Top > スマブラ個人小説 > 光太郎の小説 > ウルトラ戦士&円谷ヒーロー


スマブラ個人小説/光太郎の小説/ウルトラ戦士&円谷ヒーロー

Last-modified: 2013-07-05 (金) 20:43:52
目次

ウルトラ戦士達 Edit

ウルトラマン Edit

身長体重
40m3万5千t

ご存知地球に始めてやってきたヒーローだ!
彼は怪獣ベムラーを追って地球にやって来たんだ。
ところが追跡の途中、地球内でハヤタ隊員の乗る小型ビートルと接触してしまったんだ。
その事故でウルトラマンはハヤタ隊員と一体化したんだ。
なにしろウルトラマンの体は地球では太陽エネルギーが足りないため、3分間しかもたないからね。
またウルトラマンは仮面ライダー1号と一緒に戦ったことがあるんだ!
怪人・毒サソリ男と古代怪獣ガドラスが合体して生まれた合体獣サソリガドラスを倒すために、協力して戦ったんだって!
詳しくはウルトラマンVS仮面ライダーを見よう!
ウルトラマンは怪獣退治の専門家だ!
その力はまさに超人で、人類を脅かす様々な怪獣、宇宙人と戦ったよ!
でも最終戦、最強の怪獣ゼットンにカラータイマーを破壊され、ウルトラマンはついに敗北しちゃった・・・。
しかし、その時、ゾフィーが来てウルトラマンを迎えに来たんだ。
ウルトラマンはゾフィーによって命を与えられると、ハヤタ隊員と分離し、故郷へと帰っていったんだ。
その後、ウルトラマンは兄弟達のピンチを何回も助けたんだ。

ゾフィー Edit

身長体重
45m4万5千t

ウルトラ兄弟の長兄でM78星雲光の国の宇宙警備隊の隊長だ!
彼が始めて地球に来たのはゼットンに倒されたウルトラマンを助けに地球に来たんだ。
この功績から隊長に昇格したって言われてるんだ。
また、兄弟のピンチに何回も助けに来たよ。
地底でエネルギーを消耗し、ギロン人に捕らわれたウルトラマンエースを助けに行ったり、ヒッポリト星人によってブロンズ像にされたエースを助けに行ったり、バードンに倒されたタロウを迎えに来たり・・・。
また、ウルトラの星事件でレオ兄弟と戦ったことがあるんだって!
と言ってもこの事件はババルウ星人の仕業だったけどね。
えっ?その事件の後はどうしてたって?
この事件の後、ゾフィーはレオ兄弟をウルトラ兄弟の仲間として迎えたんだ!
そしてレオが光の国に戻り光の国の教官として新入りの宇宙警備隊員を指導したんだ。
その中にまだ新入りの宇宙警備隊員だったウルトラマン80がいたんだよ。

ウルトラセブン Edit

身長体重
ミクロ~40mゼロ~3万5千t

惑星軌道図作成のため、地球に派遣された恒点観測員340号、それがウルトラセブンだ!
でも、セブンは仲間を助けるため、自分を犠牲にしようとした勇気ある青年・薩摩次郎を助け、彼の勇気に感動し、彼の姿と心をモデルに地球人に変身、モロボシ・ダンと名乗り、地球に滞在することになったんだ。
そして、地球が、様々な侵略者に狙われていることを知り、地球の平和のために戦うことを決意したよ。
またウルトラセブンはウルトラマンゼロの父親でもあるんだ。
大罪を犯して光の国から追放された彼を愛弟子であるレオに託し、戦士としての修行を積ませていたんだよ。
そして今もゼロを見守ってるよ。

ウルトラマンジャック Edit

身長体重
40m3万5千t

度重なる異常気象で怪獣が目覚めた地球の危機を救うべく、宇宙警備隊の指令で地球に飛来したウルトラマンだ!
彼の変身前の郷秀樹はタッコングに襲われそうになった子供と子犬を助け犠牲になったんだ。
郷秀樹の勇気ある行動に感動したジャックは、彼と一体化したよ。
(ここだけの話!郷秀樹は坂田自動車修理工場に働きながら、カーレーサーを目指していた23歳の青年なんだ。坂田健の設計・開発中のレーシングマシン「流星号」のレーサーでもあり、その完成を目前に控えていたんだよ。でも「流星号」が郷が死亡した時思い出の品と共に火葬されたんだ・・・。)
その後、郷秀樹はMATに入隊したんだ。
他のウルトラマン達と違って、ウルトラマンジャックは変身に特別な道具は使わないんだ。
郷秀樹がピンチになった時や人間として全力を尽くした時、初めて変身できるんだよ。
また、ウルトラマンやウルトラセブンとは違い人間っぽさがあるよ。
えっ?この腕についているのは何かって?
これはウルトラブレスレットっていって宇宙怪獣ベムスターに敗れたジャックにセブンが与えた万能武器なんだ。
普段は腕輪としてジャックの左手首に装着されているけど、ジャックの脳波に反応して様々なアイテムに変形するよ。
また、ウルトラマンゼロが持ってるウルトラゼロブレスレットもウルトラブレスレットと同じなんだ。
後、ウルトラマンジャックは昔、新マンとウルトラマン二世って呼ばれたんだ。
ウルトラマンジャックの最後の敵は初代ウルトラマンを倒した因縁深き宇宙恐竜ゼットンだ!
この強敵を倒した後、バット星人の宇宙艦隊に狙われているウルトラの星を守る手助けに行くため、地球を去ったんだ。
そう、ウルトラ五つの誓いを託してね。
一つ、腹ペコのまま学校へ行かぬこと、二つ、天気のいい日に布団を干すこと、三つ、道を歩く時には車に気をつけること、四つ、他人の力を頼りにしないこと、五つ、土の上で裸足で走り回って遊ぶこと。
ちなみにウルトラ五つの誓いはGUYSのセリザワ・カズヤ元隊長とアイハラ・リュウ隊員も知っているよ。

ウルトラマンエース Edit

身長体重
40m4万5千t

異次元人ヤプールの侵略から地球を守ったウルトラマンだ!
エースは超獣の襲撃で瀕死の重傷を負った北斗星司と南 夕子の二人にウルトラリングを与え、地球を守る任務についたんだよ。
えっ?超獣ってなにかって?
超獣とは、地球上の動植物と宇宙怪獣を合体させ、怪獣よりも数倍の破壊力を持った生物のことだ。
ヤプールはいろんな超獣を作って地球に送り込んでいたんだよ。
ウルトラマンエースはヤプールが操り次々と送り込む超獣から地球を守り戦ったんだ。
エースはウルトラ兄弟のなかで多くの光線技と超能力を持ち、とくに多様な光のカッターを使った切断技のバリエーションにかけては右に出る者はいないんだ。
最初は北斗星司と南夕子が合体変身して戦ったこと、これはみんなも分かってるよね。
でも、南夕子は実は月星人だったんだ・・・。
彼女の出身地の月は元々、地球と同じ青い星だったんだ。
ところが、彼女の住んでいた月はルナチクスによってマグマを全て吸い尽くされ、死の星になってしまったんだ。
そこで月星人はルナチクスを倒すため一人の月星人を地球に派遣したんだよ。
その月星人が南夕子だったんだよ。
やがて、使命を果たした南夕子は、仲間のもとへ帰り、エースの変身を北斗一人に託したんだ。
それからウルトラマンエースは北斗一人で変身しヤプール壊滅後に現れた超獣と戦ったよ。
えっ?ヤプールが壊滅したのに何故、超獣が?
実はエースに敗れたヤプールが赤い破片となって地球に降り注いだからなんだ。
その赤い破片が超獣になることができるんだ。
そして最後はヤプールの残党が生み出したジャンボキングと戦ったよ。
ジャンボキングを倒した後、エースはこう言ったんだ。
「優しさを失わないでくれ。弱い者をいたわり、互いに助け合い、どこの国の人達とも友達になろうとする気持ちを失わないでくれ。例えその気持ちが何百回裏切られようと。それが私の最後の願いだ。」
これは子供達に伝えた言葉でそしてウルトラマンエースは光の国に帰ったよ。

ウルトラの父 Edit

身長体重
45m5万t

ご存知宇宙警備隊の大隊長だ!
彼は平和を願う宇宙警備隊の大隊長でウルトラ兄弟達の危機を数々と救ったんだ!
そう、彼が宇宙警備隊を結成したのだ。
かつて、エンペラ星人が光の国を攻撃したウルトラ大戦争で活躍したウルトラの父は、その後、宇宙の平和を守るために設立された宇宙警備隊の初代隊長を勤めたんだ!
始めはヒッポリト星人によってブロンズ像になったウルトラ兄弟を助けに行こうと地球に向かった。
この時はヒッポリト星人と戦って圧倒したけど、長旅の疲労で敗れ、エースに後を託して倒れてしまったんだ。
皆はウルトラの父の死を悲しみ光の国に帰ったんだ。
その後、彼は無事に復活し、サンタクロースの姿で地球に現れたんだ。
でも本人は「なにせわしは魂だけ」と語っていて、完全復活では無かったと思われているんだけど・・・。
また、ウルトラの父が地球に来る時って必ず12月に現れんだ。
地球の人々はこれを記念してこの時期に「ウルトラの父降臨祭」を開いているんだ。
ウルトラマンタロウではモチロンの餅搗きに参加したよ。
(ここだけの話、あのウルトラマンAに変身する一人だった南夕子さんも参加していたんだよ!)
また、ウルトラの星事件も活躍してたようだ。
悪魔の星デモス一等星がウルトラの星を攻撃してきた時にウルトラキーを武器として使い、デモス一等星を粉砕して、ウルトラの星を救ったという記録が残っているんだって。
えっ?悪魔の星デモス一等星って?
光の国に接近した星のことだよ。
ちなみにウルトラの父の本名はウルトラマンケンっていう名前なんだよ。
知ってたかな?
また、ウルトラの父はウルトラマンエースの義理の父でもあるんだ。
ウルトラマンエースは孤児だったからね。
あと、あのウルトラマンベリアルはウルトラの父の戦友でもあったんだ!
ウルトラの父とウルトラマンベリアルはウルトラ大戦争で活躍した戦友なんだ。

ウルトラマンタロウ Edit

身長体重
53m5万5千t

皆も知っているウルトラの父とウルトラの母との間に生まれた子供だ!
ウルトラマンタロウはウルトラ6番目の弟だ!
えっ?ウルトラの父とウルトラの母はウルトラ兄弟の両親ではないのかって?
そうだよ。タロウ以外は皆、血が繋がってないため実の兄弟ではないんだ。
また、光の国では「タロウ」という名前は「勇気を持ち正義を愛する者」という意味が込められているんだよ。
ちなみにウルトラの母はウルトラセブンの母とは姉妹でウルトラセブンはタロウの従兄弟なんだ。
タロウとセブン、よく似てるでしょ?
ウルトラマンタロウは主にストリウム光線等の技を持ってるよ。
そして中でもウルトラダイナマイトは最強の技だ!
でもこれは、多大なエネルギーを消耗して寿命を縮めるため、この技は封印してしまったんだ。
タロウに変身するのはZAT隊員の東光太郎。
鳥船長のタンカーに便乗して世界中を放浪しながら、ボクシングの修行を積んでいた22歳の明るく活発な好青年だ。
彼はチグリスフラワーの球根を持って日本に帰国したんだ。
(ここだけの話!チグリスフラワーは砂漠で100年に一度花を咲かせる伝説の花なんだけど、その正体は吸血植物なんだ。)
ところが東京湾にオイル超獣オイルドリンガーが現れた!
なんとそいつはヤプールの作った超獣の生き残りだったんだ!
オイルドリンガーはコンビナートとタンカー船を襲い始めた!
なんとかそのオイルドリンカーを退けたZATの隊員達と東光太郎。
ところが、チグリスフラワーの花が咲いたとき、事件が起こった・・・・。
そして夜、チグリスフラワーが咲いてる地下に謎の蔓が現れラビットパンダを襲った!その同時にオイルドリンガーが再び現れた。
じつはラビットパンダを襲った謎の蔓の正体は吸血植物チグリスフラワーの蔓だったんだ!
そして地底から宇宙大怪獣アストロモンスが現れた!しかも体に吸血植物チグリスフラワーを持ち!
なんとアストロモンスは超獣オイルドリンガーを丸呑みにしてしまったんだ!
超獣は怪獣より強いはずなのに!
ちなみに超獣は怪獣より強いという理念になったのがドラゴリーなんだ。
ドラゴリーはムルチを引き裂きウルトラマンエースを苦しめた超獣だ!
それから東光太郎はアストロモンスとの戦いで命を落としてしまった・・・。
そして生死をさ迷う東光太郎の前に現れたのはウルトラ5兄弟だった!
そしてウルトラの母が現れた。
そしてウルトラの母はこう言った。
「ウルトラの兄弟たちよ。ウルトラ6番目のウルトラマンタロウが今誕生する姿を見るが良い。お前たち兄弟は皆こうして生まれたのです。見よ!ウルトラの命の誕生を。」
そしてこれがウルトラマンタロウの誕生だ!
ウルトラマンタロウは超獣をはるかに超えたアストロモンスを見事倒した!
そう、これがウルトラマンタロウの始めての戦いだった!
ちなみに現在ウルトラマンタロウはなにをしているのかというと・・・。
ウルトラマンタロウ「私は今、宇宙警備隊の教官として新人の宇宙警備隊を育てている。」
ぼくも訓練生になったんだよ。
また、タロウは新人宇宙警備隊のルーキー、ウルトラマンメビウスの教官でもあるんだ。

ウルトラの母 Edit

身長体重
40m3万2千t

宇宙警備隊、銀十字軍の隊長だ。
普段はウルトラクリニック78で働いているよ。
ウルトラの母はウルトラ兄弟のケガ等を治療する能力を持ってるんだ。
ウルトラ戦士達の救護や看護活動が主任務で、戦闘を行うことは殆ど無いけど、戦闘力はそんなに低くないよ。
また、ウルトラ戦士達の治療だけじゃなくケガをした怪獣を治療することもあるよ。
(ここだけの話!ウルトラの母は子守唄が宇宙一上手いとされているんだって!)
ちなみにウルトラの母の本名はマリーなんだ。
えっ?どうしてウルトラの母がウルトラの父と出会ったかって?
ウルトラの父とウルトラの母の出会いはウルトラ大戦争が起きた頃から始まったんだ。
光の国で繰り広げられた戦争でエンペラ星人率いる怪獣軍団を撃退し、負傷したところをウルトラの母と出会ったんだよ。
そしてウルトラ大戦争が終わりウルトラの父とウルトラの母はウルトラマンキングと共に宇宙警備隊を結成した。
地球で行動する際に東光太郎の亡き実母と瓜二つの、通称「緑のおばさん」の姿になることもあったんだよ。
ちなみにウルトラの母の姉はウルトラセブンの母親なんだ。
ウルトラの母は左腕にマザーブルーという青いブレスレットをはめているんだ。
また、ウルトラの母はウルトラセブンを助けたこともあるよ。
シルバーブルーメの事件のことを覚えているかな?
シルバーブルーメによってMAC基地が飲み込まれた事件なんだ。
この事件にてモロボシ・ダン隊長を名乗っていたウルトラセブンが行方不明になってしまったんだ!
そのため、みんなウルトラセブンを心配してたんだ!
ところが彼はウルトラの母によって救出されて光の国への生還を果たし、ウルトラセブンとしての能力も取り戻したんだ。
そして、元々は恒点観測員であったために宇宙に詳しいことや、レオへの指導経験が評価され、宇宙警備隊の筆頭教官を務めていたんだよ。
また、傷ついたハンターナイトツルギを助けたよ。

ウルトラマンレオ Edit

身長体重
52m4万8千t

もとは獅子座L77星雲に住んでいたウルトラマンだったんだ。
でも、マグマ星人とレッドギラスとブラックギラスによって獅子座L77星雲は滅びたんだよ。
そして地球へやってきて地球人・おおとりゲンとして生活したんだ・・・。
ところがレオはウルトラセブンを怨敵マグマ星人と双子怪獣の猛攻から救いだし、以後戦えなくなったセブンにかわって、地球の守りについたんだ。
当初、戦士として未熟だったため、苦戦を強いられることが多かったんだよ。
そのため厳しい特訓を受けながら、地球を狙う様々な敵と戦うようになったんだ。ただしレオは他のウルトラ戦士と異なり、地球では2分40秒しか活動できないんだ。
やがて特訓を必要せずに戦うことになりアストラと再会したんだ。
後にウルトラの星危機一髪事件を機に、ウルトラ兄弟の仲間入りを果たしたよ。
円盤生物襲来により、MACが全滅しちゃった後は、たった一人で地球を守ることになったけど、多くの人の励ましや、アストラ、ウルトラマンキングの助けもあって、最後まで戦いぬいたんだ。
そして最後はブラックエンドを倒し旅に出たよ。
その後、リフレクト星人に敗れたメビウスを鍛えたり、大罪を犯して光の国から追放されたセブンの息子のウルトラマンゼロを、セブンに引き渡され、ゼロを厳しく特訓してあげたんだ。
これは自分を鍛えてくれたウルトラセブンへの恩返しなんだよ。

アストラ Edit

身長体重
50m4万7千t

ウルトラマンレオの弟だよ。
レオと同じく獅子座L77星雲に住んでいたウルトラマンだったんだ。
でも、マグマ星人の侵略でレオと離れ離れになったんだ。
アストラはマグマ星人に捕らわれていたけどウルトラマンキングによって救いだされ、以来レオの絶対的なピンチに駆けつけるようになったんだ。
えっ?左足についているのはなにかって?
これはマグマチックチェーンという鎖なんだ。
この鎖は、マグマ星人に捕らわれていた際つけられた鎖で、ウルトラマンキングの力をもってしてもはずすことができないんだよ。
また、アストラはレオと同じ技を持ってるよ。
レオに勝るとも劣らぬ戦闘力を持っていて、兄弟が力を合わせて放つ、ウルトラダブルフラッシャーは、強力な合体光線だ!

