2.0/ManagingFilesAndYourCollection の変更点

TITLE:ファイルとコレクションの管理 (Managing Files and Your Collection)
原文 = http://ankisrs.net/docs/manual.html#managing-files-and-your-collection
----
目次
#contents
&br;&br;

* コレクションのチェック [#checking-your-collection]
//* Checking Your Collection

コレクションのファイルに問題がないかをときどきチェックするのは良い考えです。メニューから Tools>Check Database を選択することでこれを実行することができます。データベースのチェックはファイルが破損していないことを保証し、内部構造の一部を再構築してファイルを最適化します。
//It's a good idea to occasionally check your collection file for problems. You can do this via the Tools>Check Database menu item. Checking the database ensures the file is not corrupted, rebuilds some internal structures, and optimizes the file.

データベースをチェックすると、タグのリストも再構築されます。単語帳やカードを削除した場合、効率を良くするため、使用されていたタグのリストは更新されません。もう使われていない古いタグをリストから削除したい場合は、上記の方法でデータベースをチェックしてください。
//When you check the database, your tag list is also rebuilt. When you delete individual decks or cards, Anki does not update the list of used tags, as it's inefficient to do so. If you want to clear old tags out from the list that are no longer in use, checking your database is the way to do it.

Anki は 2週間に1回、自動的にコレクションの最適化を行います。この最適化によりコレクションがうまく動作することを保証しますが、エラーのチェックや、タグのリストの再構築は行われません。
//Please note that Anki will automatically optimize your collection once every 2 weeks. This optimization ensures the collection performs well, but it does not check for errors or rebuild the tag list when automatically optimizing.
* ファイルの場所 [#file-locations]
//* File Locations

Windows と OS X では、Anki は Documents フォルダーの中の Anki フォルダーに全てのファイルを保存します。他の OS では、デフォルトで ~/Anki に保存されます。
//On Windows and OSX, Anki stores all of its files in an Anki folder, located in your Documents folder. On other operating systems, your files are stored in ~/Anki by default.

Anki フォルダー中、プログラムレベルの設定とプロファイルレベルの設定は prefs.db というファイルに保存されます。
//Within the Anki folder, the program-level and profile-level preferences are stored in a file called prefs.db.

それぞれのプロファイルは別々のフォルダーに保存されます。フォルダーには次が含まれます:
//There is also a separate folder for each profile. The folder contains:

-collection.anki2 というファイルにノート、単語帳、カード
-collection.media というフォルダーに音声と画像
-バックアップフォルダー
-いくつかのシステムファイル
//-Your notes, decks, cards and so on in a file called collection.anki2
//-Your audio and images in a collection.media folder
//-A backups folder
//-Some system files

>''警告''
>Anki の起動中に決してコレクションのコピーや移動をしないでください。コレクションが破損する可能性があります。他のファイルも移動や編集をしないでください。
//>''WARNING''
//>You should never copy or move your collection while Anki is open. Doing so could cause your collection to become corrupted. Please don't move or modify the other files in the folder either.

>''ノート''
>Unix システムでのデータ保存には、あえて隠しフォルダーではなく ~/Documents/Anki というフォルダーを使用しています。このフォルダーに保存されたデータは簡単に復旧できる設定ではなく、重要なユーザーのデータであり、ファイルのバックアップ時にユーザーがこのフォルダを見落としたら大きな損失となります。また隠しフォルダーをよく知らない Linux ユーザーが増えています。あなたが高度なユーザーであれば、次の項目で説明するようにコマンドライン引数でカスタムフォルダーを指定することもできます。
//>''NOTE''
//>On Unix systems, Anki deliberately uses ~/Documents/Anki rather than a hidden folder. The bulk of the data stored in that folder is important user data rather than easily restored preferences, and it would be a disaster if a user lost it because they overlooked it when backing up files. There are also more and more Linux users who are not familiar with hidden folders. If you're an advanced user, you can specify a custom folder with a command line argument, described in the next section.
* 起動時オプション [#startup-options]
//* Startup Options

あるコンピュータ上で破壊的な変更をしてしまい、別のコンピュータ上には破損していないコピーがある場合、破壊的な変更をダウンロードすることなく Anki を起動させて、完全同期オプションで復旧させたい場合があるでしょう。同様に Anki に何か問題が起きている場合、一時的にアドオンを無効化してそのアドオンが問題を発生させていないかを確認したい場合があるでしょう。Anki の起動時にシフトキーを押し続けることで、これらの両方を行うことができます。
//If you have made a destructive change on one computer and have an undamaged copy on another computer, you may wish to start Anki without syncing in order to use the full sync option without first downloading the changes. Similarly, if you are experiencing problems with Anki, you might want to (or might be instructed to) disable add-ons temporarily to see if one might be causing the problem. You can do both of these things by holding down the Shift key while starting Anki.

