Top > スマブラ個人小説 > 光太郎の小説 > スマブラ・超勇者伝説~ブラックノヴァの大逆襲~


スマブラ個人小説/光太郎の小説/スマブラ・超勇者伝説~ブラックノヴァの大逆襲~

Last-modified: 2016-04-03 (日) 09:09:54
目次

始めに Edit

これはスマブラキャラがアニメキャラや特撮ヒーロー達やトランスフォーマー達や勇者ロボ達と共に悪の軍団に立ち向かうというシリアスな小説です。後、オリキャラも登場します。

キャラ紹介 Edit

スマブラ・超勇者伝説~ブラックノヴァの大逆襲~キャラ紹介

小説本編 Edit

第1話「邪悪な力」 Edit

~???~
???「フッフッフ・・・ヒーロー達に倒された者達よ・・・蘇るがいい!」
謎のオーラによりデモンゴーネ、ゴッテス、ゴドメス帝王、カーンデジファーが復活した。
デモンゴーネ「こっ、ここは・・・?」
カーンデジファー「ワシは確かグリッドマンに倒されたはず・・・」
???「お前達よ・・・」
ゴッテス「なっ、なんだお前は!」
ブラックノヴァ「我が名はブラックノヴァ・・・お前達を復活させた存在だ・・・」
ゴッテス「なんだって!?」
ブラックノヴァ「お前達はこれからブラックノヴァの四天王の一人になるのだ」
ゴドメス帝王「馬鹿なことを言うな!」
ブラックノヴァ「ゴドメス帝王よ・・・お前達はかつてヒーロー達に倒された・・・だから今こそヒーロー達に復讐するのだ!」
ゴッテス「ハハッ!ブラックノヴァ様!」
デモンゴーネ「我々四天王はヒーロー達に復讐します!」
ゴドメス帝王「ブラックノヴァ様に勝つ者はなにもいない!」
カーンデジファー「ブラックノヴァ様に栄光あれ!」
ブラックノヴァ「フッフッフ・・・そのいきだ・・・フッハハハハ!!!」
~終点~
マスハン「んっ?」
クレハン「どうしたんですか兄貴」
マスハン「実はとてつもない邪気を感じた」
クレハン「とてつもない邪気?」
マスハン「ああ、タブーを上回る邪気を・・・」
クレハン「一体フィギュア界に何が起きているんだろうか・・・。」
そしてここはポケモンスタジアム・・・
サトシ「いけ!ミジュマル!ジェルブレード!」
ミジュマル「ミィジュー!」
レッド「ゼニカメ!水鉄砲!」
ゼニカメ「ゼニゼニ!」
ここでは、ポケモントレーナーによる壮絶なポケモンバトルが展開されていた・・・。
アイリス(ポケトレ)「サトシ~!」
ミジュマル「ミジュマァ!」
サトシ「アイリス!」
デント「頑張れサトシ!」
サトシ「おう!ミジュマル!こっちは水鉄砲だ!」
ミジュマル「ミジュマ!」
ゼニカメ「ゼニゼニ!」
するとその時!
ドガアーーーーーーーン!
レッド「!?」
サトシ「なっ、なんだ!?」
ネロンガ「グゲェェエーーングォォォォォーーーーーーン!!!」
サトシ・レッド・アイリス・デント「!?」
なんとサトシ達の前に透明怪獣ネロンガが現れた!
ネロンガ「グゲェェエーーングォォォォォーーーーーー!!!」
観客達「逃げろぉおおおおーーーーーー!!!」
ネロンガ「グゲェェエーーングォォォォォーーーーーー!!!」
マリオ「レッド君!」
そこにマリオとカービィとソニックが来た。
レッド「マリオ!」
アイリス(ポケトレ)「カービィちゃん!」
サトシ「ソニック!」
ネロンガ「グゲェェエーーングォォォォォーーーーーー!!!」
カービィ「ぽよ!?」
ソニック「What!?」
サトシ「ピカチュウ!10万ボルト!」
ピカチュウ「ピィ~カッ!チューーーーーーウ!」
10万ボルトを放つものの電気を好物とするネロンガに吸収されてしまった!
ネロンガ「グゲェェエーーングォォォォォーーーーーーン!!!」
サトシ「吸収された!?」
ネロンガ「グゲェェエーーングォォォォォーーーーーー!!!」
ネロンガはサトシ達の方に電撃を発した!
サトシ達「うわぁぁぁぁぁーーーーーー!!!」
まさにその時!
マリオ「んっ?あれは!」
ウルトラマン「ヘアッ!」
なんとそこへ、ウルトラマンが来た!
サトシ「光の巨人?」
ネロンガ「グゲェェエーーングォォォォォーーーーーー!!!」
ウルトラマン「ヘアッ!」
マリオ「あれは・・・ウルトラマン!」
カービィ「ぽぉよ!」
ウルトラマン「ヘッ!」
ネロンガ「グゲェェエーーングォォォォォーーーーーー!!!」
ウルトラマンはネロンガに立ち向かった!
ウルトラマン「テェヤアアアーーーーーー!!!」
ネロンガ「グゲェェエーーングォォォォォーーーーーー!!!」
ウルトラマンは膝蹴りでネロンガの角を追った!
ネロンガ「グゲェェエーーングォォォォォーーーーーー!!!」
ウルトラマン「ヘアァッー!!!」
ウルトラマンはネロンガに投げ飛ばした!
