FAQ の変更点


&size(25){ゲーム内FAQ(画面右上のHELPアイコン)にも目を通しましょう。};
割と細かく解説されています。
''メンテナンス開始&終了''やその他''お知らせ''にもキッチリ目を通しましょう。
新規の方は[[コチラ>初心者ガイド]]もどうぞ。
----
#contents()

*ゲームが起動しない [#e9ade6e0]

1.Internet Explorerではゲームが起動しないという例が聞かれます(IEのVerは分かりませんが)。
 Mozilla FirefoxやGoogle Chromeなど別のブラウザを使ってみてください
2.リングドリームではCookie機能を使用していますので、Cookieを受け入れるブラウザ設定にしてください。
3.ブラウザの「キャッシュファイルの削除(閲覧履歴の削除)」を行ってみてください。

*Chromeを起動するたびにFlashの起動確認を求められる [#k373e12e]
%%「chrome://flags/#enable-ephemeral-flash-permission」にアクセスして設定を「Disabled」にすると%%
%%設定が記憶され確認を求められなくなります。%%
&color(red){''Chrome 71で上記設定項目は廃止されました。''};諦めて毎回確認するか、他のブラウザの利用を検討してください。
*Chromeで団体掲示板やプレゼントボックスの検索欄に日本語入力ができない [#c616bee5]
デフォルトでサイト分離というセキュリティ強化の設定がされているのが原因です。
「chrome://flags#site-isolation-trial-opt-out」にアクセスして設定を「Disabled」に変更すると日本語入力が可能になります。
前述の通りセキュリティ設定を無効にするので変更は自己責任で。
*属性はどれが有利? [#attribute]
2017年現在、プレイヤーの属性による有利不利はほぼありません。
#br
プレイヤーの属性がゲームに及ぼす影響は以下の通りです。
-チュートリアル完了時に獲得できるカード
--熱血:[[ヴァンプ鈴森【3rd】>ヴァンプ鈴森【3rd】(VR)]]/[[メアリ・ノートン【7th】]]
--クール:[[雪女【4th】>雪女【4th】(VR)]]/[[琴無 千鶴【7th】]]
--アイドル:[[ラズベリー咲川【3rd】>ラズベリー咲川【3rd】(VR)]]/[[小早川 ぽひ【7th】]]

-スカウト実行時に獲得できるレスラー
--プレイヤーと同じ属性のレスラーが他の属性のレスラーより獲得しやすくなっています。
-スカウト実行時に獲得できるコスチュームの種類
--スカウトで獲得できるコスチュームは最大3種類で、残りの3種類は試合で他のプレイヤーから奪う必要があります。
-試合時の属性一致ボーナス
--試合(対プレイヤー戦・PvPのNPC戦)でプレイヤーと同じ属性のレスラーの能力値に+10%の補正がかかる''ことがあります''。
通常イベントでの強豪戦に影響はありません。
補正がかかる確率はそれほど高くなく、試合自体ほぼ行う機会がない現状では気にするほどのことではないでしょう。
*行動・攻撃・防御、ステータスはどれを上げたらいい? [#q26baad1]
ポイントを割り振れるステータスは以下の三種類があります。
 行動pt:スカウトに使用。スカウトで使った分が経験値となりLvが上がる。
 攻撃pt:強豪と戦うのに1回15pt使用。二倍した値が攻撃デッキのコスト上限。
 防御pt:遠征に使用。二倍した値が防御デッキのコスト上限。

''Lv30まで行動ptは無限''ですが、これに慣れて攻撃や防御にだけ振っているとLv31以降に泣きを見ます。
序盤は行動ptに重点を置いて一度に沢山の距離を走れるようにしたほうが楽です。
攻撃や防御を先にあげてしまうと中盤以降にLvがあげられない(消費行動=経験値なため)、
エリアマップが攻略できないなどの理由からステータスが上げ難くなります。
特に防御ptは使用頻度が低いので、デッキに入れたいカードのコスト分振っていれば十分です。
//また、低レベル同士であれば相手のレスラーも弱いので、低い攻撃ptでのコスチューム
//争奪も容易です。高コストのキャラがいなくても、ちゃんと育てたレスラーが置ければ
//奈良辺りまで通用します
~
攻撃ptと防御ptによってデッキに入れられるコスト上限が上がります。
高コストのカードを引いた際にデッキに入れられるようにptを配分して
デッキが完成したら余りを行動に振れば良いでしょう。
&color(red){2016/11/03メンテナンスより編成コストが攻撃pt、防御ptの最大値の2倍になりました};
//長崎以上進むなら最低でも防御に70程度振ります。
//はったりでもいいですから、それなりに防御ptがないと襲われやすいので。ログアウト
//していたらコスチュームが全部奪われていたというのはよく聞く話です。ただし後述の
//方法をやられると防ぎようがありませんが(防ごうと思ったら防御Ptに割くPtが多く
//なりすぎて難しい)。
//ただし現時点(2013/03/28-)の仕様では、対人試合の防衛を諦めて防御pt軽視、
//行動pt・攻撃pt重視という選択肢もあります。
//(防御pt軽視とは手持ちレスラーでの最強防御デッキ分以上は振らない、という意味です)。
~
オーソドックスな振り方の例として中級者では
行動240pt(12時間放置しても行動が溢れないので日に二回のログインでも安心)
攻撃180pt(強豪12回分、休日には3時間毎にインすることで張り付きプレイも可能)
防御120pt(状況に応じて上下するが大体これくらいあれば十分)
~
因みに上級者は行動240~360pt、攻撃240~360ptほどでバランスが良いです。