起動時にカスタムフォルダーの場所を指定することもできます。これは主にポータブルインストールで使うことを意図した高度な機能であり、ほとんどの場合ではデフォルトの場所を使うことをお勧めします。
//It is possible to specify a custom folder location during startup. This is an advanced feature that is primarily intended to be used with portable installations, and we recommend you use the default location in most circumstances.

別のフォルダーを指定する構文は次のようになります:
//The syntax to specify an alternate folder is as follows:

 anki -b /path/to/anki/folder

-複数のプロファイルがある場合、-p <name> を渡して特定のプロファイルを読み込むことができます。
-インターフェイスの言語を変更するには、-l <iso 639-1 language code> (例:日本語では "-l ja")を使用してください。
//-If you have multiple profiles, you can pass -p <name> to load a specific profile.
//-To change the interface language, use -l <iso 639-1 language code>, such as "-l ja" for Japanese.

カスタムフォルダーの場所を常に指定したい場合、Anki へのショートカットを修正することができます。Windows では、ショートカットを右クリックし、プロパティを開き、ショートカットタブを選択して "-b \path\to\data\folder" をプログラムへのパスの後ろに追加してください。例えば次のようです:
//If you always want to use a custom folder location, you can modify your shortcut to Anki. On Windows, right-click on the shortcut, choose Properties, select the Shortcut tab, and add "-b \path\to\data\folder" after the path to the program, which should leave you with something like

 "C:\Program Files\Anki\anki.exe" -b "C:\AnkiDataFolder"

"-l" オプションを使うことで、Anki を使用する際の言語を簡単に変更することができます。
//You can also use this technique with the -l option to easily use Anki in different languages.

>''ノート''
>ウィンドウズでは スラッシュ (/) ではなく バックスラッシュ (\) を使ってください。
//>''NOTE''
//>On Windows, you should use a backslash (\) not a forward slash (/).

Mac では Anki アイコンをクリックしたときの動作を変える簡単な方法はありませんが、terminal からカスタムのフォルダーを使って Anki を起動することができます:
//On a Mac there is no easy way to alter the behaviour when clicking on the Anki icon, but it is possibile to start Anki with a custom base folder from a terminal:

 open /Applications/Anki.app --args -b ~/myankifolder

>''ノート''
>インターフェイス言語を恒久的に変更したければ、Documents/Anki/prefs.db を削除すると最初のスタートアップ画面が再度表示されます。その後、使っていたプロファイルを全て追加する必要があります。前回と同じプロファイル名を使う限り、以前のファイルが自動的に使用されます。
//>''NOTE''
//>If you want to permanently change the interface language, delete Documents/Anki/prefs.db and the initial startup screen will be shown again. After doing so, you'll need to add any profiles you were using again. As long as you use the same profile name as before, Anki will pick up the files from before.
* DropBoxとファイルの同期 [#dropbox-and-file-syncing]
//* DropBox and File Syncing

Anki フォルダーをサードパーティの同期サービスで直接同期することはおすすめしません。使用中にファイルの同期が行われると、データベースの破損が起きる可能性があるためです。
//We do not recommend you sync your Anki folder directly with a third-party synchronization service, as it can lead to database corruption when files are synced while in use.

メディアだけを同期したければ、外部フォルダーを DropBox のようなサービスへリンクしてください。詳細は http://www.dropboxwiki.com/tips-and-tricks/sync-other-folders を参照してください。
//If you just want to synchronize your media, you can link external folders into services like DropBox. Please see http://www.dropboxwiki.com/tips-and-tricks/sync-other-folders for more info.

