見出し の変更点


 
|650|c
| ''Contents''|
|#contents|
 
*マニュアル [#m94c895b]
***書式 [#m668e586]
 * 文字列
***概要 [#kffaea75]
-行頭で * を記述すると、見出しになります。見出しは *、**、*** の3段階あります。

***備考 [#bf42e371]
- 見出しは、他のブロック要素の子要素になることはできません。
見出しが現われると他のブロック要素は終了します。
- 見出しは、他のブロック要素を子要素にすることはできません。

*見出しアンカーの仕組み [#vfe81d56]
-見出しをつけると、見出しの後ろに [#y630e83c] のような文字列が自動で作成されます。
この文字列は、目次や他の場所から直接見出しを呼び出す為の要素(アンカー)になります。
※アンカータグは出力されません。
※見出しにアンカータグをつけない状態にはできません。
※生成されたアンカータグは消してもかまいませんが(新しいアンカータグが自動で作成されます。)、
既にアンカータグを使用して見出しを呼び出している場合は、見出しへのリンクが外れてしまうのでご注意下さい。
|&attachref(./123.png,nolink);|
↓
|&attachref(./124.png,nolink);|
-アンカータグはわかりやすい文字列に変更することもできます。
※ただし、最初の1文字は英字でなければなりません(半角数字は不可)
|&attachref(./125.png,nolink);|
-同じページの複数の見出しに同じ文字列のアンカーを指定すると
見出しへのリンクが正常に動作しません。
|&attachref(./126.png,nolink);|
*見出し毎編集機能 [#ie65f2ac]
見出しある「エンピツアイコン」から、見出し単位の編集ができます。
※凍結中のページは「エンピツアイコン」が表示されません。

+見出し2を編集(エンピツアイコンをクリック!)
|&attachref(./128.png,nolink);|
+見出し2エリアの編集画面
|&attachref(./129.png,nolink);|
+
|&attachref(./130.png,nolink);|
+できた!
(見出し2のエリアのみ編集しました。)
|&attachref(./131.png,nolink);|
*ポップアップメニュー [#me897c25]
-見出しの上で左クリックすると、ポップアップメニュー(目次)が表示されます。
※レベル1見出し(*)のみ
|&attachref(./134.png,nolink);|
*使用例 [#yd684d25]
-[[サンプル1>見出し/サンプル1]](標準)
-[[サンプル2>見出し/サンプル2]](アンカータグをわかりやすい文字列に変更)

*関連ページ [#y616f6a9]
-[[指定領域のみ編集]]