防御ptは95あれば現状最高峰のデッキ(コスト38を5枚)が組めますが、あまりに低すぎるとPvPイベントなどで苦労する場合があるので注意。

//以下2013/03/28メンテナンス以前の仕様での話。
//
//遭遇ボスへの攻撃での消費ptは最大値の五分の一(小数点以下切り上げ)なので、
//攻撃ptを増やすと一回攻撃するのに必要なptまでの自然回復時間が長くなる事に注意しましょう。
//また小数点切り上げの関係上攻撃ptに振る際には5単位で上げた方が無難でしょう。
//
//
//攻撃ptを''初期値から増やさない''という選択肢もあります。
//この場合強豪ボスを倒す効率が増したり余分なポイントを行動に回せるという利点があります
//ただし対人試合には勝ち難くなるのでコスチュームが揃え難い・試合をメインとしたイベントが行われた場合ポイントを稼ぎ難いという問題点も有ります。
//
//#region(攻撃pt30)
//(「リングドリーム総合 第11試合」より転載 http://uni.2ch.net/test/read.cgi/gameswf/1361531119/347)
//
//お前の今の条件がエースUR 攻撃90 防御90
//まあ分かりやすく エースで6万 攻撃10万 防御10万 と仮定しよう
//合計戦闘力が26万だな
//
//そして仮にお前が攻撃Ptを30抑えたままの場合を考えてみよう
//エースで6万 攻撃3万…はいくだろう 防御10万 合計戦闘力19万
//
//そして殴るとして90分での合計ダメージは
//攻撃90が26万×5回=130万 攻撃30が19万×15回=285万
//つまり「対レイドボス」だと「貼りついている限り」は攻撃30は明らかに有利なんだよ
//ちなみに攻撃30はエースが強いほど両者の差が広がる、つまり強いカード持ってる人がやるスタイル
//
//
//注釈:
//強豪レスラーを一回攻撃するのに必要な攻撃ptは「最大値の」1/5。
//上記の例だと攻撃pt90だと18pt(=回復に18分必要)
//攻撃pt30の場合は6pt/6分となる。
//
//そして強豪レスラーへの攻撃力は
//エースの攻防の合計値+攻撃デッキの攻撃力+防御デッキの防御力
//なので攻撃デッキを強化できない分を、エース・防御デッキおよび回転率で補う形。
//
//また、小分けに攻撃できる分取りまわしも良い事もある。
//
//#endregion
//*フレンド登録が出来ない! [#q8f90898]
//相手の登録数が上限に達している場合登録できません。別の人に申し込みましょう。
//*フレンドを登録から外せない! [#ve665f7b]
//フレンド登録を消してのステータス再振りができないように
//フレンド登録数の少ない相手は外せないようになっています。

//*残しておいたボーナスptが減った! [#i6dbd3f6]
//フレンド登録をするとボーナスptが増えフレンドを外すと減ります。
//フレンドを外した時、ボーナスptが無い場合は行動ptから引かれます。行動Ptが
//一定値を下回るフレンドは外せません(低レベルで放置したフレンドがいた場合、今のところは一生外せません)。
*フレンド申請が承認できない! [#q8f90898]
相手の登録数が上限に達している場合は承認できないので、却下するしかありません。

*残しておいたボーナスptが減った! [#i6dbd3f6]
フレンド登録を解除する(される)と双方のボーナスptが3減ります。
ボーナスptが残っていない場合は、行動ptから引かれます。

*フレンドを登録から外せない! [#ve665f7b]
解除の際にプレイヤーもしくはフレンドの行動ptが初期値を下回ってしまう場合は
フレンド登録を解除できません。

