一体[攻撃]」。
  • 使用可能シーンは当然、「戦闘中のみ」。
  • 成功率は「キャラクターの命中率に依存」。
  • 何に影響する?は「HP[ダメージ/回復]」。
  • 打撃(攻撃)影響度を「100%」。
  • ダメージ分散度±は「20%」。これは与えるダメージのブレになります。
  • 使用時文章(人名)~は「の攻撃!」。実行時に使用キャラクターの名前の後に表示される文章になります。
  • 発動回数/武器の影響は「武器依存」。
  • アニメーションは「武器と同じ」。

step11-002.jpg

 

2ページ目に移って

  • 特殊技能制限の影響を...は「受けない」。魔法を封じるというようなステータス異常があった場合の影響になります。
  • 相手の回避率をは「考慮する」。
  • 相手の防御力・精神力をは「考慮する」。

step11-003.jpg

 

続いて「防御」の設定をしようと思うのですが、「通常攻撃」の設定をした際の項目を見渡してみると、防御力がアップとなりそうな項目が見当たりません。
防御力アップ・攻撃力アップなどの効果は「ステータス状態」で設定して、それを「技能」の2ページ目の項目にある「付加するステータス状態」で設定する必要があります。
「技能」の設定が途中ではありますが、ここで一旦「ステータス状態」の設定をしていきましょう。

 

ステータス状態の設定

それでは「技能」から「ステータス状態」を考えていきましょう。

技能名称ステータス状態効果
応援攻撃力アップ一定時間、仲間の攻撃力がアップします。
歌う睡眠一定時間、敵全体の動きを封じます。
粘液行動不能一定時間、相手1体の動きを封じます。
噛み付き相手1体にダメージを与えます。毒のダメージを与え続ける。
威嚇防御力ダウン相手1体の防御力を下げます。
防御受けるダメージ減少敵の攻撃から身を守る。
 

今度は「ステータス状態」のみ取り出して、効果を考えていきます。
味方がHP0になった時の「戦闘不能」も追加しておきます。

ステータス状態効果持続時間
攻撃力アップ攻撃力を上げる2ターン+誤差2ターン
睡眠行動不能2ターン+誤差1ターン、敵から攻撃を受けるまで
行動不能行動不能2ターン+誤差1ターン
持続ダメージを受けるアイテムや自宅で回復するまで
防御力ダウン防御力を下げる1ターン+誤差2ターン
ダメージ減少防御姿勢をとり受けるダメージ減少1ターン
戦闘不能行動不能自宅で回復するまで
 

それでは、「ユーザーデータベースエディタ」を開きましょう。
左側のタイプから「8:ステータス状態」を選択します。

[tip]ウディタ2では?
 「8:状態設定」

step11-004.jpg

 

デフォルトでデータ0番に「戦闘不能」が設定されていますので、その設定項目を確認していきましょう。
「戦闘不能」「ユーザーデータベースエディタ」の左下のメモ欄にあるとおり、「HPが0になると自動的に状態0になります」ということから設定場所を変更してはいけません。

  • ステータス名は「戦闘不能」。これはゲーム上で表示されるものではないので、効果がすぐにわかる名前にしましょう。
  • 状態の表示方法は「↓表示&ポップアップ両方」。
    「↓表示」は戦闘画面のキャラクターのHPなどを表示している下に状態の表示名を常に表示します。
    「ポップアップ表示」は状態になった瞬間に一瞬だけ、状態の表示名を表示します。
  • 表示名は「戦闘不能」。これが実際に表示されるステータス状態の名称になります。
  • 状態時の色変化:味方のみは「半透明」。戦闘画面のキャラクターのHPなどを表示しているエリアの色が変化します。ドラゴンクエストなどでは赤くなったりしますね。
  • 最低持続ターンは「永久」。自然回復はしないということになります。
  • 種別は「戦闘/移動時 両方」。
  • このステータス状態が重なるとは「なし」。「戦闘不能」になったら他のステータス状態が重なることはありません。
  • 回復時の文章(人名)~は「は立ち上がった!」。戦闘中に回復アイテムや技能などで回復した場合の表示メッセージです。今回はそういったアイテムや技能は設定しませんので、この文章が使われることはありません。
  • 戦闘不能として・・・は「カウントする」。
  • 行動制限は「行動不能」。
  • 特殊技能制限も「使用不能になる」。
  • これ以外の全ステ状態を・・・は「解除する」。「戦闘不能」になったら「毒」や「睡眠」など他のステータス状態はなくなります。

