HP限界突破 の変更点


*問題 [#na8d7084]
突然で申し訳ないが、ここでクイズだ。
#br
&color(Red){''ミンサガのHP、限界値っていくつ?''};
#br
「999に決まってるだろう」って?正解。
#br
実際、ミンサガの動画や放送を見ているとHP999になっている場面はいくらでも出てくる。
よって、HPの限界は999だとわかる。
ということは、表題の「''HP限界突破''」とはHPが四桁になるということなのか?
#br
……答えは、否である。
#br
というのも、上記のHP999とは、すでに限界を突破した状態であり、限界点から更に鍛え上げた末の数値に他ならないのである。
#br
*HP成長の法則 [#m82028bd]
ミンサガには、サガシリーズの常として''経験値やレベルの概念はない。''まずHPを含むステータス成長の概要を簡単に見ていこう。
#br
・成長するステータスは全10種類。各ステータスが1回の成長で上がる数値は1だが、'''最大HPのみ1~12までランダムに成長'''する。
・敵の強さによって成長する確率が変動する。強い敵ほど成長する確率は上がる。
・戦闘中の行動によって各ステータスの成長確率が変わる。
・戦闘不能、眠り、悪夢、瞑想、気絶、石化、召喚の各状態で戦闘を終えたキャラはステータスが上がらない。
#br
さて、ミンサガにおけるHP成長確率の条件はすでに以下のように解析されている。
#br
&color(Red){乱数(mod 100)}; < &color(Blue){境界値×成長率÷8};
#br
境界値は
#br
基準値=&color(Green){10+基礎成長レベル-最大HP÷10+N};
#br
により算出された基準値をあらかじめ決められた表('''基準値0以下=0~基準値20以上=40まで計21段階''')に照合して求める。
#br
(以上、ちょい研究所 http://tyoikenkyu.web.fc2.com/rsaga_m/report/statusup.html より抜粋)
#br
どういうことかわからない方も多いと思うので、つたないもので申し訳ないが解説してみよう。
#br
最初の式(&color(red){乱数(mod 100)};)はある乱数を100で割った余りを指す。つまり''0~99までの計100個の数字のうち一つがランダムで算出される''仕組みだ(余談だが「乱数 mod100」でググるとなぜかサガシリーズの解析サイトがいくつも出てくるぞ)。
#br
続いて右の式(&color(blue){境界値×成長率÷8};)に移ろう。ここにある成長率とは''「行動成長率」''と''「キャラ成長率」''の二つのパラメータを足したものである。
#br
''行動成長率''から説明すると、これはキャラクターの行動による成長率となっている。各キャラクターは戦闘中にとった行動によって「行動歴」を取得し、この履歴に入った行動によって各ステータスの成長率が変化していくのだ。ちなみに最大HPを最も上げやすい行動は「両手斧」、次いで「大型剣」「片手斧」「両手大剣」が並んで高く設定されている。
なお'''4回連続で逃走(逃走を使わせないキャラは防御)するとパーティーメンバー全員の行動歴をリセットすることができる'''。
#br
一方の''キャラ成長率''は、各キャラクターにもともと設定されている成長率のこと。キャラクターごとにこの値は常に一定だが、'''各ステータスの判定ごとに二分の一の確率で無視'''される。
#br
次に境界値を求める式だが、ここで出てくる基礎成長レベルというのは各モンスターに設定されているパラメータである。この数値が高ければ高いほどHPが上がる確率も上昇するわけだ。全モンスター中最低は有翼系ランク1のリッパーの4、同じ系統のモンスターではランクの高い敵ほど基礎成長レベルも高く設定されている。
#br
細かいことはともかく、''現在の最大HPが高ければ高いほど、強い敵と戦わなければHPが成長しにくくなる''ということはおわかりいただけただろうか?