ウルトラマンキング Edit

身長体重
58m5万6千t

ご存知、皆が知っている伝説のウルトラ戦士だ!
光の国のプラズマスパーク建設に尽力した、ウルトラ長老の一人で、ウルトラ戦士達から見ても、神のような存在とされているんだ。
M78星雲光の国を初め、獅子座L77星や、U40でも「必ずどこかにいる」と言われながら、それまで一度も姿を見せた事は無かったとされている。
普段は無人の惑星キング星に一人で住んでいるよ。
彼はマグマ星人に捕らえられていたアストラを助けたことがあるんだ。
そして、怪獣人プレッシャーに小さくされたレオを助けるために、初めて地球にその姿を現したんだ!
また、ウルトラマンレオにウルトラマントを渡したよ。
このウルトラマントには防御能力に優れていて、炎を防いだり、敵にかぶせてパワーを奪う効果があるんだ!
また、アストラに化けたババルウ星人を暴く能力を持ってるんだ!
胸のルビーから放つ洗礼光線はにせアストラに化けたババルウ星人の変身を解いた変身解除光線だよ。
また、ブニョの策略でバラバラにされたレオを元に戻したり、宇宙牢獄を作り上げてウルトラマンベリアルを封印をするなどの能力も持っているんだ。
ウルトラマンヒカリにナイトブレスを授けたのも彼なんだよ。
そして、あのウルトラマンベリアルを牢獄に閉じ込めたのもウルトラマンキングなんだ。
(ここだけの話、映画『新世紀2003ウルトラマン伝説』では誕生パーティーの参加者達から新しいマントをプレゼントされているんだって!)
ちなみに本作ではゴーカイジャーとゴーカイシルバーにウルトラの偉大なる力を託すんだ。
どんな力なのかは本作を見てからのお楽しみ!

ウルトラマンジョーニアス Edit

身長体重
70m5万t

光の国、M78星雲の親戚であるU40からやってきたウルトラマンだ!
ジョーニアスはU40の戦士の中でも最強の力を持ち、多くの光線技を体得しているよ。
彼は地球に危機が迫ってくることを知り地球に来たんだ。
そして自らの命も顧みず他者を救うヒカリ超一郎の勇気に呼応し、彼を一心同体となる人間として選んだんだ。
ヒカリ超一郎がピンチになる時、ビームフラッシャーでウルトラマンジョーニアスに変身するよ!
地球での活動時間は約4分間で、時間経過に伴い、胸のスターシンボル(カラータイマー)が、緑から黄色、そして赤へと変わるんだ。
まるでゾーンファイターと同じだね!
あと、このスターシンボルはU40にて最高の戦士に与えられる勇者の証で、カラータイマーとしての機能の他、宇宙のどの星にも短時間で瞬間移動できる能力も与える重要なアイテムなんだ。
ちなみに必殺技はプラニウム光線だ!
プラニウム光線には腕をL字型に組んで右腕にエネルギー光弾を作ってから敵に投げつけるAタイプと、腕をL字型に組んですぐに光線を発射するBタイプがあるんだ。
威力はAタイプ、発射時間はBタイプが優れているよ。
また、ウルトラマンジョーニアスの出身地のU40はM78星雲とは違うよ。
U40に住むウルトラ人は、普段は地球人とよく似た肉体に古代ギリシャのヒマティオンやトーガに似た白い衣服を纏った姿なんだ。
また、ジョーニアスには妹のアミアがいるよ。
アミアも他のウルトラ人と同様に人間に変身できるけど巨大化はできないんだ。
でも一度だけ巨大化したこともあるよ!
えっ?U40の人達はどうやってウルトラマンに進化したかって?
それはウルトラマインドの力で進化したんだ。
かつてU40のウルトラ人が全宇宙に移り住んでいた時、バデル族のような、根本的に理解し合えない敵に対抗するために生み出されたのが、物質であって物質ではない命の源・ウルトラマインドなんだ。
ところが、ウルトラマインドを悪用しようと企む悪いウルトラ人が現れた!
そいつの名は、ヘラー!
ヘラーは元々はウルトラ人だった。
ところが彼は一万年前、ウルトラチェンジ能力を捨てて不老不死の力を得ようと主張したんだ!
ヘラーはヘラー軍団を結成しU40を占領した!
そして次の攻撃目標をウルトリアが眠る地球に定め、ロイガーの部隊を派遣したんだ。
ロイガーもへラーと同じように元はウルトラ人だったんだよ。
しかしウルトリアは科学警備隊の物になり戦いは激化した!
ジョーニアスは、エレクやロト、そしてU40のウルトラ戦士達と協力してヘラー軍団と戦ったんだ!
そして最後はU40のヘラーシティでの戦いだ!
ヘラーは科学警備隊達を処刑怪獣マクダターの餌にしようとした!
ヒカリ超一郎は彼らの目の前で変身しマクダターと戦ったよ!
そして最後はヘラーシティが爆発し全宇宙に平和を取り戻した!
そしてジョーニアスはヒカリ超一郎と分離し、彼らとともに再び地球を訪れ、平和が訪れた地球の景色を目に焼き付けて、U40へと帰還したんだ。
ちなみにジョーニアスはウルトラ兄弟と共演したことあるよ。
詳しくはウルトラマン怪獣大決戦を見てね!

ウルトラマン80&ユリアン Edit

  • ウルトラマン80
    身長体重
    50m4万4千t
  • ユリアン
    身長体重
    47m3万6千t
    M78星雲・ウルトラの星から地球防衛担当として派遣された宇宙警備隊員で、年齢は8千歳だよ。
    ウルトラマンレオが円盤生物ブラックエンドを倒し地球は平和な日々を送ってた。
    ところが・・・、人間から発する怒りや憎しみといったマイナスエネルギーによって、怪獣達が五年ぶりに復活を遂げたんだ!
    M78星雲は地球にウルトラマン80を派遣したんだ。
    普段は中学校教師・矢的猛として活動しているけど怪獣が現れるとブライトスティックを使って80に変身するよ!
    (ここだけの話!実はブライトスティックはUGMの武器であるダイナミックショットやライザーガンにも取り付けることが可能なんだ!これを利用して地球人に変身したゴルゴン星人の正体を暴いたり、ザタン星人をやっつけたりしたよ。また、バリアーを張ることも可能なんだ!)
    また、矢的猛はUGMの隊員でもあるんだ。
    えっ?なんでUGMの隊員になったんだって?
    学校の授業中、矢的猛はオオヤマキャップと出会ったんだ。
    彼はオオヤマキャップから危機意識を買われ、教師とUGM隊員を兼務することになったんだよ。
    何故、教師になったのかというと、ウルトラマン80はふと思いついたんだ。
    ウルトラマン80「怪獣は人間の邪な心から生まれてくるものだ。」
    そして80はマイナスエネルギー発生を食い止めようと教師になったんだ。
    でも怪獣との戦いが激化したのかエイティはやむなく教師の身分を捨ててしまったんだ。
    また、ウルトラマン80は初代ウルトラマンと戦った強敵と戦ったよ。
    レッドキング3代目、ゴモラII、そして、バルタン星人五代目と6代目・・・、どれも結構強いよ。
    でもウルトラマン80が一番、強かった怪獣はサラマンドラだ。
    サラマンドラはサクシウム光線を受けてもダウンしなかった。
    ウルトラマン80はウルトラアイスポットでサラマンドラの細胞を焼き尽くし、ようやく倒したんだ。
    でもよく考えてみるとウルトラマン80は先輩のウルトラ兄弟とは違い敗北することはなかったよ。
    (ベリアルには負けたけどね・・・。)
    それからウルトラマン80はユリアンさんと出会ったんだ。
    ユリアンさんは実はウルトラの星の王女だったんだ。
    彼女はガルタン大王に追われて地球に来たんだよ。
    ユリアンさんは地球では星涼子として生活しUGMに入ったんだ。
    (ここだけの話!実はユリアンさんが来た時、UGMの城野エミ隊員が殉職したんだって!)
    星涼子がUGMに入りウルトラマン80は強い怪獣と戦った。
    ところが、UGMとウルトラマン80の前にサラマンドラと並ぶ強い怪獣が現れたんだ!
    合体怪獣プラズマと合体怪獣マイナズマだ!
    合体怪獣プラズマと合体怪獣マイナズマはサラマンドラと並ぶ強い怪獣だ!
    この怪獣の前にさすがの80もサクシウム光線は聞かないわでピンチになっちゃった!
    ユリアンさんは変身してウルトラマン80を助けようと考えてたんだ。
    彼女は80から「自分が戦いに負けた時は代わりに地球を守れ」と言われていたんだ。
    だから80のピンチに何度も変身しようとしても制止されることが多かったんだよ。
    だけど、この時は80の最大のピンチに彼女はついに変身したんだ。
    そして、二人で力を合わせて合体怪獣プラズマと合体怪獣マイナズマを倒したよ。
    それからUGMが冷凍怪獣マーゴドンを倒し、地球人の独り立ちを見て安心した80とユアンさんは、仲間たちに見送られ、M78星雲へと帰還したんだ。
    さて、80は現在どうなったかというと・・・。
    円盤生物ロベルガー二世を追って再び地球に来たんだ。
    メビウスと力を合わせてロベルガー二世を倒した80はメビウスにマイナスエネルギーが発生しつつあると忠告したんだ。
    メビウスはそのマイナスエネルギーを調査してたんだ。
    そしたらなんと発生源は桜ヶ丘中学校だったんだ!
    そしてなんとあのウルトラマン80と戦った硫酸怪獣ホーも現れたんだ!
    硫酸怪獣ホーは失恋した中学1年の中野真一少年の怒りと悲しみのマイナスエネルギーが実像化し誕生した怪獣だ。
    えっ?そのホーがなんでまた現れたかって?
    桜ヶ丘中学校に突然、マイナスエネルギーが発生し硫酸怪獣ホーが現れたんだ。
    たぶんこのマイナスエネルギーは無生物であるはずの桜ヶ岡中学校が、廃校になることを悲しんだことで発生したものだと思うんだけど・・・。
    だけど、ウルトラマン80が現れるとホーは何故か喜んだんだ!
    このホーかつて先生として勤務していたウルトラマン80こと矢的猛と生徒たちを再会させようとして呼び出したとも言われていたんだ。
    ホーが喜んだのはそのためかもね・・・。
    そしてウルトラマン80は1-E組の生徒たちと再会したんだ。
    さて、一方のユリアンさんはというと・・・。
    ユリアン「今あたしは、ウルトラの母の所属する銀十字軍隊員として働いているの!」
    銀十字軍とはウルトラの母が所属する警備隊だよ。
    ウルトラ戦士で治癒の力を持つ特殊な部隊で構成されているんだ。

ウルトラマンスコット&ウルトラウーマンべス&ウルトラマンチャック Edit

  • ウルトラマンスコット
    身長体重
    82m6万4千t
  • ウルトラウーマンベス
    身長体重
    76m5万4千t
  • ウルトラマンチャック
    身長体重
    79m6万8千t
    海外で活躍したウルトラ戦士だ!
    M78星雲ソーキン星の爆発によって地球に飛来したソーキン・モンスターを追ってやってきたんだ。
    通称、ウルトラフォースだ!
    ウルトラマンスコットは若さと強い正義感を持つウルトラマン!
    アクロバット飛行チーム、フライング・エンジェルスのスコット・マスターソンと一体化した戦士だよ。
    偶然なのか、なんと同じスコットなんだ!
    ウルトラウーマンべスはウルトラチームの紅一点だ!
    女性ながらも高い戦闘力をもっているよ。
    変身する人は、同じくフライング・エンジェルスのベス・オブライエン。
    考えてみるとウルトラ戦士初の女性戦士だ!
    えっ?じゃあウルトラの母とユリアンは?
    ユリアン「私は厳密に言うとウルトラ戦士じゃないの。」
    ウルトラの母「私はM78星雲光の国の銀十字軍に所属しているため、ウルトラ戦士ではないんです。」
    なるほど、だからウルトラウーマンベスが最初のウルトラ女戦士なのか!
    そしてウルトラマンチャックはウルトラチームのリーダーで、最も戦闘経験が多いウルトラ戦士だ!
    冷静沈着で正義感を持つリーダーだ!
    変身する人は同じくフライング・エンジェルスのチャック・ギャビン。
    フライング・エンジェルスとは、スコット達が所属していたアメリカ空軍のアクロバット飛行チームのことなんだ。
    みんな、勇敢で正義感を持つチームだ!
    ちなみに彼らの太陽エネルギーが減ると額にあるビームランプが青色から赤色に点滅し警告音を発するんだ。
    どうやら、スコットとベスとチャックはレッド族のようだね。
    ちなみに彼らはウルトラマンキングの30万歳の誕生日を祝うためにスペースコロシアムに来たことがあるよ!
    詳しくは映画「新世紀2003ウルトラマン伝説 THE KING'S JUBILEE」を見てね!

ウルトラマングレート Edit

身長体重
60m5万8千t

かつてゴーデスと戦ったウルトラ戦士だ!
変身するのは元オーストラリア宇宙開発公団の惑星調査員ジャック・シンドーだよ。
彼が出会ったの火星だ。
ジャック・シンドーは、親友のスタンレー・ハガードと一緒に火星を探検していたんだ。
その途中でゴーデスと遭遇したんだよ。
ゴーデスは火星に住む凶悪な邪悪生命体だ!
ウルトラマングレートは火星でゴーデスと戦ったよ。
なんとかゴーデスに勝ったウルトラマングレート。
そしてグレートは宇宙船を破壊されたジャック・シンドーと一体化し、細胞レベルで逃亡したゴーデスを追って地球に向かい、ゴーデス細胞で誕生した怪獣と戦い、地球を守ることにしたんだ。
グレートの最大の必殺技はバーニングプラズマ。
空間の一点にエネルギーを集中させてウルトラの国のプラズマスパークと同じエネルギーを生み出し、高熱火球ウルトラストゥリングを発生させて敵にぶつけるぞ!
また、ウルトラマングレートには色々な技を持ってるんだ。
敵の放つ炎、冷気、光線等を受け止め、凝縮して撃ち返すマグナムシュート・・・。
精神波を光線に変えて拳から放つナックルシューター・・・。
揃えた人差し指と中指の先から連射するナイフの刃状の光線フィンガービーム・・・。
腕から刃状のエネルギーを発生させて敵を切り裂くグレートスライサー…。
両拳を縦に突き出して放つ原子破壊光線ディゾルバーなど・・・。
それからゴーデスを倒した後、グレートは人間の環境破壊が原因で目覚めた怪獣たちと戦ったんだ。
また、宇宙から奇妙な異星人が来たんだ。
いろんな姿に変えられる変身生命体リュグローとその妻、ベロニカだ。
えっ?なぜ彼らが地球に?
実はこのリュグローとベロニカは故郷を追われ、宇宙を旅していたんだ。
ベロニカは地球人の女性に変身しリュグローは売店車に変身したんだ。
ところが妻のベロニカの正体が軍に暴かれ、ARMYに攻撃されそうになったため、リュグローは怪獣体へと変身したんだ!
グレートはリュグローを改心させようと戦いながら説得したんだ。
リュグロー「俺の気持ちが分からないのか?」ウルトラマングレート「お前はただ破壊しているだけだ。」
リュグロー「お前は人間の味方か?」ウルトラマングレート「戦いを止めるのだ。」
リュグロー「戦わなければベロニカが殺される!」
ウルトラマングレート「彼女を危険にしているのはお前自身だ。」
リュグロー「俺達はただの旅人なのに…!人間の為に死ぬのか?」
ウルトラマングレート「故郷を追われたのだな?」リュグロー「そうだ! もう帰れない!」
ウルトラマングレート「ならここで暮すのだ。」リュグロー「この星で?」
ウルトラマングレート「その為の方法は分かっているはずだ。」
リュグロー「そうか…ありがとうウルトラマングレート…。」
こうしてリュグローも地球人の姿に変身し、妻のベロニカと共にこの地球で暮らすことを選んだんだ。
また、あの円盤生物まで現れた!
円盤生物UF-0だ!UF-0は軍が見つけた円盤生物だ。
ところが、円盤生物を自らの野望実現の為に地球環境保護を訴えるテロリストの学者ノルバーグに強奪されてしまったんだ!
UF-0に乗り込んだノルバーグはUMA基地を攻撃した!
UF-0は蟹の姿をしサソリの尻尾と思わせる尻尾を持った円盤生物だ!
ノルバーグを吸収したUF-0はウルトラマングレートと交戦!
でもUF-0はグレートの攻撃を受け、宇宙へ逃げちゃったんだ。
そして、グレートの前に滅びの二大怪獣が現れた!
その二大怪獣は伝説深海怪獣コダラーと伝説宇宙怪獣シラリーだ!
コダラーとシラリーはかつて古代人の文明を襲い宇宙に追放されていた怪獣だったんだけど、人類の環境破壊によって自我に目覚めた「第3の敵」に呼び寄せられたんだ。
その「第3の敵」の正体は「地球」そのもの!?
UMAが海底で発見した金属プレートには「コダラーの封印解けし時、天よりシラリー舞い降りる。やがて第三のもの目覚める。全ては再び闇に還らん」と記されていて、さらにグラント隊長によって、「第三のものとは地球そのものであり、怪獣を呼び寄せたのは地球自身のいし」であることが判明したんだ!
ウルトラマングレートはコダラーに立ち向かった!
でもグレートは、コダラーにマグナムシュートを跳ね返されて敗北しちゃった。
これによりグレートはエネルギーを使い果たし、時空の狭間に落ちて残り1回しか変身できない状態なっちゃったんだ。
しかし、ウルトラマングレートは諦めなかった!
ウルトラマングレートはUMAと力を合わせてコダラーとシラリーと戦ったよ!
シラリーを倒したウルトラマングレートはシラリーの死体を宇宙に運んだよ。
何しろシラリーは核爆発のエネルギーを吸収している為そのまま地球に放置しておくと危険だからね。
ウルトラマングレートはジャック・シンドーと分離した。
ジャック・シンドー「彼はもう一度やり直すチャンスをくれたんだよ。だから皆で地球を守り抜くんだ。彼は僕らを信じてくれたのだから・・・。」
ウルトラマングレートは光の国、M78星雲に帰った。
~さて、本作におけるウルトラマングレートは?

リュグロー「くっ…これがゴーデス細胞の力…。」
ゴーデスインキュベーダー「クックック…驚いたかリュグロー!さぁ、いけ!キュゥべぇ親衛隊!」
しんのすけ達・ケロロ達・ドラえもん達・両津達・よゐこ・ブラマヨ・しずる「イェッサー!!」
リュグロー「なっ、何!?」濱口「インキュベーダー様は偉大なる神!」
有野晋哉「キュゥべぇ様はこの世の支配者となるのだ!」リュグロー「こっ、コイツらは!?」
ゴーデスインキュベーダー「この親衛隊はゴーデス細胞によって作られたクローンなのだよ!」
リュグロー「くっ、クローン!?」
ゴーデスインキュベーダー「リュグローよ、ベロニカが人間にいじめられそうになったことを思い出すがいい!存分にな!」
リュグロー「くっ…だが断る!」ゴーデスインキュベーダー「ダニィ!?」
リュグロー「私はウルトラマングレートに言われたのだ!この星で暮らすと!」
ウルトラマングレート「そのとおりだ!」
ゴーデスインキュベーダー「むむっ!?お前はウルトラマングレート!」
ウルトラマングレート「リュグローは人間とともに暮らすという道を選んだのだ!」
ゴーデスインキュベーダー「そうか、どうしてもリュグローを我々の仲間にさせないというんだな?」
リュグロー「その通りだ!」
ゴーデスインキュベーダー「なら、しかたがないな・・・。リュグロー!貴様を処刑する!」
ゴーデスインキュベーダーに苦戦するリュグローにウルトラマングレートが駆けつけた!
ウルトラマングレート「させるか!」
ゴーデスインキュベーダー「くっ!邪魔をする気かグレート!だがゴーデス細胞によって生まれた私の敵ではないわ!」
ウルトラマングレート「なんだと!?」リュグロー「気をつけろグレート!」
果たしてグレートはリュグローを守ることができるのか!?