ネロンガ「グゲェェエーーングォォォォォーーーーーー!!!」
ウルトラマン「ヘアッ!」
そしてスペシウム光線炸裂!見事ネロンガ撃破!
サトシ達「やった!」
ウルトラマン「シュワッチ!」
ウルトラマンは空に帰った。
マリオ「しかし何故怪獣が・・・」
異変はニンテンドーだけではなく別世界にも起ころうとした。
~光の国~
ウルトラマン「ただいま戻りました!」
ウルトラの父「ご苦労・・・ウルトラマン」
ウルトラの母「これで9件目ね・・・」
ウルトラの父「最近、謎のマイナスエネルギーのより怪獣が活発に動き出している」
ゾフィー「どうゆうことですかウルトラの父」
ウルトラの父「恐らく他の世界でも人間の心が乱れているのだろう・・・。」
その頃、地球では放課後ティータイムが亀有でライブをやることになりステージでは磯野家一家やドラえもん達万事屋達がいた。
新八「うわぁ・・・けっこーいますね銀さん」
銀時「ああ、みんなライブを聞きに来た人達だからな。」
神楽「凄いアル」
両津「よってらっしゃい!みてらっしゃい!」
万事屋達「んっ?」
新八「銀さん、あそこにいるのは両さんじゃ・・・?」
両津「いらっしゃいいらっしゃい!放課後ティータイムのTシャツとプロマイドと文具やぬいぐるみいかが!」
銀時「まぁたこんなところで商売かよ・・・。」
神楽「よほど馬鹿アル」
新八「そうですね」
唯「みんな~!もうすぐライブが始まるよ!」
新八「おっ、始まりますね」
神楽「早く行くアル!」
放課後ティータイムのライブが始まろうとしていた。その時!
定春「ワンワンワン!」
神楽「どうしたアルか定春」
唯「みんなー!今日の亀有ライブを来てくれてありがとう!私はギターの平沢唯でーす!」
???「ライブが始まったな。ゲストはもっといるって事を教えてやる。」
ドガアーーーーーーーーーーーーン!
大原「!?」
両津「な・・・なんだ!?」
麗子「何!?」
中川「ステージの後ろから何かが出てきた!」
のび太「だ・・・誰だ!?」
澪・律・紬・梓「助けてぇええーーーーーー!!!」
唯「みんな!」
銀時「なっ、なんだありゃ!?」
なんとステージに怪獣軍団が現れた!
ガクゾム「グォォォォォーーーーーー!!!」
アボラス・バニラ・テレスドン「グギャオオオオーーーーーーン!!!」
新八「かっ、怪獣!?」
唯「みんな!」
両津「ばっ・・・、ばかな!?こんな奴は呼んでないぞ!?」
ガクゾム「グギャオオオオーーーーーーン!!!」
ガクゾムが放った光弾がビルに直撃し大爆発!
梓「唯先輩!」
唯「あずにゃん!みんな!大丈夫?」
梓「私は大丈夫です!澪先輩も律先輩もむぎ先輩も大丈夫です!」
唯「よかった・・・」
ガクゾム「グォォォォォーーーーーー!!!」
梓「こっちに来ます!」
???「待ちなさい!怪獣軍団!」
梓「あっ、あれは!」
そこに快盗天使ツインエンジェルと桂小太郎とBLEACHの黒崎一護とキャプテン・ファルコンとネスが現れた!
銀時「ヅラ!」
桂「ヅラじゃない桂だ!」
葉月クルミ「どんな悪事も許さない!」
神無月葵「愛と勇気で百発百中!」
水無月遥「みんなの笑顔を取り戻す!」
ツインエンジェル一同「快盗天使ツインエンジェル!」
ガクゾム「グォォォォォーーーーーー!!!」
ガクゾムはツインエンジェルに向けて光弾を放った!
一護「卍解!」
一護の卍解がガクゾムの光弾と激突しガクゾムに直撃!
ガクゾム「グォォォォォーーーーーー!!!」
アボラス・バニラ・テレスドン「グギャオオオオーーーーーー!!!」
アボラス・バニラ・テレスドンの一斉攻撃!
ツインエンジェル一同「きゃあ!」
唯「こっちに来るよ!」
ガクゾム「グルルル・・・」
両津「やっ・・・やばい!」
ガクゾム「グォォォォォーーーーーー!!!」
するとその時!
???「トライダグオン!」
一同「!?」
ファイヤーエン「ファイヤーエン!」
唯「ファイヤーエン?」
ファイヤーエン「融合合体!」
ファイヤーエンはファイヤーストラトスと融合合体してダグファイヤーに!
ダグファイヤー「ダグファイヤー!」
ネス「ダッ・・・、ダグファイヤー!?」
大原「両津、みんなこれはなにかが起きているに違いない・・・」
両津「まさか・・・!?」
ダグファイヤー「うぉおおおおーーーーーーッ!!!スターバァァァーーン!!!」
アボラス「グギャオオオオーーーーーー!!!」
ダグファイヤーのスターバーンがアボラスに命中!
澪「すっ、凄い・・・」
ダグファイヤー「ファイヤーナックル!」
ダグファイヤーのファイヤーナックルがテレスドンに直撃!
テレスドン「ガァァァァアオオオーーーン!!!」
???「クックック・・・ダグファイヤーめ・・・ブラックノヴァ様の恐ろしさを知らせてやるわ・・・ガッハハハハハハ!!!」
続く