コレクションも同様に同期したければ、スクリプトを作成することを強くおすすめします。スクリプトの内容は、ファイルを同期フォルダーからローカルフォルダーへコピーし、Anki を起動し、Anki の終了時にファイルを同期フォルダーへコピーし直すものです。これによりファイルが開かれている間にファイルが同期されないことを確実にすることができます。
//If you wish to keep your collection in sync as well, it is strongly recommended that you create a script that copies your files from your synced folder to a local folder, launches Anki, and then copies the files back when Anki is closed. This will ensure that the files are never synchronized while they are open.
* ネットワークファイルシステム [#network-filesystems]
//* Network Filesystems

Anki のファイルはローカルのハードディスクに保存することを強く勧めます。ネットワークファイルシステムはデータベースの破損を引き起こす可能性があります。ネットワークファイルシステムしか選択肢がなければ、Tools>Check Database 使って日頃から破損チェックをすることをお勧めします。
//We strongly recommend you have Anki store your files on a local hard disk, as network filesystems can lead to database corruption. If a network filesystem is your only option, regular use of Tools>Check Database to detect corruption is recommended.
* フラッシュドライブからの起動 [#running-from-a-flash-drive]
//* Running from a Flash Drive

Anki はフラッシュドライブにインストールし、ポータブルアプリケーションとして使うことができます。
//Anki can be installed on a flash drive and run as a portable application:
Anki はUSB/フラッシュドライブにインストールし、ポータブルアプリケーションとして使うことができます。
//Anki can be installed on a USB / flash drive and run as a portable application:

-\Program Files\Anki フォルダーをフラッシュドライブにコピーし、G:\Anki などとします。
-次の内容をもつ G:\anki.bat というテキストファイルを作成します。
//-Copy the \Program Files\Anki folder to the flash drive, so you have a folder like G:\Anki.
//-Create a text file called G:\anki.bat with the following text:

 \anki\anki.exe -b \ankidata
 anki\anki.exe -b \ankidata

黒いコマンドプロンプトウィンドウが表示され続けるのを止めたければ、代わりにこちらを使ってください:
//If you would like to prevent the black command prompt window from remaining open, you can instead use:

 start /b \anki\anki.exe -b \ankidata
 start /b anki\anki.exe -b \ankidata

-anki.bat をダブルクリックすることで、Anki が G:\ankidata をユーザーデータフォルダーとして起動します。
//-Double-clicking on anki.bat should start Anki with the user data stored in G:\ankidata.

>''ノート''
>AnkiWeb とのメディアの同期は、フラッシュドライブが FAT32 でフォーマットされている場合には動作しません。メディアの同期が正しく行われるようにするには、ドライブを NTFS としてフォーマットしてください。
//>''NOTE''
//>Media syncing with AnkiWeb may not work if your flash drive is formatted as FAT32. Please format the drive as NTFS to ensure media syncs correctly.
* バックアップ [#backups]
//* Backups

コレクションが閉じられるたび(Anki の終了時、プロファイルの切替え時、単語帳の同期時)に、コレクションがバックアップフォルダーに出力されます。デフォルトでは30個までのバックアップを保存します。この数は [[設定>2.0/ProfilesAndPreferences#preferences]] から設定することができます。
//Each time your collection is closed (when closing Anki, switching profiles, or synchronizing your deck), Anki exports your collection into the backups folder. By default Anki will store up to 30 backups; you can adjust this in the <<preferences,preferences>>.

自動バックアップでは、ディスクやコンピュータ自体の損傷からは保護されません。またメディアもバックアップされません。コレクションを安全に保つには、手動でのバックアップを作成することも考えてください。
//Automatic backups do not protect against disk or computer failure, and do not extend to your media. To keep your collections safe, please consider making manual backups too.

手動でバックアップするもっとも簡単な方法は、Anki フォルダーの全体をバックアップすることです。Anki の起動中のバックアップは破損を生じるため、Anki を閉じていることを確認してください。
//The easiest way to take a manual backup is to back up your entire Anki folder. Please make sure you close Anki first, as backups may be corrupt if run while Anki is open.

バックアップから復元するには、Anki を閉じ、Documents/Anki/<profile name>/backups フォルダを開き、最も最近のバックアップをクリックしてインポートするだけです。これによりコレクション全体がバックアップで上書きされます。バックアップの一部(例えば、破損させた単語帳)のみをインポートしたい場合は、新しい [[プロファイル>2.0/ProfilesAndPreferences#profiles]] を作成してバックアップファイルをそれにインポートしてください。そして復元したい単語帳をエクスポートし、元のプロファイルでインポートしてください。
//To restore from a backup, simply close Anki, open Documents/Anki/<profile name>/backups, and double-click on the most recent backup in order to import it. This will overwrite your whole collection with the backup copy. If you need to import only part of a backup (for instance, a single deck you messed up), you can do so by creating a new <<profiles,profile>> and importing the backup into there, then exporting the deck you want to restore and importing it into the other profile.

