SPARE THE ROD, SPOIL THE BANDIT の変更点

#contents
----

*ムチを惜しむと悪党のためならず [#rbba32ca]
その日の保安官詰所はいつになく緊張感に包まれていた。
ガンロッカーの銃を保安官代理へ投げ渡しながら、ジョンソン保安官はマーストンに助太刀を依頼する。遠くリッジウッド牧場で振るわれた許しがたい暴力。
もう二十世紀だというのに、この土地にはムチを振って然るべき悪党がいまだ五万といるのだ。
ガンロッカーの銃を保安官代理へ投げ渡しながら、ジョンソン保安官はマーストンに助太刀を依頼する。
遠くリッジウッド牧場で振るわれた許しがたい暴力。もう二十世紀だというのに、この土地にはムチを振って然るべき悪党がいまだ五万といるのだ。
*ミッションフローチャート [#seba95eb]
馬に乗り、保安官達と共に牧場へ向かう。
道中でハゲワシが舞っているところがあるので、助手と一緒に調べる。
ウィンチェスター・リピーターを入手。持っていた場合は無駄になる。
またハゲワシが舞っており、壊滅したキャンプを発見する。ここでは何も入手しない。

リッジウッド牧場に到着。小屋と便所を調べ、保安官達と納屋で合流する。
ドアを留めている板を撃ち抜いてこじ開ける。ショッキングなムービーがあるので一応注意。

家にいる盗賊達を殲滅する。ドアから出てくるので、横に位置づけると楽に倒せる。
家の中に侵入。2階には盗賊と人質が一緒にいるので、デッドアイを使って盗賊だけ撃ち殺そう。

小屋の前で保安官と合流。馬に乗って南へ向かった盗賊団を追いかける。
マーサー駅の小屋付近で戦闘。小屋の壁にカバーしつつリピーターを撃つといい。

全滅させるとクリア。盗賊の死体を調べて小銭を稼ぎ、テントを使ってワープして帰ろう。
セーブなどして翌日に切り替えると、牧場には平穏が戻っている。

[[A TEMPEST LOOMS]](迫りくる嵐)をクリアしていると、ボニーミッションの[[THE BURNING]](業火)が解放。


**報酬 [#lf703a4e]
-+$50
-Fame(名声) +250
-Honor(名誉) +200
-武器のウィンチェスター・リピーター:持っていない場合、入手する。

**台詞翻訳 [#l7abb5d0]
(途中まで)
**sheriff's office [#x1c36694]
-Marshal : Ahhh. Since you here, you want to make yourself useful?
--おお。ここに来たということは、何か役に立ちたいと思ったのか?
-John : Not particularly.
--別に。
-Marshal : Listen, son. I know you got a mission, but right now, I need another gun.
--いいか、坊や。お前にはお前のやることがあるんだろうが、こっちも今すぐ助けが必要でな。
-John : Why what's happening?
--どうかしたのか?
-Marshal : We've had this problem for months with this group of a bandits, who are getting drunk and murdering settlers.
--俺たちは何カ月もある盗賊の一味に悩まされていてな、酔っぱらって移民たちを虐殺してるんだ。
-Marshal : Last night, they went to a big place up near Ridgewood.
--昨晩、やつらはRidgewoodの近くまで行ったようだ。
-Eli : They burnt the place down, killed the men, burning most of them alive, and raped the women.
--辺り一帯を焼き払って、男は殺し、生き残りもほとんど火あぶりにして、女どもをレイプしたんだ。
-Eli : The women folk then got their throats slit.
--その後その女たちは喉をかっ裂かれたとさ。
-Eli : One of them survived and walked in here this morning.
--生き残った一人が今朝、ここまでやってきたんだ。
-Marshal : Anyway. We got a posse gathering up near Ridgewood.
--とにかく、全員でRidgewoodに向かわなければいけない。
-Marshal : Will you ride with us?
--一緒に来るか?
-John : I'll ride.
--いいぜ。
-Marshal : Thank you, John Marston. It's going be a bloody job.
--ありがとう、John Marston。汚れ仕事になるかも知れんがな。
-John : I don't think I know any other kind, sir.
--最初からそのつもりさ。
-Eli : Hey! Wait up!
--おい!待ってくれ!
-Accompany &color(Aqua){Marshal Johnson}; to find the bandits.
--&color(Aqua){Marshal Johnson};と共に盗賊をさがせ。
**移動中 [#qcaaac82]
-Marshal : Let's hit the breeze, boys!
--さっさと片付けようじゃないか!
-Marshal : Martson, I hear you caught up with Mr.West Dickens.
--Marston、West Dickensを見つけてくれたそうじゃないか。
-John : I did.
--まあな。
-John : For a man who claims to have found a remedy to all ailments, he was in pretty bad shape.
--あらゆる病気の治療法を見つけたとか言ってた割には、体調は良くないみたいだったけどな。
-Eli : His tonic has helped a great many people.
--彼の薬は大勢を救ったんだぜ。
-Eli : It's a medical breakthrough from the East; the result of years of research.
--東部から来た医療の大躍進ってやつだ、長年の研究の結果だってよ。
-John : If only it could cure him of his diarrhea of the mouth.
--口から下痢見たいに出るおしゃべりさえ治ってくれればな。
-Eli : I wouldn't be so dismissive of science, if I was you. 
--俺があんたなら、そんなに科学に否定的にはならないんだけどな。
-Eli : Time is changing fast.
--時代はすごい勢いで変わってる。
-John : He's no more a scientist than I am a priest.
--あいつは科学者なんかじゃない、おれが司祭じゃないのと同じでな。
-John : But people can spend their hard-earned money however they please.
--でも人はあれになけなしの金をはたくんだよな、それでもって満足してる。
-Marshal : He's certainly a character, that West Dickens.
--あいつは本当に変わりもんだ。それがWest Dickensだ。
-Jonah : I can't understand a goddamn word he says.
--俺にはあいつの言ってるくそありがたいお言葉は理解できねえ。
-John : A more flannel-mouthed bunko artist, I've never met. 
--あれだけ口の達者なイカサマの達人、俺は見たことがない。
-Marshal : Look at them vultures circling up ahead.
--ハゲワシが飛んでるぞ、上を見ろ。
-Marshal : We should check it out. Marston, Eli, go see what it is.
--調べる必要があるな。Marston、Eli、あれが何か見に行ってくれ。
-Investigate the &color(Yellow){area};.
--&color(Yellow){辺り};を調べろ。
**キャンプにて [#t4e78ed8]
-Eli : Ain't no survivors here, Marshal.
--生き残りはいないぜ、保安官!
-Eli : Men, this don't look to good.
--こいつはひでえな。
-John : Someone was so busy killing people they went and dropped their gun.
--殺すことに必死で、武器を置いて行ったみたいだな。