第2話「異変」 Edit

ダグファイヤーが怪獣軍団と戦っている中、別宇宙でウルティメイトフォースゼロ一行は謎の惑星にいた。
グレンファイヤー「ずいぶん荒れた惑星だな・・・」
ミラーナイト「なんだか不気味ですね・・・」
するとその時!
ズゴォオオーーーーン!!!
マリゴス「グォォォォォーーーーーー!!!」
ギラドラス「ビギャオオオオーーーーーー!!!」
マリゴス「グォォォォォーーーーーー!!!」
ギラドラス「ビギャオオオオーーーーーー!!!」
ウルティメイトフォースゼロ一行の前に巨獣マリゴスと核怪獣ギラドラスが現れ争い始めた
マリゴス・ギラドラス「グォォォォォーーーーーー!!!」
両者は野獣のように噛み付き攻撃した。
ハネダー「グォォォォォーーーーーー!!!」
ガモス「ギシャアアアアアーーーーーーーーーアァン!!!」
その時両者の後ろに巨獣ハネダーと残酷怪獣ガモスが現れた!
ガモス「ギシャアアアアアァーーーン!!!」
ガモスの殺人泡がギラドラスを襲う!
プルーマ・ムルチ・アメーザ・ガスラー「グォォォォォーーーーーー!!!」
ガモス「ギシャアアアアアァーーーン!!!」
ガモスはムルチとガスラーを襲い噛み付きそして食べはじめた!
ジャンボット「なんて恐ろしい光景なんだ!」
マリゴス・ハネダー「グォォォォォーーーーーー!!!」
マリゴスとハネダーはプルーマとアメーザに襲い掛かる!
ウルトラマンゼロ「まるで弱肉強食の世界・・・」
???「フッフッフ・・・その通りだウルトラマンゼロ」
ウルトラマンゼロ「誰だ!?」
なんとマッドギャランが操縦してるギガボルトが現れた。
マッドギャラン「俺の名はマッドギャラン!」
ウルトラマンゼロ「マッ、マッドギャランだと!?」
グレンファイヤー「おい!この怪獣どもはいったいどうしたんだ!?」
マッドギャラン「ここは怪獣や巨獣を集め戦わせ最強の怪獣軍団を作る巨獣惑星だ!」
ジャンボット「巨・・・、巨獣惑星だと!?」
マッドギャラン「ウルティメイトフォースゼロ!我が父の野望を邪魔するなら貴様らを倒す!」
ウルトラマンゼロ「おもしれえ、やれるものならやってみな!」
マッドギャラン「やれ!ガモス!マリゴス!ハネダー!」
ガモス・マリゴス・ハネダー「ビギャオオオオーーーーーー!!!」
グレンファイヤー「ゼロ!こっちの怪獣どもは俺たちが引き受けた!」
ミラーナイト「あなたはマッドギャランを!」
ジャンボット「ここは我々に任せろ!」
ウルトラマンゼロ「おう!」
マッドギャラン「行くぞウルトラマンゼロ!このサタンゴースの息子、マッドギャランに勝てるかな!」
そしてウルトラマンゼロとマッドギャランの乗るギガボルトの一騎打ちが始まった!
マッドギャラン「喰らえ!」
ギガボルトのビーム砲がゼロに炸裂する!
ウルトラマンゼロ「フン!ゼロスラッガー!!!」
ギガボルトのビーム砲を弾きながらゼロスラッガーが飛んだ!
マッドギャラン「うわぁ!おのれ!」
ウルトラマンゼロ「少しは懲りたかマッドギャラン」
マッドギャラン「俺の負けだウルトラマンゼロ・・・」
ウルトラマンゼロ「フン降参か・・・」
マッドギャラン「クックック・・・」
ウルトラマンゼロ「んっ!?」
するとその時!
ウルトラマンゼロ「なっ、なんだ!?」
グレンファイヤー「おい!なんだあれは!」
サタンゴース「ウォォォォォーーーーーー!!!」
なんと、ウルティメイトフォースゼロの前にマッドギャランの父、サタンゴーネが現れた!
ジャンボット「でっ、デカイ・・・」
マッドギャラン「おおっ!父上!」
ミラーナイト「ちっ・・・父上だと!?」
サタンゴース「ウルティメイトフォースゼロ達よ・・・ワシの力を思い知るがいい・・・」
サタンゴース目から赤い怪光線が!
マリゴス・ハネダー「グォォォォォーーーーーー!!!」
ガモス「ギシャアアアアアァーーーン!!!」
グレンファイヤー「おい!なんかいきなり凶暴になったぞ!」
ジャンボット「貴様!怪獣達に何をした!」
サタンゴース「フッフッフ・・・今のはワシの魔力だ」
サタンゴースは巨獣と怪獣を凶暴化させる魔力を持っているのだ!
マリゴス・ハネダー「グォォォォォーーーーーー!!!」
ガモス「ギシャアアアアアァーーーン!!!」
凶暴化したガモス・マリゴス・ハネダーがウルティメイトフォースゼロを襲う!
ミラーナイト「来ますよ!」
ガモス「ギシャアアアアアァーーーン!!!」
凶暴化したガモスはウルティメイトフォースゼロ目掛けて破壊光線を放った!
ウルトラマンゼロ「テャア!」
ウルトラマンゼロはゼロスラッガーで破壊光線を跳ね返した!
ガモス「ギシャアアアアアァーーーン!!!」
キングマイマイ「ギィィィィーーーン!!!」
なんと後ろからキングマイマイが!
マリゴス・ハネダー「グォォォォォーーーーーー!!!」
前方からマリゴスとハネダーが迫る!
マッドギャラン「ウルティメイトフォースゼロ!死ねぇぇぇぇぇーーーーーー!!!」
???「待て!マッドギャラン!」
マッドギャラン「んっ!?あれは!」
ジャスピオン(ダイレオンに乗って)「戦闘巨人!ダイレオン!」
超惑星戦闘母艦ダイレオンが変形し戦闘巨人ダイレオンに!
マッドギャラン「きっ、貴様は!?」
ジャスピオン「この声を忘れたのかマッドギャラン!」
マッドギャラン「ジャッ、ジャスピオン!なぜここにいる!?」
ジャスピオン「ウルティメイトフォースゼロがピンチなっていることを知りここに来たのだ!」
マッドギャラン「くっ、くそ~!やれ!巨獣マリゴス!巨獣ハネダー!」
マリゴス・ハネダー「グォォォォォーーーーーー!!!」
キーラ・アロン・ザギラ「ギシャアアアアアァーーーン!!!」
なんとそこへ光熱怪獣キーラ・豪力怪獣アロン・スペースジョーズザギラが現れた!
ウルトラマンゼロ「またしても怪獣が!」
ジャンボット「きっとサタンゴースの力によって現れたんだ!」
グレンファイヤー「くそっ!どうすりゃいいんだ!?」
するとその時!
ウルトラマンゼロ「んっ?あれは!」
なんとアーウィンⅡに乗ったフォックスが来た!
フォックス「こちらフォックス!援護に来た!」
ャスピオン「スターフォックス!」
マッドギャラン「おのれ~スターフォックスめ!」
サタンゴース「ウォォォォォーーーーーー!!!」
フォックス「行くぞ!」
ファルコ「待てよフォックス!」
スリッピー「オイラ達を忘れちゃ困るよ!」
なんとそこへファルコのスカイクローとスリッピーのブルフロッグが現れた!
フォックス「ファルコ!スリッピー!」
ペッピー「わしもいるぞ!」
フォックス「ペッピー総司令!」
ペッピー総司令はアーウィンに乗ってやってきた!
ペッピー「よーし攻撃開始だ!」
フォックス達はアーウィンで怪獣軍団に攻撃した!
ザギラ・ハネダー「ギシャアアアアアァーーーン!!!」
ジャスピオン「こっちも行くぞ!ダイレオンビーム!」
キーラ・アロン・ザギラ「ギシャアアアアアァーーーン!!!」
ダイレオンビームによってキーラ・アロン・ザギラは大爆発!
ウルトラマンゼロ「よし!俺達も行くぜ!」
ジャンボット「ジャンナックル!!!」
ジャンボットのジャンナックルがガモスに直撃!
ガモス「ギシャアアアアアァーーーン!!!」
マリゴス・ハネダー「グォォォォォーーーーーー!!!」
マッドギャラン「おのれぇぇぇぇぇーーーーーー!!!」
ジャスピオン「コズミッククラッシュ!!!」
ダイレオンのコズミッククラッシュがマリゴス・ハネダーに炸裂!
マリゴス・ハネダー「グォォォォォーーーーーー!!!」
ミラーナイト「シルバークロス!!!」
ミラーナイトのシルバークロスがマッドギャランのギガボルトの急所に命中!
グレンファイヤー「ファイヤーフラッシュ!!!」
グレンファイヤーのファイヤースティックがキングマイマイをぶっ飛ばした!
ウルトラマンゼロ「行くぜ!マッドギャラン!サタンゴース!」
ウルトラマンゼロはウルティメイトブレスレットの力でウルティメイトゼロに変身した!
ウルテイメイトゼロ「これが俺達の光だぁぁぁぁーーーーーー!!!」
みよ!これがファイナル・ウルテイメイトゼロだ!
マッドギャラン「こっ、この光は!」
ファイナル・ウルテイメイトゼロの力は、マッドギャランの乗るギガボルトとサタンゴースを粉砕した!
サタンゴース・マッドギャラン「グワァァァァァァァァァァァーーーーーー!!!」
そして大爆発!
ペッピー「おお、やったぞ!」
ジャスピオン「あれがウルテイメイトゼロ・・・」
グレンファイヤー「やったなゼロ」
ウルトラマンゼロ「巨獣帝国の野望は俺達が止めたぜ!」
ウルティメイトフォースゼロの活躍でマッドギャラン達は滅びた。
~???~
ブラックノヴァ「フッフッフ・・・勝ったと思うなよウルティメイトフォースゼロ・・・」
サタンゴーネ「ブラックノヴァ様、次の狙いは?」
ブラックノヴァ「そうだな・・・」
アンチゴーネ「ブラックノヴァ様!地球に謎の物体が接近してます!」
ブラックノヴァ「なにぃ!?」
アンチゴーネ「これです!」
アンチゴーネが見せたのは地球に向かうギャレオンだった!
ブラックノヴァ「ばかな!勇者王はもういないはず!?」
アンチゴーネ「もしかするとギャレオンは地球に再び戻って来たのでは・・・」
ブラックノヴァ「そうかも知れん・・・」
続く