*エリア攻略が100%なのに先に進めない! [#jf5a1026]
SDキャラが立っている枠の上側に書いてある現在地表示と、左側の進行状況の
エリアの数字が一致しているか確認して下さい。
一致していない場合は左側のエリア数をクリックして指定してから進んで下さい。

ただし、例は少ないですがユーザーに落ち度のないエラーが発生している事もあります。
その際は運営に報告してください。

*レスラー所持数ってどうやって増やすの? [#c3363df3]
開始時点では50枠ですが、幾つかの方法で所持上限が増やせます。
+レスラー名鑑を埋めていく(最大20枠)
 熱血・クール・アイドルの各属性レスラー50種達成でそれぞれ+5
 名鑑の登録レスラーが合計200種達成でさらに+5
☆の違いで別種扱いとなるため、NやHNのレスラーを特訓すると楽に増やせます。
+コンプリート報酬(都道府県ごとに+1、最大11枠)
 通常のスカウトエリアを都道府県単位(例えば栃木の場合栃木1.2.3)で
 レスラーおよび衣装のコンプリートすることで所有可能数が1増えます。
 ただし試せば分かりますがコンプリートするのは東京ですら行動pt(=回復スプレー)の消耗が激しいです。
+レスラー所持数枠のショップ購入(有料…最大450枠)
 購入ではない分と合わせて最大531枠(2019年08月22日時点)
~
また『レスラー寮』(第2以降は有料)で70人まで一時保管することも出来ます。
*効率の良い練習方法は?(二段階育成について) [#xd7fa371]
レアリティやコストの高い選手にコストの高い練習相手を付け、コストの低い選手
にはコストの低い練習相手を付け、そうして出来た選手を強化したい選手の練習
相手にする、いわゆる二段合成と呼ばれる手法が最も''資金効率が良い''です。
この場合、経験値が直に練習するよりは減りますが、直に練習した場合は資金が
何倍もかかってしまい、いずれは練習できなくなっていきます。

例
1.HN~HRに対しN~HN10人を練習パートナーにして一回LvUPさせる。
2.一回LvUPさせたHN~HRを10人用意して、本命レスラーの練習パートナーにする。

これを踏まえて一番効率の良い方法としては
友情ガチャを10連でやると大抵の場合はNとHNが入っているはずなので、10連を1~2回ほど引けば割と手軽に1人のHNにつき10人のNを練習相手にできる。

*練習欄からレスラーが消えた! [#h1c1a6c8]
スキルコーチ実装により完成しやすくなった「レベルもスキルもMAXになったカード」は、
練習の意味がないので練習欄には表示されません(☆4が特訓欄に表示されないのと同じです)。
練習欄ではなく、レスラーリストで確認する癖をつけましょう。

*強化の豆知識 [#v2c67975]
-練習について
練習はLv20までは比較的安く上がるので二段合成はそれからが良いでしょう。
2段合成はR以上のキャラにNを合成していくのが一般的です
ただしイベントなどでRやHRが異常に余った場合そのまま消費してしまうというのも妥協点としてアリです
-レアリティアップ
同じレアリティのランク4同士で特訓するとレアップを消費してレア度をあげることができます
(コスト、固有値、レベル上限が上がり強くなります。
レアリティアップしたキャラを特訓したい場合、同じレア度のキャラでなければなりません)。
現状、レアリティアップするメリットがあるのは、一部のキラー対象になるキャラだけです。(スペシャル小原、クリスティーヌ香田など)
-特訓と能力の引継ぎ
特訓するとLv1&絆が初期化され、カードの固有値が上昇し固有値+引継ぎの値をとります。
特訓はLvMaxで行うと引継ぎが5%から10%に変わります。特訓は使用する直前の
ランクで強化したほうが良いです。Max攻撃値が1万のキャラを2体で1回特訓した場合、1000ずつ継承して2000増加。
2回目の特訓ではさらに10%され前回の引継ぎ分はの200しか残りません。さらに3回目だと20・・・。
-引継ぎの妥協点
妥協点としては二段階前の合成からLvMaxを実行し、完成直前で絆もMaxにして引き継ぐのがベターと言えます
*絆の意味は? [#vdbbab56]
絆をMaxにすると攻撃,防御値が「その時点での数値」から10%上昇します。
「その時点での数値」からなので、能力値を考えるとLvをMAXまで上げてから絆を上げる必要があります。
例)南城ざくろ【2nd】VRの場合
 Lv70絆ゼロ   攻20000 防35000
 Lv1絆MAX→Lv70 攻20290 防35700
 Lv70→絆MAX  攻22000 防38500
~
ただし戦力的には最終特訓時(☆3と何か)までは大した差にはならないので気にする必要はないでしょう。
特にゲーム開始直後の☆1,☆2は、絆MAXを狙っていると育成が相当遅れます。影響は最大で0.1%程なので無視推奨。

