2.0/FrequentlyAskedQuestions の変更点

TITLE:よくある質問 (Frequently Asked Questions)
原文 = http://ankisrs.net/docs/manual.html#_frequently_asked_questions
----

目次
#contents
&br;&br;

* しばらく勉強しないでいたら、次の復習間隔がすごく長くなりました! [#k768a0fa]
//* I haven’t studied for a while, and now the next due times are too big!

Anki を毎日使って、カードの問題に対して正解すれば、間隔は長くなっていきます。''good'' (普通) のボタンを押すと 間隔が 約 2 倍 になると仮定しましょう。間隔は 5日・10日・20日・40日 のように長くなっていきます。
//When you use Anki every day, each time a card is answered correctly, it gets a bigger interval. Let’s assume that '''good''' about doubles the interval. Thus you have a 5 day wait, then a 10 day wait, 20 days, 40 days, and so on.

数週間・数ヶ月のブランクのあとで単語帳を開くと、学習者は 間隔がとても伸びることに驚きます。この動作の理由は、Anki が 復習間隔を決めるとき、スケジューリングした時間ではなく、実際にカードを 見なかった時間 をもとに計算するからです。このため、5日の間隔でスケジュールされたカードを、実際には 1ヶ月 勉強しなかった場合、次回の復習は 10日後 ではなく 約60日後 になります。
//When people return to their deck after weeks or months of no study, they’re often surprised by the length intervals have grown to. This is because Anki considers the actual time the card was unseen, not just the time it was scheduled for. Thus if the card was scheduled for 5 days but you didn’t study for a month, the next interval will be closer to 60 days than 10 days.

これは長所です。あなたが 1ヶ月 のブランクのあとでもカードの答えを憶えていたということは、もっと長い間隔のあとでも 忘れずにいられるでしょう。SRS の原理は、ブランクのあとで勉強するときも働きます。また、1ヶ月ものあいだ忘れずに済んだカードを、たった 10日後に復習するのは、合理的ではありません … 後戻りになります。
//This is a good thing. If you have successfully remembered a card after a one month wait, chances are you’ll remember it again after a longer wait, too. The same principles which make SRS effective in normal use apply when you’re studying after a delay, too. It also makes little sense to schedule a card for 10 days in the future if you were able to easily answer it after a whole month’s wait - you’d be going backwards.

単語帳をリセットするのは、もっと悪い方法です。長い休みのあとで単語帳を再開した場合、多くのカードを忘れているでしょうが、しかし、すべてのカードを忘れた というわけではないでしょう。単語帳全体をリセットすると、すでに知っているカードを勉強するために費やした時間を 無駄にすることになります。
//Resetting the deck is an even worse solution. When returning to a deck after a long absence, you may have forgotten many of your cards, but chances are you haven’t forgotten them all. Resetting the entire deck means you have to waste time studying material you already know.

次に、復習するのが遅れてしまい、思い出すのに少し苦労したカードについて考えましょう。これを計算に入れるために、あなたが どのボタンを押したかによって、Anki は別々の方法で 休んだ期間を扱います。easy (簡単) ボタンを押すと、最後の間隔 と 休んだ期間 の合計を使って、次の復習間隔を計算します。good (普通) ボタンを押すと、休んだ期間の 半分だけ を使います。hard (難しい) ボタンを押すと、休んだ期間の 1/4だけ を使います。なので、カードの復習間隔が 5日 で、これに 20日間 のブランクをおいて答えた場合、次の復習間隔は およそ以下のようになります:
//Now you may find overdue cards that you were able to recall, but not comfortably, since they were not reviewed when they should have been. To counter this, Anki treats the delay differently depending on your answer. If you find a card easy, the last interval plus the full delay are added together, and then used to calculate the next interval. When you answer good, only half the delay is used. And when you answer hard, only a quarter of the delay is used. So if a card was due in 5 days, and it’s answered 20 days late, the next times you’d end up with are approximately:

-Hard (難しい) : (5 + 20/4) * 1.2 = 12 日
-Good (普通) : (5 + 20/2) * 2.5 = 37.5 日
-Easy (簡単) : (5 + 20) * 3.25 = 81.25 日
//-Hard: (5 + 20/4) * 1.2 = 12 days
//-Good: (5 + 20/2) * 2.5 = 37.5 days
//-Easy: (5 + 20) * 3.25 = 81.25 days

