Top > スマブラ個人小説 > アイリスの小説 > シリアス選択式ノベル 聖夜の宅配便 セチアパート その9


スマブラ個人小説/アイリスの小説/シリアス選択式ノベル 聖夜の宅配便 セチアパート その9

Last-modified: 2010-12-25 (土) 22:38:25









でも・・・何とかするとはいっても・・・どうやって?








これは、わたしに何とかできる問題なの?
















横でリンクさんが言った。
















「セチアさんは危ないから離れていてください。」
















多分、あの人たちを止めに行くのだと思う。
私は言葉通り後ろに引きさがろう・・・と思った。
















でも、腑に落ちない部分が多すぎた。
















どうして、この楽しいクリスマスにこんなことを?
















どうして、みんなが楽しんでいるところに水をさすようにこんな行為を?
















どうして、この行事を純粋に楽しみ、祝うことができないの?
















どうしても気になったの。その理由が。
























ねえ、どうして?どうして?
































「どうして、こんなことを?」




その時、悲しそうな声が聞こえた
その時、怒り声が聞こえた