~
VRの☆1,☆2のレスラーの絆を最大にするとイベントが発生することがあります。

*編成画面左上の「控え」や「総合力」って何? [#g9873447]
編成☆4ボーナスの値です。
[[公式解説>公式お知らせ:341]]

*特訓時のカードの組み合わせパターンはどうするべき? [#rankup]
別のゲームですが[[神撃のバハムートwikiの「進化パターン」:http://seesaawiki.jp/mnga_bahamut/d/%bf%ca%b2%bd%8e%ca%8e%df%8e%c0%8e%b0%8e%dd]]が参考になりますので一回見てみてください。
リンク先の用語の読み替えは
進化:特訓 
+  :☆2
++:☆3
[]  :☆4
図鑑MAXボーナス:リングドリーム側に該当なし(神撃のバハムートでも廃止済み)
//転載するなりしてページ作るべきなんでしょうけど・・

リングドリーム関係でよく使用される育成方法とその通称は下記の通り。
#br
#region(特訓チャート)
★の箇所でレベルと絆を最大にする。

-4スト
#aa{{
☆1┐
☆1┴☆2┐
☆1-――┴☆3┐
☆1―――――┴★4
}}

-4直MAX
#aa{{
☆1┐
☆1┴☆2┐
☆1-――┴★3┐
★1―――――┴★4
}}

-4-2前MAX
#aa{{
☆1┐
☆1┴★2┐
★1-――┴★3┐
★1―――――┴★4
}}

-4MAX
#aa{{
★1┐
★1┴★2┐
★1-――┴★3┐
★1―――――┴★4
}}

-5MAX
#aa{{
★1┐
★1┴★2┐
★1-――┴★3┐
★1┬★2-――┴★4
★1┘
}}

-6直MAX
#aa{{
☆1┐
☆1┴☆2┐
☆1-――┴★3┐
☆1-――┬★3┴★4
☆1┬☆2┘
☆1┘
}}

-6-2前MAX
#aa{{
☆1┐
☆1┴★2┐
★1-――┴★3┐
★1-――┬★3┴★4
☆1┬★2┘
☆1┘
}}

-6MAX
#aa{{
★1┐
★1┴★2┐
★1-――┴★3┐
★1-――┬★3┴★4
★1┬★2┘
★1┘
}}

-8MAX
#aa{{
★1┐
★1┴┐
★1┐★2┐
★1┴★2┴★3┐
★1┬★2┬★3┴★4
★1┘★2┘
★1┬┘
★1┘
}}
#endregion
#br

-~4スト
「4」人のベースとなるレスラーを使ってすべてLv1のまま(レベルも絆も上げずに)☆4まで「スト」レートに特訓した際の通称。
LvMAX回数は1回。
名鑑埋め、最序盤に使い捨て前提でHN辺りで戦力を稼ぐ際に利用すると良い。
// レスラーのレベルを上げると特訓で必要なコストが高くなるので、☆1から育成するより☆4を作ってから育成をした方が都合の良いことがある。

-~4直(正確には4直MAX)
「4」人のベースとなるレスラーを使って☆4の「直」前(☆3を1人と☆1を1人)のLvを「MAX」まで上げてから
☆4LvMAXにした際の通称。LvMAX回数は3回。
本来は強さよりもコスト重視の育成方法なものの、ユーザー間取引が無い現状では現実的な育成方針。
☆4と作る際に使用する☆3と☆1の絆は、VR以上のレアリティであれば一般的には最大にするが、
レスラーのレアリティ・手間・キズナプラスの消費などの条件を考えて最大にしないこともある。
絆最大の有無で、☆4の攻防の各パラメーターで生じる最終的な差は大きくても1000程度。

-~4MAX
「4」人のベースとなるレスラーを使って全ての段階でLvを「MAX」に上げつつ絆も最大にし、☆4LvMAXにした際の通称。
ベースとなるレスラーが4人の際の最強育成法。LvMAX回数は7回。
能力の高いイベント配布のキャラでも無い限り、4直MAXと大して変わらないのに必要な練習回数は非常に多くなる。
ベースとなるレスラーを5人以上集められれば、5直MAXや6直MAXの方が必要な練習が少ないのに強くなる。

-~4-2前MAX
2段階前の☆2と☆1をLvMAXにし、その特訓で作り上げた☆3と☆1のLvMAXで特訓する方法で、限りなく4MAXに近い性能となる。
LvMAX回数は4MAXより2回少ない5回で済む。
☆4を作る際に使用する☆3と☆1の絆は一般的には最大にするが、☆3を作る際に使用する☆2と☆1の絆は最大にしないことも多い。
☆3を作る段階の絆最大の有無で、☆4の攻防の各パラメーターで生じる最終的な差は大きくても100程度。