第3話「勇者王、再び」 Edit

~GGG基地~
ドガアーーーーーン!
大河長官「なっ、なにごとだ!」
命「大変です!Gアイランド付近に怪獣が現れました!」
火麻参謀「怪獣だと!?」
ブローズ・ギガザウルス・ゲルカドン・デガンジャ・バランガス「グォォォォォーーーーーー!!!」
スワン「シカモゴーデス怪獣デス!」
大河長官「なにっ!しかしゴーデスは滅んだはず!?」
ブローズ「グォォォォォーーーーーー!!!」
ゲルカドン「ビギャオオオオオーーーーーー!!!」
ゲルカドンは口から火の玉を吐いた!
ズガァァァァーーーン!!!
両津「んっ!?部長!Gアイランドが!」
大原「何っ!?」
ダグファイヤー「馬鹿な!また怪獣が・・・」
ガクゾム「グォォォォォーーーーーー!!!」
ダグファイヤー・両津・大原「!?」
ガクゾムはバイアクヘーを呼び出し吸収しネオガクゾムに強化した!
ガクゾム「ギシャアアアアアァーーーン!!!(鳴き声はタッコング初号プリント版)」
両津「ガ・・・ガクゾムが・・・。」
説明しよう!ガクゾムはバイアクヘーを吸収することによりネオガクゾムにパワーアップするのだ!
ネオガクゾム「ギシャアアアアアァーーーン!!!」
ネオガクゾムは両津達に向けて光弾を放った!
両津「こっちに来るぞ!」
するとその時
???「ファルコォォォォン・・・パァァァンチ!!!」
ズドーーン!!!
ネオガクゾム「グオ?」
なんとキャプテン・ファルコンが現れた!
大原「おお、キャプテンファルコン君!」
キャプテン・ファルコン「ダグファイヤー!Gアイランドの方に怪獣が現れた!ここは私に任せろ!」
ダグファイヤー「分かった!キャプテン・ファルコン!」
ダグファイヤーはGアイランドへと向かっていった!
両津「よーしわしだって!」
両津もGアイランドに向かった。
~Gアイランド付近~
ブローズ「グォォォォォーーーーーー!!!」
ブローズは周囲の建物を破壊した!
護「ボルフォッグ!あれを!」
ボルフォッグ「ゴーデス怪獣!?ばかな!ゴーデスは滅んだはず!?」
バランガス「グォォォォォーーーーーー!!!」
デガンジャ「グルルル・・・」
バランガスとデガンジャはボルフォッグと護の目の前に現れた!
ボルフォッグ「護隊員!ここは私に!」
護「ボルフォック!」
ボルフォッグ「システムチェーンジッ!」(ロボットモードから車モードに変形!)
護「んっ!?」
ボルフォッグ「どうしたんですか?さぁ、早く!」
護「分かった!」
護はボルフォックに乗った。
~???~
凱「うっ・・・くっ・・・」
凱は悪夢に苦しんでいた・・・
???「フッフッフ・・・我が悪夢に苦しむがいい獅子王凱!」
凱「なっ、何者だ!」
???「フッハハハハハ!!!」
凱の前に現れたのはヤプールだった!
凱「俺をどうするつもりだ!ヤプール!」
ヤプール「貴様は馬鹿だな凱・・・これを見ろ!」
凱「そっ、ソイツはゾンダーメタルにゴーデス細胞!」
なんと、ヤプールが見せたのは、かつてGGGによって全て消えたはずのゾンダーダルとゴーデス細胞だった!
凱「貴様!ソイツをどうするつもりだ!」
ヤプール「このGアイランドに住んでいる人間どもをゾンダーロボとゴーデス怪獣にしてやる!」
凱「やっ、止めろ!」
ヤプール「そしてさらにはゾンダーメタルとゴーデス細胞を利用し強い超獣を作ってやる!」
するとその時!ヤプールに謎の黄金の光が!
ヤプール「ぬわぁぁ!なんだこの光は!」
ギャレオン「グルルル・・・ヤプールよ・・・ゾンダーメタルとゴーデス細胞を利用して人間達をゾンダーロボやゴーデス怪獣にするとはこのギャレオンが許さん・・・」
凱「ギャレオン!」
ヤプール「ギャ、ギャレオンだと!?」
ギャレオン「凱・・・今、現実世界が危ない・・・眼を覚ますのだ・・・」
ギャレオンの目から金色の光が!
凱「!?」
ギャレオン「ガォォォーーーン!!!」
ピカァァァーーーン!!!
凱「ハァ!こっ、ここは!?」
命「凱!」
氷竜・炎竜「隊長!」
凱「みんな!」
命「ギャレオンが凱を待ってるよ!」
凱「ギャレオンが!?」
ボルフォッグ「お急ぎください!凱機動隊長!」
凱「分かった!行くぜ!」
護「頑張って凱兄ちゃん!」
凱「ありがとう護!」
ギャレオン「ガォォォーーーン!!!」
凱「ギャレオォォーーーーーーン!!!フュージョォォォーーーーーーン!!!」
説明しよう!凱はギャレオンとフュージョンすることでガイガーになるのだ!
ガイガー「ガイッガアッーーーーーーー!!!」
ズドーーン!!!
デガンジャ「グォォォォォーーーーーー!!!」
デガンジャはガイガーに吹き飛ばされた!
バランガス「グォォォォォーーーーーー!!!」
バランガスの毒ガス攻撃!
氷竜「凱機動隊長!ここは我々に!」
ガイガー「すまない!氷竜!」
氷竜「よーし行くぞ炎竜!」
炎竜「おう!」
風竜「こっちも行くぞ雷竜!」
雷竜「分かってるぜ!」
大河長官「シンメトリカル・ドッキング、発動!」
氷竜・炎竜「シンメトリカル・ドッキング!」
風竜・雷竜「シンメトリカル・ドッキング!」