step11-005.jpg

 

2ページ目に移って

  • 受ける打撃ダメージ変化率は「ダメージを受けなくなる」。HP0を想定した「戦闘不能」でダメージを受けるのはおかしいのでダメージは受けません。
  • 受ける魔法ダメージ変化率も「ダメージを受けなくなる」。同じHP0を想定した「戦闘不能」でダメージを受けるのはおかしいのでダメージは受けません。
  • 敵からの狙われ度は「狙われず&全無効化」。「戦闘不能」なので、攻撃対象になることも、全体攻撃などで攻撃が当たることもありません。
  • ステータス全回復で解除?は「解除する」。

step11-006.jpg

 

それでは、「ステータス状態」を追加していきましょう。
今回は以下の3つの「ステータス状態」の設定を取り上げていきます。

ステータス状態効果持続時間
攻撃力アップ攻撃力を上げる2ターン+誤差2ターン
睡眠行動不能2ターン+誤差1ターン、敵から攻撃を受けるまで
持続ダメージを受けるアイテムや自宅で回復するまで
 

「攻撃力アップ」

  • ステータス名は「攻撃力アップ」。
  • 状態の表示方法は「↓表示&ポップアップ両方」。
  • 表示名は「攻撃力アップ」。
  • 最低持続ターンは「2」。
  • 追加ランダム持続ターンは「2」。これで最低持続ターンの「2」に追加ランダム持続ターンの「2」が追加され「2+ランダム(0~2)」ターンの間効果が持続します。
  • 終了タイミングは「自分の番が終わった時」。
  • 種別は「戦闘中のみ」。
  • 発生時の文章(人名)~は「の攻撃力が上がった!」。状態の表示方法の被り、少ししつこくなりますが、試しに設定してみましょう。
  • 回復時の文章(人名)~は「の攻撃力が元に戻った」。

step11-007.jpg

 

2ページ目に移って

  • 攻撃力変化率は「150%」。
  • ステータス全回復で解除?は「解除しない」。

step11-008.jpg

「睡眠」

  • ステータス名は「睡眠」。
  • 状態の表示方法は「↓表示&ポップアップ両方」。
  • 表示名は「睡眠」。
  • 最低持続ターンは「2」。
  • 追加ランダム持続ターンは「1」。
  • 終了タイミングは「自分の番の直前」。
  • 種別は「戦闘中のみ」。
  • HPダメージで回復は打撃・精神ともに「50%の確率で回復」。
  • 発生時の文章(人名)~は「は眠った」。
  • 行動制限時の文章は「は眠っている」。
  • 回復時の文章(人名)~は「は目覚めた」。
  • 行動制限は「行動不能」。

step11-009.jpg

 

2ページ目に移って

  • 受けるダメージ変化率は打撃・魔法ともに「1.5倍になる」。
  • ステータス全回復で解除?は「解除する」。

step11-010.jpg

「毒」

  • ステータス名は「毒」。
  • 状態の表示方法は「↓表示&ポップアップ両方」。
  • 表示名は「毒」。
  • 状態時の色変化:味方のみは「緑」。
  • 最低持続ターンは「永久」。自然回復はしない。
  • 終了タイミングは「自分の番の直前」。
  • 種別は「戦闘/移動時 両方」。
  • 発生時の文章(人名)~は「は毒を受けた!」。
  • 回復時の文章(人名)~は「の毒は回復した」。

step11-011.jpg

 