-~5MAX
5名のレスラーを使用して☆3と☆2を作り、そこから☆4を作るが、各工程でLvMAX、絆最大にする方法。
LvMAX回数は9回。コスト32以上のVRであれば5枚から20枚(5MAX+15)までは同じ枚数の構成なら最大値を誇る。
合成例:☆1+☆1→☆2 ☆2+☆1→☆3 ☆3+☆2→☆4 全絆LvMAX

-~6直MAX
☆3を2人をLvMAXにして☆4LvMAXを作る方法。LvMAX回数は3回。
同名カードが6枚必要だが、4直並みの簡単さで4MAX並みの性能になる。
6人分用意する手間を考えると、6直MAXより6-2前MAXを利用した方が良いことが多い。
レアリティが低めでキラーカードになったレスラーの育成などで利用すると良い。
5人分しか用意できない場合には、☆3と☆2の2人をLvMAXにして☆4を作る5直MAXという方法もある。

-~6-2前MAX
究極の妥協点となる育成方法。
LvMAX回数が7回で4MAXと同じ過酷さだが、8MAX並みの性能が出せる
☆4を作る際に使用する☆3の絆は一般的には最大にするが、☆3を作る際に使用する☆2と☆1の絆は最大にしないことも多い。
5人分しか用意できない場合には、☆3と☆2をLvMAXにして☆4を作る5-2MAXという方法もある。
☆4を作るのに使用する☆2のレスラーは☆1の際にもLvMAXにする。

-~6MAX
6名のレスラーを使用して☆3を2つ作り、そこから☆4を作るが、各工程でLvMAX、絆最大にする方法。
LvMAX回数は11回と手間がかかるが、6-2前MAXと大差が無い。
コスト32以上のVRであれば5MAXを1回限界突破したほうが強くなるので、6MAXで最大値が出せるのは21枚(6MAX+15)の時限定。
合成例:☆1+☆1→☆2 ☆2+☆1→☆3 ☆3x2→☆4 全絆LvMAX

-~8MAX
8名のレスラーを各工程すべてでLvMAX、絆最大にするキャラ愛の究極の形。
LvMAX回数が15回と非常に過酷な割りに性能は6-2前MAXと大差が無い。
限界突破が可能なレスラー(UR/VR)であれば5MAXまたは6MAXを限界突破したほうが強くなる。
合成例:☆1+☆1→☆2x2 ☆2+☆2→☆3x2 ☆3+☆3→☆4 全絆LvMAX

-~やってはいけない育成方法
5名以上のレスラーを利用して育成する場合は、☆3の特訓相手の☆の数が大きくなるように育成してください。
例えば、5~6名を使って育成する際に、☆3を作るのに4名のレスラーを使用するようなパターンはNGです。
5名の場合の合成例:( (☆1+☆1) + ☆1 ) + (☆1+☆1) →☆4
5名の場合のNG例:( (☆1+☆1) + (☆1+☆1) ) + ☆1 →☆4


基本的に強さの並びは、主として使用したレスラーの枚数の影響が大きいですが、6枚~8枚ではほとんど差が出ません。
一方、4枚~6枚の場合では☆3の特訓相手の☆の数が変わるため、レスラーの強さの差としてはっきり現れます。
ただし、4~6枚で枚数の差が逆転する育成方法もあり、例えば5-2前MAX>6直MAX、4-2前MAX>5直MAXなどがあります。
(レスラーのパラメーターの特性次第なので、逆転しないこともあるかもしれません)
特にVRやURなどの貴重なカードを使用して育成する場合は、育成方法を良く検討する必要があります。
 
■参考
育成方式による成長差の例:[[日向 ひまわり【2nd】]](VRコスト32)

|~No.|~攻撃力|~防御力|~総攻防力|~①との差|~①との比|h
|CENTER:|RIGHT:|RIGHT:|RIGHT:|RIGHT:|RIGHT:|c
|①|119,191|47,124|166,315|0|100.0%|
|②|118,634|46,900|165,534|781|99.5%|
|③|118,104|46,716|164,820|1,495|99.1%|
|④|114,786|45,544|160,330|5,985|96.4%|
|⑤|117,706|46,280|163,986|2,329|98.6%|
|⑥|115,172|45,252|160,424|5,891|96.5%|
|⑦|114,989|45,184|160,173|6,142|96.3%|
|⑧|113,248|44,572|157,820|8,495|94.9%|
|⑨|96,818|38,512|135,330|30,985|81.4%|
①8MAX絆ファイナル(全段階絆MAX)
②6MAX絆ファイナル(全段階絆MAX)
③6-2前MAX絆ファイナル(☆1+☆1はLv1絆0、ほか全段階絆MAX)
④6直MAX(スト☆3レベルMAX絆MAX*2)絆ファイナル
⑤5MAX絆ファイナル(全段階絆MAX)
⑥4MAX絆ファイナル(全段階絆MAX)
⑦4-2前MAX絆ファイナル(☆1+☆1はLv1絆0、ほか全段階絆MAX)
⑧4直MAX(スト☆3レベルMAX絆MAX+☆1レベルMAX絆MAX)絆ファイナル
⑨4ストMAX絆ファイナル