超竜神「超ぅぅぅ竜ぅぅぅじぃぃん!!!」
激竜神「激ぃぃ竜ぅぅぅじぃぃん!!!」
ボルフォッグ「ガングルー!ガンドーベル!」
ボルフォックはガングルー、ガンドーベルを呼んだ!
ボルフォック「三位一体!」
ピカァァァーーーン!!!
ビッグボルフォッグ「ビッグボルフォッグ!!!」
ゴルディオマーグ「システムチェーンジ!!!ゴルディオマーグ!!!」
見よ!これが最強勇者ロボ軍団だ!
ダグファイヤー「俺も協力するぜ!」
そこにダグファイヤーが来た!
両津「んっ!?」
友蔵「おーい誰か助けてくれぇぇーーーーーー!!!」
両津「どうした!」
両津が行ってみると怪獣に襲われているまる子達の姿が!!
まる子「助けて~」
友蔵「おーいこっちだ!」
両津「任せろ!」
ギガザウルス「グォォォォォーーーーーー!!!」
ギガザウルスが両津達に迫る!
両津「わー!こっち来んじゃない!」
ギガザウルス「グォォォォォーーーーーー!!!」
するとその時!
Sライナーダグオン「ライナァァァァゲタキィィィック!!!」
ズドーーン!!!
ギガザウルス「グォォォォォーーーーーー!!!」
ダグファイヤー「Sライナーダグオン!みんな!」
なんとそこにSライナーダグオンとシャドーダグオンとサンダーダグオンが来た!
サンダーダグオン「炎先輩!援護します!ムーンカッタァーッ!」
ゲルガドン「グォォォォォーーーーーー!!!」
ゲルカドンにサンダーダグオンのムーンカッターが炸裂!
シャドーダグオン「名刀!カゲムラサキ!シャドー!牙王斬り!」
ゲルガドン「グォォォォォーーーーーー!!!」
そして大爆発!
Sライナーダグオン「ブリザードハリケェェーーン!!!」
ギガザウルス「グォォォォォーーーーーー!!!」
Sライナーダグオンはギガザウルスをブリザードハリケーンで吹き飛ばした!
両津「やった!」
だがその時!
パリーン!
ビッグボルフォッグ「!?」
ガイガー「空が割れた!?」
ゾンダーベムラー・ゾンダーアイロス星人・ゾンダーギングボックル・ゾンダーマザロン人・ゾンダーエレキング二代目・ゾンダーベムスター(外見は改造ベムスター)・ゾンダーベロクロン(外見は改造ベロクロン)・ゾンダーサボテンダー(外見は改造サボテンダー)・ゾンダーツルグ星人・ゾンダーシーグラ・ゾンダーデスバラン・ゾンダーダバラン・ゾンダージャゴン・ゾンダーゴラ・ゾンダーアルゴ星人「グキャグォォォォーーーーーー!!!」
なんと空を割ってゾンダーメタルによって強化された怪獣軍団が現れた!
ガイガー「怪獣軍団!?」
大河「これは一体・・・命隊員!調査を!」
命「了解!」
火麻「なんてことだ・・・」
命「大河長官!調べた結果、過去に固体を現れたことを確認しました!」
大河「なに?」
麗雄「ばかな!なぜあんな姿に!?」
スワン「長官!怪獣軍団の体からゾンダー反応が!」
大河「こ、これは!?」
麗雄「怪獣軍団の体にゾンダーメタルが・・・」
ゾンダーベムラー「ギジャアァ~ン!!!」
ゾンダーデスバラン・ゾンダージャゴン「グォォォォォーーーーーー!!!」
ゾンダーデスバランとゾンダージャゴンの破壊光線がガイガー達を襲う!
ガイガー達「うわぁ!」
命「凱!」
ガイガー「くっ、クソ・・・」
ゾンダーアイロス星人「ピシャアァァーン!!!」
命「長官!このままだと凱達が!」
護「凱兄ちゃん!」
その時!
大河「んっ!?あれはガオーマシン!?」
命「えっ!?」
なんとそこに三つのガオーマシンが現れた!
フルハシ「こちらフルハシ!GGG応答せよ!」
大河「こちらGGG基地、君達は一体・・・」
フルハシ「我々はウルトラ警備隊!GGGの危機を知って駆けつけたんだ!」
大河「ウルトラ警備隊!ありがとう!」
アマギ「いえいえどうもいたしまして」
フルハシ「よーしガイガー!ファイナルフュージョンだ!」
ソガ「ファイナルフュージョン!?危険じゃあ?」
フルハシ「大丈夫!きっと成功する!」
アンヌ「そうね!きっと成功するわよ!」
フルハシ「大河長官!ファイナルフュージョンを!」
大河「うむ!ガイガー!ファイナルフュージョンだ!」
ガイガー「了解!」
大河「ファイナルフュージョン、承認!」
命「了解!ファイナルフュージョン!プログラムドラァーーーイブッ!」
ガイガー「よっしゃああああ!!!ファイナルフュージョォォォン!!!」
両津「おおっ!これは!」
まる子「すっ、凄い・・・」
スターガオガイガー「ガオ!ガイ!ガァーーーーー!」
ゾンダーアイロス星人・ゾンダーエレキング二代目・ゾンダーベムスター「グォォォォォーーーーーー!!!」
スターガオガイガー「ブロクウンファントム!!!」
ズガァァァァーーーン!!!
怪獣軍団「グォォォォォーーーーーー!!!」
ブロクウンファントムが怪獣の身体を貫き大爆発!
ダグファイヤー「すっ、スゲー・・・」
両津「ソール11遊星主戦以来復活できなかったはずのガオガイガーが・・・。」
奇跡が起きた、君達の願いが神に届きそして再び我々の前に復活した!
その名も勇者王ガオガイガー!
続く