2ページ目に移って

  • HP増減/1ターン終は「-3%」。1ターンの終りにHPの3%のダメージを受けます。
  • マップ移動中のHP増減/1歩は「-1」。マップ移動1歩ごとに1のダメージを受けます。
  • ステータス全回復で解除?は「解除する」。

step11-012.jpg

 

 

他の「ステータス状態」は上記の3点をベースに調整していけば簡単に設定できますので、STEP10のアイテム設定で行ったようにコピー&ペーストして編集していきましょう。
すべての「ステータス状態」の設定ができたら、右下の「更新」を押しましょう。
これを押さないと、続けて、「技能」などの設定する際に「ステータス状態」の内容が反映されません。
step11-013.jpg

 

技能の設定2

「ステータス状態」の設定が完了しましたので、改めて「技能」の設定を再開していきましょう。

 

「通常攻撃」の設定は終わっていますが、「技能」と「付加されるステータス状態」を表にまとめてみました。

技能名称使用者効果付加ステータス状態
通常攻撃全員通常の攻撃をする。
防御全員敵の攻撃から身を守る。ダメージ減少
応援一定時間、仲間の攻撃力がアップします。攻撃力アップ
歌う一定時間、敵全体の動きを封じます。睡眠
連撃ニワトリ,森のボス(モンスター)2回攻撃します。
乱舞ニワトリ敵全体を攻撃します。
粘液スライム(モンスター)一定時間、相手1体の動きを封じます。行動不能
絶叫マンドラゴラ(モンスター)相手全体にダメージを与えます。
噛み付き蛇(モンスター)相手1体にダメージを与えます。毒になります。
威嚇森の狼,森のボス(モンスター)相手1体の防御力を下げます。防御力ダウン
 

今回は以下の4つの「技能」の設定を取り上げていきます。

技能名称効果付加ステータス状態
防御敵の攻撃から身を守る。ダメージ減少
応援一定時間、仲間の攻撃力がアップします。攻撃力アップ
歌う一定時間、敵全体の動きを封じます。睡眠
連撃2回攻撃します。
 

それでは、「ユーザーデータベースエディタ」を開き「技能」を追加していきましょう。

「防御」

  • 技能の名前は「防御」。
  • 効果対象は「自分自身のみ」。
  • 使用可能シーンは「戦闘中のみ」。
  • 成功率は「100%」。
  • 何に影響する?は「なし」。
  • 先制・後攻行動オプションは「必ず先制」。

step11-014.jpg

 

2ページ目に移って

  • 特殊技能制限の影響は「受けない」。これは魔法を封じたりするような「ステータス状態」を受けた場合の影響になります。
  • 付加するステータス状態は「ダメージ減少(ガード用)」。これは先に「ステータス状態」が反映されいるので、そこから選択します。

step11-015.jpg

 

「応援」

  • 技能の名前は「応援」。
  • 説明は「仲間1人の攻撃力をアップします。」。
  • 消費するものは?は「SP」。
  • 消費ポイントは「1」。
  • 効果対象は「自分以外の味方一人」。
  • 使用可能シーンは「戦闘中のみ」。
  • 成功率は「100%」。
  • 何に影響する?は「なし」。

step11-016.jpg

 

2ページ目に移って

  • 特殊技能制限の影響は「受ける。使用不能になる」。今回は魔法を封じたりするような「ステータス状態」はありませんが、魔法・特技的な技能ということで「影響を受ける」設定にしておきます。
  • 付加するステータス状態は「攻撃力アップ」。これは先に「ステータス状態」が反映されいるので、そこから選択します。

step11-017.jpg

 

「歌う」

  • 技能の名前は「歌う」。
  • 説明は「穏やかな歌で敵全体を眠らせる。」。
  • 効果対象は「敵全体」。
  • 消費するものは?は「SP」。
  • 消費ポイントは「2」。
  • 使用可能シーンは「戦闘中のみ」。
  • 成功率は「100%」。
  • 何に影響する?は「なし」。
  • 使用時文章(人名)~は「は穏やかに歌った」。

step11-018.jpg

 

2ページ目に移って

  • 特殊技能制限の影響は「受ける。使用不能になる」。
  • 付加するステータス状態は「睡眠」。

step11-019.jpg

 

「連撃」

  • 技能の名前は「連撃」。
  • 説明は「素早く2連続の攻撃を繰り出す。」。
  • 効果対象は「敵一体」。
  • 消費するものは?は「SP」。
  • 消費ポイントは「2」。
  • 使用可能シーンは「戦闘中のみ」。
  • 成功率は「命中依存」。
  • 何に影響する?は「HPダメージ/回復」。
  • 基本効果量は「20」。
  • 打撃(攻撃)影響度は「100%」。
  • ダメージ分散度は「5%」。
  • 発動回数/武器の影響は「2回連続」。

step11-020.jpg

 

2ページ目に移って

  • 特殊技能制限の影響は「受ける。使用不能になる」。
  • 相手の回避率をは「考慮する」。
  • 相手の防御・精神力をは「考慮する」。

step11-021.jpg

 

 

他の「技能」は上記の4点をベースに調整していけば簡単に設定できますので、STEP10のアイテム設定で行ったようにコピー&ペーストして編集していきましょう。
すべての「技能」の設定ができたら、右下の「更新」「OK」を押しましょう。
これを押さないと、続けて、「技能」に関連する「ユーザーデータベース」上の他のデータを設定する際に内容が反映されません。
step11-022.jpg

 

戦闘コマンドの設定

続いて、「戦闘コマンド」を設定していきましょう。
「戦闘コマンド」の設定とは、味方が戦闘を行う際に使用されるコマンドの名称を設定していくことです。
「戦闘コマンド」の中身は先に設定した「技能」になっており、「技能」の名称を「世界観」や「キャラクターの個性」に合わせたものに設定していくことができます。
「技能」「通常攻撃」をキャラクターによって「パンチ」や「キック」や「体当たり」などのコマンド名に変えることができるわけです。
また、「戦闘コマンド」では「アイテム選択」「特殊技能選択」といったものも名称を設定することができますので、「アイテム」「道具箱」「ポケット」であったり、「魔法」「特技」「スキル」といったようにこちらも自由に設定することができます。

 

それでは、「ユーザーデータベースエディタ」を開きましょう。
左側のタイプから「6:戦闘コマンド」を選択します。
デフォルトでは10種類設定できますが、足りなかったら、真ん中の'データ'の下にある「データ数の設定」で増やしましょう。
step11-023.jpg

 

今回設定する「戦闘コマンド」「攻撃」「防御」「特技」「アイテム」の4種類になります。

「攻撃」

  • コマンド名は「攻撃」。
  • コマンドの説明文は「相手1体を攻撃します。」。戦闘画面でコマンド選択時に画面下に表示される説明文です。
  • コマンド選択時の効果は「通常攻撃」。「技能」で設定したものが反映されています。
  • コマンドのタイプは「通常」。

step11-024.jpg

「防御」

  • コマンド名は「防御」。
  • コマンドの説明文は「防御姿勢をとります。」。
  • コマンド選択時の効果は「防御」。「技能」で設定したものが反映されています。
  • コマンドのタイプは「通常」。

step11-025.jpg

「特技」

  • コマンド名は「」。
  • コマンドの説明文は「特技を使用します。」。
  • コマンド選択時の効果は「特殊技能選択」。こちらは「基本システム」で用意されている項目です。
  • コマンドのタイプは「特殊技能封印で不能」。魔法を封じるような「ステータス状態」になった場合にコマンドを使用できなくします。

step11-026.jpg

「アイテム」

  • コマンド名は「アイテム」。
  • コマンドの説明文は「アイテムを使用します。」。
  • コマンド選択時の効果は「アイテム選択」。こちらは「基本システム」で用意されている項目です。
  • コマンドのタイプは「通常」。

step11-027.jpg

 