ウルトラマンパワード Edit

身長体重
55m5万8千t

M78星雲・光の国より、凶悪な侵略宇宙人であるバルタン星人を追って地球にやって来た、青き瞳をした銀色の巨人だ。
地球ではケンイチ=カイという青年だ。
地球に降下したが、そのままの体では地球の環境に適応出来ないため、W.I.N.Rのケンイチ・カイ隊員に協力を要請したんだ。変身アイテムはフラッシュプリズムだ!
自身と一体化したカイに託した変身アイテムのカプセルで、光エネルギーを宿しているよ。
カイは普段から自身のW.I.N.R.スーツの胸ポケットに入れて携帯しているよ。
変身機能だけでなく、外部からエネルギーを加えると強力なレーザーを発生することも可能。
まるでブライトスティックだね!
パワードの主な必殺技はメガ・スペシウム光線。
両腕を十字に組んで前腕のパワードスタビライザーに“気力”を集中させて、腕全体から放つ眩い青白い光の必殺光線だ!
また、ウルトラマンパワードはカラータイマーが青から赤に変わると目の色が変わるんだ。
パワードのカラータイマーの周囲には、エネルギーのみなぎりを知らせる、みなぎりメーターが存在するよ。
ウルトラマンパワードと戦う敵はかつて初代ウルトラマンが戦った怪獣達だ!
ケムラー、レッドキング、テレスドン、ガボラ、ジャミラ、ザンボラー、ダダ、アボラス、バニラ、ぺスター、ゴモラやドラコ・・・。
そして最後の敵はあの宇宙恐竜ゼットンだ!ゼットンとの戦いでは、カイから分離して戦ったよ。
対ドラコ戦にて、胸に深手を負い、それがカイをも傷つける結果となってしまったからね。
パワードはカイを守るために分離したんだけど、パワードだけでは厳しい戦いだったよ・・・。
苦闘の末、ゼットンは倒したけど、パワードもエネルギーを使い果たし、倒れちゃった・・・。
パワードが倒れた後からサイコバルタン星人が現れた!
サイコバルタン星人は全長1.6キロメートルに達する巨大な宇宙船で地球に飛来したんだ。
しかもバルタン星人のボスでもあるんだ!
W.I.N.Rは、パワードの変身アイテムであるフラッシュプリズムを利用して作り上げた兵器「リダブライズド・システム・コンバーター」でサイコバルタン星人の宇宙船を迎え撃った!
ところがサイコバルタン星人の宇宙船は強い!
そんな時、パワードの仲間と思われる2体の赤い玉(M78星雲人)がスカイハンターに加勢したんだ!
加勢したおかげでサイコバルタン星人の宇宙船は粉砕した!
そしてパワードは2体の赤い玉(M78星雲人)にエネルギーを与えられ無事復活を遂げ、カイたちに別れを告げて宇宙へと帰還したよ。ちなみに赤い玉の正体は初代ウルトラマンとゾフィーではないかという噂も…。
~さて、近作のウルトラマンパワードは?~
パワードバルタン「フォッフォッフォ…さぁ、いけ!パワードケムラー!パワードテレスドン !パワードドラコ!」
パワードケムラー・パワードテレスドン ・パワードドラコ「キシャグォォォォォー!!」
秘密結社鷹の爪団の世界にパワードと戦った怪獣たちが現れた!
総統「嘘ぉ!?怪獣!?」
吉田君「総統、これはやばいですよ!」
パワードケムラー・パワードテレスドン ・パワードドラコ「グゲェェェェングォォォォー!!」
総統・吉田君「わ~~~~~!」
パワードドラコ「ガルルルー!!」
総統「うわぁぁぁぁぁぁぁ!!優しく殺して!優しく殺して!キングミリーソフト!」
パワードバルタン「フォッフォッフォ!」
パワード怪獣軍団「グゲェェェェングォォォォー!!」
その時!
???「待て!パワード怪獣軍団!」
パワード怪獣軍団「グガァ!?」
ウルトラマンパワード「ヘアッ!」
デラックスファイター「とおっ!」
パワード怪獣軍団「ギギギィーン!!」
パワードバルタン「ぬぉ!?ウルトラマンパワード!それにデラックスファイター!」
ウルトラマンパワード「見つけたぞ!パワードバルタン!」
デラックスファイター「お前の悪事もこれまでだ!」パワード怪獣軍団「グガァ!?」
総統「デラックスファイター、お前なぜそいつと手を組んでいるんだ!?」
デラックスファイター「俺、改心したよ!」総統「えっ?」吉田君「どういうことだよ!」
デラックスファイター「俺は気づいた!俺は今まで過ちを犯してたことを!」
総統・吉田君「デラックスファイター・・・お前・・・。」
パワード怪獣軍団「グゲェェェェングォォォォー!!」
ウルトラマンパワード「デラックスファイター、話は後だ!行くぞ!」デラックスファイター「おう!」
パワード怪獣軍団「グゲェェェェングォォォォー!!」
果たしてパワードは、秘密結社鷹の爪団の世界を守ることができるのか!?

ウルトラマンゼアス Edit

身長体重
60m5万4千540t

皆さんご存知のダイアップのウルトラマンだよ。
ゼアスは、Z95星雲“ピカリの国”出身のウルトラマンなんだ。
えっ?ピカリの国ってパチモン臭い?
まあ名前が僕達の故郷の名前に似ているからね。
ウルトラマンゼアスは地球を綺麗にするためにやってきた。
そのせいなのか清潔癖なんだ。
地球上では朝日勝人という青年に姿を変えているけど、人間態でも過剰な潔癖症で、いつも掃除をしているんだよ。
その清潔症が問題になったんだ。
彼は少しでも体が汚れていると力が満足に発揮できなかったんだよ。
でもウルトラマンゼアスは自分の力で汚れを克服したんだ。
ウルトラマンゼアスの必殺技はスペシュッシュラ光線だ。
当初のスペシュッシュラ光線は練習段階で、変な方向に飛んだり、岩壁に乱反射したりしていたけど、後に自由に撃てるようになったんだ。
スペシュッシュラ光線の構えは、ウルトラマンのスペシウム光線とは逆の構えだけど、これは勝人が鏡を見ながら構えの特訓をしたためなんだよ。
また、地球での姿である朝日勝人はMydoの隊員の一人なんだ。朝日勝人は当初見習い隊員でいつも基地でお留守番だったんだよ。さらには隊長達からの 八つ当たりも度々受けてた…。でも、一応隊長達を尊敬しているらしいんだ。後に対ベンゼン星人戦後、潔癖症を克服して、正式隊員になったよ。
やがてウルトラマンゼアスの前に強敵が現れた!その名はウルトラマンシャドーだ!
ウルトラマンシャドーは見た目は本物のウルトラマンに見えるけど、その正体はレディベンゼン星人が作り上げた対ゼアス用ロボットだ!
ゼアスはシャドーに敗北したせいで戦いに対する恐怖心を植え付けられてしまったけど、後に正道会館で特訓し、ウルトラかかと落としを会得、恐怖心を克服したんだ!
そしてウルトラマンゼアスはシャドーにウルトラかかと落としをお見舞いした!
だが、ウルトラマンシャドーは最大出力のシャドリウム光線をゼアスに放ってきた!
ゼアスは、皆の声援を受け、腕をX字にして放つ強化型・クロス・スペシュッシュラ光線を放ち、見事ウルトラマンシャドーを撃破したんだ!
こうしてウルトラマンゼアスはまた一歩、一人のウルトラ戦士として成長したんだ。
ちなみにゼアスの名前の由来は出光興産とのタイアップによるものなんだよ。
さらには朝日勝人はガソリンスタンドにあった自販機にスペシュッシュラ光線の構えをしたらなんとポカリが出てきた!?
朝日勝人はこれを何回も繰り返していくうちに数十個ものポカリを積み上げていたんだって・・・。
またこの能力は名称不明なんだ。
~さて、今作のウルトラマンゼアスは?~
ベンゼン星人「ンフフフ…我がベンゼン怪獣軍団が動き出す時が来たぜ!」
キュゥべぇと手を組んだベンゼン星人が、ベンゼン怪獣軍団を結成した!?
ジュラル星人「まさか俺達ジュラル星人と手を組むとはな…。」
ベンゼン星人「お前だってチャージマン研って奴に復讐したいだろ?」
ジュラル星人「た、たしかに・・・。」
ベンゼン星人「この怪獣達がいれば問題ないのだよジュラル星人。」
改造ベムスター・再生エレキング・ゴモラII・ゼットン二代目「グギャァァグォォォォー!!」
ジュラル星人「おお、これがその怪獣軍団・・・。」
ベンゼン星人「それに、うちのハニーが作ったこいつもいるぜ!」
ウルトラマンシャドー「ジュウワッ!」
ジュラル星人「なっ!?ウルトラマンシャドー!?」
ベンゼン星人「ああ、こいつと俺の怪獣軍団がいれば百人力・・・いや、千人力だ!」
ジュラル星人「待てベンゼン星人、俺達ジュラル星人を入れれば万力だろ。」
ベンゼン星人「おお、そうだったな!」
ジュラル星人「さて、どこのアニメ世界を攻めよう・・・。」
ベンゼン星人「そのついでに爆弾を仕掛けよう。」
ジュラル星人「爆弾?ボルガ博士なら死んだはずだが?」
ベンゼン星人「いやこの怪獣を使うんだ。」
コッテンポッペ「グルル…。」
ジュラル星人「これは・・・、コッテンポッペ!?」
コッテンポッペ「ガルルル…。」
ベンゼン星人「こいつは全体が地球をも吹き飛ばすほどの強力な爆弾になっているのさ。チャージマン研もこいつには手出しはできまい!」
ジュラル星人「なるほど・・・、よし、これでアニメ世界を襲撃するぞ!」
ベンゼン星人はあのジュラル星人と手を組んでいた!
泉 研「まて!ジュラル星人!」
ジュラル星人「げ、チャージマン研!」
ベンゼン星人「なぬ!?チャージマン研!?」
ウルトラマンゼアス「僕もいるぞ!ベンゼン星人!」
ベンゼン星人「ウルトラマンゼアス!」
ベンゼン星人とジュラル星人の前にウルトラマンゼアスと泉研が現れた!
ベンゼン星人「なぜお前がここに!?」
ウルトラマンゼアス「お前がチャージマン研の世界でジュラル星人と手を組んだということを知ってここへ来たんだ!」
ベンゼン星人「私の毒ガスで死ね!」
泉 研「チャージィィィング、GO!」
泉研はチャージマン研へ!
ウルトラマンゼアス「行くぞ!チャージマン研!」
チャージマン研「おう!!」
ベンゼン星人「行け!怪獣軍団!」
怪獣軍団「ズギャァグォォォォォー!!」
果たして、ウルトラマンゼアスとチャージマン研は、ベンゼン星人とジュラル星人のアニメ世界襲撃作戦を阻止できるだろうか!?

ウルトラマンティガ Edit

身長体重
ミクロ〜53m4万4千t

3000万年前の時を経て復活した超古代の戦士で地球の守護神だ。
ティガに変身するのはGUTS隊員のマドカ・ダイゴ。
ティガのピラミッドにある、巨人像の1つと融合してティガに変身する能力を得た男だ。
マドカ・ダイゴ隊員はスパークレンスを使い変身するぞ!
ウルトラマンティガは始めてタイプチェンジを持ったウルトラマンなんだ。
基本のマルチタイプをはじめ、飛行能力に特化したスカイタイプや格闘戦に優れたパワータイプにタイプチェンジするぞ!
マルチタイプはバランスタイプで凶悪な怪獣、宇宙人に立ち向かったんだ。
マルチタイプの主な必殺技は、ゼペリオン光線!両腕を前方で交差させた後、左右に大きく広げてエネルギーを集約し、L字型に腕を組んで放つ白色の超高熱光線だ!ゼペリオン光線は敵を一撃に粉砕するぞ!
対イーヴィルティガ戦では、両手を胸のプロテクターに一旦添えてから放つことで敵の巨人像の体のみを消滅させて元のマサキ・ケイゴの姿に戻しているんだ。
また、タイマーフラッシュは敵の分身の本物を見つけ出すことができるよ。
空中戦の得なスカイタイプの技はランバルト光弾。
両腕を胸の前で交差させたあと瞬時に左右に伸ばしてから上にあげてエネルギーを集約し、両手を左腰に置いてから右腕を胸の前で水平に伸ばして、爆発力の高い光弾を敵めがけて撃つよ。
対レギュラン星人戦では光線タイプを使用し、ぶつかり合ったレギュラン星人の光線を押し戻して倒したんだ。
右手(対ウェポナイザー戦では左手から)から相手の頭上に冷凍光線を放って爆発させ、落ちてくる冷気で凍らせてしまう技、ティガフリーザーもあるよ。
パワータイプの必殺技はデラシウム光流。両腕を左右から上にあげ、胸の前に高密度に集めた超高熱の光エネルギー粒子を相手に向かって放つぞ!
対ガゾートII戦では、ガゾートIIの光弾を受け止めてから投げ返すという変則技を見せているんだ。(ここだけの話!実は対ガタノゾーア戦ではパワータイプの状態のままゼペリオン光線を発射したことがあるんだよ!)
シルバゴン戦ではウルトラヘッドクラッシャーを披露した!
もちろん、パワータイプは水中戦も得意だ!
水中戦ではゴブニュ(ギガ)との戦いだ!
(ゴブニュの正体は何者かが作った、マキシマオーバードライブのエネルギーに反応して活動する機械生命体で、ヤズミ隊員が回収した破片を調査して証言をさせたところ、「禁じられた力」、すなわちマキシマオーバードライブを使用する者を消滅させることが使命だと語っているんだって・・・。)
そしてガタノゾーアに敗れ、石像に戻ってしまったティガが、人類の「光」を得た時・・・、ティガは究極の姿へと変身したんだ!
その名もグリッターティガ!
グリッターティガは希望を捨てない子供達が光になってパワーアップした姿だ!
その身長は120メートル、体重は10万トン!
ウルトラマンティガの最強形態でさらにデカくなった!
全身はグリタリングシールドで覆われており、どんな攻撃も寄せ付けない!
その輝く姿でガタノゾーアを倒した!
ところがガタノゾーアとの戦いから二年後、今度は闇の巨人が現れたんだ!
なんとその闇の巨人達は、ティガの仲間だったんだ!
しかもウルトラマンティガは実は元々、闇の巨人ティガダークだったんだ!
ブラックスパークレンスでウルトラマンティガの過去の姿、ティガダークに変身したダイゴ隊員は、闇の巨人達に戦いを挑んだ!
対ダーラム戦では、闇のパワーを吸収してティガトルネードへ!
対ヒュドラ戦では、闇のスピードを吸収してティガブラストへ!
そしてついにカミーラ戦へ!
ティガブラストはこの戦いの中、闇の愛を吸収してマルチタイプのティガになった!
だがカミーラは闇黒魔超獣デモンゾーアに変身してしまった!
ティガはデモンゾーアに一度は敗北するものの、ルルイエの遺跡で光の巨人の石像から光をもらい、再びグリッターティガに変身した!
そしてデモンゾーアが倒されると、カミーラは、かつて自らが愛したティガ(ダイゴ)の手の中で「光、私も欲しかった」と言い残し、静かに息を引き取ったんだ・・・。
それから更にその数十年後、縄文時代にタイムスリップしたマドカ・ツバサ隊員が、青銅スパークレンスを使ってティガに変身したんだ!
でも、ツバサ隊員は光が弱く、身長20m、体重1万7千tの不完全な状態のティガにしかなれなかったんだ・・・。
そのせいでツバサが変身したティガはドグーフに負けてしまったんだ・・・。
ところが、ティグの紋章をもっているアムイという少年が、なんと完全なウルトラマンティガに変身してドグーフをやっつけた!
ティガの活躍はこれだけじゃないよ。
ウルトラマンティガはウルトラマンダイナとウルトラマンガイアを助けたことがあるんだ!
ある時は対クイーンモネラ戦で倒れたダイナを助けたり・・・、またある時はキングオブモンス達に苦戦するガイアを助けたり・・・。
そして世界を怪獣軍団から守るために現実世界のダイゴがウルトラマンティガに変身した!
人々が信じた未来や希望の「光」を得て、ティガは他のウルトラマン達とともにグリッターバージョンに変身した!
グリッターティガにグリッターダイナにグリッターガイア!
グリッターウルトラマンにグリッターセブンにグリッタージャックにグリッターエースにグリッターメビウス!
これら八人のウルトラ兄弟が力を合わせ『スペリオルマイスフラッシャー』を巨大暗黒卿 巨大影法師に放ちみごと消滅させたんだ!
まさにウルトラマンティガは人々の光だ!
だけど、ウルトラマンティガを憎む存在がいた…、その名はキリエル人。
彼らは昔から自分達を人々たちにあがめてもらおうと考えてきた精神生命体なんだ。
だから彼らは、ティガが出てきたのがかなり気に入らなかったみたい。
みんなの心がティガに向いちゃうからね。
キリエル人は聖なる炎でビルを爆破させることができるんだ。
キリエル人はティガに対抗するためにキリエロイドに変身し、ティガに戦いを挑んだ!
一度はティガに敗れたキリエロイドだったけれど、彼らはまだあきらめていなかった。
今度は人々の心を操って、地獄の門を開かせようとする恐ろしい計画を立てたんだ!
しかもキリエル人はキリエロイドのパワーアップ版、キリエロイドIIに変身してティガに再び戦いを挑んだんだ。
それもティガの行うタイプチェンジと同様の能力も身に付けて!
一度はキリエロイドIIに敗れたティガだったけど、イルマ隊員の呼びかけで我に返った人々から放たれた光によって復活し、地獄の門もろともキリエロイドIIを葬ったんだ!
みんなもキリエル人に負けちゃだめだよ!本当にしっかりしなきゃいけないのは地球のみんななんだから!
また、光を悪用しようとする人間が現れた!
彼の名はマサキ・ケイゴ!
マサキ・ケイゴは天才物理学者にして宇宙開発の主力企業サイテック コーポレーションの最高責任者なんだ。
性格は傲慢で超能力等の神秘的な力を「くだらない」 と軽蔑しているけど実は努力家なんだよ。
マサキ・ケイゴはダイゴと同じく超古代の遺伝子を受け継いいるんだ。
巨大ロボットゲオザークを使って石像を発見し、さらにダイゴのスパークレンスを奪い、石像と一体化してイーヴィルティガになったんだ。
イーヴィルティガはもう一人の光の巨人なんだ。
だけど、マサキ・ケイゴは間違った心を持って変身したためにイーヴィルティガは暴走し、邪悪なウルトラマンになってしまったんだ!
イーヴィルティガにはガーディーという仲間の怪獣がいるんだ。
暴走するイーヴィルティガを止めるために、ガーディーは立ち向かった!
だけどガーディーはイーヴィルティガの攻撃をうけてしまった…。
やがて、イーヴィルティガはウルトラマンティガの手で倒され、ガーディーはウルトラマンティガによって宇宙空間へ運ばれたんだ。
ちなみにマサキ・ケイゴは分離されておりTPCに逮捕されたんだ。
このイーヴィルティガに変身するためにマサキが培ったデータは後にティガの復活に使われたよ。
そして消滅したイーヴィルティガの残骸は、TPCによって回収されるけど、これがルルイエ事件に発展したF計画の発端となってしまったんだ。
さらにネオフロンティア時代では、人造ウルトラマン・テラノイドの石像を造るために利用されたんだよ。