(実際には、単語帳内での得手不得手によって、係数は変わります)
//(the factors will actually vary depending on your performance in the deck)

カードが hard (難しい) と答えた場合、次の復習間隔は かなり保守的で、直前の間隔 (25日) よりも短くなります。カードが good (普通) と答えた場合、間隔は 約50% しか伸びません。easy (簡単) と答えた場合は、いつものようにアグレッシブに間隔を伸ばします。
//If you find a card hard, the next interval is quite conservative and is less than the last wait (25 days). If you find it good, the next interval is only about 50% higher. And easy increases the interval aggressively as usual.

なので、しばらく休んでから Anki を再開したとき、いつも通りに勉強することをお勧めします。それでもなお、単語帳を絶対にリセットしたいと決意したのなら、ブラウザーを開いて リセットしたいカードを選択し、 編集>スケジュールを変更 (Edit>Reschedule) を使ってください。
//So it is recommended that you study as normal when you return to Anki after a period of absence. But if you absolutely must reset the deck, you can select the cards to reset in the browser, and use Edit>Reschedule.
* n択問題 を作れますか? [#da70c191]
//* Can I do multiple-choice questions?

選択式の問題は、いくつかの理由により、復習の道具としては劣っています。にもかかわらず 学校のテストで 選択問題が用いられる理由は、採点しやすい、解答を自力で思い出すことができない受験者でも 正解の区別はできる、などがあります。
//Multiple choice questions are a poor review tool for a number of reasons. The reason they are commonly used in an academic setting is because they are easy to mark, and they allow the person studying to demonstrate their ability to recognize the correct answer even if they can’t produce it themselves.

そのうえ、良い選択問題には 良い「誤答」…正解と紛らわしい答え…が必要です。コンピュータは 似たスペルの単語を検索することはできますが、それ以上のことはできません。複雑な問題に対して 良い誤答を選ぶことはできません。
//Furthermore, good multiple choice questions have well chosen "distractors" - answers that are similar to the correct answer. A computer can look for similary spelt words, but it is not capable of chosing good distractors for more complicated topics.

あなたが受けようとしているテストが 以下のような選択問題なら:
//If you are studying for a test and you have a sample test with a multiple choice question like the following:

 Q: とても首が長い動物は?
 
 A: 1. サル. 2. キリン. 3. ロバ. 4. ナメクジ.

// Q: What animal has a really long neck?
// 
// A: 1. A monkey. 2. A giraffe. 3. A donkey. 4. A snail.

この問題を Anki に入力するときは 以下のように書き換えます:
//Then that question should be rewritten in Anki as follows:

 Q: とても首が長い動物は?
 
 A: キリン.
// Q: What animal has a really long neck?
// 
// A: A giraffe.

または、選択肢を考えて書き加えます:
//Or you can add your own choices:

 Q: とても首が長い動物は? (イヌ/ネコ/キリン/ペンギン)
 
 A: キリン.
// Q: What animal has a really long neck? (dog/cat/giraffe/penguin)
// 
// A: A giraffe.
* カード同士をリンクできますか? 依存関係を作るには? 同意語をどう扱ったらいい? [#i4a5ca8c]
//* Can I link cards together? Add dependencies? How should I handle synonyms?

Anki は、ひとつのノートから作られたカード群のリンクをサポートしますが、無関係なカードのリンクは できません。あなたが 日本語を勉強していて、単語について 理解 (recognize)・想起 (reproduce) の両方ができるようにしたいと想定します。単語 "おおきい" を入力します。これは "big" という意味です。すると Anki に 2枚のカードを生成させることができます … "おおきい"→"big", "big"→"おおきい"。
//Anki supports links between cards of a note, but not between unrelated cards. Imagine are you studying Japanese and aiming to be able to both recognize and reproduce the Japanese. You may enter the word "ookii", which means "big", and tell Anki to generate two cards - ookii→big and big→ookii.