第4話「勇者王と炎の勇者」 Edit

命「ファイナルフュージョン成功しました!」
大河「うむ」
麗雄「まさか復活するとは・・・」
大原「GGGの皆はいるかね?」
大河「貴方は?」
大原「亀有公園前派出所の大原と言うものだが・・・。」
大河「なるほど・・・大原さん、ここになんのようで来たんですか?」
大原「ここの所怪獣達が出現したりするようになったので原因を聞きに来たんだ。」
大河「我々もその原因について調べていますが・・・」
命「大河長官!上空になにか接近してます!」
大河「なに!?映像をつけろ!」
命「了解!」
大河「こっ、これは・・・」
なんと上空にEI-02が現れた!
大河「あれはEI-02!?」
命「しかもEI-02から通信が!」
大河「何ぃ!?」
ヤプール「フッハッハッハッハ!!!GGGの諸君!」
大河「おっ、お前は!?」
ヤプール「我は異次元人ヤプール!」
ガオガイガー「ヤプール!?貴様だな!怪獣軍団を操ってるのは!」
ヤプール「そのとおりだ!そしてこの怪獣軍団はゾンダーメタルによって強化されたものなのだ!」
護「やっぱりそうだったのか!」
大原「大河くん、ゾンダーメタルとは何だね!?」
麗雄「ゾンダーメタルとは知的生命体を機械生命体に変える力を持つメタルだ」
大原「なんだって!?」
麗雄「しかし・・・ヤプールは確かウルトラ兄弟達の力によって倒されたはず・・・」
大原「ではなぜそのヤプールがここにいるんだ!?」
ヤプール「我は偉大なるマイナスエネルギーによって復活したのだ!」
大河「マイナスエネルギーだと!?」
スワン「大河長官!怪獣軍団にマイナスエネルギーが発生シテマス!」
大河「なにっ!?」
ガオガイガー「ドリルニー!」
ゾンダーベムラー「ギジャアァーーーーーーン!!!」
ドリルニーをゾンダーベムラーに炸裂させるガオガイガー、しかし・・・。
ゾンダージーグラ「グォォォォォーーーーーー!!!」
ゾンダージーグラはガオガイガーにパワーアップした冷凍ガスを吐いた!
ガオガイガー「うわぁ!」
ガオガイガーの両足が凍った!
護「凱兄ちゃん!」
ゾンダージーグラ・ゾンダーデスバラン「グォォォォォーーーーーー!!!」
超竜神・激竜神「凱機動隊長!」
ゾンダージーグラとゾンダーデスバランの攻撃からガオガイガーを守ろうとする超竜神と激竜神だが!?
ゾンダーキングボックル・ゾンダーマザロン人・ゾンダーツルク星人・ゾンダージャゴン・ゾンダーアルゴ星人「グォォォォォーーーーーー!!!」
ガオガイガー「来るぞ!」
光竜・闇竜「システムチェーンジ!!!」
光竜「光竜!」
闇竜「闇竜!」
超竜神「光竜!」
激竜神「闇竜!」
光竜「お兄ちゃん達をいじめるなんて許せない!行くよ闇竜!」
闇竜「はい!」
光竜・闇竜「シンメトリカルドッキング!!!」
天竜神「天っ竜ぅぅぅじぃぃん!!!」
ゾンダーマザロン人・ゾンダーツルク星人・ゾンダーアルゴ星人「グォォォォォーーーーーー!!!」
天竜神「光と闇の舞!」
天竜神の左腕からミサイルが発射された!
ゾンダーツルク星人・ゾンダーアルゴ星人「グォォォォォーーーーーー!!!」
天竜神を見失うゾンダーツルグ星人とゾンダーアルゴ星人!そして!
天竜神「ハァッ!」
グサッ!
ゾンダーツルク星人「ギジャアァーーーーーーン!!!」
天竜神のダブル・リム・オングルがゾンダーツルク星人の腹を貫いた!
ゾンダーマザロン人・ゾンダーデスバラン・ゾンダーアルゴ星人「グォォォォォーーーーーー!!!」
超竜神「天竜神!来るぞ!」
天竜神「そこね!パワーメーザー砲!」
ゾンダーアルゴ星人「ギジャアァーーーーーーン!!!」
ゾンダーマザロン人「グォォォォォーーーーーー!!!」
ゾンダーデスバラン「ギャォォォォーーーーーーン!!!」
パワーメーザー砲が怪獣軍団に炸裂!
超竜神「行くぞ!激竜神!天竜神!」
激竜神・天竜神「了解!」
ゾンダージーグラ・ゾンダーダバラン・ゾンダージャゴン・ゾンダーゴラ「グキャグォォォォーーーーーー!!!」
ゾンダー怪獣達が超竜神達に一斉に襲い掛かる!
超竜神「みんな!一斉掃射だ!」
天竜神「分かったお兄ちゃん!」
激竜神「派手に暴れようぜ!」
超竜神「ダブルガン、ダブルライフル、一斉発射!」
激竜神「唸れ疾風!轟け雷光!シャントゥロンッ!」
天竜神「天竜神!光と闇の舞!」
ズガァァァァーーーン!!!
怪獣軍団「グギャグォォォォーーーーー!!!」
ゾンダー怪獣軍団は全滅した!
激竜神「やったぜ!」
ガオガイガー「うぉぉぉぉーーーーーー!!!」
ガオガイガーは自分の力で氷を溶かした!
ヤプール「なっ・・・、なにっ!?」
ダグファイヤー「よーし俺も合体だ!」
そこにファイヤージャンボが現れた!
両津「な、何だあれは!?」
ダグファイヤー「うぉぉぉぉーーーーーー!!!」
ファイヤージャンボが変形しファイヤーレスキューとファイヤーラダーが合体しそしてダグファイヤーと合!
ファイヤーダグオン「火炎合体!ファイヤァァァァァーーーーーーダグオッン!!!」