ウルトラマンダイナ Edit

身長体重
ミクロ~55m不明~4万5千t

ネオ・フロンティア時代の宇宙を守ったウルトラマン!
スーパーGUTSのアスカ・シンと一体化し、リーフラッシャーで変身するぞ。
ウルトラマンティガと似た容姿をしていて、ティガ同様にタイプチェンジ能力を持っているんだ。
基本のフラッシュタイプ、スピードとサイキック能力に秀でたミラクルタイプ、力に秀でたストロングタイプにチェンジするぞ。
アスカとウルトラマンダイナとの出合いはここから始まった…。
アスカは訓練学校ZEROの訓練生だったんだ。
卒業試験中にスフィアに襲われて宇宙空間に放り出されたところを、父親もその中へと消えていった謎の光と遭遇、奇跡的に生還を果たし、卒業試験中に見せた実力を買われてスーパーGUTSへ入隊したんだ。
アスカの愛機はガッツイーグルαだ。
ユミムラ隊員の推薦によりアスカを加えたスーパーGUTSに指令が下った!
謎の球体スフィアが火星基地を襲っているというんだ。
スフィアの襲撃にあった火星基地を救うために地球から来たガッツイーグルは多数のスフィアを撃破したけど、今度はスフィアが火星の岩石と一体化し、怪獣ダランビアとしてスーパーGUTSの前に立ちはだかったんだ。
隊長命令を無視してα号で立ち向かったアスカだったけど、あえなく撃墜されちゃった・・・。
そして、ダランビアに単身立ち向かうアスカが絶体絶命の危機に陥ったとき、謎の光がアスカの体を包み込んだ!
アスカはウルトラマンダイナに変身した!
そして、その力でダランビアを粉砕し、スフィアを殲滅した後、ネオダランビアとも戦った!
これがダイナの初めての戦いだった!
ウルトラマンダイナ・フラッシュタイプの主な必殺技は、初代ウルトラマンのスペシウム光線と同じように両腕を十字型に組んで体内のエネルギーをスパークさせて放つソルジェント光線。
敵を一撃で粉砕するぞ!
他にも両腕に溜めた青白いエネルギーを大型の三日月状にして放つ光のカッター、フラッシュサイクラーや右腕から放つ、くさび形の手裏剣状の光弾、ビームスライサーもあるんだ。
ミラクルタイプの必殺技は、レボリウムウェーブ。
空間を右手の中に圧縮して超衝撃波を作り出して放ち、敵の背後にブラックホールを発生させて吸い込み次元の隙間に送り込み圧殺・破裂させる技だ!
また、ネイチャーコントロールという技があるんだ。
このネイチャーコントロールは、超能力で風、水、炎、電気など大自然のあらゆるエネルギーを操作する技だ。
対ギアクーダ戦では2000匹の分体を集めたんだ。
ストロングタイプの必殺技は、ガルネイトボンバー!
胸の前で両拳を合わせて前方にエネルギーを発生させ、それを右拳に凝縮して赤色光弾に変え、右パンチのアクションで放つぞ!
ちなみにストロングタイプは主に怪力戦が得意なんだ。
敵の尻尾を掴み、高速で振り回して投げるバルカンスウィング・・・。
ジャンプし、右足に全体重を乗せて急降下キックを放つストロングボム・・・。
対マリキュラ戦ではウルトラ・オーバーヘッドキックを披露しだぞ!
ウルトラマンのいない世界では、グリッターバージョンになった!
グリッターダイナは他のウルトラマン達と共に悪の影法師に立ち向かったぞ!
そうそう、グランスフィアを撃破したウルトラマンダイナはどうなったのかというと・・・。
ウルトラマンダイナ「俺はブラックホールに吸い込まれ別世界に迷い込んだ・・・そこで俺はウルトラの星のウルトラ戦士達と共にウルトラマンベリアルに立ち向かったのさ!」
グランスフィアとの戦いでウルトラマンダイナはブラックホールにすいこまれたんだ。
そして、ダイナは別次元の宇宙の旅をしていたところ、ナースとゼットン星人に襲われているZAPクルーを発見して救出したんだよ。
そしてZAPから話を聞いたウルトラマンダイナは怪獣墓場に向かったんだ。
ウルトラマンダイナは怪獣墓場にてベリアルと対決!
ベリアルが操る怪獣軍団に立ち向かったんだ!
ベリアルと戦った後、ウルトラマンダイナはZAPを元の宙域へ送り届け、再び旅立ったよ。
旅をしているダイナはある日、とある謎の声に導かれた。
「世界が滅亡の危機に瀕している」という声を聞いて・・・。
そして向かった先が、ウルトラマンの存在しない宇宙にある、もう1つの地球【フューチャーアース】だったんだ。
そこはバット星人の実験場と化し、人類を含めたすべての生物はほとんど姿を消していたんだよ。
だけどチームUが子供達を守るため怪獣と戦ってたんだ。
ダイナはそこで、謎の声の主であるチームUや子供達と出会い、ゼロ達と一緒にバット星人が生んだハイパーゼットンと戦ったんだ!
一度はハイパーゼットンによって石化されたことも…。
でもダイナはコクーン内部でハイパーゼットンの誕生を抑え続けていたんだ!
ところがハイパーゼットンはギガントとして誕生してしまった!
復活したダイナはウルトラマンゼロとウルトラマンコスモスとともにハイパーゼットン・ギガントに挑んだ!
しかしハイパーゼットン・ギガントは強い!
一度は倒されたハイパーゼットン・ギガントだけど、今度はイマーゴへと進化を遂げた!
ダイナはウルトラマンゼロとウルトラマンコスモスと合体して、ウルトラマンサーガとなり、ハイパーゼットン・イマーゴを倒したんだ!
そのおかげで人々や全ての生き物は帰ってきたんだ。
でもダイナは、元の世界には帰還せずに、何処かの宇宙へ飛び去ったんだ・・・。
ちなみにゼロはこのとき、スーパーGUTS隊員のタイガ・ノゾムと一体化していたんだよ。
彼は幼い頃、両親が怪獣(どの怪獣かは不明)の襲撃でウルトラマンダイナに救われなかったことがトラウマになって、ウルトラマンに対して否定的な考えを持っているため、ウルトラマンの力に頼りたくないという気持ちが大きく、ゼロへの変身も頑なに拒否していたんだ。
でも、チームUの真実を知った時、ウルトラマンを受け入れる決意をしたよ。





ウルトラマンガイアV2&ウルトラマンアグルV2 Edit

  • ウルトラマンガイアV2
    身長体重
    人間大~50m不明~4万2千t
  • ウルトラマンアグルV2
    身長体重
    人間大~52m不明~4万6千t
    地球の光が生み出した光の巨人、ウルトラマンガイアだ!
    ガイアに変身するのは高山我夢。
    池袋西口公園にて手に入れた地球の大地より授けられた赤い光を収納するため自ら開発した変身アイテム・エスプレンダーで変身するぞ!
    我夢は元々、ウルトラマンの存在を知っていたんだ。
    それというのも、我夢は城南大学量子物理研究室で量子加速に自分の心をシンクロさせ、地球の大地の心(ガイア)を見た。
    そして、大地の光を手に入れ、ウルトラマンガイアに変身する能力を得たんだ。
    変身時に使用するエスプレンダーは、我夢が自分で製作したものなんだよ。
    そしてガイアが戦う敵は根源的破滅将来体だ。
    根源的破滅招来体は、宇宙から襲来する人類の滅亡を望む存在で、その実体は一切不明の敵だ。
    単に怪獣を送り込んでの文明や人間への攻撃だけでなく、電子生命体や宇宙微生物などを送り込んでの工作、時には我夢や藤宮、その周辺の人間への精神および心理攻撃も行い、さらにはウルトラマン同士を争わせてそのエネルギーを利用しようとしたりなどその侵略方法も様々である。
    人類抹殺の理由も物語後半にて当初の藤宮と同じく、使者を介して人類を宇宙の病原体と捉えているように表現していたが、超巨大な生物を地球に落とそうとしたり、反物質の対消滅で宇宙ごと地球を消滅させようとしたりと、地球という存在そのものを破壊しようとするような手段を講じることもあり、その明確な理由や意味も明かされる事はなかったんだ。
    手始めにワームホールから巨大結晶体を送り込んだ!
    その巨大結晶体の中から出現したのが、宇宙戦闘獣コッヴだ!
    非常時までに極秘裏とされていた防衛組織XIGのチームライトニングが出動するも、コッヴの威力の前に撃墜されるばかり・・・。
    自分の無力さに絶叫する我夢は不思議な空間に包まれ再度ウルトラマンガイアと出会ったんだ。
    高山我夢「ウルトラ……マン!? 地球が危ないんだ! 君の力が欲しい! 僕に力を!!」
    そして我夢は光と一体化しウルトラマンガイアになったんだ。
    ウルトラマンガイアは、コッヴと戦い、フォトンエッジでコッヴをやっつけたんだ!
    これがウルトラマンガイアの始めての戦いだった。
    そんなウルトラマンガイアの前にもう一人のウルトラマンが現れたんだ!
    地球の海の光が生み出した青い海の光の巨人、ウルトラマンアグルだ!
    アグルさんに変身するのは元アルケミー・スターズの一員である藤宮博也。
    彼は自らが作った光量子コンピューター「クリシス」が予測した『根源的破滅招来体』の脅威へ対処するため答えを探り、やがてアグルの力を手に入れたんだ。
    初めは人間はガン細胞だと思い込み人間を削除すれば地球が救われると思っていた。
    しかし、我夢と玲子の必死の説得により徐々に心境に変化が生じ、人間に対して非情になりきれない面を見せるようになったんだ。
    アグルさんの得意技は、ガイアのフォトンエッジと同等の威力を持つフォトンクラッシャーと、クァンタムストリームと同等の威力を持つリキデイターだ。
    また右腕から出す光の剣アグルブレードは頑丈な敵の体を切り裂くことができるんだ。
    ガイアとの戦いの影響でゾーリムを呼び寄せてしまったアグルさんこと藤宮博也さんは、破滅招来体に利用されていたことを知り、自らの過ちに気付き戦意喪失。
    アグレイターから青い光の力を解放し、我夢にそれを託したんだ。
    これがウルトラマンガイアがV2にパワーアップするきっかけとなったんだ!
    V2になったウルトラマンガイアはフォトンエッジやクァンタムストリームといった技がパワーアップしただけじゃなく、スプリームヴァージョンという姿にヴァージョンアップできるようになったんだ!
    スプリームヴァージョンの必殺技は、フォトンストリーム!
    合掌した右手を下にずらして発射するガイア最強の光線だ!
    フォトンエッジの数倍の威力があるぞ!
    さらにはアグルさんが使っていた技も使えるようになったんだ!
    やがて、戦う誇りを取り戻した藤宮が、真に守るべきもののために戦う力を欲した時、海から与えられた光によって、アグルさんはV2になって復活したんだ!
    V2になったアグルさんの主な必殺技は、スクリュー状の波動弾、フォトンスクリューと全身のエネルギーを右腕に集めて放つ最強の光線、アグルストリームだ。
    また、アグルブレードもアグルセイバーとなってパワーアップしたんだよ!
    アグルセイバーは敵の固い体を貫き、相手の一部を切り裂くことも可能なんだ。
    破滅魔虫ドビシを操っていた根源破滅天使ゾグに一度は敗れたガイアとアグルさんだったけど、地球怪獣やXIG、アルケミー・スターズが集めた光によって復活!
    見事最後の敵である根源破滅天使ゾグを倒し、平和を折り戻したんだ!
    そして、ガイアとアグルさんは根源的破滅招来体の生き残りであるガクゾムと戦い、深海生命体リナールの援護を得て勝利したんだ。

ウルトラマンナイス Edit

身長体重
39m3万9千t

toy一番星から来たウルトラマンだよ。
普段は保育園に勤める保育士と、ご町内の平和のために戦う防衛チーム「GOKAZOKU隊」の隊員の二足のわらじをはく家族思いのパパ、夢星銀河なんだ。
怪獣出現の際には、腕時計型の通信機を模した変身アイテム「ナイスドリーマー」の中に入っているチョコボールを食べて変身するぞ!
必殺技は両手をクロスさせて首を傾げながら発射する「ベリーナイス光線」と、修行の果てに会得した「ミレニアムクロス」だ。
地球制服を狙うザゴン星人と一味の怪獣を相手にご町内の平和を守りぬいた以降も、「円谷シリーズの販促キャラクター」として頑張っており、現在では円谷プロの公式グッズ販売店「円谷ジャングル」の名誉店長に就任している他、日本各地で開催されているウルトラマンショーにも積極的に出演しており、主にウルトラマンゼアスとコンビを組んでお笑いキャラを担当しているんだ。
また、ニコニコ動画の円谷プロ公式チャンネルで不定期に行われる生放送にもマグマ星人と共に出演しているよ。
ナイス自身の番組がウルトラマンティガの再放送時に一緒に放送されたことがあるせいか、ティガにあこがれているんだって・・・。
また、ウルトラマンナイスにはちゃんとした技も持ってるよ。
大きくジャンプして、急降下しながら放つミレニアムキックと右手をカラータイマーに置いてから前に突き出し、指先から連射する光弾、ミレニアムショットだ。
この技は、タブザゴンに使用しているよ。
~本作のウルトラマンナイスは?~
ザゴン星人「ヒョーヒョヒョ!!」
キュゥべぇと手を組んだ宇宙人はベンゼン星人だけではなかった!
ザゴン星人も、キュゥべぇと手を結んでいたんだ!
キュゥべぇ「よく来たなザゴン星人!」
ザゴン星人「はい、キュゥべぇ様。」
キュゥべぇ「君を呼んだのは他でもない。今ヒーロー達が僕の邪魔をしている・・・。」
ザゴン星人「なるほど…。」
キュゥべぇ「そこで君には、ポケモンの世界に行き、ヒーロー達を抹殺してくれ。共に彼らもつける。」
ザゴン星人「彼らですと?」
プラズマ団隊員達「お呼びでございますかキュゥべぇ様。」
キュゥべぇ「おお、来てくれたかプラズマ団。」
ザゴン星人「プラズマ団?」
プラズマ団隊員A「われわれはポケモンを人間の手から解放するもの・・・。」
プラズマ団隊員B「キュゥべぇ軍に入ればポケモン達は救われる。」
なんとプラズマ団がキュゥべぇ軍と手を組んでいた!
キュゥべぇ「ザゴン星人!君はプラズマ団と共にイッシュ地方へ向かえ!」
ザゴン星人「はっ!」

イッシュ地方

ズガァァァァーーーーーーン!!
ゴルゴザウルス「ギシェェェグォォォォ!!」
一般人A「かっ、怪獣だぁーーーーーーーーー!」
マヤザウルス「グゲェェングォォォン!!!」
一般人B「にっ、逃げろぉぉぉぉーー!!」
ヒウンシティに突然インベーダーの怪獣が現れた!
ザゴン星人「ヒョーヒョヒョ!!」
ザゴン星人も、配下の怪獣を引き連れて現れる!
ブルブルザゴン・モモザゴン・タブザゴン「ギャォォォォン!!」
ウルトラマンナイス「いかん!町が大変なことに!」
ウルトラマンナイスはヒウンシティへ向かった!
ザゴン星人「むっ!ウルトラマンナイス!」
怪獣軍団「ガウ?」
ウルトラマンナイス「ザゴン星人!私を忘れたとは言わせないぞ!」
ザゴン星人「おのれウルトラマンナイスめ!怪獣軍団総攻撃!」
怪獣軍団「ギャォォォォン!!」
プラズマ団隊長「我々も行くぞ!」
プラズマ団隊員一同「おー!」
果たしてウルトラマンナイスはポケモンの世界を救えるのか!?