上のような状況では、Anki は復習タイミングをずらし、これら 2枚の 関連カード が たて続けに表示されないようにします。([[関連カードの延期>2.0/Studying#siblings-and-burying]] の項目を参照してください。)
//In the above situation Anki can space reviews of those two sibling cards out so that they don’t appear one after the other (see <<siblings,sibling spacing>> in the link at the top of this document).

このようなリンクを、任意のカードにまで拡張したい と思う人もいます。「このカードを表示した後に このカードを表示する」機能や 「このカードを十分に憶えるまでは こっちのカードを表示しない」機能 がほしいそうです。これは理論上は 良いアイデアに思えるのですが、じつは現実的ではありません。
//Some people want to extend this link between arbitrary cards. They want to be able to tell Anki "after showing me this card, show me that card", or "don’t show me that card until I know this card well enough". This might sound like a nice idea in theory, but in practice it is not practical.

一つ目の理由はこうです。関連カードの場合と違って、全てのカードどうしの関係を あなたが 手動で 定義する必要があります。こうなると新たに ノート を Anki に入力するのが 複雑な作業になります。単語帳の中を探し回って カードどうしの関係を設定する必要があるからです。
//For one, unlike the sibling card case above, you would have to define all the relations yourself. Entering new notes into Anki would become a complicated process, as you’d have to search through the rest of the deck and assign relationships between the old and new material.

二つ目の理由はこうです。Anki は、最適なタイミングでカードを復習できるように、アルゴリズムで計算しています。計算で求めた時期よりも 早く または 遅く カードを表示するように 制約条件を追加すると、間隔反復学習 (SRS) の効果が弱くなります。その結果、必要以上の勉強や、カードを忘れる ということになります。
//Secondly, remember that Anki is using an algorithm to determine when the optimum time to show you material again is. Adding constraints to card display that cause cards to display earlier or later than they were supposed to will make the spaced repetition system less effective, leading to more work than necessary, or forgotten cards.

Anki の 最も効果的な使い方は、各々の ノート を独立させることです。他のノートに依存しないようにするのです。類義語をつなげようと考えるのではなく、類義語を区別できるかどうか考えてください。同意語といっても、完全に交換可能というケースは稀です … ニュアンスの違いがあり、ある文中の単語を その同意語に置き換えると 違和感が生じることもあります。
//The most effective way to use Anki is to make each note you see independent from other notes. Instead of trying to join similar words together, you’ll be better off if you can determine the differences between them. Synonyms are rarely completely interchangeable - they tend to have nuances attached, and it’s not unusual for a sentence to become strange if one synonym is replaced with another.

日本語の例で続きを説明します。"でかい" という単語を憶えたいと想定します。これも大まかにいえば "big" という意味ですが、より口語的な表現です。この単語についても 理解・想起 の両方ができるようになりたければ、英語の面を "big (口語的)" とするのが良いです。外国語の勉強が進むにつれて、類義語の区別をつけるのが重荷になってきます。単語を想起する問題を 勉強の早期にやるのが良いのは、これが理由です。
基本単語を良く理解していれば、我々は 能動語彙に比べて 受動語彙のほうを ずっと多く憶えているので、理解ベースの勉強へと進むのは理にかなっています。
//Continuing with the Japanese example earlier, imagine you want to learn the word "dekai", which also roughly translates to "big", but is a more colloquial expression. If you still want to review in both directions, you might make the English prompt of this word "big (more casual)". The further you progress in your language studies though, the more of a burden it becomes to define the differences between similar words, which is why cards asking you to produce a particular word are best left to the early stage of your studies. With a strong base vocabulary, moving towards recognition-based study makes more sense, as we all have a much larger passive vocabulary than our active vocabulary.

難しいカードは 簡単なカードよりも後に表示する ようにしたいなら、いくつかの方法があります。デフォルトでは、新規カードの表示順序は 単語帳にカードを追加した順 になっています。なので、あなたが読んでいる教材や情報ソースが あなたのレベルに適していれば、難易度の低いカードから順に表示されるでしょう。
//As for ensuring that difficult material is introduced after easier material, a number of existing tools are available. New cards are by default introduced in the order they are added to the deck, so as long as the learning materials or sources of information you are using are adequately graded for your level, material should appear in order of easiness.
* 任意の数の記入欄を ノートに追加することはできますか? [#c1fa6074]
//* Can I give my notes an arbitrary number of fields?

