Top > 武器/硫鉄のマクマリー


武器/硫鉄のマクマリー

Last-modified: 2019-10-19 (土) 20:44:59

概要 Edit

  • MHW:Iより追加されたモンスター、ディノバルド亜種の素材から作られるチャージアックス。タイラントブロスⅢから派生して作ることが出来る。
    形は原種武器の灼炎のディマンダーと同じだが、亜種の素材を使用しているためくすんだ様な暗い緑と硫黄を連想させる黄色のグラデーションとなっている。

性能 Edit

  • 原種とは異なり無属性武器となっており、更に強化を重ねることで硫斬合刃メリッサーニへと銘を変える。その性能はというと
    • チャージアックス第二位タイの攻撃力1044
    • 派生元とは異なり会心率0%
    • 高攻撃力を存分に活かせる榴弾ビン
    • 斬れ味は短めの青と長い緑。匠5で白20紫10を得る。
    • 覚醒で麻痺270
    • あって嬉しいLv4スロットが一つ。
    となっている。
  • ディノバルド亜種の尻尾よろしく、素の斬れ味は青とマスターランクで戦いぬくにはかなり心許ない斬れ味である。しかし、匠Lv5まで発動させ斬れ味を研ぎ澄ませる事ができれば、この武器の真価が発揮される。他武器種においてもこの性質は同様となっている。
  • 高攻撃力武器の宿命となりつつあったマイナス会心がないどころか、たった10とはいえ紫を持っているのが非常に大きい。MHXXから紫ゲージが弱体化されてるとはいえその存在は無視できるものではなく、紫を維持している間は
    • 同じくMHW:Iで追加された攻撃力タイに会心10%を持つルナ・エストオレ
    • 二つ名ネルギガンテの素材で更に強化され、こちらも攻撃力タイの壊滅の一束【烈】
    • トップの攻撃力を誇る、無料アップデートにより参戦したラージャンの金剛盾斧イカヅチ
    これらを抑え、単純な物理火力の期待値では全チャージアックス中1位となる。
    • また、無属性なので上記3つとは異なり無属性強化を積むことができ、その場合は斬れ味白でもトップの物理期待値となる。他の武器が火力スキルを積んでない事が前提の話だが
    無属性強化で攻撃力を底上げできると言うことは、当然ながら榴弾ビンの攻撃力の上昇にもつながる。なんと今作は砲術Lv5まで存在するため、ただでさえ高い榴弾ビンの威力を更に上げる事ができる。とはいえ、無属性強化を積んでも榴弾ビンの威力だけで言えば上記の金剛盾斧イカヅチには敵わない。無属性強化の弱体化が惜しまれる。
  • と、火力面で優れるのは良いのだが、チャージアックスにおいて紫と白を合わせても30というゲージの短さはやはり大きなデメリットであり、紫どころか白まで含めても他スキルによるケアは不可欠と言える。青に落ちても剣の属性強化を行えば心眼効果を得られるため戦闘に大きな支障は出ないものの、物理火力は当然落ち込んでしまうため可能なら白以上を維持したいところ。
    • そのデメリットを補ってくれるのが剛刃研磨。砥石を研いだ後の1分間という短い間だが、斬ろうが防御しようが斬れ味消費を0に抑えてくれるため斬れ味を気にせず果敢に攻めていける。この1分間に上手く攻められないと高い攻撃力を活かしきれないという事でもあるため、モンスターに合わせた立ち回りをしっかりと研究し、硫晶を削ぎ落としたディノバルド亜種のように素早く鋭い斬撃を浴びせてやろう。
      • 剛刃研磨についてはアイテム使用強化を併用すれば持続時間が1分半に伸びるものの、他のスキルを積んだ方が攻めやすくなる場面は多いだろう。
  • 筆者がオススメする防具構成は、ガンサー達の呪いと名高い頭胴腰にEXゾラマグナα、腕にEXダマスクα、脚にEXディノαを用いた構成。匠珠さえあれば胴にLv3のスロットがあるため、本武器に欲しい砲術Lv5と匠Lv5を一気に発動させられる。また、頭にLv2スロットが2つあるため、装飾品さえあれば剛刃研磨と無属性強化も問題なく発動させる事ができ、後は護石も含めプレイヤーの好きなスキルを盛る事が出来る。
    • ダマスクαにはLv1だが砥石使用高速化が付いているため、剛刃研磨との相性もよく快適な狩りを行いやすくなる。
      もし匠珠がない場合は、匠の護石Lv3まで作れれば上記の腕か脚を使うことで同様に匠Lv5まで持っていける。