ウルトラマンネオス Edit

身長体重
58m5万9千t

M78星雲ウルトラの国の「勇士司令部」に所属するウルトラ戦士だ。
噂によると初代マン、ジャック、パワードの部下と後輩でもあるんだ。
ウルトラマンネオスに変身する人は、防衛チームHEARTのカグラ・ゲンキ隊員。
カプセル状の変身アイテム、エストレーラーで変身するぞ!
ウルトラマンネオスはスピード戦が得意なんだ。
必殺技はネオマグニウム光線!
ネオスが最も得意とする、金色の必殺光線だ。
右腕を斜め上に引き、左腕を横に伸ばして光エネルギーを集めた後、十字に組んで発射するぞ!
パイロットフィルム版では両拳を握り締めた状態で左腕を縦にして両腕で十字を組み、次に両拳を開き、両手を胸の前で交差させて放つ必殺技、マグニウム光線を使用したよ。
他にも腕を交差させ、パンチと共に光弾を放つネオス・ナックル・シェルや、エネルギーをリング状にして投げつける、光のカッターネオスラッシュ、 額のブロウスポットから発射される光線ウルトラマルチビームなどさまざまな光線技を持っているんだ。
ウルトラマンネオスが戦う敵はダークマターだ。
ダークマターとは、300万年周期で地球に迫るアンバランスゾーンを作り出す暗黒物質のことなんだ。
ダークマターは怪獣を生み出すことができるんだ。
アーナガルゲ、シーゴリアン、ノゼラとザゾラ、シルバドン、ロックイーター、ラフレシオン、キングダイナス、ギガドレッド・・・。
そして、ダークマターの影響で故郷を失い地球に逃げてきた宇宙人が地球にやってきたんだ。
彼らの名はザム星人。
ザム星人のリーダーは、ダークマターの力を利用して更なる高等生物に進化しようとしてザムタワーを造り上げ、そこでダークマターのエネルギーを吸収していたんだ。
だけどそのリーダーはダークマターの影響で暴走してしまったんだ。
ネオスは仕方がなく、ザム星人のリーダーを倒したけど、今度は地球人だけがダークマターの影響から抜け出そうとするのは許せないと語り、地球のダークマター対策会議を妨害しようとするザム星人の二体目が現れたんだ。
彼女は、かつてのリーダーを失った責任をウルトラマンネオスと地球人に求めて逆恨みし、その報復として強力なザムリベンジャーを送り込んできた。
ザムリベンジャーは宇宙船からロボ形態に変形するザム星人によく似たロボットなんだ。
ネオスは強度を誇るバリヤを展開する防御機能を兼ね備えたこのロボットに大苦戦してしまった!
しかし、そのバリヤはある秘密があった!
オオトモ博士に化けたザム星人がフジワラ秘書官にプレゼントした誘導装置のブレスレットだ!
これをこれから紹介するウルトラセブン21に破壊されたザムリベンジャーは弱体化し、ネオスに頭部を破壊され完全に機能停止したんだ。

ウルトラセブン21 Edit

身長体重
56m5万7千t

M78星雲光の国からきた赤い巨人で『宇宙保安庁』に所属している、セブン上司やウルトラセブンの部下だ。
ネオスの盟友だけど、彼より年長のベテランなんだ。
ウルトラマンネオスがスピード戦士に対しウルトラセブン21はパワー戦士だ。
地球上では隠密行動をとっている為その姿を見せることは多くないんだよ。
等身大でも活動できる他、自らが持つ変身能力を用いて、目的に応じた様々な人物に変身するんだ!
ちなみにウルトラセブン21は変身アイテムはないよ。
ただウルトラセブンのウルトラアイ着眼変身の如く目の周辺から全身にかけて赤い光に包まれてセブン21の姿に戻るだけなんだ。
ウルトラセブン21の必殺技は、腕をL字に組んで発射するレジアショット、他には額のビームランプから発射するアドリウム光線、頭部のカッター、ヴェルザードがあるぞ!
また、ウルトラセブン同様、ウルトラ念力を持ってるよ。
ウルトラセブン21は、本来地球に向かうハズだったんだ・・・。
でも、セブン21の担当区域で事件が発生し、持ち場を離れられなくなっちゃった。
そこでセブン21は急遽、地球の防衛をウルトラマンネオスに託したんだ。
その後も地球を見守り続け、ウルトラマンネオスのピンチにはどこからともなく現れて幾度も窮地を救ったんだ。
ちなみに始めてネオスと共に戦ったのはザゾラとノゼラ戦だ。
このときウルトラセブン21はディレクターの剣持慎也の姿に変身していたんだ!
やがてネオスとセブン21は、ザム星人を滅ぼそうとする究極進化帝王メンシュハイトに挑んだ!
しかし、メンシュハイトは強い!
その圧倒的な力でネオス、セブン21をピンチに陥れた!
でも、ザム星人のエスラーは自らを犠牲にしてネオスとセブン21にエネルギーを与え、反撃のチャンスを作ったんだ!
そして、ネオスとセブン21は見事メンシュハイトをやっつけた!
メンシュハイト打倒後、ネオスはカグラと分離し、セブン21と共に光の国へ帰還したよ。
~今作のネオスとセブン21は!?

ドレンゲラン「グギャグォォォォーッ!!」
ラブラ「ギャーーーーーッ!怪獣らぶぅーーーーーー!」
ジュラル星人「さぁ、ジュエルペットどもを捕獲するぞ!ドレンゲランやれ!」
ドレンゲラン「グギャグォォォォーッ!!」
ジュラル星人の命令でジュエルランドを破壊して行くドレンゲラン!
ディアン「くそっ!ジュエルペットの魔法が効かない!?」
ジュラル星人「フッハハハハハハ!!!ジュエルペットの魔法なんてこのドレンゲランには効かん!フッハハハハハハ!!!」
ドレンゲラン「グギャグォォォォーッ!!」
その時!
ウルトラマンネオス(ドレンゲランに飛び蹴り!)「ヘアーッ!」
ドレンゲラン「ギギギィーーーーン!」
ジュラル星人「何!?ウルトラマンネオス!」
ウルトラセブン21「私もいるぞ!」
ジュラル星人「貴様ら!我々の実験を邪魔するつもりか!」
ウルトラマンネオス「実験だと!?」
ジュラル星人「このジュエルランドを我々の実験場にするのだ!」
アカギジュラル「ジュエルペットは所詮、モルモットに過ぎないからな!ハッハハハハハハ!!」
ドレンゲラン「グギャグォォォォーッ!!」
ウルトラマンネオス「ジュエルペットはモルモットだと!?」
ウルトラセブン21「ジュエルペットは皆の友達だ!そんなことは我々が許さん!」
アカギジュラル「ならば!ドレンゲラン!ネオスとセブン21を血祭りにあげろ!」
ドレンゲラン「グギャグォォォォーッ!!」
チャージマン研「待て!ジュラル星人!」
アカギジュラル「ぬっ!チャージマン研!」
チャージマン研「ネオスさん!セブン21さん!僕も戦います!」
ウルトラマンネオス「すまない!チャージマン研!」
ドレンゲラン「グギャグォォォォーッ!!」
果たしてネオスとセブン21はジュエルランドの危機を救えるのか!?

ウルトラマンコスモス Edit

身長体重
47m4万2千t

宇宙からやって来た神秘の巨人だ!
コスモスは争いを好まず、相手を傷つけずに友好関係を築くことを望んでいるけど、凶悪で卑劣な者に対しては果敢に立ち向う戦士なんだ。
バルタン星人を追って地球に飛来したコスモスは、春野ムサシと知り合った。
バルタン星人事件が解決した後、宇宙に帰ったコスモスは、カオスヘッダーが地球に出現した際に再び地球に現れ、TEAM EYESのメンバーになった春野ムサシと一体化したんだ。
春野ムサシはコスモプラックを掲げて変身するぞ!
ルナモードはウルトラマンコスモスの基本スタイルだ。
ウルトラマンの「優しさ」「慈愛」を体現する「月の優しき光のごとき、慈しみの青い巨人」のモードで、防御力に優れ、相手を攻撃することなく敵の力を受け流すんだ。
拳を握らず、平手で怪獣と対峙するのが特徴だよ。
得意技は邪悪なエネルギーを沈静化させるフルムーンレクトや、怪獣に取り憑いたカオスヘッダーを切り離す光線ルナエキストラクトがあるよ。
邪悪な敵と対峙する際にはルナモードからコロナモードにモードチェンジするぞ!
コロナモードは赤を基調とした攻撃力に優れた戦闘スタイルで、ウルトラマンの「強さ」を体現した「太陽の燃ゆる炎のごとき、戦いの赤き巨人」のモードだよ。
必殺技は両腕に宇宙エネルギーを集め、L字型に組んで放つネイバスター光線と両手を合掌の形に転じ、その間に発生させた気を一気に放つ、炎の圧殺波動ブレージングウェーブだ。
これは邪悪な敵に使う技なんだ。
やがてカオスヘッダー・メビュートに敗れ、光を失ったコスモスが、ムサシの「勇気」と皆既日食の光(月と太陽の重なった光)によって復活した時、新たなる姿を得て復活した!
それがエクリプスモードだ!
エクリプスモードは「優しさ」と「強さ」に「勇気」を体現した「太陽と月が重なる金環日食の溢れるフレアーのごとき、神秘の巨人」のモードだ。
両腕を交差させてエネルギーを溜め、それを右腕に移して放つコズミューム光線や大型の三日月型破壊光刃を放ち、邪悪なエネルギーを破壊するエクリプスブレードが必殺技だよ。
ところがカオスヘッダーはコスモスに対抗すべくカオスウルトラマンになった!
カオスウルトラマンは、カオスヘッダーがウルトラマンコスモスの体をコピーしたものなんだ。
コロナモードのコピー技を多数持っているけれど、ウルトラマンの弱点である「地球上では3分しか活動できない」という弱点もコピーしてしまっているんだ。
また、コスモスに取り付いたために単体のカオスヘッダーのおよそ50倍の力を発揮することが出来、巨大カオス光弾ダークネスウィールによって、一度に50匹の怪獣をカオス怪獣化させる事が可能だ!
一度はエクリプスによって敗れた…。
だけど、SRCの人工カオスキメラ開発を妨害するためにカオスウルトラマンは再び出現したんだ!
しかも今度はカオスヘッダーからのエネルギーを受けてカオスウルトラマンカラミティにパワーアップしちゃった!
カオスウルトラマンカラミティはエクリプスモードも含むコスモスの全能力を学び取っていて、コスモスを上回るパワーとスピードを体得しているんだ!
その上ウルトラマンの弱点である「地球上では3分しか活動できない」という弱点も克服してしまっているんだ!
さすがのウルトラマンコスモスも苦戦した!
そしてウルトラマンコスモスがカオスウルトラマンカラミティと月面で対決した時、カオスウルトラマンカラミティはカオスヘッダーの来歴について教えたんだ!
カオスヘッダーは、ある惑星で秩序をもたらすために人工的に生み出された存在だったんだ!
その目的は、秩序を守るために全生物の意識を一体化する事だった・・・。
カオスヘッダーは憎しみの心と怒りを覚えてしまった…。
そしてカオスウルトラマンカラミティが倒されると今度はP87ポイントに集結していた全カオスヘッダーが一体化しカオスダークネスへと変化してしまったんだ!
コスモスはカオスダークネスの圧倒的強さにピンチになってしまった!
その時、、「カオスヘッダー」も救いたいと願うムサシが一体化して、コスモスはミラクルルナモードへと変身したんだ!
コスモスは神秘の光「ルナファイナル」でカオスダークネスの心に訴えかけ、ついにカオスヘッダーを浄化させたんだ!
そしてカオスヘッダーはカオスヘッダー0に生まれ変わったんだ!
春野ムサシと分離したコスモスは、カオスヘッダー0と共に地球を去って行った・・・。
それから二年後、調査のために遊星ジュランを訪れ、スコーピスに襲撃された春野ムサシを救うため、コスモスはスペースコロナモードとなって戦ったんだ!
スペースコロナモードは、コスモスの宇宙での活動スタイルだ!
スピード技や肉体技に優れている。瞬間移動術や空間停止能力等、「気(ウルトラ念力)」を駆使した、コスモス本来の超能力が扱いやすいスタイルでもあるんだ。
主な必殺技は、オーバーループ光線。
両手に宇宙エネルギーを溜め、敵目掛けて一気に撃ち出すぞ!
そして春野ムサシ隊員は、再びコスモスと一体化し、スコーピス達に立ち向かったんだ!
ちなみにムサシ隊員の夢の中で透明のスケルトンコロナが登場したんだ。
スケルトンコロナは、別名ファントムコスモスと呼ばれているんだ。
スコーピスがサイパンに襲来した際にムサシが見た、コスモスの透明な幻影で、厳密にはコスモスのモードチェンジした姿ではなく、ただの幻影なんだ。
スケルトンパンチとスケルトンスピンキックでスコーピスを蹴り飛ばし、ブレージングウェーブを放つ体勢に入ったところでムサシが我に返り、幻もかき消えたんだ。
コスモスはスコーピス達を操り、遊星ジュランやギャシー星を滅ぼした張本人サンドロスと戦った!
でも、サンドロスはとても強い!
その時!窮地に陥ったコスモスの前にもう一人のウルトラマンが現れたんだ!
それがこれから紹介するウルトラマンジャスティスだ!

ウルトラマンジャスティス Edit

身長体重
46m4万1千t

ギャシー星人の伝説にある「光り輝く神」であり、宇宙の絶対意思「宇宙正義」の使者でもあるウルトラマン!それがウルトラマンジャスティスだ!
母星を脱出したギャシー星人の宇宙船をスコーピスから救い出し、その後地球に飛来して、サンドロスに苦戦するウルトラマンコスモスに加勢したんだ。
だけどさすがのウルトラマンジャスティスもサンドロスには苦戦した!
コスモスは、ウルトラマンジャスティスと力を合わせてサンドロスをやっつけた!
でもそれはサンドロスとの因縁があったためでもあった・・・。
ウルトラマンジャスティスの基本形態は、スタンダードモードと呼ばれているんだ。
ダイナミックな技と、必殺のビクトリューム光線で、どんな敵も倒すぞ!
そして地球では、ジュリという黒装束の女性に変身して活動するんだ。
ジャスティスに変身する際はジャストランサーというアイテムを使うよ。
ウルトラマンジャスティスは、2千年前、危険な存在になる可能性があったサンドロスに僅かな希望を抱き、2千年の猶予を与えたんだ。
また、ウルトラマンジャスティスは宇宙正義の一員だったんだ。
サンドロスが結果的に宇宙の秩序を乱すものになってしまったことを知ったジャスティスは、その時の自分の甘さ、優しさに悔い、絶対正義の元戦う戦士となったんだ。
2千年後、地球が有害な星になると決断した大いなる宇宙意志デラシオンに従い、自らの正義をもって地球を消すことを決意、コスモスと対決したんだ。
でもジャスティスは、子犬を助けようとする少女の姿を見てコスモスが人類の未来を信じる理由を理解し、同じく宇宙正義に基づいて人類を滅ぼすためにやってきたグローカーに対して、コスモスと共闘したんだ。
そしてジャスティスは、クラッシャーモードに覚醒したんだ。
クラッシャーモードは、スタンダードモードを上回る絶大なパワーを持つ、超戦闘モードだ!
必殺技はダグリューム光線!
驚異的威力を誇る超エネルギー光線だ。
でもこれは、かなりのエネルギーを消費するため、多用すると命取りになるんだ。
そして、グローカービショップとの戦いでジャスティスがピンチになった時、ウルトラマンコスモスもフューチャーモードとなって参戦したよ!
フューチャーモードは光量子空間に閉じ込められていた春野ムサシが仲間達の「未来への可能性、夢を信じる心」で復活し、コスモスに新たな力「フューチャーエナジー」を注いで、グローカーとの最終決戦に挑んだ時のスタイルだ!
コズミューム光線が新たな力「フューチャーエナジー」によって数倍にパワーアップしたコスモストライクを必殺技にしているぞ!
そして最終決戦はギガエンドラだ!
ギガエンドラは、デラシオンの最終兵器なだけであってとても強かった!
そんな時、限界を越えても諦めないコスモスとジャスティスの心が一つとなった時、伝説の巨人が誕生したんだ!

ウルトラマンレジェンド Edit

身長体重
50m5万t

「宇宙に大いなる2つの力が出会いし時、宇宙伝説に燦然と輝く神が姿を見せる」
ギガエンドラの強さによって大気圏で消えてしまったウルトラマンコスモスとウルトラマンジャスティスの二つの光が合体し誕生した戦士、それがウルトラマンレジェンドだ!
必殺技は、全身のエネルギーを一気に放つ宇宙最強の究極技、スパークレジェンド。
その計り知れない神秘的な力は、デラシオンの最終兵器であるギガエンドラを破壊したほどだよ。
ギガエンドラ破壊後、デラシオンを説得したウルトラマンレジェンドは再びコスモスとジャスティスに分離したんだ。
~今作でのウルトラマンコスモスとウルトラマンジャスティスは?~
ムーンサンダー「ギャォォォォン!!」
かつてスペクトルマンと共に火山の火口へ姿を消したはずのムーンサンダーが、再び復活した!?
ムーンサンダー「グァァァァァゴォォォォーッ!!」
しゅごキャラの世界で暴れまわるムーンサンダー!
亜夢「きゃあ!」
ラン「亜夢ちゃん!」
ムーンサンダー「グァァァァァゴォォォォーッ!!」
ムーンサンダーが亜夢ちゃんに襲い掛かろうとしたその時!
ウルトラマンコスモス「シュワッ!」
亜夢「あっ、ウルトラマンコスモス!」
ムーンサンダー「グァァァァァゴォォォォーッ!!」
ウルトラマンコスモス「ハァァァァァ、フゥゥゥゥゥゥン!」
ウルトラマンコスモスのフルムーンレクトが、ムーンサンダーの心を落ち着かせた・・・。
ムーンサンダー「グォ~ン!」
ムーンサンダーは月へと帰っていったよ。
ムーンサンダーには月に子供がいるからね。
ウルトラマンコスモス「一体なぜムーンサンダーが・・・。」
ウルトラマンジャスティス「こんな悪意のない怪獣を操れるのはキュウべぇ軍だけだ。」
ウルトラマンコスモス「!?ジャスティス!どうしてここにいるんだ!?」
ウルトラマンジャスティス「キュゥべぇは恐ろしい科学を持っている。」
ウルトラマンコスモス「恐ろしい科学?」
ウルトラマンジャスティス「奴は、怪獣達の恨みを利用してとんでもないことをしようとしているに違いない!」
ワロガ「その通りだ!」ウルトラマンコスモス「!?ワロガ!」
ワロガ「我々は地球の怪獣たちを味方につけることにした!そのためには第一歩として、鏑矢諸島の怪獣保護センターで保護されている怪獣達を利用させていただく!」
ウルトラマンコスモス「なんだって!?」
ワロガ「そして、地球防衛軍を抹殺するのだ!」ウルトラマンジャスティス「地球防衛軍を!?」
ワロガ「地球防衛軍は罪のない怪獣達を殺しすぎた!だから全て処分していくとしよう!」
そう言うとワロガは消えていった!
ウルトラマンコスモス「まっ、待て!」
ウルトラマンジャスティス「いかん!コスモス!鏑矢諸島の怪獣保護センターへむかうぞ!」
ウルトラマンコスモス「ああ!」
亜夢「あたし達も連れて行って!」ウルトラマンコスモス「えっ?君達もかい?」
亜夢「リドリアスちゃんたちが心配なのよ!」ラン「そうです!」
ウルトラマンコスモス「よし!行こう!ジャスティス!」ウルトラマンジャスティス「おう!」
そしてコスモスとジャスティスは亜夢ちゃん達を連れて鏑矢諸島の怪獣保護センターへ!
ワロガ「さて…怪獣達を操る準備を…。」
ウルトラマンコスモス「そうはさせないぞ!ワロガ!」
ワロガ「なっ!?ウルトラマンコスモス!ウルトラマンジャスティス!」
亜夢「私達もいるわよ!」ワロガ「日奈森亜夢!」ムーンサンダー「ギャォォォォン!!」
ワロガ「なっ!?ムーンサンダー!?お前は私が蘇らせたはずなのに!?」
ムーンサンダーは自分を助けたウルトラマンコスモスの恩返しとして助けに来た!
ウルトラマンコスモス「ワロガ!罪のない怪獣を操ろうという企みはわれわれが許さん!」
ウルトラマンジャスティス「ここの怪獣達の命は私達が守る!」ワロガ「ええい!こしゃくな!」
はたしてウルトラマンコスモスとウルトラマンジャスティスは鏑矢諸島の怪獣達を守ることができるのか!?
最終決戦でのウルトラマンレジェンドにも期待してね!