ノートは、たがいに '''密接に''' 関連した情報を表すために、また その情報が カードのどこに現れるかを 楽に把握できるように 作られました。外国語を学ぶことを例にとれば、語句・訳 のペアや、語句・訳・発音 の3つ組 などを表すときに、ノートは便利です。これらの関係は すべて 1:1 です … 語句は ただひとつの発音・ただひとつの訳をもちます。(1)
//Notes are designed to represent '''closely''' related information, and to make it easy to reorganize where that information appears on a card. In the context of language learning, notes are useful for representing things like a phrase-translation pair, a phrase-translation-reading triplet, and so on. All of these relationships are 1:1 - a given phrase has only one reading, and one translation. (1)

ノートを使うと いくつかの情報を紐付けることができるので、なかには、あまり関連のない情報どうしを結びつけるためにノートを使おうとする人もいます。例えば、"completely" という単語を含む 2つの例文があるとすると:
//Because of their ability to tie related pieces of information together, some people try to use notes to tie less closely related information in their deck together. For example, if they come across two sentences with the word "completely":

-He was completely confused.
-That was completely uncalled for.

この人は ひとつのノートに これら 2つの例文を入力します。なぜなら、共通の単語があるから 互いに関係があると考えたからです。しかし、この人が 別の例文を見つけたら どうでしょう?
//Then they put those two sentences in the same note, under the rationale that since they share a word, they are related. But what if the user comes across another example sentence?

-The book confused her.

既存の例文と 共通の単語 "confused" があります。この例文は "confused" のノートに入れるべきでしょうか? それとも "completely" のノートでしょうか? それとも両方に入れる?
//That sentence shares the word "confused" with a previous sentence. So should it be in the note for "confused"? Or the note for "completely"? Or both?

前に出た語句・訳の組と異なって、例文に共通の単語があるときに 関係がある とみなすと、多:多 の関係になります。つまり、例文 A は 例文 B・C と関係があり、例文 B は 例文 A・D と関係があり、…というぐあいです。関係が複雑で重複もあるので、ノートは これをうまく表現できません。
//Unlike the phrase-translation pairs mentioned above, if you say sentences are related if they share a word, then sentences have a many:many relationship. That is, sentence A may be related to sentence B and C, sentence B may be related to A and D, and so on. Because the relationships are complex and overlapping, notes are not a good way to represent them.

人々がこのような関係を ノート で表したがる理由は、主に以下の 2つだと思います:
//There seem to be two main reasons people try to represent such relationships in notes:

-「すべての情報を一ヶ所にまとめるほうが すっきりしてるから」。 確かにそうですが、実際にはあまり手間の節約になりません。各例文がそれぞれ別のノートに入力されていたとしても、"completely" という単語を含む例文をすべて見るには "completely" を検索するだけでいいのです。
-「共通の単語を含む例文は 復習の時間を空けたいから」。 これは FAQ の前のほうにある質問と関係があります。カードの間にリンクを定義するのは時間がかかる作業であり、もし 共通の単語を含むカードが 自動的に 他のカードと切り離されるようにしたければ、それは大きな計算量を必要とするうえに、あらゆるカードが他のカードと関係があるとみなされ 結局カードが何も表示されないという状況になります。確かに、共通の単語を含む 2つの例文が 立て続けに表示されるのは 理想的ではないですが、あなたがランダムな順番でカードを追加したら こんな状況は起こりにくいですし、こんな状況を防ぐための対策は コストに見合う価値があるとは思えません。また、こんな状況が起こったとしても、実世界で その単語に出くわす機会をなくすことはできません。

//-"Because it’s neater to keep all the information in one place". This may seem to be the case, but in reality you really don’t save much. If you want to see all example sentences that contain the word "completely" and each sentence is in a different note, all you have to do is search for "completely".
//-"Because I want Anki to separate reviews of cards that share the same word". This is related to the previous FAQ question. Defining the links between cards is time consuming, and if it were done automatically and every card that shared a word were separated from other cards that shared a word, it would be both computationally prohibitive, and would likely lead to a situation where nothing could be shown because it was all related to something else. Yes, it’s not ideal for two sentences containing the same word to be shown right after each other, but if you add new cards in a random order such a situation is unlikely, and the downsides of trying to prevent such a situation aren’t worth it. And even if such a solution were introduced, it wouldn’t stop you from encountering the words in the real world.

