Top > 挿入カスタマイズファイル配布

挿入カスタマイズファイル配布

Last-modified: 2014-10-05 (日) 21:03:11

ここでは挿入メニューのカスタマイズによって編集されたメニューを他の人にも使ってもらえるように、挿入メニューの設定ファイルを配布します。

内容 Edit

UKADOC内のSAKURA Scriptから、IDや座標を指定しない簡単なかつ面白そうな物を入れました。
以下の9つのグループに分かれています。

グループ名アイテム例
1スコープコマンド本体側がしゃべる(\h など
2テキストコマンド改行する(\n など
3ウェイトコマンドクリック待ちにする(\x など
4イベントコマンドイベント・トーク終了(\e など
5オープンコマンド教えてボックスを開く(\![open,teachbox] など
6モード切り替えパッシブモードに移行(\![enter,passivemode]*1 など
7各種リロードゴースト再読み込み(\![reload,ghost] など
8パラメータ表示現在月(%month など
9ランダム単語人名(%ms など

導入方法 Edit

基本的に解凍して出てきたeditorフォルダを上書きすれば大丈夫なハズです。
既にご自分でカスタマイズされている方は以下のファイルに追記する形で使用可能となります。
挿入メニューのカスタマイズでユーザ設定を使用にチェックを入れて下さい。


editorフォルダ>settingフォルダ>insert.ini


また、さとりすとフォルダ内のdataフォルダ内insert_default.iniに内容を追加すれば
さとりすと標準の挿入機能と共存可能とのことです。

ダウンロード Edit

ご利用の際にはバックアップ等をしっかりとった上で自己責任でお願いします。
filesatosaku.zip





*1 ※モードについてはUKADOC参照