ウルトラマンネクサス Edit

身長体重
49m4万t(アンファンス)、4万4千t(ジュネッス)、4万2千t(ジュネッスブルー)

正体不明の“光”。デュナミストと一体になる事で力と肉体を得る、それがネクサスだ。
ウルトラマンネクサスは、スペースビーストに攻撃される地球に突如降臨した光の巨人だ。
適能者(デュナミスト)がエボルトラスターを使うことで変身するよ。
変身者は一人ではなく、適能者であれば誰でも変身ができるよ。
まず、その一人目が姫矢准だ。
姫矢准は元カメラマンで、様々な社会悪をそのカメラに収めてきたけど、そうするうちに人間不信に陥ってしまったんだ。
その後、海外のとある紛争地域へと戦場カメラマンとして赴き、セラという少女と心を通わせたけど、セラを目の前に失い、その時撮った写真が皮肉にも世界的に認められたことで苦しんだんだ。
やがてウルトラの光を手にし、ウルトラマンとして戦う運命を背負った。
そして始めての戦いはガルベロスだ!
ネクサスはジュネッスに変身すると、ガルベロスをメタフィールドに引きずり込んでこれを倒したんだ!
アンファンスはデュナミストが最初に変身するネクサスの基本スタイルだ。
銀色に輝くその姿は、各デュナミスト共通のもの。
両腕に備わった「アームドネクサス」は、側面のエルボーカッターで敵を切り裂き、片手または両手を交差して敵の攻撃を受け止める事が可能で、メガフラシの電撃を受け止めた他、ラフレイアの可燃性ガスに放たれたチェスターのバニッシャーを防いだんだ。
それ自体が攻防一体の武器であると同時に、パーティクル・フェザーをはじめとする各必殺技発射時の源にもなり、更にはジュネッスへのスタイルチェンジ発動の鍵ともなるんだ。
胸部の「エナジーコア」はエネルギーを消耗すると点滅して活動限界時間を知らせるよ。
そしてジュネッスに変身したネクサスの必殺技はオーバーレイ・シュトロームだ!
両腕のアームドネクサスをL字型に組んだ状態で凄まじい光エネルギーの奔流を発射し、敵を分子レベルで分解、青い粒子に消滅させるぞ!
エナジーコアから放たれる技、コアインパルスとネクサスハリケーンも強力だ!
メタフィールド内にいられる時間は3分。
それを越えると適能者はウルトラの力を失い、最悪の場合死に至るんだ。
また、適能者は武器のブラストショットとメカのストーンフリーゲンがあるんだ。
ブラストショットは、デュナミストに与えられている小型の衝撃波動銃だ。
強力な真空衝撃波動弾を発射し、小型のスペースビーストならば一撃で仕留められるよ。
真空衝撃波動はバリヤーとしても使用可能だ。
ストーフリューゲルはデュナミストが召喚する石柩だ。
普段は謎の遺跡内で石碑のように安置されているけど、召喚されると白い飛行体に変化するんだ。
ただしこれは、デュナミストしか入ることは出来ないよ。
デュナミストは、選ばれた者が夢の中でストーンフリューゲルに触れることで決定されるんだ。
デュナミストはストーンフリューゲルの中に入ることで疲れを癒し、傷を治療することができるけど、肉体に蓄積する根本的なダメージまでは癒すことが出来ないんだ。
弧門隊員とウルトラマンの出会いはここから始まった…。
弧門隊員は、謎の怪物(ペドレオン)に襲われたんだ。
それは最近頻発していた行方不明事件の真相、人々を襲って喰らうスペースビーストと呼ばれる凶悪な宇宙生命体の攻撃だった!
孤門があきらめかけたその時、「諦めるな!!」という言葉と共に、降臨した赤い光から銀色の巨人が現れて怪物を叩き潰し、孤門を救ったんだ。
孤門はその巨人を「ウルトラマン」と呼んだ・・・。
これが弧門とウルトラマンの出会いだった…。
やがて、ダークメフィスト戦で、相打ちになった姫矢准の光は、千樹憐という男に受け継がれたんだ。
千樹憐はアメリカのプロメテウスプロジェクトによって生まれたプロメテの子なんだ。
明るく人懐っこい性格を持つ彼は、光を受け継ぎ、新たなウルトラマンネクサス(ジュネッスブルー)となって戦うことになり、孤門をはじめとするナイトレイダー隊員やMPの野々宮瑞生と心を通わせていった。
千樹憐が変身するジュネッスブルーは、青いボディの戦士だ。
形状は姫矢のジュネッスと変わりないけど、自分の身を守ることを考えず、俊敏な動きで前のめりに思い切りぶつかっていく戦い方が特徴だよ。
ネクサスの形態の中でも、特に銀色が少ない形態なんだ。
右手のアームドネクサスは、ノーマル、ソード、アロー、ファイナルの4つのモードを形成するアローアームドネクサスに変化しているよ。
必殺技はアローレイシュトローム。
エナジーコアの光を右腕のアローアームドネクサスに投影してアローモードを形成し、光の弓を引き絞って、そのまま超高速の光の弓を放つ必殺技だ!
広い命中範囲と極めて高い切断・貫通性能を持ち、オーバーレイ・シュトローム同様に対象を粒子にまで消し去ることが可能でグランテラ、バンピーラ、リザリアスグローラー、ダークメフィスト・ツヴァイを倒したよ。
また、アローアームドネクサスから光の剣を発生させてソードモードを形成し、敵を一刀両断するシュトロームソードもあるよ。
この技はリザリアスとガルベロス(3度目)を斬り倒した他、グランテラの光弾を切り払うなど防御にも転用しており、この技も前述の技同様に、粒子化し対象を消し去るぞ!。
そしてイズマエルを倒した後、ネクサスの光は憐から離れ、その光は西条 凪の元へ行ったんだ。
だけどそれは、アンノウンハンドの狙いで、西条 凪は憎しみの力で変身したため、光を闇に変えられ奪われてしまった。
しかし凪を闇から救いだした孤門一樹が、5thデュナミストとして、変身し、姫矢のジュネッス、憐のジュネッス・ブルーに連続変身、そして究極形態である、ウルトラマンノアへと進化して、最後の敵であるダークザギに挑んだんだ!

ウルトラマンノア Edit

身長体重
55m5万5千t

太古より全宇宙の平和を守り続ける伝説の存在で語られるウルトラマンだよ。
光の国のウルトラ戦士からもウルトラマンキング同様伝説の超人と言われていて、永い時を越えて受け継がれてきた神秘の光とデュナミストの融合により誕生する光の巨人・ウルトラマンの本来の姿であり、究極最終形態(ウルティメイトファイナルスタイル)でもあるんだ。
彼はダーグザキが操る怪獣軍団に苦戦するウルトラ兄弟達の前に現れた!
ウルトラマンノアは、ダークザギとの最終決戦において「ノア・ザ・ファイナル」を使い、共に次元の彼方へと消え去った。
この際ダークザギは体を失い、地球に向かったんだ。
またノアもその力の殆どを失い、ウルトラマン・ザ・ネクストの姿になったんだよ。
ザ・ネクストはビースト・ザ・ワンを追って地球に来たんだ。
そして、ザ・ネクストは航空自衛隊のパイロット真木舜一と融合したんだ。
このときは誤って山に墜落したんだ。
真木舜一はザ・ネクストに変身してビースト・ザ・ワンと戦った!
でもこのときのザ・ネクストは、アンファンスと呼ばれる状態で、不完全体なんだ。
その上、身体の各部が未発達で本来の能力を発揮することができないんだよ。
また真木の意志が強いため、戦い方は泥臭いんだ。
そのため腕の刃や光刃による攻撃は可能だけど威力は低く、殆どは強化された身体能力を駆使した肉弾戦のみでザ・ワン(レプティリア)と戦ったよ。
ザ・ネクスト(ジュネッス)は、ザ・ワンとの最終決戦時に出現したザ・ネクストの完全体だ。
真木舜一は家族を守るためにアンファンスからジュネッスへとパワーアップしたんだ。
身長も40メートルと巨大になり、超音速飛行も可能になった!
アンファンスでは黒かった筋繊維状の部位は赤くなり、配色はよりウルトラマンのイメージに近くなっているんだよ。
また、後頭部襟足に突起物(あるいは肉厚なヒレ状の部位)が生まれており、後の形態ウルトラマンネクサスのそれに近くなっているんだ。
ザ・ネクスト(ジュネッス)はザ・ワン(ヘルゼブア)に立ち向かった!
やがてザ・ネクスト(ジュネッス)はザ・ワンを撃退した後、真木の命を救うために力の殆どを使い眠りについた・・・。
そしてその光はネクサスへと受け継がれるんだ…。
孤門一輝を第五の適能者としてダークザギと対峙、2004年の記憶を取り戻した人々の声援により、ネクサスはウルトラマンノアとしての姿を取り戻した。
ウルトラマンノアの最大の特徴は、背中に備わる伸縮自在の翼「ノアイージス」だ。
この翼は、時空超越すら可能にし、神業の如き奇跡を発現させるぞ。
必殺技はライトニングノア!
右手首に左拳を打ちつけるように腕を組み、幾重もの超絶光子プラズマを重ね合わせ、七色の光として放つ超必殺光線だ。
右手の拳から放たれるノアシュートも強力だ!
ちなみにウルトラマンノアはアークベリアルとの最終決戦に挑んでいたウルトラマンゼロの前に現れ、彼にウルティメイトイージス』を授けているんだよ。
ウルトラマンノアは最後まで希望を諦めない者に力を貸すんだ。
ひょっとしたら、次に力を貸すのは、君かもしれないね・・・。
~本作のウルトラマンネクサスは?~
孤門一輝「えっ?僕がSGSの一人に?」海上剛「弧門君、私は君の力が欲しいんだ。」
孤門一輝「僕の力・・・?」
番場壮吉「君は元々、未熟だった・・・しかし、大切な物を失ってしまい、絶望した…だが、誰かを守るために立上がりウルトラマンと共に戦った!」
桜井 五郎「私達は、そんな君の勇気に感動したんだ・・・。」
弧門一輝「僕の勇気…それは絆です!」桜井五郎「絆…そのとおりだ。」
番場壮吉「我々は、そんな君の絆の力を借りたい!」弧門一輝「はい!」
こうして、弧門一輝隊員はSGSの一人になったんだ・・・。
でも西条凪副隊長は・・・。
西条凪副隊長「なぜ…弧門隊員を?」嵐山長官「彼はウルトラマンの力をうまく扱うことができる。」
西条凪副隊長「えぇ…そうですが…。」
タケナカ総合長官「我々SGSは、ウルトラマンに選ばれた弧門隊員に協力してもらうことにした。」
西条凪副隊長「ですが、なぜ私をSGSの隊員にしなかったんですか?」
西条凪副隊長は何故、自分を選らばなれなかったのを疑問に抱いていた…。
海堂博士「君が選ばれない理由・・・、それは君の心に憎しみがあるからだ!」
西条凪副隊長「憎しみ!?」和倉隊長「待ってください!凪は憎しみを捨てたのですよ!」
海堂博士「確かにそうかもしれない。だが、彼女は弧門隊員に憎しみを覚えさせようとした・・・。」
西条凪副隊長「えぇ…確かに私は弧門隊員に憎しみを覚えさせました…。」
海堂博士「だがそのせいで、弧門隊員は危うく闇の巨人にされるところだったんだ。」
西条凪副隊長「はい…私、あの頃はビーストに対する憎しみを持っていました…。」
海堂博士「うむ・・・。」タケナカ長官「確か…君の両親はザギに・・・。」
西条凪副隊長「ええ、私はその心をそいつに漬け込まれて・・・。」
小田切長官「そうだったの…。」
西条凪副隊長「でも私は、弧門隊員に助けられ、私は彼をウルトラマンにしたんです!」
海堂博士「なるほど…彼をウルトラマンに選んだのか…。」
西条凪副隊長「その私が・・・、SGSにえらばれないなんて・・・。」 (T-T
嵐山長官「安心したまえ西条君。」西条凪副隊長「えっ?」
嵐山長官「君はSGSの隊員になった弧門くんのサポーターになればいい。」
西条凪副隊長「サポーター?」海堂博士「つまり、影から守ってあげることだ。」
西条凪副隊長「サポーター…分かりました!弧門隊員のサポーターになります!」
和倉隊長「私も協力します。」海堂博士「ありがとう!西条君、和倉君!」
こうして、西条凪副隊長と和倉隊長は弧門隊員のサポーターになったんだ。
一方弧門隊員は、神原光太郎隊員と出会ったんだ!
神原光太郎隊員「貴方は…弧門隊員!」孤門一輝「神原光太郎隊員!?どうしてここに!?」
サコミズ総監「私が彼をSGSの一員にしたんだ。」孤門一輝「サコミズ総監!」
神原光太郎隊員はサコミズ総監によりSGSの一員になった!
孤門一輝「あなたは、GUYSの隊員では・・・?」
神原光太郎隊員「実は今日からGUYSもSGSの一部になったんだ。」弧門一輝「そうなのか…。」
サコミズ総監「SGSは、全ての地球防衛軍の理想郷といってもいいだろう・・・。」
神原光太郎隊員「とにかく、一緒に頑張りましょう!」弧門一輝「ええ!」
その時!怪獣出現のサイレンが!
神原光太郎隊員「!怪獣!?」ミサキ・ユキ「市街地にて、怪獣出現!」
神原光太郎隊員「市街地か…またキュウべぇが・・・。」サコミズ総監「よし!SGS、出動!」
隊員達「S・G・S!」
一方市街地では、ビースト達が暴れていたんだ!

下北沢

ペドレオン・バグバズン・ラフレイア・グランデラ・バンピーラ・リザリアス「ギャォォォォン!!」
DB「やべぇよ…やべぇよ…ビースト軍団が暴れてるよ!」(焦り)
TNOK「お前ら!早くクルルァについてこい!」KMR「はっ、はい!」
野獣先輩「なっ、なんだよコイツら!」遠野「先輩、早く!」MUR「ビースト軍団に食わちゃうゾ!」
ビースト軍団「ガルルルル…。」DB「くそ~なんたってビーストが・・・ん?あれは!」
DBが見たのはガンフェニックスストライカーとガンハイヤーだった!
DB達「GUYSキタァァァァァァァァ!」神原光太郎隊員「キュウべぇめ…ビースト軍団を送り込んだな!」
弧門一輝「ダークザキは滅んだはずなのに・・・。」神原光太郎隊員「隊長、どうします?」
アイハラ・リュウ隊長「まずは人命救助だ!」神原光太郎隊員「人命救助…僕がやります!」
弧門一輝「僕もやります!」
アイハラ・リュウ隊長「ああ、頼むぜ!よし皆!一旦、分離してトリプル作戦に移るぞ!」
神原光太郎隊員・弧門一輝「S・G・S!」
そして二人は人命救助へ!
神原光太郎隊員「さぁ、早くこっちへ!」
TDN「あぁ、ありがとう!」野獣先輩「ぬわぁぁぁぁん助かった…。」
アイハラ・リュウ隊長「二人とも、人命救助は終わったか?」
神原光太郎隊員「はい!無事に非難させました!」
???「・・・ヴォー…。」ビースト軍団「ギャォォォォン!!」
神原光太郎隊員「んっ?ビーストが凶暴化した!?」弧門一輝「なにっ!?」
ビースト軍団「ガルルルルル…。」
アイハラ・リュウ隊長「いかん!来るぞ!」ビースト軍団「ギャォォォォン!!」
凶暴化したビースト軍団が光太郎達に襲いかかる!
神原光太郎隊員「くっ…ならば…。」
神原光太郎隊員はウルトラゼロアイを取り出した!
神原光太郎隊員「デュワッ!」ビースト軍団「グガァ!?」
神原光太郎隊員はウルトラマンゼロへ!
弧門一輝「よし!僕も!」
弧門一輝隊員はエボルトラスターでウルトラマンネクサスへ!
ビースト軍団「ギギィ!?」ウルトラマンゼロ「さあ行くぜ!」ウルトラマンネクサス「絆の力を見せてやる!」
ビースト軍団「ギャォォォォン!!」???「クックック…来たか…。」
ネクサスとゼロを見る謎の影!
一体何者なのか!?
そしてウルトラマンノアも登場!
弧門一輝「光は・・・絆だ!」ダークルシフェル「ウォォォォォォー!!」
ウルトラマンノアVSダークルシフェル!
果たしてその戦いの結末やいかに!

