グレートゴルドラン

Last-modified: 2021-02-24 (水) 03:12:18

「黄金の力守りし勇者よ、今こそ甦り我が前に現れ出でよ!」

どこか異色な勇者シリーズ第6作。
具体的には合体できる事を忘れている勇者がいたり、合体できるんじゃね?で合体できたり。
敵であるワルターがやられた数を毎度律儀に数えていたり。
後半に毎週「ゴルドラン」を視て研究して作られた戦闘力22%増し(当社比)の敵がでてきたり。
「私は子持ちの勇者になってしまったー!!!」とのドランの迷台詞も有名。
このグレートゴルドランもタクヤ、ダイ、カズキの三人が絶対絶命の際、"諦める心"が一つになった事で合体できた。諦めたらそこで究極合体。

「善いもんも悪いもんも友達になりゃいいじゃん」といったスタンスで
前作、前々作と比べると圧倒的に死者が少ない。また全編通してコメディテイスト。
だが締めるところは締める…事もたまにある。

OPの歌詞に唯一ロボット名が出てこない。
その曲名が「僕らの冒険」なのだが、監督曰く「放送していること自体が冒険となった作品だった」そうで。

 

パイロット

  • 黄金剣士ドラン
    SP:信頼, 1, 集中, 3, ひらめき, 7, 熱血, 14, 気合, 17, 愛, 25
  • 黄金忍者空影
    SP:加速, 1, ひらめき, 6, 必中, 15, 狙撃, 23, 隠れ身, 28, てかげん, 35
  • 黄金将軍レオン
    SP:必中, 1, 気合, 5, かく乱, 12, 威圧, 20, 熱血, 31, 鉄壁, 39

必要機体

  • スカイゴルドラン
    • ゴルドラン
    • 空影
  • レオンカイザー

運用

原作通り上位技の一刀両断切り、疾風迅雷斬り、グレートアーチェリーに頼った戦い方になる。
空影の加入で加速と飛行能力を得、敵陣に切りこみやすくなる。
必中・ひらめき・熱血・気合の使用者がバランス良く分散かつ重複しているのが特徴で、合体すればするほどSP負担が軽くなっていく。グレートゴルドランになれば、開幕に気合を複数回入れても戦闘に支障が無いくらい。
ただし鉄壁を覚えるのが非常に遅い事に注意。習得するまではかく乱や隠れ身で敵ターンを凌ごう。

グレートアーチェリーを乱用するにはEN消費40と結構重いので注意。
格属性を持つ武装はドランの格闘も一級品なのでいいダメージを出してくれる。

ドランが初期から信頼を使える。
プラスモードで信頼持ちがいない事も多いので、序盤に引けると救われる事も。

パーツ

スーパー系のお約束、装甲や移動、EN系パーツを。
P武器が貧弱なので、つきだす心を持つとファイナルシュートをボス相手に叩きこみやすい。

備考

2体の時から戦闘力が高いグレートマイトガインファイヤージェイデッカーと比べるとやや見劣りする。
覚醒で連続攻撃出来るわけでもなし、幸運・努力で稼げるわけでもなし、何か強SPを持っているわけでもなしとあって、他の勇者と比べると割と地味。
ファイナルシュートを投L0にするなど何かしらの強化が望まれる。
お子達はなし。スカイレオンカイザーもなし。