# コスト26まではほとんど6MAX>5MAX+1
# コスト28、30は混在
# コスト32以上は5MAX+1>6MAX

*福袋(期間限定ガチャ)の特別枠カードは後々入手可能? [#f087e6d2]
傾向としては、特別枠として復活することはほとんど無く、イベント報酬で1枚だけ入手できたり、福袋の通常枠へ移り低確率で入手できたりする感じです。
また、カードの性能として型落ち(2017年8月現在はコスト26以下)になったら、イベント報酬として複数枚入手できる機会が増える程度と思われます。

*カードのパラメーターが高いレスラーがストーリー上では弱く扱われています。 [#q9d06026]
ストーリー上のレスラーとプレイヤーの手持ちレスラーは別存在です(ビジュアルファンブック2より意訳)。
またシステム的な話として、新しく追加されるカードの方がパラメータが高い=必然的に新人の方がカード能力が高い傾向にあります。
ストーリー的には新人の方が弱いのは当たり前なので、気にしない方が良いです。
(ぶっちゃければストーリー上の強さはほぼ人気度と思って問題ない)

*レスラー名鑑で☆1絆MAX等の演出が見れない [#qc2c6ae9]
レスラー名鑑から演出を確認できるのは、キズナファイナルを使用したキャラだけです。(公式ヘルプ参照)
キズナファイナル済みであれば尊敬/恋愛に関わらず、☆1会話、☆2会話、両方とも確認できます。
*入手できないカードを知りたい [#qada9e39]
現在、以下のレスラーカードが入手できません。五十音順。