#br
*所詮は神の選んだ道具 [#r2cccd23]
ここまでならそれほど驚くことでもないのだが、厄介な点が二点ある。
#br
まず一つ目は、基準値の公式
#br
基準値=10+基礎成長レベル-最大HP÷10+N
#br
において&u(){最後のNが現在の最大HPで変化する}点である。この条件は最大HP600を分岐点とし
において''最後のNが現在の最大HPで変化する''点である。この条件は最大HP600を分岐点とし
#br
最大HP<600の場合:''N=無成長戦闘回数÷(最大HP÷16)+1)''
最大HP≧600の場合:''N=0''
#br
となっている。先ほど書いたように境界値は基準値が高いほど高くなる。つまり基準値がまず高いとこの章の最初に出した条件
#br
乱数(0~99)< 境界値×成長率÷8
#br
を満たしやすくなるのだが、最大HPが600以上になるとN=0になってしまうため基準値も低くなってしまう。そのため''ただでさえHPが高く上昇しにくくなっているのに、600以上ではよりHPが成長しにくくなる''という事態が訪れてしまう。これが一点目。
#br
もう一つの厄介な点、それは''基礎成長レベルがどのモンスターも高くない''ことだ。通常出てくるモンスターの基礎成長レベルは、各系統最高ランクのモンスターでもほぼすべてが58~60の間に収まっている。
#br
どういうことかおわかりだろうか。基準値の式の基礎成長レベル=60を、最大HP=700が代入してみるとこうなる(Nは上記の法則から0)。
どういうことかおわかりだろうか。基準値の式の基礎成長レベル=60を、最大HP=700を代入してみるとこうなる(Nは上記の法則から0)。
#br
基準値=10+基礎成長レベル-最大HP÷10+N=10+60-700÷10+0=&color(red){0};
#br
そして先ほど書いたように基準値が0のときは境界値も0である。よって
#br
乱数(0~99)< 境界値×成長率÷8=0×成長率÷8=''0''
#br
となり''HP成長確率の条件は絶対に満たさない''のだ。0には何をかけても割っても0なのだから。
#br
#br
以上長々と説明をしてきたが、いかがだったろうか。
#br
簡単に言うと、''&sizex(4){最大HPが600を超えるとそれ以上上昇する可能性がほとんどなくなり、さらに700を超える可能性にいたっては皆無に近いミンサガのHP成長システム};''、これがミンサガにおけるHP限界の真相である。
#br
*スーパーマルディアス人 [#cf1ddf76]
最大HPが700を超える可能性は皆無に近いと書いたが、'''ほんの一部だけ例外が存在'''する。通常モンスターのうち基礎成長レベルが60を超えている通常モンスターがたった2体だけいるのだ。やりこむプレイヤーはこのモンスターを活用してHP限界を突破している。
#br
一つは不定形ランク9の&color(purple){スライム(紫)};で基礎成長レベル62、もう一つが水棲系ランク9の&color(blue){ディープテンタクラー};で基礎成長レベル65となっている。どちらも最高ランクだけあって強敵だが、たいていはより成長レベルが高く、即死や麻痺も有効なディープテンタクラーが用いられるようだ。ミンサガのやりこみプレイ(たとえば真サルーインに挑む場合)を見る際にはたいてい、最大HPが700を超えるまではひたすらイカと戯れるプレイヤーの姿を確認することができるぞ。
#br
そしてこの限界を突破すると、プレイヤーにはミンサガから救済措置が与えられる。というのも、成長確率の計算式
#br
乱数(0~99) < 境界値×成長率÷8
#br
には例外として、''最大HPが700以上かつ右辺の計算結果が0以下になった場合は右辺の値を1に修正する''という項目が存在するからだ。つまり最大HPが700さえ超えてしまえば相変わらず低確率ではあるものの、どんなに弱い敵と戦っていてもHPが上昇する可能性が生まれるのである。
#br
そうなればあとはこっちのもの。他のイベントをこなしながらでもいいから大量のモンスターがいる場所でひたすら戯れて鍛え上げれば、どの仲間キャラクターでもHP700という人間の限界を超えたスーパーマルディアス人になれるのだ。
#br
え、一部人間じゃない地底の種族だの、かつてサルーインが力を与えたトカゲの種族だのが混ざってるって!? ま、まあ気にするな!