バックアップから復元するには:
//To restore from a backup:
+First create a copy of your backups folder, as each time you close Anki it deletes the oldest backup, and if you're trying different backup files you could accidentally end up deleting the backup you need. To do this, locate your Documents/Anki/User 1/backups folder, and copy the entire folder somewhere safe, like your desktop.
+Open Anki and the profile you want to restore. If your profile is corrupt and won't open, you can rename your Documents/Anki/User 1/collection.anki2 file to something else to tell Anki to recreate an empty collection when you next open the profile.
+With the profile open, use File>Import and import a backup from the copy of the backups folder you created on your desktop. In the file selection dialog, you can set it to detail mode using one of the icons so that the modification date is shown on each file - that will give you an idea of which backup you need.
+If the backup you imported was not old enough, try an older one until you locate an appropriate one.

Anki では、削除されたノートがプロファイルフォルダの "deleted.txt" というテキストファイルに記録されています。このノートは File→Import から読み込めるテキスト形式になっていますが、インポート機能は一度に一つのノートタイプの読み込みしかサポートしていません。よって異なるノートタイプのノートを削除した場合は、読み込む前にノートタイプごとに異なるファイルに分割する必要があります。
//Anki also logs deleted notes to a text file called deleted.txt in your profile folder. These notes are in a text format that can be read by File>Import, though please note the import feature only supports a single note type at one time, so if you have deleted notes from different note types, you'll need to split the file into separate files for each note type first.
* アクセスできないハードディスク [#inaccessible-harddisk]
//* Inaccessible Harddisk

Anki が [[Ankiフォルダー>2.0/ManagingFilesAndYourCollection#file-locations]] にファイルを書き込めない場合、起動時にファイルが書き込めない旨のメッセージが表示され、その後 終了します。アクセス権限をどのように直せばよいのかわからない場合、身の回りのコンピュータに詳しい人に手助けをしてもらってください。
//If Anki can't write to files in the <<files,Anki folder>>, a message will be displayed on startup saying that Anki can't write to the harddisk, and Anki will close. If you're unsure how to fix the permissions, please contact someone near you who is knowledgable about computers and can help you out.
* Tempフォルダーのアクセス権限 [#permissions-of-temp-folder]
//* Permissions of Temp Folder

Anki はシステムのテンポラリーフォルダーに一時データを保存します。ローグウェア(セキュリティソフトを装ったマルウェア)やバグ的なアンチウイルスアプリによってこのフォルダーのアクセス権限がデフォルト設定から変更されていると、Anki は正しく動作しません。
//Anki uses the system's temporary folder to store temporary data. If the permissions of this folder have been changed from the default settings by a rogue app or buggy antivirus app, Anki will not function properly.

Windows 7 マシンを使っている場合、以下がこの問題を修正するための一般的な手順になります。複雑なため、よくわからなければ Windows に詳しい人に聞いてください。
//If you're on a Windows 7 machine, the general steps to fix the problem are listed below. As this is somewhat complicated, please ask someone knowledgeable about Windows if you are not sure.

+スタートバーをクリックし、%temp% をパーセントを含めて入力し、エンターを押してください。
+上のフォルダーをへいき、Tempフォルダーを右クリックしてプロパティを選択してください。
+セキュリティタブで、詳細設定 (Advanced) をクリックしてください。
+所有者タブをクリックし、自分が所有者としてリストされていない場合、ボタンを押して所有権を取得してください。
+アクセス許可 (permission) タブでフルコントロール権限があることを確認してください。Windows 7 のインストール時のデフォルトでは、コントロール権限は c:\users\your-username から継承されます。
//+Click on the start bar, and type in %temp% (including the percents), then hit enter.
//+Go up one folder, and locate the temp folder. Right click on it, and choose Properties.
//+In the security tab, click on Advanced.
//+Click on the Owner tab. If you're not listed as the owner, click the button to take ownership.
//+On the permissions tab, ensure that you have full control. On a default W7 install the control will actually be inherited from c:\users\your-username.
* コレクションの破損 [#corrupt-collections]
//* Corrupt Collections

Anki ではプログラムやコンピュータのクラッシュに対して堅牢性の高いファイルフォーマットを使用していますが、Anki が開いている際にファイルが編集されたり、ネットワークドライブに保存されていたり、ときにはバグにより、コレクションが破損することがあります。
//Anki uses a file format that is robust against program and computer crashes, but it's still possible for your collection to become corrupt if the files are modified while Anki is open, stored on a network drive, or corrupted by a bug.