|~名前|~レアリティ|~説明|h
|[[2015.05.05 トレジャーフェスタ]]|-|2015年5月5日に開催された「トレジャーフェスタin有明13」記念カード。イベント限定配布のためそれ以外は入手不可。|
|[[綾小路 麗夢]]|CSR/[[CVR>綾小路 麗夢(CVR)]]|「ドリームハンター麗夢×リングドリーム」コラボレスラー。コラボ期間終了に伴い、2017年12月7日をもって排出停止。|
|[[アイリス隊【コーチ】]]|CUR|「リングドリーム」×「大戦略WEB」コラボキャンペーンのコラボキャラクター。コラボ期間終了に伴い、2018年9月12日をもって排出停止。|
|[[アリエル・シンクレア【コーチ】]]|CSR|オンラインゲーム『楽園生活ひつじ村』コラボキャラクター。コラボ期間終了に伴い、2016年7月21日をもって排出停止。|
|[[アリス【コーチ】]]|CSR|オンラインゲーム『桃色大戦ぱいろん+』コラボキャラクター。コラボ期間終了に伴い、2013年11月14日をもって排出停止。|
|[[アリス【コーチ】(エターナル)]]|CUR|『リングドリーム』x『エターナルスカーレット』コラボキャンペーンのコラボキャラクター。コラボ期間終了に伴い、2019年6月8日をもって排出停止。|
|[[アルセナ・シュベルトライト]]|SR|ブラウザゲーム『英雄クロニクル』コラボキャラクター。コラボ期間終了に伴い、2013年8月1日をもって排出停止。|
|[[アルファ]]|SR|ブラウザゲーム『メタルサーガ・ニューフロンティア』コラボキャラクター。コラボ期間終了に伴い、2013年8月1日をもって排出停止。|
|[[イーサキング【コーチ】]]|CSR|鹿児島県伊佐市商工会青年部、伊佐市公認ゆるキャラ「イーサキング」コラボキャラクター。コラボ期間終了に伴い、2015年7月30日をもって排出停止。|
|[[エイミーちゃん]]|CSR|mixiゲーム公式キャラクター「エイミー」コラボレスラー。コラボ期間終了に伴い、2014年10月30日をもって排出停止。|
|[[エリザベート・ドヌーヴ【コーチ】]]|CSR|オンラインゲーム『楽園生活ひつじ村』コラボキャラクター。コラボ期間終了に伴い、2016年7月21日をもって排出停止。|
|[[エレキンぐるみ]]|CVR|「ウルトラ怪獣擬人化計画 feat.POP」×「リングドリーム」コラボレスラー。コラボ期間終了に伴い、2016年1月28日をもって排出停止。|
|[[かるら【コーチ】]]|CUR|『かくりよの門』×『リングドリーム』のコラボ「真夏の世の夢」のコラボキャラクター。コラボ期間終了に伴い、2017年8月16日をもって排出停止。|
|[[迦楼羅 迷]]|N|ストーリー上で該当キャラクターが引退したため、2015年10月1日をもって排出停止。|
|[[かやのひめ【スポンサー】]]|CUR|『かくりよの門』×『リングドリーム』のコラボ「真夏の世の夢」のコラボキャラクター。コラボ期間終了に伴い、2017年8月16日をもって排出停止。|
|[[霧島 レイ【コーチ】]]|CVR|サイバネティック少女「霧島レイ」コラボキャラクター。コラボ期間終了に伴い、2015年9月24日をもって排出停止。|
|[[キリングドール・アンジェ]]|CVR|ブラウザゲーム『英雄クロニクル』とのコラボキャラクター。コラボ期間終了に伴い、2015年11月12日をもって排出停止。|
|[[クレオパトラ七々瀬]]|HR|ストーリー上で該当キャラクターが引退したため、2015年5月28日をもって排出停止。|
|[[黒田 官兵衛【スキルコーチ】]]|CUR|『ヘクサウォーズ』×『リングドリーム』コラボキャラクター。コラボ期間終了に伴い、2017年4月27日をもって排出停止。|
|[[ゴールデン・なまはむ【コーチ】]]|CUR|『リング☆ドリームxなまはむ』コラボキャラクター。コラボ期間終了に伴い、2019年3月14日をもって排出停止。|
|[[桜姫]]|N/[[CVR>桜姫(CVR)]]|漫画『プラレス3四郎』コラボレスラー。コラボ期間終了に伴い、2013年12月19日をもって排出停止。|
|[[左慈娘【スキルコーチ】]]|CUR|「ブラウザ三国志」×「リングドリーム」コラボキャラクター。コラボ期間終了に伴い、2017年3月30日をもって排出停止。|
|[[サバンナ【スポンサー】]]|CUR|『リングドリーム』x『エターナルスカーレット』コラボキャンペーンのコラボキャラクター。コラボ期間終了に伴い、2019年6月8日をもって排出停止。|
|[[シグルン【コーチ】]]|CUR|『リングドリーム』x『エターナルスカーレット』コラボキャンペーンのコラボキャラクター。コラボ期間終了に伴い、2019年6月8日をもって排出停止。|
|[[シャーリィ]]|SR|ブラウザゲーム『メタルサーガ・ニューフロンティア』コラボキャラクター。コラボ期間終了に伴い、2013年8月1日をもって排出停止。|
|[[紫雷イオ]]|CSR|プロレス団体「スターダム」とのコラボレスラー。コラボ期間終了に伴い、2013年11月21日をもって排出停止。|
|[[神将・劉備【コーチ】]]|CUR|『ヘクサウォーズ』×『リングドリーム』コラボキャラクター。コラボ期間終了に伴い、2017年4月27日をもって排出停止。|
|[[水鏡娘【コーチ】]]|CUR|「ブラウザ三国志」×「リングドリーム」コラボキャラクター。コラボ期間終了に伴い、2017年3月30日をもって排出停止。|
|[[澄姫【スキルコーチ】]]|CUR|『かくりよの門』×『リングドリーム』のコラボ「真夏の世の夢」のコラボキャラクター。コラボ期間終了に伴い、2017年8月16日をもって排出停止。|