ウルトラマンマックス&ウルトラマンゼノン Edit

  • ウルトラマンマックス
    身長体重
    48m3万7千t
  • ウルトラマンゼノン
    身長体重
    47m6万7千t
    M78星雲から地球の文明を監視するためにやってきた光の巨人。
    それがウルトラマンマックスだ!
    マックスは地球の文明を監視する内に、自らを犠牲にしながらも戦うカイトに「共振する個性」を感じ、人類を守るために戦うことを決意したんだ。
    地球での活動時間は3分間。
    マックス自体の意思はカイトと融合しておらずカイトと会話することもあるけど、変身前はカイトの自主性を尊重して滅多なことでは表に出てこないんだ。
    変身アイテムはマックススパーク!
    カイトは右手で取り出したマックススパークを高く掲げた後、左手甲から左前腕にかけて装着し、ウルトラマンマックスに変身するぞ!
    ウルトラマンマックスは地球人が最大限努力しても人の命を救うことができない時にのみ変身が可能で、カイトの私心のみで変身することは出来ないんだよ。
    ウルトラマンマックスの主な必殺技は、マクシウムカノン!
    左手のマックススパークを天高く掲げて光を集中し、腕を逆L字形に組むことで放つ必殺光線だ!
    光を集中する際に隙ができることが弱点で、この瞬間に攻撃されることもあるよ。
    マクシウムソードは頭部の角飾りを分離して発射するブーメラン!
    ウルトラセブンのアイスラッガーと同じく、念力を使い自由自在に操ることが可能だ。
    通常は敵の角や翼などを切断するために使用するけど、決め技として使用することもあるよ。
    手に持って斬りつける「ソードスラッシュ」や、途中で複数に分裂させる必殺技「マクシウムソード分身シュート」など様々なバリエーションが存在するんだ。
    また、防御用としても使えるよ!
    マックスギャラクシーは、対ゼットン戦でウルトラマンゼノンから与えられた右下腕部に装着する武器だ。
    ゼットン星人が操る宇宙恐竜ゼットンにウルトラマンマックスは苦戦した!
    ゼットンにはマクシウムソードはおろか、マクシウムカノンすら通用しない!
    絶体絶命のピンチの時、ウルトラマンゼノンが登場した!
    ウルトラマンゼノンは、ゼットンに苦戦するウルトラマンマックスの目の前に突然姿を見せたもう一人の光の勇者だ。
    おそらくはマックスの同僚、もしくは上司に値する存在ではないかと思われているんだ。
    彼の必殺技、ゼノニウムカノンは右腕から放つ必殺光線!
    マクシウムカノンと同等の威力があるといわれているぞ!
    ゼノンはゼットンの攻撃で傷ついたマックスに変わり戦いを引き受けてくれた他、マックスにマックスギャラクシーを授け、逆転のきっかけを作ってくれたんだ。
    マックスギャラクシーは普段は装備しておらず、使用時は右手を天に挙げて虹色の光線を手のひらから放つことで、空中に召還し装備するんだ。
    ただし体力の消耗が激しいため毎回は使えないよ。
    ギャラクシーカノンはマックスギャラクシーから放つ必殺光線だ。
    マクシウムカノン以上の威力を誇るため、マクシウムカノンを防御する敵に対して使用することが多いよ。
    ギャラクシーソードはマックスギャラクシーを装着したとき現れる光を伸ばした光剣。
    マクシウムソード以上の切れ味を持ち、敵を攻撃することはもちろん、敵の光弾を切り払うことにも使用するんだ。
    宇宙まで届くほど超巨大な光剣「ギャラクシーソード最大パワー」を形成することもできるぞ!
    ちなみにマックスギャラクシーは飛行形態で呼び出すんだ。
    また、マックスギャラクシーを装着せずに人間を一時的に一体化させて、飛行メカとして飛ばすこともできるよ。
    一体化した人間は安全な場所で自動的に分離して着地させるんだ。
    ギガバーサークに捕らえられたマックスが、カイトを自分から分離させて脱出させるためにも使用したんだ。
    この時マックス自身もエネルギーが尽きかけていたせいか、マックスギャラクシーはそのまま落下し地面に突き刺さったんだ。
    その後、マックスギャラクシーはDASHによって大量の太陽エネルギーを充填され、さらに再度カイトが一体化することでマックス復活のきっかけとなったんだよ。
    復活したウルトラマンマックスは巨大化した!
    ウルトラマンマックスは、通常サイズからさらに300m以上に巨大化する能力を持っているんだ。
    ただし、エネルギーが1分と持たなくなるぞ。
    対ギガバーサーク戦では900に巨大化したこともあるけど、この時はマックスギャラクシーから大量のエネルギーが注入されたため、エネルギーは減らなかったんだ!
    ウルトラマンマックスはギガバーサークに立ち向かった!
    死闘の末、マックスはギャラクシーソードでギガバーサークを倒したぞ!
    そしてウルトラマンマックスは地球を去る時が来た。
    マックスはカイトと分離しゼノンと共にM78星雲に帰っていった。
    トウマ・カイトは、マックスと分離する際に地球の未来を自分たちの手で掴み取る約束したんだ。
    それから2076年…。
    ベースタイタンのすぐ近くに、ウルトラマンマックスとバーサークシステムの銅像が共に建っていた。
    そして今、まさにベースタイタンから銀河系観測のため、宇宙観測船が飛び立とうとしていたんだ・・・。
    その乗務員の中にカイト隊員の孫がいた!
    カイトの孫「では、銀河系観測に向かって出発します!!」
    エリー「行ってらっしゃい。わたしは30年後でも待ってますから。」
    一方カイトの家では、70年前の映像が流れていた。
    窓の外を見るのは、すっかり老夫婦となったカイトとミズキ―――。
    そこからも宇宙船が飛び立つ瞬間を見ていたんだ。
    カイト「私達の孫が、とうとう宇宙に向かって旅立って行くよ。」
    ミズキ「マックスに会えるかしら。」カイト「会えたら、伝えて欲しい言葉があったんだ」
    ミズキ「なぁに!?」カイト「私達は、未来を掴めたよ、って。」
    そして今、宇宙観測船がまだ見ぬ宇宙を観測するため、未来の希望となって飛び立って行った・・・。
    これでウルトラマンマックスの物語は幕を閉じた…。
    ~今作でのウルトラマンマックスは?~
    ウルトラマンマックス「フッ…。」???「中々やるなウルトラマンマックス。」
    ウルトラマンマックス「お前は!パイレーツ星人!アヌピス星人!」
    パイレーツ星人「ふっふっふ・・・サトシというポケモントレーナーを抹殺するべく送り込んだ怪獣軍団を全滅させるとはやるな!」
    なんとパイレーツ星人とアヌビス星人が二大怪獣を操っていた!
    ウルトラマンマックス「貴様!なにを企んでいる!」
    アヌビス星人「我々の目的はただ一つ!ポケモントレーナー達の抹殺だ!」
    ウルトラマンマックス「ポケモントレーナー達の抹殺!?」
    パイレーツ星人「そのためには、ダークポケモンを作る必要があるのだ!」
    サトシ「だっ、ダークポケモンを作るだと!?」
    パイレーツ星人「まず手始めに、イッシュ地方のポケモン達を捕獲してやる!」
    アヌピス星人「そして貴様をミンチにしてやる!」
    ウルトラマンマックス「ポケモン達は人間達の友達だ!そんなことはさせん!」
    パイレーツ星人「ふん!強がりを言ってられるのも今のうち、いでよダークポケモン部隊!」
    ダークポケモン軍団「ウォォォォォォォー!!」ウルトラマンマックス「なっ!?ダークポケモン!?」
    アヌピス星人「そして!コピーポケモン部隊!」コピーポケモン部隊「ポケモントレーナー…マッサツ!」
    サトシ「こ、こいつらは!ミュウツーが生み出したコピーポケモン!?」
    パイレーツ星人「はっははは!使わせてもらったぞ!コピーポケモンを生んだミュウツーのテクノロジーを!」
    アヌピス星人「さらには意思を持たせたからな。」ウルトラマンマックス「意思を!?」
    パイレーツ星人「ミュウツーは人間に対して恨みを抱きすぎた・・・。」
    アヌピス星人「これからは我々キュウべぇ軍が全てのポケモントレーナーを粛清する!」
    ???「そうはさせっかよ!パイレーツ星人!アヌピス星人!」
    アヌピス星人「ぬっ!?」パイレーツ星人「誰だ!?」
    鎧メロス「どうやら俺を忘れてるな?アヌピス星人!パイレーツ星人!」
    アヌピス星人・パイレーツ星人「メ、メロス!」
    ウルトラマンゼノン「私もいるぞ!」ウルトラマンマックス「ゼノン!」
    鎧メロス「ポケモンってのは人間の友達だ!そいつを悪用する奴は俺たちがゆるさねえ!」
    パイレーツ星人「おのれ!ダークポケモン部隊!」アヌピス星人「コピーポケモン部隊!」
    パイレーツ星人&アヌピス星人「突撃!」ダークポケモン軍団「ウォォォォォォォー!!」
    コピーポケモン部隊「イエッサー!!」鎧メロス「さて、行くぜ!」
    ウルトラマンマックス「お前たちの好きにはさせるものか!」
    はたしてウルトラマンマックス達はダークポケモン達とコピーポケモンを救うことができるのか!?