両津「ファ、ファイヤーダグオンだとぉ!?自爆したはずのファイヤーダグオンがどうしてここに!?」
説明しよう!炎のダグビーグルは自爆してしまったが、ブレイブ星人の力によって修復されたのだ!
両津「この分だと復活した勇者ロボがまだまだいそうだな・・・。」
フルハシ「あれがファイヤーダグオン・・・」
両津「ん?誰だお前は?」
フルハシ「我々はウルトラ警備隊」
両津「ウルトラ警備隊!?ウルトラ警備隊というとあのウルトラセブンと一緒に戦った防衛軍か!?」
アマギ「俺達はGGGにガオーマシンを送りに来ただけだよ」
両津「へえー」
ブローズ・デガンジャ・バランガス「グギャグォォォォーーーーー!!!」
ネオガクゾム「ギジャアァーーーーーーン!!!」
ネス「PKサンダー!」
ブローズ「グギャグォォォォーーーーー!!!」
リュカ「PKファイヤー!」
デガンジャ「グォォォォォーーーーーー!!!」
キャプファル「ファルコォォォン・・・パァァァァンチ!!!」
バランガス「グギャグォォォォーーーーー!!!」
ネス、リュカ、キャプファル(キャプテン・ファルコン)はゴーデス怪獣を蹴散らした!
ヒューン
カービィ「ぽよ!」
ネオガクゾム「ギジャアァーーーーーーン!!!」
ファイヤーダグオン「んっ?なんだお前は!?」
カービィ「ぽぉぉよぉぉーーーーーー!!!」
カービィはファイヤーダグオンを吸い込んだ!
ファイヤーダグオン「うわぁ!」
両津「あっ!ファイヤーダグオンが!」
ピカーン!
ファイヤーダグカービィ「コピー能力!ファイヤーダグカービィ!」
ファイヤーダグオン「コピーした!?」
両津「その力は、一体・・・!?」
ファイヤーダグカービィ「ファイヤァァァァァホールド!!!」
ファイヤーダグオン「ああっ!こいつ俺の技を!?」
説明しよう!カービィはコピーをする能力を持っているのだ!
ファイヤーダグカービィ「ぽよぽーよ!(訳:ファイヤーダグオン!今がチャンスだ!)」
ファイヤーダグオン「分かった!ファイヤーダグカービィ!」
ネオガクゾム「ギジャアァーーーーーーン!!!」
ファイヤーダグカービィのファイヤーホールドがネオガクゾムに直撃し動けなくした!
ファイヤーダグオン「ライアァァァン!」
ライアン「トウッ!ファイヤーダグオン!俺を使え!」
ライアンはライオソードに変形した!
ファイヤーダグオン「ファイヤーライオソォォォォォドッ!」
両津「おおっ!」
ファイヤーダグオン「ぬぉぉぉぉぉぉーーーーーー!!!」
ズシャ!
ネオガクゾム「ギジャアァーーーーーーン!!!」
ファイヤーダグオンと剣星人ライアンの合体技がネオガクゾムを粉砕した!
シャドーダグオン「おおっ!」
Sライナーダグオン「見事な連係プレイだ!」
ヤプール「おのれぇぇぇぇぇーーーーーー!!!勇者ロボどもめ!」
ヤプールの乗るEI-02は荷電粒子砲と冷凍砲を同時発射した!
ガオガイガー「プロテクトウォォォォーーーール!!!」
ガオガイガーはプロテクトウォールを放った!
ヤプール「なにぃ!?」
荷電粒子砲と冷凍砲のエネルギーは五方星を描いてヤプールの乗るEI-02に跳ね返ってきた!
ヤプール「うわぁ!」
ビッグボルフォッグ「大回転魔弾!」
ビッグボルフォッグの大回転魔弾がEI-02に炸裂!
ビッグボルフォッグ「今です凱機動隊長!」
ガオガイガー「おうっ!ヘル!アァンドヘブン!!!」
ガオガイガーはヘルアンドへブンの体制に入った!
ガオガイガー「ゲム・ギル・ガン・ゴー・グフォ……。」
ヤプール「死ねぇぇぇぇぇーーーーーー!!!」
ガオガイガー「フン!」
ガオガイガーから衝撃波が流れEI-02に直撃し動けなくなった!
ガオガイガー「ウィィィィタァァァァァァーーーーー!!!」
ヤプール「なっ・・・、なんだっ!?」
ガオガイガーのヘルアンドヘブンがヤプールが乗るEI-02に炸裂!
ガオガイガー「おおおおおおおおっ!」
ヤプール「まずい!このままでは!うわぁぁぁぁぁぁぁーーーーーー!!!」
ドガアアアアアアアン!!
護「やった!」
ボルフォッグ「さすがです!凱機動隊長!」
ガオガイガー「ああ、ダグオンチームありがとう」
ファイヤーダグオン「こっちもな」
???「フッハハハハハハハ!!!」
ファイヤーダグオン「!?」
ガオガイガー「貴様一体!」
なんと地底からアンチゴーネが現れた!
アンチゴーネ「私の名は、グロース星人の初代戦闘隊長アンチゴーネ!」
ビッグボルフォッグ「アンチゴーネですと!?」
アンチゴーネ「フッフッフッ・・・勇者ロボ共よ勝ったと思うなよ!我々はゾンダーメタルやゴーデス細胞を利用しより強力な怪獣や超獣や恐獣を送りこみ貴様らを抹殺しこの全宇宙を我が物にするのだ!フッハハハハハハハ!!!」
そう言うとアンチゴーネは消えた。
ガオガイガー「アンチゴーネ・・・一体なにを企んでるんだ・・・」
ヤプール率いる怪獣軍団を倒した最強勇者ロボ軍団とダグオンチーム。だがアンチゴーネはより強い怪獣や超獣や恐獣を送りこんでくるのだ。行け!戦え!我らの最強勇者ロボ軍団!
続く