(1) 訳者によって ひとつの語句でも訳は異なり、方言によって発音が異なる、ということを、この議論では無視します。
//(1) It is possible for different people to translate the same phrase in different ways, and different dialects may read the same word differently, but that is not relevant to the discussion.
* AnkiWeb を自分でホスティングできますか? [#vd75e545]
//* Can I host my own AnkiWeb?

残念ながら、AnkiWeb はホストされたサービスとしてのみ利用可能です。
//Sorry, AnkiWeb is only available as a hosted service.
* Android 版が無料なのに iPhone 版が有料なのは なぜですか? [#z8931fb7]
//* Why is the Android version free when the iPhone version isn’t?

私は デスクトップ版のAnki、AnkiWeb、AnkiMobile にフルタイムで取り組んでおり、生活費を稼ぐ手段が必要です。デスクトップ版と Web 版をフリーで利用できるようにしたため、資金の捻出は iPhone app の売り上げに頼っています。
//Working on Anki desktop, AnkiWeb and AnkiMobile is my full time job, and I need some way of paying the bills. Since I make the desktop & web versions available for free, I rely on sales of the iPhone app in order to finance development.

AnkiDroid は有志による別のグループが開発したものです。フリーのデスクトップ版を基に開発され、単語帳の同期には AnkiWeb を利用しています。彼らは、Ankiデスクトッププログラムと同様、Android版を無料で配布することに決めました。
AnkiDroid は有志による別のグループが開発したものです。フリーのデスクトップ版をもとに開発され、単語帳の同期には AnkiWeb を利用しています。彼らは、Ankiデスクトッププログラムと同様、Android版を無料で配布することに決めました。
//AnkiDroid is written by a separate group of volunteers. Since they based it on the free desktop version I make available (and rely on AnkiWeb in order to synchronize decks), they decided to make it freely available as well.
* Anki は どんな SRS アルゴリズムを使っていますか? [#what-algorithm]
//* What spaced repetition algorithm does Anki use?

初期の Anki は SuperMemo SM5 アルゴリズムに基づいていました。しかし、Anki のデフォルト動作では、カードに解答するよりも前に 次回の復習間隔を表示するので、SM5 アルゴリズムでは根本的な問題が起きることが明らかになりました。SM2 と それ以後のアルゴリズムの主な違いは:
//Anki was originally based on the SuperMemo SM5 algorithm. However, Anki’s default behaviour of revealing the next interval before answering a card revealed some fundamental problems with the SM5 algorithm. The key difference between SM2 and later revisions of the algorithm is this:

-SM2 は、カードに対する答えの良悪を使って、そのカードの次回の復習時期を決めます。
-SM3+ は、カードに対する答えの良悪を使って、そのカード と そのカードに類似したカード の次回の復習時期を決めます。
//-SM2 uses your performance on a card to determine the next time to schedule that card
//-SM3+ use your performance on a card to determine the next time to schedule that card, and similar cards

後者のアプローチでは、1枚のカードに対する出来だけでなく、カードのグループの出来も考慮に入れることで、より正確な復習間隔を実現しています。あなたが毎日一貫して勉強しており、すべてのカードの難易度が同程度であれば、このアプローチはとてもうまくいくでしょう。しかし、ひとたび一貫性が崩れると (カードごとに難易度が違う、勉強する時間帯が日によって違う) 、SM3+ の復習間隔の予測は不正確になります … カードの復習スケジュールが 過密になったり 過疎になったりするのです。
//The latter approach promises to choose more accurate intervals by factoring in not just a single card’s performance, but the performance as a group. If you are very consistent in your studies and all cards are of a very similar difficulty, this approach can work quite well. However, once inconsistencies are introduced into the equation (cards of varying difficulty, not studying at the same time every day), SM3+ is more prone to incorrect guesses at the next interval - resulting in cards being scheduled too often or too far in the future.

