Top > 各ウインドウの解説 > 更新除外設定

各ウインドウの解説/更新除外設定

Last-modified: 2015-09-30 (水) 23:49:22

サンプル Edit

更新除外設定 Edit

jyogai.png

設定ダイアログ Edit

joka.png

基本機能 Edit

ゴーストを公開する際やネットワーク更新をアップロードする際に不要になったファイルやアップロードしたくないファイルを指定します。
メニューバーの[表示]→[更新除外設定]で表示されます。

この機能で書き換えられる設定ファイル Edit

developer_options.txt
delete.txt

項目を編集する Edit

編集したい項目をダブルクリックすると、設定ダイアログが開きます。

ファイル名 Edit

除外設定したいファイルをゴースト本体のフォルダからの相対パスで指定します。
「参照」をクリックするとファイル選択ダイアログが開き相対パスを自動で作成できます。
フォルダを指定してフォルダ単位で除外することもできます。

  • 相対パスの起点がゴーストの辞書のmasterフォルダではなく、SAORIの設定などとは異なることに気をつけてください。

チェックボックス Edit

ひとつもチェック状態でない場合の設定は作成することができません。

narファイルに含めない Edit

SSPやさとりすとでnarファイルを作成する際に、指定したファイルはnarファイルの中に含まれません。

  • developer_options.txt に nonar オプションでファイルを設定します。

更新に含めない Edit

SSPやさとりすとで更新ファイルを作成する際に、指定したファイルは更新対象に含まれません。

  • developer_options.txt に noupdate オプションでファイルを設定します。

ゴーストから削除する Edit

ゴーストをネットワーク更新した際に、この指定のあるファイルはユーザさんのSSPから削除されます。

  • delete.txt にファイルを設定します。

項目を追加する Edit

リストを右クリックして、「項目を追加」をクリックします。

項目を削除する Edit

削除したい項目を右クリックして「項目を削除」をクリックします。
もしくは、設定ダイアログの「削除」ボタンをクリックします。