Top > ウィルヘルム2世


ウィルヘルム2世

Last-modified: 2019-02-09 (土) 03:02:52

ウィルヘルム2世(1859年 - 1941年)

Kaiser_Guglielmo_II.jpg

ドイツ帝国ドイツ皇帝(1888年 - 1918年)であった。

ドイツ帝国の対外拡張政策である世界政策を実行した人物である。

妻はアウグステ(1858年 - 1921年)。

Auguste_Deutsche_Kaiserin_1908.jpg

陸軍国のドイツ帝国であったが、

海軍力を増強した。

1905年にシュリーフェンによって

対フランス侵攻作戦計画である

シュリーフェン計画が立案された。

科学技術の発展を推進するため

1911年にマックス・プランク研究所のもととなる

学術振興協会を設立する。

ヨーロッパ各国の対立が激化していき、

ドイツとフランスとの対立関係が構築されていく。

1914年に第一次世界大戦が始まる。

ドイツ帝国参謀総長モルトケによって修正された

シュリーフェン計画に基づき、ベルギーを通過して

フランスに侵攻した。

ドイツ帝国軍はベルギーのナミュールの

難攻不落とされた要塞を

短期間で陥落した。

ヨーロッパの大国間による

大量の新兵器が投入された

総力戦、消耗戦となっていく。

1917年のアメリカ合衆国の途中参戦により、

ドイツ帝国側が圧倒的に不利となった。

1918年、第一次世界大戦の敗北により

ドイツ革命により退位に追い込まれた。

退位後もドイツ帝国皇帝への復位をめざしていて、

後もドイツ帝国の栄光の復活と拡大という究極の理想を夢見ていたという。

800px-Kaiserliche_Erlasse_0.jpg

deutsches reich 1908.jpg

関連作品

ふしぎの海のナディア(第一次世界大戦直前を題材とした創作の物語)

ガーゴイル

7466f15d40.jpg

ガイナックスのアニメふしぎの海のナディアは

1889年の話で

ネオアトランティス帝国を率いる

目玉覆面をかぶる

ガーゴイルが登場した時代が

ウィルヘルム2世がドイツ帝国を統治している時代である。

ガーゴイルの世界征服の夢がまるでウィルヘルム2世の世界政策の野望のようである。

ガーゴイルが世界中の様々なものを動かすことができるのは

ドイツ帝国の支援があると思えてしまう。

ガーゴイルの戦う相手がフランス側の人物たちであるから、

第一次世界大戦で戦う国である第三共和制のフランス共和国に

ガーゴイルが工作活動を行なっているという感じである。

ガーゴイル自身が実はドイツ帝国ドイツ皇帝ウィルヘルム2世の分身のように思えてくる。

たとえ、ネオアトランティス帝国がなくなってもよく

最終的にドイツ帝国の拡大の究極の理想につながるような活動に見える。

ガーゴイルの黒幕がドイツ帝国ドイツ皇帝ウィルヘルム2世といえるような物語になっている。

どこのドイツかわからない

ガーゴイルが覆面をかぶっているのは背後にある

ドイツ帝国ドイツ皇帝ウィルヘルム2世の存在を隠すような感じがする。

ガーゴイルの科学技術の振興が

当時のドイツ帝国の政策のように思える。

ガーゴイルが最新兵器の実験をして、

第一次世界大戦の準備をする。

ガーゴイルがフランス軍などに敗北しても、

第一次世界大戦のドイツ帝国軍の勝利に結びつけばいいという感じである。

ウィルヘルム2世の帝冠

800px-Corona_Prusia-mj2.jpg

ハイドン 神よ皇帝を守りたまえ

ヘンデル 水上の音楽