アークグレンラガン

Last-modified: 2021-02-23 (火) 03:31:04

グレンラガンとアークグレンが怒涛合体した姿。
アニメでは割と強引な合体。劇場版では最初から合体できた事になってる。

 

パイロット

  • シモン
    SP:集中, 1, 加速,1, 気合,8,根性,15,熱血,20, 覚醒,31
  • ヴィラル
    SP:痛撃, 1, 気迫, 4, 我慢, 9, 必中, 16, ド根性, 24, 激闘, 32

アップグレード

グレンラガン

グレンラガン(強化型)

アークグレンラガン

超銀河グレンラガン

運用

シモンが成長し、格闘射撃命中回避が+5、技量は+7。
武装面では機銃が先属性持ち。螺旋力による強化と合わせると中々の威力になる。
ミサイルと主砲で射程4にも攻撃が届くように
最強武器が破属性から無属性に変更。
一部を除いてバリアなど防御能力全てを無効化するようになった。
最大ENも上昇しているので燃費も向上している。

 

一方サイズがXLになったことにより、回避能力が期待できないように。
また2Pがなくなり位置取りが少し困難に。
そして回避系精神を持たない状況に逆戻りしている。

 

また、ver12の途中から母艦への搭載が不可能になった。そもそも合体しているアークグレンはかなりの大きさの巨大戦艦*1なので母艦収容ができる事がおかしかったのだが……
HPはヴィラルがド根性を覚えるので幸い自前でどうにかなるが、ENの方は別途補給機等を入れるなりでサポートをしよう。

 

更に最新バージョンでステータス調整がされ、グレンラガンは全形態で一律装甲が底上げされた。
極端に硬くなったわけではないが、アークと超銀河と天元突破に関してはHPの高さを考慮すると大きすぎる強化である。
鉄壁がない事をどうにかできる程度の耐久力になり、ヴィラルのド根性も含めわりとしぶとく生き残れる。

 

次のアップグレードは超銀河グレンラガン
純粋強化……に見せかけて、実は遠距離攻撃は実はこのアークグレンラガンが一番強かったりする*2
前回のカトラ・リーダーを背負った形態からこの形態へのアップグレードでも母艦収容が不可になる事もあり、なかなかアップグレードを考慮させられる難儀な機体である。

パーツ

スロットは1個に減少。
やはりあるなら人工オーラバリアを。ないなら装甲系が安心できる。

備考

  • シモンは地味に熱血習得レベルが前倒しにされている。もっとも周回を重ねたプラスモードでもなければ恩恵を受ける事もないのだが。
  • こっそり海適応がCに下がっている。また、これ以降分離が不可能に。
  • スーパーイナズマドリルキック及び母艦機能は無し。
    • 『戦艦と合体している』という事で共通しているヴァルザカードとは違い、プラスモードで母艦扱いの出撃も不可。

*1 全長5km、だいたいバトル7三機分ほどである
*2 アップグレードで遠距離攻撃がEN消費型かつ威力数値が減少する形になる