第5話「暗黒宇宙~惑星ポケタニア~」 Edit

~スペースペンドラゴン内~
レイ「ボス!」
ヒュウガ「どうしたレイ!」
レイ「高次元エネルギーが展開されました!ペンドラゴンが引き寄せられています!!」
ヒュウガ「なんだって!?」
クマノ「発生原はワームホールです!」
オキ「このままだと別の宇宙に吸い込まれてしまいます!」
レイ「まさか・・・レイブラッドか!?」
レイは眉間にしわを寄せて言った。
だが、レイブラッドは先程惑星ハマーで、ウルトラマンとセブンの力を借り、確に倒したはずだが・・・?
ハルナ「どうしたのレイ」
レイ「いや、なんでもない・・・」
ヒュウガ「とにかくエンジンを出力全開にするんだ!」
クマノ・オキ「了解!」
スペースペンドラゴンは出力全開でワームホールから脱出をしようとするがあまりのエネルギーによりワームホールに吸い込まれてしまう!
オキ「ボス!このままでは吸い込まれます!」ヒュウガ「くっ、クソ・・・」ハルナ「操舵・・・不能!!」
ヒュウガ「みんな!しっかり捕まれ!」
そしてスペースペンドラゴンはワームホールに吸い込まれてしまった・・・
~惑星ポケタニア~
惑星ポケタニア、この星はポケモンだけが住む惑星。
~プクリンのギルド内~
プクリン「グーグー」
ドガアーーーーーン!
ペラップ「うわぁ!」
ビッパ「なっ、なんゲスか!?」
ポッチャマ「うっ、うーん・・・」
ヒトカゲ「どうしたのみんな?」
ペラップ「な・・・なにか落ちてきたんだけど・・・。」
ビッパ「ひょっとして隕石じゃないゲスか!?」
ペラップ「とにかく行ってみよう!」
そして落下した場所へ・・・
ペラップ「あっ、あれだ!」
ドゴーム「なんだありゃ!?」
ヘイガニ「ヘイヘイ!一体なにが落下したんヘイ!」
キマワリ「気になるですわ!」
ペラップ「なっ、なんだこれは!?」
ペラップ達が見たのはワームホールに吸い込まれたスペースペンドラゴンだった!
ドゴーム「見た所飛行機みたいな乗り物だが・・・。」
ペラップ「待て!触れてはならん!」
ドