yumリポジトリ設定(拡張)

Last-modified: 2014-02-22 (土) 10:50:18
最終更新:2014-02-22 (土) 10:50:18
アクセス数(合計):?
利用者; ? アクセス数(本日):? アクセス数(昨日):?

yumリポジトリ設定(拡張)

yumとは「Yellowdog Updater Modified 」の略。LinuxのRPM互換パッケージ管理システムである。
CentOS等のRedHat系Linuxではアプリのインストールに「rpm(Red Hat Package Manager)」形式のバイナリファイルを使用できる。
 
標準で用意されるyumファイルは安定性重視であるため、バージョンが古いことも多く、また、サービス提供に必要なrpmが含まれていアニことも多い。
よって、標準では用意されないrpm提供の場として各種サイトがある。
今回はその中でも利用者が多くかつ有用なrpmを多数提供しているrpmサイトを拡張登録する。


目的

CentOSにて拡張yumを利用できるようにする。
拡張に際しては勝手に拡張されないようyumで「--enablerepo=xxx」指定時のみ利用できるようにする。

構築条件

構築機器

作成環境

OS    CentOS 6.5 64bit版

サーバ作成条件

サーバIP192.168.0.10/24
ホスト名hogehogeServer
user   hogehoge
userpasswd    hogehogepass

手順記入ルール

  • コマンド行頭記号で 「$」はユーザ権限 「#」はスーパーユーザー権限 を表示
  • コマンドが長くなる場合は、行末に「\」を記述し複数行に記述。

前準備

  1. CentOSインストール 実施
  2. yumリポジトリ設定 実施



導入1:RPMforge設定

  1. wget install 実施
# yum install wget

導入

【Telnet】

  • rootでログイン
$ su
パスワード:
  • リポジトリキーを入手
# wget http://dag.wieers.com/rpm/packages/RPM-GPG-KEY.dag.txt
  • 確認
# ls -l
-rw-r--r--  1 root     root     1672  8月 14 06:37 2005 RPM-GPG-KEY.dag.txt
  • リポジトリキーをインポート
# rpm --import RPM-GPG-KEY.dag.txt
  • リポジトリキーを削除
# rm -f RPM-GPG-KEY.dag.txt
  • repoデータ入手
# wget http://ftp.riken.jp/Linux/dag/redhat/el6/en/x86_64/rpmforge/RPMS/\
rpmforge-release-0.5.3-1.el6.rf.x86_64.rpm
# ls -l
-rw-r--r--  1 root  root   12640  3月 21 00:59 2013 rpmforge-release-0.5.3-1.el6.rf.x86_64.rpm
  • インストール
# rpm -ivh rpmforge-release-0.5.3-1.el6.rf.x86_64.rpm
準備中...                ########################################### [100%]
   1:rpmforge-release       ########################################### [100%]
  • 確認
# ls -l /etc/yum.repos.d/
-rw-r--r--  1 root root  739  3月 20 23:24 2013 mirrors-rpmforge
-rw-r--r--  1 root root  717  3月 20 23:24 2013 mirrors-rpmforge-extras
-rw-r--r--  1 root root  728  3月 20 23:24 2013 mirrors-rpmforge-testing
-rw-r--r--  1 root root 1128  3月 20 23:24 2013 rpmforge.repo
  • repo編集
# vi /etc/yum.repos.d/rpmforge.repo
  • 以下リポジトリを「enable=1」に変更
    [rpmforge]
    enabled=0  ←「0」に変更
  • 終了
# exit
 exit
$

※repoは以下手順でも追加可能

# vi /etc/yum.repos.d/rpmforge.repo 
  • 以下全面追加
    [rpmforge]
    name=RPMforge RPM repository for Red Hat Enterprise Linux
    baseurl=http://ftp.riken.jp/Linux/dag/redhat/el6/en/$basearch/rpmforge/
    gpgcheck=1
    enabled=0

利用方法

# yum --enablerepo=rpmforge install [パッケージ名]

導入2:EPEL設定

  1. wget install 実施
# yum install wget

【Telnet】

  • rootでログイン
$ su
パスワード:
  • リポジトリキー入手
# wget http://ftp.riken.jp/Linux/fedora/epel/RPM-GPG-KEY-EPEL-6
  • 確認
# ls -l
-rw-r--r--  1 root     root       1649  5月 12 10:25 2010 RPM-GPG-KEY-EPEL-6
  • リポジトリキーインポート
# rpm --import RPM-GPG-KEY-EPEL-6
  • リポジトリーキー削除
# rm -f RPM-GPG-KEY-EPEL-6
  • repo追加
# vi /etc/yum.repos.d/epel.repo
  • 以下全面追加
    [epel]
    name=EPEL RPM Repository for Red Hat Enterprise Linux
    baseurl=http://ftp.riken.jp/Linux/fedora/epel/6/$basearch/
    gpgcheck=1
    enabled=0
  • 確認
# ls -l /etc/yum.repos.d/
-rw-r--r--  1 root root  141  1月 23 23:43 2014 epel.repo
  • 終了
# exit
 exit
$

利用方法

# yum --enablerepo=epel install [パッケージ名]

導入3:Remi設定

  1. wget install 実施
# yum install wget

【Telnet】

  • rootでログイン
$ su
パスワード:
  • リポジトリキー入手
# wget http://rpms.famillecollet.com/RPM-GPG-KEY-remi
  • 確認
# ls -l
-rw-r--r--  1 root     root      1340  6月 24 18:38 2007 RPM-GPG-KEY-remi
  • リポジトリキーインポート
# # rpm --import RPM-GPG-KEY-remi
  • リポジトリーキー削除
# rm -f RPM-GPG-KEY-remi
  • repoダウンロード
# wget http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi.repo
  • repoコピー
# cp remi.repo /etc/yum.repos.d/
  • 確認
# ls -l /etc/yum.repos.d/
-rw-r--r--  1 root root  141  2月 22 08:24 2014 epel.repo
  • 終了
# exit
 exit
$

利用方法

# yum --enablerepo=remi install [パッケージ名]

遭遇したトラブル

特になし

問題:

特になし
 

原因:

特になし

謝辞

テキスト作成に当たり、以下サイトを参考にさせて頂きました。ありがとうございます。

http://www.server-world.info/query?os=CentOS_6&p=initial_conf&f=6
http://centos.server-manual.com/centos5_repository.html
http://w.builwing.info/2013/08/16/centos6-4%E3%81%ABepelrepoforgeremi%E3%83%AA%E3%83%9D%E3%82%B8%E3%83%88%E3%83%AA%E3%81%AE%E8%BF%BD%E5%8A%A0/