Tools>Check Database を使用すると、ファイルが破損していた場合にはメッセージが表示されます。修復する最善の方法は、最も最近の自動バックアップから修復することです。しかしバックアップが古すぎる場合には、破損を修復することができます。
//When you run Tools>Check Database, you will receive a message if Anki detects the file has been corrupted. The best way to recover from this is to restore from the most recent automatic backup, but if your backup is too old, then you can attempt to repair the corruption instead.

Linux では、 sqlite3 がインストールされていることを確認してください。Mac では、すでにインストールされているはずです。Windows では、http://www.sqlite.org/sqlite-3_6_23.zip をダウンロードしてください。
//On Linux, make sure sqlite3 is installed. On a Mac, it should be installed already. On Windows, download http://www.sqlite.org/sqlite-3_6_23.zip.

次に、修復に失敗した場合などのため、collection.anki2 ファイルのバックアップを作成してください。
//Next, create a backup of your collection.anki2 file, in case something goes wrong with the steps below.

''Linux/OSX''

ターミナルを開き、コレクションのあるフォルダへ移動し、次を入力してください:
//Open a terminal, change to the folder your collection is located in, and type:

 sqlite3 collection.anki2 .dump > dump.txt

出力された dump.txt ファイルをテキストエディタで開き、最後の行を見てください。"rollback" となっていたら、それを "commit" に変更してください。
//Open the resulting dump.txt file in a text editor, and look at the final line. If it reads "rollback;", change it to "commit;"

次をターミナルで走らせてください:
//Then run the following in a terminal:

 cat dump.txt | sqlite3 temp.file

処理するファイルが temp.file であることを確認してください。右のファイル名を collection.anki2 にしたり、ファイルを空にしないでください。終了したら、最後のステップに進んでください。
//Make sure you use temp.file - do not put collection.anki2 on the right, or you will blank out the file. When you're done, proceed to the final step.

''Windows''

プログラム sqlite3.exe と単語帳をデスクトップにコピーしてください。スタート→ファイル名を指定して実行 (Start→Run) から cmd.exe を実行してください。
//Copy the `sqlite3.exe` program and your deck to your desktop. Then go to ''Start>Run'' and type in `cmd.exe`.

最近の Windows を使用している場合、コマンドプロンプトのカレントディレクトリがデスクトップとなっていない場合があります。コマンドプロンプトにデスクトップフォルダが表示されていない場合、次を入力してください:
//If you're on a recent Windows, the command prompt may not start on your desktop. If you don't see desktop displayed in the command prompt, type something like the following, replacing 'administrator' with your login name.

 cd C:\Users\Administrator\Desktop

そして次を実行してください:
//Then type:

 sqlite3 collection.anki2 .dump > dump.txt

出力された dump.txt ファイルをテキストエディタで開き、最後の行を見てください。"rollback" となっていたら、それを "commit" に変更してください。
//Open the resulting dump.txt file in a text editor, and look at the final line. If it reads "rollback;", change it to "commit;"

次をターミナルで走らせてください:
//Then run the following in a terminal:

 type dump.txt | sqlite3 temp.file

処理するファイルが temp.file であることを確認してください。右のファイル名を collection.anki2 にしたり、ファイルを空にしないでください。終了したら、最後のステップに進んでください。
//Make sure you use temp.file - do not put collection.anki2 on the right, or you will blank out the file. When you're done, proceed to the final step.

''最後のステップ''
//''Final Step''

エラーメッセージが表示されておらず、temp.file が空でないことを確認してください。処理中にはコレクションの最適化がされるため、新しいファイルは古いものよりもいくらかサイズが小さいことが普通です。
//Check that you didn't get an error message, and that temp.file is not empty. The procedure optimizes the collection in the process, so it's normal for the new file to be somewhat smaller than the old one.

ファイルが空でないことを確認したら、元のファイルのバックアップがあることを確かめた上で、collection.anki2 へ上書きコピーします。そして Anki を起動し、Tools>Check Database を実行してコレクションが正しく復元されたかを確かめてください。
//When you've confirmed the file is not empty, copy it over collection.anki2, making sure you still have a backup of the original version. Then start Anki and go to Tools>Check Database to make sure the collection has been successfully restored.