さらに、SM3+ は動的に 「最適係数」表 ("optimum factors" table) を書き換えるので、「簡単」と答えたカードの復習間隔よりも 「難しい」と答えたカードの復習間隔のほうが長くなる、という状況が 頻繁に起こります。SuperMemo では 次回の復習時期が表示されないので、ユーザはこの現象に気づきません。
//Furthermore, as SM3+ dynamically adjusts the "optimum factors" table, a situation can often arise where answering "hard" on a card can result in a longer interval than answering "easy" would give. The next times are hidden from you in SuperMemo so the user is never aware of this.

いくつかの選択肢を検討した結果、Anki作者は以下のように判断しました ; 復習間隔を最適化しようとするあまり 復習間隔が不正確になるリスクがある よりは、SM2 の派生形によって 最適にほど近い復習間隔を計算したほうが良い。SM2 アプローチは エンドユーザにとって 直感的で予測がつく動作です。しかし SM3+ アプローチは、ユーザから詳細を隠し、ユーザがシステムを信用することを要求します (しかしシステムはスケジューリングで間違えるのです)。
//After evaluating the alternatives, the Anki author decided that near-optimum intervals yielded by an SM2 derivative are better than trying to obtain optimum intervals at the risk of incorrect guesses. An SM2 approach is predictable and intuitive to end users, whereas an SM3+ approach hides the details from the user and requires users to trust the system (even when the system may make mistakes in the scheduling).

Anki のアルゴリズムは SM2 に基づいていますが、いくつかの違いがあります。
//Anki’s algorithm is based on SM2, but differs from it in some respects.

-SM2 は 初期の間隔を 1日、次に 6日 としています。Anki では、初期の学習ステップをユーザーが自由に管理することができます。Anki が理解していることは、新しいカードを記憶するには そのカードを何度も見る必要があるということです。初期が 失敗だからといって そのカードを短い日数のうちに何度も出る罰が必要というわけではありません。学習段階の出来は、記憶保持段階の出来を決定づけるものではありません。
//-SM2 defines an initial interval of 1 day then 6 days. With Anki, you have full control over the length of the initial learning steps. Anki understands that it can be necessary to see a new card a number of times before you’re able to memorize it, and those initial "failures" don’t mean you need to be punished by being shown the failed card many times over the course of a few days. Performance during the learning stage does not reflect performance in the retaining stage.
-Anki は 6つではなく 4つの選択肢を使います。失敗の選択肢は 3つではなく 1つだけです。
この理由は、全体の学習回数のうち 失敗の割合はかなり少なく、カードの難易度を調整するには 正解時に出来を選ぶだけで十分だからです。
//-Anki uses 4 choices for answering review cards, not 6. There is only one '''fail''' choice, not 3. The reason for this is that failure comprises a small amount of total reviews, and thus adjusting a card’s ease can be sufficiently done by simply varying the positive answers.
-カードに答えた日が 予定よりも後だった場合、その差分が 次回の復習を計算するときに折り込まれ、復習が遅くなったにもかかわらず憶えていたカードには ボーナスが与えられます。
//-Answering cards later than scheduled will be factored into the next interval calculation, so you receive a boost to cards that you were late in answering but still remembered.
-デフォルトでは、SM2 と同様、 Anki の 失敗ボタン を押すと カードの復習間隔がリセットされます。しかしユーザには、完全にリセットするだけでなく、少し後戻りするという選択肢も提供されています。また、学習の進んだカードに解答できなかった場合、同じ日に復習するのではなく他の日に復習することもできます。
//-Like SM2, Anki’s failure button resets the card interval by default. But the user can choose to make the card take some steps back rather than being reset completely. Also, you can elect to review failed mature cards on a different day, instead of the same day.
-''非常に簡単'' (Remembered easily) は難易度係数を下げるだけでなく、復習間隔にボーナスを加算します。
このため、''非常に簡単'' と答えると、標準的な SM2アルゴリズムと比べて 少しアグレッシブになります。
//-'''Remembered easily''' not only increments the ease factor, but adds an extra bonus to the current interval calculation. Thus, answering '''remembered easily''' is a little more aggressive than the standard SM2 algorithm.
-学習中のカード に 連続で失敗しても、カードの難易度は上がりません。標準的な SM アルゴリズムで頻出した不満のひとつに、何度も失敗したカードが「短い間隔地獄 (low interval hell)」にはまる現象があります。Anki では、学習初期の進行状況は カードの難易度に 影響を与えません。
//-Successive failures while cards are in learning do not result in further decreases to the card’s ease. A common complaint with the standard SM algorithms is that repeated failings of a card cause the card to get stuck in "low interval hell". In Anki, the initial acquisition process does not influence a card’s ease.