 

すべての「戦闘コマンド」の設定ができたら、右下の「更新」「OK」を押しましょう。
step11-028.jpg

 

icon03.gif 続いて、「STEP12 味方・敵の設定2」に進みましょう。



※TOPページでの説明どおり、コメント受付を停止させていただきました。


  • 基本効果量とは具体的にどういう役割を持っているのでしょうか [hatena] -- Y? 2010-11-15 (月) 19:37:23
  • 噛み付きみたいに、~になることがある。というのはどうやるのでしょうか。 -- ? 2011-01-10 (月) 14:30:41
  • どさん 技能での設定自体は「歌う」の睡眠効果と同じになりますが、「~になることがある」という確率に関しては、技能では設定することはできません。噛み付きだけ書き方が違っていて、混乱させてしまい申し訳なかったのですが(修正しておきます)、状態異常になる確率に関しては、次の「STEP12にある状態耐性の設定」で行うことができます。この種族のモンスター・味方は毒になりやすいとか、そういった設定の仕方です。 -- 管理人 2011-01-10 (月) 18:27:05
  • Yさん コメントに気付くのが遅くなり、すいません。基本効果量はダメージを与える場合の最低限のダメージ量になります。ここに打撃影響度や分散度が加わって、与えるダメージの総量になります。実際にダメージを与える際には、これに相手の防御力などが計算として加わります。 -- 管理人 2011-01-10 (月) 18:27:30
  • 敵がとある状態異常にかかっている間は自分を攻撃する、といった状態異常を作りたいのですがどうしたらいいですか? -- しゅうまっは? 2011-02-02 (水) 21:51:04
  • しゅうまっはさん 自分というのが状態異常を負った敵自身と判断して、「ユーザーデータベース ステータス状態 行動制限」の範囲でしか設定できないみたいですねぇ。ただ、この設定をしても少し試したかんじですと、主人公側が状態異常を負った場合は正しく動作しますが、敵側が状態異常を負った場合はうまく動作しないようです。 -- 管理人 2011-02-03 (木) 07:04:17
  • みたい、ですねぇ…仕方無い、混乱については今は諦めます… -- しゅうまっは? 2011-02-03 (木) 23:48:09
  • 戦闘コマンドの所なんですけど特技の「」は何も入力しないってことなんでしょうか?それと、戦闘コマンドの所に入れてテストプレイをしても攻撃しか出ませんでした・・・。(説明が分かりにくくてごめんなさい) -- カイリ? 2011-02-12 (土) 16:02:09
  • すみません!!なんか自己解決してしましました。お手数かけてすみませんでした・・。 -- カイリ? 2011-02-12 (土) 16:14:47
  • ポケモンのこらえる -- もさお? 2011-03-31 (木) 11:44:24
  • みたいにしたい -- もさお? 2011-03-31 (木) 11:44:53
  • もさおさん 記事で説明している内容から離れたものですので、ウディタ公式サイトの質問スレッドなどでご質問ください。 -- 管理人 2011-03-31 (木) 14:34:13
  • 戦闘コマンド設定で「通常攻撃」「特技」「防御」「アイテム」を設定したのですが、テストプレイしてみると「通常攻撃」しか表示されません。 -- ふたば? 2011-05-28 (土) 22:37:03
  • ↑の原因は可変データベースでメンバー毎の戦闘コマンドを指定しなっかたからでした。 (^^;  お手数かけてすいませんでした。 -- ふたば? 2011-05-29 (日) 23:04:21
  • 作った技能を特殊技能で選択可能にするにはどうしたらいいんですか? -- ごんべ? 2011-06-03 (金) 00:54:00
  • ごんべさん この先のSTEP「STEP13 味方・敵の設定3 味方キャラ・パーティー」で説明しております。 -- 管理人 2011-06-03 (金) 11:45:45