Top > 陣形

陣形 の変更点


 *陣形 [#l567e13f]
 #contents
 
 **陣形 [#h28bb98a]
 「[[陣形>#sf8fce7a]]」とは、合戦や部曲戦など、対人戦のときのみ使える徒党の戦術です。
 連合を組んでいるとき、連合内の各党首が設定できます。
 ただし、以下の条件があります。
 
 -徒党員が党首を含めて3人以上いる 
 -耐久度が0ではない武器を3人以上の徒党員が装備している 
 ※武器を装備していない、または装備中の武器の耐久度が0の徒党員は、陣形の効果を受けられません。
 
 陣形にはそれぞれ特徴があります。陣形を設定すると、徒党員はその特徴に応じた効果(強化や弱体化)を受けます。
 また、党首は陣形ごとに用意された「戦法」を使えるようになります。
 
 **戦法 [#h9621243]
 「戦法」とは、陣形を設定しているとき、党首が使える特殊技能です。
 党首が戦法を使うと、一定距離(実行すると、赤い円で表示)内にいる徒党員はこれに参加し、強力な効果が発動します。
 戦法の効果は、参加した徒党員の数によって変化します。
 なお、効果範囲内に、党首を含めて徒党員が3人以上いないと、実行できません。
 戦法を使う前に、徒党員に集合を呼びかけましょう。
 
 ※武器を装備していない、または装備中の武器の耐久度が0の徒党員は、徒党員のみに効果を発揮する戦法の効果を受けられません。周囲のPCすべてに効果を発揮する戦法の効果は受けられます。
 
 
 **陣形の種類 [#sf8fce7a]
 |~陣形|~内容|~適正技能|h
 |CENTER:60|LEFT:300|CENTER:|c
 |~[[飛散陣形>陣形/飛散陣形]]|徒党員の移動速度を上げる陣形。|戦術|
 |~[[鉄壁陣形>陣形/鉄壁陣形]]|盾装備中の徒党員の防御力と術受止率を上げる陣形。&br;ただし移動速度が下がる。|防御|
 |~[[伏兵陣形>陣形/伏兵陣形]]|徒党員を敵から見えない状態にし、奇襲を可能にする陣形。|全般|
 |~[[射撃陣形>陣形/射撃陣形]]|投射武器を装備している徒党員の射程を広げる陣形。|投射|
 |~[[増丹陣形>陣形/増丹陣形]]|徒党員の最大気力を上げ、練丹術の回復効果を高める陣形。|練丹|
 |~[[激昴陣形>陣形/激昴陣形]]|徒党員のダメージや命中率などを上げる陣形。&br;ただし防御効果が下がる。|攻撃|
 |~[[方陣陣形>陣形/方陣陣形]]|徒党員の妖術の攻撃力を高める陣形。|妖術|
 
 **陣形Tips [#mf8b332a]
 ***陣形の使用条件 [#h28bb98a]
 陣形は、連合を組み、合戦か部曲戦でのみ使用可能。
 陣形を設定するのも、陣形スキルを使用できるのも党首(PTリーダー)のみ。
 
 ***陣形設定条件 [#ya67575a]
 陣形を設定する時は、必ず体力と気力が全快で、技能の再使用チャージが無い状態でなければならない。
 戦闘モードの時にも、陣形を設定するとはできない。
 以上の条件が揃えば、10秒後に陣形が変更される。
 つまり、戦闘中に自由自在に陣形を変更するのは難しい。
 クローズドβの合戦では、戦闘モードが解除されないという現象がおこり、
 死ぬまで陣形を変更できないこともあった。
 **情報提供 [#gf1a5101]
 #pcomment(,noname,reply)
 
 ***1人連合について [#g2f26182]
 徒党(PT)を組まずに1人づつ集まり、連合を作ることが可能。
 それぞれが陣形スキルを利用できるため、合戦で党首が死亡し、陣形スキルが使用できないという事態にならないメリットがある。
 
 ***1人連合のデメリット [#r65a8bb9]
 しかし、ゲームの仕様上ソロで動いても犬死にすることがほとんどである。
 合戦や部曲戦では、部曲員が集団で行動しなければ戦力にはならない。
 一度体験すると身をもって理解できる。
 また、連合には最大25人まで参加できるため、回復役は連合ウインドウから25人の誰にでも回復スキルを使用できる。
 この恩恵が1人連合では受けることができない。
 1人連合5人のうち、1人が練丹であればこの問題は解決するが、練丹を本業としている人数の割合からすると現実的ではない。
 
 ***1人連合の活用方法 [#z300107e]
 1人連合にもメリットはあり、例えば練丹の1人連合の党首それぞれが、増丹陣形の治癒の光を使う場合である。
 範囲回復となるため、合戦での効果は大きい。
 また、比較的前にでない弓兵であれば、1人連合でも犬死することは少なく、メリットの方が大きいと思われる。
 
 ***クローズドβの流行陣形 [#v826df4b]
 近接職では、鉄壁陣形+聖なる盾が最もよく使われていた。
 部曲戦の常勝チームが多用していたことはもちろん、合戦で近接職が犬死にしないための必須スキルであったといっても過言ではない。
 2chの三國志onlineスレにもたびたび書き込まれていたが、このスキルを使えば優遇されていると言われている弓兵が、怖くなくなるとのこと。
 
 ***鉄壁陣形の弱点 [#d28fdeb6]
 部曲戦に限られた話だが、鉄壁陣形には持続時間があり、終了後再使用するまでには時間がある。
 敵部曲の聖なる盾の詠唱を確認後、後退し、効果が切れるのを待ち、頃合をみて聖なる盾を発動すれば簡単に仕留めることが可能であった。
 鉄壁陣形使用中は移動速度が落ちるため、難しいことではない。
 
 
 *情報提供 [#gf1a5101]
 #pcomment(below,noname,reply)