|[[ゼットン]]|CVR|フィギュア「ウルトラ怪獣 擬人化計画 feat.POP 宇宙恐竜 ゼットン nonスケール」コラボレスラー。商品付属配布のためそれ以外は入手不可。|
|[[ソフィ【スキルコーチ】]]|CUR|『リングドリーム』x『エターナルスカーレット』コラボキャンペーンのコラボキャラクター。コラボ期間終了に伴い、2019年6月8日をもって排出停止。|
|[[高木 三四郎(CVR)]]|CVR|プロレス団体「DDTプロレスリング」コラボレスラー。イベント限定配布のためそれ以外は入手不可。|
|[[ダブルムー]]|CUR|「リングドリーム」×「月刊ムー」コラボカード。コラボ期間終了に伴い、2017年7月20日をもって排出停止。|
|[[田和 玲子]]|CVR|「リングドリーム」×「TOWERanime」コラボキャラクター。コラボ期間終了に伴い、2017年7月6日をもって排出停止。|
|[[タワレコぐるみ]]|CVR|「リングドリーム」×「TOWERanime」コラボキャラクター。コラボ期間終了に伴い、2017年7月6日をもって排出停止。|
|[[ダリア団【スキルコーチ】]]|CUR|「リングドリーム」×「大戦略WEB」コラボキャンペーンのコラボキャラクター。コラボ期間終了に伴い、2018年9月12日をもって排出停止。|
|[[丹野 春陽]]|CVR|亀田製菓「ハッピーターン」コラボレスラー。コラボ期間終了に伴い、2016年3月14日をもって排出停止。|
|[[でいしろう]]|VR|2017年12月16日に開催された、第三回リングドリーム主催DDTプロレス興行「愛は逢いよりいでて3」記念レスラー。イベント限定配布のためそれ以外は入手不可。|
|[[デルフィーヌ・モンタン【コーチ】]]|CSR|オンラインゲーム『楽園生活ひつじ村』コラボキャラクター。コラボ期間終了に伴い、2016年7月21日をもって排出停止。|
//|[[中澤マイケル]]|CSR|プロレス団体「DDTプロレスリング」コラボレスラー。モデルとなった中澤マイケル選手がプロレス休業したため、2015年2月5日をもって排出停止。|
|[[ハッカドール【スキルコーチ】]]|CUR|「ハッカドール×リング☆ドリーム」コラボキャラクター。コラボ期間終了に伴い、2016年7月21日をもって排出停止。|
|[[ハッカドール1号【ナビ】]]|CUR|「ハッカドール×リング☆ドリーム」コラボキャラクター。コラボ期間終了に伴い、2016年7月21日をもって排出停止。|
|[[ハッカドール2号【ナビ】]]|CUR|「ハッカドール×リング☆ドリーム」コラボキャラクター。コラボ期間終了に伴い、2016年7月21日をもって排出停止。|
|[[ハッカドール3号【ナビ】]]|CUR|「ハッカドール×リング☆ドリーム」コラボキャラクター。コラボ期間終了に伴い、2016年7月21日をもって排出停止。|
|[[バッファロー北村]]|SR/[[VR>バッファロー北村(VR)]]/[[UR>バッファロー北村(UR)]]|ストーリー上で該当キャラクターが引退したため、2013年12月5日をもって排出停止。|
|[[ハリケーン・シイナ【コーチ】]]|CSR|オンラインゲーム『桃色大戦ぱいろん+』コラボキャラクター。コラボ期間終了に伴い、2013年11月14日をもって排出停止。|
|[[ハルカ【コーチ】]]|CUR|『リングドリーム』x『エターナルスカーレット』コラボキャンペーンのコラボキャラクター。コラボ期間終了に伴い、2019年6月8日をもって排出停止。|
|[[日向 奈央]]|CSR/[[CVR>日向 奈央(CVR)]]|『えのぐ』×『リングドリーム』コラボレスラー。コラボ期間終了に伴い、2019年7月18日をもって排出停止。|
|[[ファンタジールナ]]|CSR|ブラウザゲーム『ファンタジー王国』コラボレスラー。コラボ期間終了に伴い、2014年12月4日をもって排出停止。|
|[[風香]]|CSR|プロレス団体「スターダム」とのコラボレスラー。コラボ期間終了に伴い、2013年11月21日をもって排出停止。|
|[[ホシオくん【コーチ】]]|CSR|おやつカンパニー「ベビースター」コラボキャラクター。コラボ期間終了に伴い、2018年3月8日をもって排出停止。|
|[[マリー【スポンサー】]]|CUR|『ヘクサウォーズ』×『リングドリーム』コラボキャラクター。コラボ期間終了に伴い、2017年4月27日をもって排出停止。|
|[[巫女武者サギリ]]|SR|ブラウザゲーム『英雄クロニクル』コラボキャラクター。コラボ期間終了に伴い、2013年8月1日をもって排出停止。|
|[[ラシェル・フォルゴレ]]|HR|ストーリー上で該当キャラクターが引退したため、2014年7月24日をもって排出停止。|
|[[リトル・ラナ]]|VR|ストーリー上で該当キャラクターが引退したため、2018年10月11日をもって排出停止。|

特にストーリー上で引退したキャラクターに関しては、公式運営側は今後再配布はしない方針を示しています。&br;そのため、これらのカードを入手していない場合はレスラー名鑑をコンプリートすることは出来ません。&br;これに対し運営側はニコニコ生放送で、何らかのサポート処置をするむねの発言をしましたが、具体的な方針については不明です。

*広告バナーをよく見かけます、各所に広告出してるのですか? [#td110846]
行動ターゲティング広告の類と思われます。

&br;&br;&br;

*質問用コメント [#x492e45c]
#pcomment(./コメント記録ページ,25,above,reply)