ウルトラマンメビウス&ウルトラマンヒカリ Edit

  • ウルトラマンメビウス
    身長体重
    49m3万5千t
  • ウルトラマンヒカリ
    身長体重
    50m3万5千t
    ウルトラの父からの命を受けて地球に降り立った宇宙警備隊のルーキーだ!。
    メビウスはウルトラマンタロウを師と仰いでいて、変身巨大化時のポーズや戦闘スタイル・使用技などにタロウとの共通点が見られるんだ
    ウルトラゾーンに飲み込まれつつあった地球人の青年バン・ヒロトをモデルに自らヒビノ・ミライの姿となり、ディノゾールとの戦いで一度全滅したCREW GUYSに、新生クルー第1号として入隊。
    当初はルーキーということもあって戦い方に未熟な部分が垣間見られ、GUYSクルーから反感を買われることもあったが、彼らとともに戦いながら成長していったぞ。
    地球に初めて来た時、アイハラ・リュウ隊員と出会ったんだ。
    メビウスはヒビノ・ミライと名乗って新生クルー第1号としてGUYSへ入隊、新隊長のサコミズ・シンゴとともにリュウと対面した・・・。
    そして、ミライがディノゾール襲来時に出会っていたカザマ・マリナ、イカルガ・ジョージ、アマガイ・コノミ、クゼ・テッペイの素質を見抜いて彼らをGUYSにスカウトしたことで、新生GUYSが誕生したんだ。
    メビウスは変身アイテム、メビウスブレスで変身するぞ!
    このメビウスブレスは、メビウスが地球に降り立つ際、ウルトラの父から授けられた赤い神秘の万能アイテムなんだ。
    本来の姿の際には、常に左前腕に装備されているよ。
    中央にはトラックボール状のクリスタルサークルがあり、これに手をかざして回転させることで、メビウスへの変身をはじめ、変身前後問わず技や能力の多くを発動できる、一種のエネルギー蓄積制御装置であるといわれているぞ。
    左腕を構えることで、ウルトラの父から授けられたメビウスブレスを呼び出し、右手でクリスタルサークルを回転させ起動、上に掲げて本来の姿であるウルトラマンメビウスに戻るぞ。
    最大の必殺技はメビュームシュート。
    メビウスブレスのエネルギーを開放し、両手を十字に組んで放つ必殺光線だ!
    温度は約10万℃で、ディノゾールを一撃で倒したんだ。
    メビュームブレードはメビウスブレスから現われる光の剣で、接近戦において使用する。
    この技はグドンを一撃で倒したぞ!
    ライトニングカウンターは左の拳から放つプラズマ電撃で、メビウスブレスのクリスタルサークルを回転させてエネルギーを発生させ、引いた腕を正拳突きのように突き出すプロセスを経て放つんだ。
    ライトニングカウンター・ゼロは、ライトニングカウンターを至近距離から放つプラズマ電撃パンチ!
    命中後に解き放ったエネルギーで大爆発が起き、それで対象を消滅させるぞ!
    この技でグロマイド、ゼットンを倒したんだ。
    メビウスは、対ツインテール戦後、ボガールを追う謎の巨人とであった!
    ハンターナイト・ツルギだ!
    ツルギはサドラに苦戦するメビウスを助けた謎の青い巨人だ!
    その正体はヒカリが怨念の鎧・アーブギアを纏った姿で、科学者として滞在し、心から愛した奇跡の星アーブが、ボガールによって全ての命を食い尽くされたことにより嘆き哀しんだ際、滅んだアーブの知性体の怨念が鎧として身を包んだんだ。
    この時に、ボガールへの復讐を誓い、ウルトラマンとしての姿も名も心も捨て、ボガールが次なる餌場として選んだ地球へと飛来。
    地球で活動するための器として、セリザワ・カズヤの体をボディジャックしたんだ。
    右腕のナイトブレスにナイトブレードを差し込むことで、ツルギに変身するぞ。
    当初はボガールへの復讐心があり、地球を守る意味を分かっていなかったんだ。
    でもツルギはGUYSやメビウスとセリザワの潜在意識の説得で“ウルトラの心”を取り戻した。
    そしてツルギはボガールモンスとの最終決戦で復讐を遂げるが、エネルギーを使い切り息絶えてしまった・・・。
    そんなツルギを助けたのはウルトラの母だ!
    ウルトラの母は、ボガールモンスとの最終決戦で倒れたツルギに、ウルトラマンヒカリとしての新たな命を与えたんだ。
    ウルトラマンヒカリはツルギの本来の姿だ!
    でも「ヒカリ」という名はリュウが「ピカッと光った」という理由から名付けたもので、本名は不明だ。
    変身プロセスはツルギと同じ。
    主な必殺技はナイトシュート。
    ナイトブレスのエネルギーを開放し、両手を十字(メビュームシュートとは逆に、右手が前になるように構える)に組んで放つ必殺光線だ。
    メビュームシュート以上の威力を持ち、ヒカリの姿に戻ってからは更に威力が上がっているよ。
    ナイトビームブレードはナイトブレスから現われる光の剣で、メビュームブレード以上の切れ味を持っている。
    ブレードショットは、ナイトビームブレードの剣先から放つ光弾。
    セリザワの姿でも使用可能で、その時はナイトブレードから発射しているぞ。
    ヒカリはボガール亡き後も頻出し続ける怪獣の脅威から地球を放って置けず戦い続けたけど、リュウやミライの成長を認め、メビウスにナイトブレスを託し地球を去ったんだ。
    そして後日、あのウルトラマンジャックを苦しめた強敵、ベムスターが宇宙から来襲した!
    メビウスは、ヒカリから託されたナイトブレスでメビウスブレイブへとパワーアップしたぞ!
    メビウスブレイブは、ヒカリから託されたナイトブレスで、メビウスがパワーアップした形態だ。
    左腕を立てナイトブレスを呼び出し、それをメビウスブレスと一体化させてナイトメビウスブレスにすることでメビウスブレイブになるぞ!
    戦闘時には、ナイトメビウスブレスから現れる強化された光の長剣・メビュームナイトブレードを使用。
    ブレードオーバーロードは、メビュームナイトブレードから放つ必殺技だよ。
    これは瞬間的に巨大な剣を形成し敵を∞の形に切り裂く技だ。
    他にも敵の攻撃を跳ね返す防御技バッシブレードアタックや、自ら回転しながら敵に飛び掛り、そのまま敵の体を切り裂くスピンブレードアタック、メビュームナイトブレードから発射する必殺光線ブレードシュート、剣先から半月状のカッター光線を放つブレードスラッシュ、敵に向かって突進し、すれ違いざまにすばやく∞の形に切り裂くアクティブレードアタック、メビュームナイトブレードで空中に∞(無限大=メビウスの帯)の形を描き、出現した光輪を敵めがけて超高速で撃つことで、体を貫くメビュームナイトブレードアタックなど多彩な技を持っているぞ!
    メビウスが地球に来てから3ヶ月後、ミライは神戸に向かった!
    そこでは地球侵略とヤプール復活を企てる宇宙人連合の魔の手が忍び寄っていたんだ。
    その神戸にはあのウルトラ4兄弟がいた!
    ウルトラ4兄弟は、異次元人ヤプールの怨念の集結した究極超獣Uキラーザウルスの地球侵攻を阻止する為、月面で激しい戦いを繰り広げていたんだ。
    苦闘の末に4兄弟は、Uキラーザウルスを神戸港沖へと沈め、自分たちの光エネルギーの大半を使い果たす大技ファイナル・クロスシールドによってヤプールの怨念を封印する。
    そのため4兄弟は変身能力を失ってしまったが、愛する人間たちの中で人間として生活しながら、ヤプールの封印を監視していたんだ。
    しかし神戸にテンペラー星人が現れた!
    ミライはメビウスに変身して死闘の末テンペラー星人を撃破したんだ。
    実はテンペラー星人と戦う前、ミライはタカト少年とアヤに会ったんだ。
    タカト少年はかつてウルトラマンやGUYSに憧れていたけど、3ヶ月前に怪獣に遭遇した際、愛犬を助けられなかった事に対する自責の念から、自らその夢を捨てていたんだ。
    タカトが塞ぎ込んだ事には自分にも責任があると考え、彼の心を救う決意をするミライ。
    そこへハヤタたちウルトラ4兄弟が現れ、自分達ウルトラマンは神ではないと諭したんだ。
    やがて、ミライはタカトに約束をしたんだ。
    今度メビウスが戦って敵を倒した後、タカトの強い思いを感じたら、君に向ってVサインを送るように伝えてあげるってね。
    その頃、ジングウジ・アヤは神戸沖の深海を調べていた。
    だがそこへザラブ星人がジングウジ・アヤを誘拐したんだ!
    ザラブ星人はジングウジ・アヤに化け、ミライに迫った。
    そしてミライに痺れ薬を混ぜたコーヒーを飲ませて動けなくしたんだ。
    ニセメビウスの姿に変身したザラブ星人は街を破壊、わざとメビウスをおびき寄せ挑発しながら戦いを挑んだ。
    GUYSの隊員達は、ニセメビウスが暴れてるのを見て驚愕したんだ。
    サコミズ・シンゴ隊長「よく見ろ、目つきが悪い。真っ赤な偽物だ。」
    サコミズ隊長は、メビウスが偽者だと見事に見破ったぞ!
    そしてメビウスはみごとザラブ星人を倒した!
    だがそれは、ガッツ星人がメビウスを捕らえるために仕組んだ囮だったんだ!
    ガッツ星人によってメビウスは十字架に囚われた!
    さらにナックル星人は十字架に囚われたメビウスを人々に見せつけながら勝利宣言を行う。
    4人のウルトラ兄弟たちは、メビウスを救うため、変身した!
    変身したウルトラ兄弟はナックル星人、ガッツ星人に立ち向かった!
    ウルトラマンとエース、セブンとジャックが各々タッグを組んで、ガッツ星人とナックル星人に立ち向かい、何とか撃滅。
    その後、空中に捕えられていたメビウスを救出し地上に降り立つが、その途端、敗れたと思っていたガッツ星人とナックル星人が復活、兄弟4人の身体を空中に吊り上げ、4人とも結晶の十字架に閉じ込めてしまった!
    実は、彼らの本当の狙いはウルトラ兄弟の方で、メビウスは囮だったのだ。
    そしてウルトラ兄弟の光エネルギーは、Uキラーザウルスを復活するためのエネルギーとして使われてしまう・・・。
    ガッツ星人やナックル星人の最終目的とは、ヤプールとUキラーザウルスを甦らせて、人類を恐怖のどん底に陥れる事だったんだ。
    ガッツ星人を倒したメビウスは、空中に囚われていた兄弟たちを救出するけど、その背後の海からは、無気味な色のエネルギー体が、空中に吹き出していた。
    ヤプールの怨念が甦ったんだ!
    こうして、20年前に倒したはずの究極超獣Uキラーザウルスが甦ってしまった・・・。
    しかし、Uキラーザウルスはナックル星人を殺害した!
    彼らは、単なる捨て駒だったんだ。
    そして次の瞬間、Uキラーザウルスは、地下に埋もれていたさらに巨大な本体を出現させる・・・。
    Uキラーザウルスは、Uキラーザウルス・ネオに進化していたんだ!
    ヤプール「フッハハハハハ!!ウルトラ兄弟!ここで死ぬがいい!」
    その時、空の雲間に二つの光が現れ、ゾフィーとウルトラマンタロウが現れた!
    ゾフィーとタロウは、ウルトラ兄弟にエネルギーをあげた。
    でもUキラーザウルス・ネオの頭部の中にはアヤの姿が!
    狡猾なヤプールは、怪獣の頭部にアヤを封じ込めて人質にしていたんだ!
    6兄弟たちは全員手を繋ぐと、「我々に残された全てのエネルギーを送る」と言いながら、メビウスに全員の力を注ぎ込む。
    そしてメビウスは、なんとメビウスインフィニティーになったんだ!
    メビウスインフィニティーは、メビウスとウルトラ6兄弟が融合した姿だ!
    全身の模様がウルトラ6兄弟の各人のものを取り入れており、通常のメビウスとカラーパターンが逆。
    頭部や後頭部に黒いラインが存在し、またこれ以外の形態では胸部に埋め込まれているカラータイマーが、銀色の装飾に彩られ浮き上がり、真ん中の分割線がより深くなっているのも特徴だ。
    必殺技はコスモミラクルアタック!
    全身を膨大なエネルギーで包み、敵目掛けて突っ込んでいくことで敵の中枢を貫通・破壊するぞ!
    この技で、アヤを救出した!
    そしてUキラーザウルス事件後・・・、メビウスは新たなる力を得た・・・。
    メビウスは、メビウスバーニングブレイブになる力をてに入れたんだ!
    メビウスバーニングブレイブはGUYSの面々からの思いをエネルギーに変えて変身した「燃える勇者」だ!
    胸と背には仲間達との絆の象徴として、ガンフェニックスのペイントやリュウとミライのメモリーディスプレイと同様の、金色のファイヤーシンボルが描かれている。
    身体能力が大幅に向上しており、炎を発することに由来するのか高熱に耐えうる力を持っているぞ!
    必殺技はメビュームバースト!
    メビウスブレスから発生した炎のエネルギーを胸の部分に集中させて、巨大な火球を敵に放つぞ!
    強大な再生力を有するインペライザーを一撃で破壊したんだ。
    その後も様々な強敵を撃破してきたけど、グローザムには冷気でかき消されて無効化されてしまった・・・。
    後にメビウスバーニングブレイブは新しい必殺技を覚えたんだ。
    それがバーニングメビウスピンキック!
    これは相手に飛び込む時からきりもみ回転し、メビュームバーストと同様の炎を纏い攻撃する技なんだ。
    これは対リフレクト星人に使われた技なんだよ。
    それからウルトラマンヒカリは、ババルウ星人戦にて新しいアーブギアを身につけたんだ!
    ババルウ星人はツルギに化け、ウルトラマンヒカリに濡れ衣を着けたんだ!
    しかし、GUYSのお陰で疑いが晴れ、ウルトラマンヒカリはババルウ星人に挑んだ!
    そして自分の力で、アーブギアを装着した!
    このアーブギアはヒカリが再びアーブを訪れたヒカリの正しき心にアーブの大地が共鳴して生まれた“勇者の鎧”だ!
    勇者の鎧アーブギアを装着し、ハンターナイトツルギになったヒカリはババルウ星人を倒した!
    けれど、メビウス達が暗黒四天王に勝利した時・・・。
    暗黒四天王を操っていた黒幕が現れたんだ!
    その名はエンペラ星人!
    エンペラ星人は、3万年前に怪獣軍団を率いて光の国に侵攻した宇宙人で、宇宙警備隊が結成されるきっかけとなった「ウルトラ大戦争」を引き起こした元凶だ!
    その戦いの中でウルトラの父(当時はウルトラマンケン)のウルティメイトブレードとエンペラブレードで一騎打ちを繰り広げ、右脇腹にはその古傷がある。
    エンペラ星人はウルトラ一族だけでなく、それに味方する地球人類までも滅ぼそうと、世界各国に13体のインペライザーを送り込むと同時に宣戦布告し、地球人にメビウスを捜し出して地球から追放するように要求したんだ。
    しかし、地球人がそれを拒否したため、インペライザーを一斉に起動させるが、一掃された後、自身も遂に姿を現したぞ。
    エンペラ星人の実力は今尚衰えず、レゾリューム光線でメビウスを瞬殺してしまった!
    さらにはサイコキノ星人カコ、ウルトラマンヒカリ、ザムシャーの攻撃をはじき返し戦闘不能にしたんだ!
    ヒカリが放った、ザムシャーの遺品である星斬丸による一撃で左足に傷を負わせられるも勢いは衰えず!
    しかもアイハラ・リュウと一体化して復活したヒカリも退けてしまったんだ・・・。
    でも、ウルトラマン、ウルトラセブン、ウルトラマンジャック、ウルトラマンエースのウルトラ兄弟からの声援で、希望を見出して奮起したカザマ・マリナ、イカルガ・ジョージ、アマガイ・コノミ、クゼ・テッペイのGUYSクルーの変身によって、ミライ=メビウスは復活したんだ!
    そう、メビウスフェニックスブレイブとして!
    メビウスフェニックスブレイブは1度消滅させられたメビウスとGUYSのメンバー(リュウ・マリナ・ジョージ・コノミ・テッペイ)とヒカリが融合した形態だ!
    リュウに装着されたナイトブレスとGUYSのメンバーの友情が起こした奇跡の姿で「不死鳥の勇者」とも呼ばれている。
    必殺技はメビュームナイトシュート!
    メビウスブレスとナイトブレスと仲間の全エネルギーを開放し、十字に組んで発射する必殺光線だ!
    上半分がメビュームシュート、下半分がナイトシュートと同じ光粒子で構成される。
    また、腕をL字にずらすと威力を上げることができるぞ。
    メビウスはスペシウム・リダブライザーを通してメビュームナイトシュートの威力を挙げ、エンペラ星人に対抗した!
    そしてサコミズ隊長はゾフィーと一体化した!
    エンペラ星人はメビウス フェニックスブレイブとゾフィーがファイナルメテオールのスペシウム・リダブライザーを通して放ったメビュームナイトシュートとM87光線(Aタイプ)の合体光線を受け、さらにメビュームフェニックスを食らった後、「ウルトラマンと人類の絆」に負けたことを悟りつつ、光となって消滅した・・・。
    そして、太陽もウルトラ兄弟の活躍で元に戻った!
    でも、エンペラ星人の死によってアーマードダークネスの起動や、復活した暗黒四天王によるギガバトルナイザーを狙った暗躍など、様々な事件も発生しており、死してもなお、ウルトラ戦士達を苦しめていくことになったんだ・・・。
    また、封印されたアークボガールが蘇った!
    アークボガールは、全てのボガールの頂点に立つ存在で、様々な宇宙人や怪獣を部下に構える。
    でもその正体は暗黒四天王の先代の邪将(現邪将は巨大ヤプール)、ボガールマスターその人だ!
    知能はボガール族はおろか、並の宇宙人以上に高く、元暗黒四天王なだけに戦闘力も非常に高い。
    でもアークボガールはエンペラ星人や他の四天王とはしばしば対立していたらしく、命令を無視して星々の生物を喰らうなどの勝手な行動ばかりしたために皇帝達の怒りを買い、ブラックホールに封印されたんだ。
    ところが、皇帝の死に封印から開放されたんだ。
    アークボガールは復活後、様々な宇宙人や怪獣、更には異次元のゲートを開いて超獣までもを地球に呼び寄せた!
    その理由は地球そのものを「料理」し喰らうためなんだ。
    ボガール一族らしく食欲が旺盛で、人間達を「オードブル」、ウルトラマン達を「デザート」呼ばわりする。
    アークボガールはウルトラマン達の光線までもを喰らうけど、最後はウルトラ兄弟の光線とインビンシブルフェニックス・パワーマキシマムを喰らい、そのあまりに強力な光エネルギーに満足し散っていったんだ。
    アークボガールを倒したけど地球にまたまた怪獣が次々と現れた!
    GUYSの隊長となったリュウは、ハルザキ・カナタを始めとする新たなクルー達と共にこれに立ち向かったんだ。
    一方、地球にエンペラ星人の宇宙船ダークネスフィアが地球に接近していた!
    リュウとカナタは地球に接近していたダークネスフィアに飲み込まれたんだ。
    しかも、その内部にはアーマードダークネスがいたんだ!
    実はこのアーマードダークネスこそがダークネスフィア再起動や怪獣復活の原因だったんだ。
    また、凶悪な宇宙人達はアーマードダークネスを狙ってるんだ。
    アーマードダークネスは一部でも身に着ければ強力な力を発揮できるからね。
    だがアーマードダークネスは生命まで奪ってしまうんだ!
    しかもその強固な鎧はあらゆる攻撃を弾き返してしまうよ!
    主な武器は暗黒の力を秘めた三叉槍の「ダークネストライデント」と、長剣「ダークネスブロード」。
    更にダークネストライデントからはエンペラ星人の必殺技である「レゾリューム光線」を放ち、それを増幅させた「ギガレゾリューム光線」をも放つ事ができるんだ!
    アーマードダークネスと対決するウルトラマンメビウス。
    でもアーマードダークネスの中には、ウルトラマンヒカリが取り込まれていたんだ!
    異変を察知し、先に駆けつけたウルトラマンヒカリを新たな装着者として取り込み、支配しようとしたんだよ。
    でもメビウスによって奪われたダークネスブロードで付けられた傷からリュウの突入を許したことにより、ヒカリが脱出に成功、バラバラになったんだ。
    直後に再結合してメビウスとヒカリはアーマードダークネスに立ち向かった!
    でもアーマードダークネスは強い!
    そしてアーマードダークネスのレゾリューム光線!
    そのとき!皆のお守りであるファイアーシンボルが光った!
    そして友情の絆でフェニックスブレイブになったメビウス!!
    フェニックスブレイブはダークネスブロードを奪い、頭部から胴体を切り裂き、止めのメビュームナイトシュートで、アーマードダークネスを消滅したぞ!
    ダークネスフィアはアーマードダークネスが消滅した後も降下を続けたけど、残っていた力を使ったヒカリに光の国へ運ばれ、処分されたよ。
    だけど油断しちゃいけない。
    いつかまた、エンペラ星人見たいな敵が現れるかもしれないから・・・。
    また、アーマードダークネスもエンペラ星人と同じように不死身なんだよ。
    君は惑星ハマーを知ってるかい?
    惑星ハマーはレイオニクスが集まる星。
    アーマードダークネスは、そこに漂流していたんだ。
    惑星ハマーにて、アーマードダークネスはウルトラセブンと対決し、セブンが装着者となって鎧の力を抑えることによって封印されていたぞ。
    アーマードメフィラスによって封印を解かれるも、メフィラスを直後に攻撃し、ダークネスブロードを取り戻した!
    その後レイのゴモラ、リトラと対決し、二体を寄せ付けない圧倒的な強さを見せたけど、レイの投げたアイスラッガーでマスクの一部を砕かれてセブンの顔が覗かれ、さらにセブンによって動きを抑えられたところにゴモラの超振動波を受けて砕け散り、セブンも解放されたんだ。
    しかし後にレイブラット星人によって復活!
    軽快な動きを見せてダークネストライデントとダークネスブロードを使用し、レゾリューム光線でレイオニックバースト状態のゴモラとグランデのレッドキングを圧倒!
    しかし、ゴモラとレッドキングはEXゴモラとEXレッドキングへ!
    最後はダークネストライデントとダークネスブロードを両怪獣に落とされ、そしてEXレッドキングのフレイムロードを受けて怯んだ所を、EXゴモラのEX超振動波で破壊されたんだ。
    ちなみにアーマードダークネスは、メフィラス星人が装着するとアーマードメフィラスになるぞ。
    ~さて、本作でのウルトラマンメビウスとウルトラマンヒカリは?~
    神原光太郎隊員「ヒビノ・ミライ・・・さん?」
    ヒビノ・ミライ隊員「あなたが、GUYSの新隊員ですか?」
    神原光太郎隊員は、ある日、ヒビノ・ミライ隊員と出会った!
    アイハラ・リュウ隊長「久しぶりだなミライ。」
    ヒビノ・ミライ隊員「はい!アーマードダークネス事件ではお世話になりました!」
    アイハラ・リュウ隊長「今回はまた、事件か?」
    ヒビノ・ミライ隊員「ええ、実は怪獣墓場に眠っていたケルビムが何者かに連れ去られたそうなんです・・・。」
    アイハラ・リュウ隊長「ケルビムが?」
    ヒビノ・ミライ隊員「はい、僕が怪獣墓場へパトロールに行っていた時、ケルビムの遺体がなくなっていました・・・。」
    神原光太郎隊員「一体誰がそんなことを…。」
    ~キュウべぇ城~
    キュウべぇ「なるほど…ケルビムを?」
    クローンウルフルン「ああ、こいつを至急、俺たちの戦力にしたい!」
    キュウべぇの前にいたのはバッドエンド王国の三幹部だった!
    クローンアカオーニ「まずはこいつをハイパーアカンベェにするオニ。」
    ヤプール「そんなこと出来るのか?」
    クローンマジョリーナ「かつてジョーカーが創り出した黒っ鼻を使えばいいだわさ。」
    ヤプール「そうか・・・。」
    キュウべぇ「頼むよバッドエンド王国三幹部…。」
    クローンウルフルン「まかせな!」
    ~市街地~
    クローンアカオーニ「よーしここでいいオニ?」
    クローンウルフルン「ああ、俺がハイパーアカンベェにした強化版ケルビム、ハイパーアカンベェケルビムを出撃させるぜ!」
    クローンマジョリーナ「頼みますだわさクローンウルフルン。」
    クローンウルフルン「よし!いくぜハイパーアカンベェケルビム!」
    ハイパーアカンベェケルビム「ギャォォース!!」
    新生バットエンド三幹部「世界よ!最悪の結末、バッドエンドに染まれ!白紙の未来を、黒く塗りつぶすのだ!」
    ハイパーアカンベェケルビム「アカンギャォオーン!!」
    ~GUYS基地~
    ブーブー(サイレン音)
    ミサキ・ユキ「市街地にて、ケルビム出現!」
    アイハラ・リュウ隊長「やはり現れたか!」
    ヒビノ・ミライ隊員「あの時、僕が倒したはずなのに・・・。」
    イガルガ・ジョージ隊員「なんか顔が不細工だな。」
    アイハラ・リュウ隊長「強化怪獣かもしれないな・・・よし!GUYS!SALLY GO!」
    一同「G.I.G!」
    そしてGUYSが出撃していった!

    市街地

    ハイパーアカンベェケルビム「アカンギャオオーン!!」
    星空 みゆき「あっ、あれは!?」
    日野あかね「怪獣やん!」
    黄瀬やよい「あっ!見てください!あれって、バットエンド空間じゃないですか!?」
    日野あかね「えっ?そんなぁ!」
    青木れいか「見てください!あそこにウルフルンが!」
    星空みゆき「えー!?」
    クローンウルフルン「プリキュアか・・・どうだ?俺がケルビムをパワーアップさせたハイパーアカンベェケルビムは?」
    黄瀬やよい「ケルビムですか?」
    クローンウルフルン「そう!こいつで今度こそ世界をバッドエンドにしてやる!」
    セリザワ・カズヤ「そんなことはさせん!」
    クローンウルフルン「んっ!?誰だ!?」
    三人の前に現れたのはセリザワ・カズヤ!
    アイハラ・リュウ隊長(ガンフェニックスストライカーの中)「ん?セリザワ隊長!」
    神原光太郎隊員「えっ!?セリザワさん!?」
    アイハラ・リュウ隊長「ああ、元GUYSの前隊長だ!」
    クローンマジョリーナ「一体なんじゃお前は!」
    アイハラ・リュウ隊長「俺たちはCREW GUYS!ケルビムが暴れていると聞いてここへ来た!」
    イガルガ・ジョージ隊員「お前の様なやつが操っていたとはな!」
    クローンウルフルン「そのとおり!お前らにハイパーアカンベェケルビムの力を見せてやる!」
    ハイアカケルビム「アカンギャオオーン!!」
    ウルトラマンゼロ(ウルティメイトブレスレット)「光太郎!ウルトラゼロアイを使え!」
    神原光太郎隊員「ようし!デュワ!」
    光太郎はウルトラゼロアイでウルトラマンゼロに変身した!
    ヒビノ・ミライ隊員「僕も加勢します!メビゥゥゥゥゥス!!」
    ヒビノ・ミライ隊員はウルトラマンメビウスへ!
    ハイアカケルビム「グガァ!?」
    クローンウルフルン「こいつらが・・・キュウべぇ様の宿敵・・・、ウルトラマン!」
    セリザワ・カズヤ「私もいるぞ!」
    セリザワ・カズヤはナイトブレスでウルトラマンヒカリへ!
    星空 みゆき「あたし達も加勢します!」
    ウルトラマンゼロ「んっ!?」
    星空 みゆき達「プリキュア・スマイルチャージッ!」
    キュアハッピー「キラキラ輝く未来の光! キュアハッピー!」
    キュアサニー「太陽サンサン 熱血パワー! キュアサニー!」
    キュアピース「ピカピカぴかりん じゃんけんポン♪ キュアピース!」
    キュアマーチ「勇気リンリン直球勝負!キュアマーチ!」
    キュアビューティ「しんしんと降り積もる清き心!キュアビューティ!」
    プリキュア達(スマイル)「5つの光が導く未来! 輝け!スマイルプリキュア!」
    クローンウルフルン「来たな!スマイルプリキュア!」
    キュアハッピー「この世界をバットエンドになんかさせないわ!」
    クローンウルフルン「ならば!行くぞ!ハイパーアカンベェケルビム!プリキュア共々ウルトラマンを倒せ!」
    ハイアカケルビム「アカンギャオオオオオン!!」
    ウルトラ戦士&スマイルプリキュアvsハイアカケルビム&クローンバッドエンド三幹部!
    アクロイヤー・デモンブラック「フッ…実にくだらん…。」
    ワルガイア・グドー「あまりにもくだらぬ作戦だな…。」
    ウルトラ戦士とスマイルプリキュアの戦いを見つめる二人!
    一体何者なんだ!?
    最終決戦のフェニックスブレイブも見逃すな!

円谷ヒーロー Edit

円谷ヒーロー