SM2 アルゴリズムの説明は 以下を見てください。
http://www.supermemo.com/english/ol/sm2.htm
//For a description of the SM2 algorithm, please see http://www.supermemo.com/english/ol/sm2.htm

Anki のソースコード中でスケジュールに関する '''sched.py''' を確認することもできます。要約すると以下のようになります('''斜体''' で示されているオプションについては [[単語帳オプション>2.0/DeckOptions]] を参照してください):
//You can also check out '''sched.py''' in Anki’s source code for the scheduling code. Here is a summary (see the <<deckoptions,deck options>> section for the options that are mentioned in '''italics''').

押したボタンが・・・
//If you press...

:Again|
:|カードは再学習モードに置かれ、易しさは20%減少し(これは即ち、易しさ の値から 20 が差し引かれ)、現在の復習期間は '''new interval''' の値で掛け算されます(この期間はカードが再学習モードを抜けたときに適用されます)。
//:|The card is placed into relearning mode, the ease is decreased by 20 percentage points (that is, 20 is subtracted from the '''ease''' value, which is in units of percentage points), and the current interval is multiplied by the value of '''new interval''' (this interval will be used when the card exits relearning mode).
:Hard|
:|カードの易しさを15%減少させ、現在の復習期間は1.2倍されます。
//:|The card’s ease is decreased by 15 percentage points and the current interval is multiplied by 1.2.
:Good|
:|現在の復習期間に現在の易しさの値が掛け算されます。易しさは変更されません。
//:|The current interval is multiplied by the current ease. The ease is unchanged.
:Easy|
:|現在の復習期間に現在の易しさと '''easy bonus''' の値が掛け算され、易しさを15%増加させます。
//:|The current interval is multiplied by the current ease times the '''easy bonus''' and the ease is increased by 15 percentage points.

Hard, Good, Easy では、次の復習期間は追加的に '''interval modifier''' が掛け算されます。カードが遅延して復習された場合、これらの計算が行われる前に、[[このFAQのように>2.0/FrequentlyAskedQuestions#k768a0fa]]追加的な日数が現在の復習期間に追加されます。
//For Hard, Good, and Easy, the next interval is additionally multiplied by the '''interval modifier'''. If the card is being reviewed late, additional days will be added to the current interval, as described <<duetimestoobig,here>>. the number of days that the card is overdue will be added to the current interval before doing these calculations.

カードのスケジュールの値にはいくつかの制限があります。まず、易しさは 130% よりも小さくなりません。なぜなら SuperMemo の調査では 130% より小さい易しさはカードの期日が短すぎて有用でなくなり、ユーザーに迷惑となるためです。次に、復習期間は '''maximum interval''' の値よりも大きくなることはありません。最後に、新しい復習期間(Again を回答した場合を除く)は常に前回の復習期間よりも少なくとも1日長くなります。
//There are a few limitations on the scheduling values that cards can take. Eases will never be decreased below 130%; SuperMemo’s research has shown that eases below 130% tend to result in cards becoming due more often than is useful and annoying users. Intervals will never be increased beyond the value of '''maximum interval'''. Finally, all new intervals (except Again) will always be at least one day longer than the previous interval.

>''ノート''
//>''Note''
>難易度ボタンの選択後、カードには少しのランダムな揺らぎを与えます。これにより同時に新規に導入され、同じ難易度ボタンを押されたカードが、復習タイミングが一緒となって同じ日に復習に現れるのを防止しています。この揺らぎは学習期間ボタンには現れないため、選択したボタンの次回の学習時期と実際の学習時期がわずかに異なっている場合には、その原因はおそらくこの揺らぎによるものです。
//>After you select an ease button, Anki also applies a small amount of random “fuzz” to prevent cards that were introduced at the same time and given the same ratings from sticking together and always coming up for review on the same day. This fuzz does not appear on the interval buttons, so if you’re noticing a slight discrepancy between what you select and the intervals your cards actually get, this is probably the cause.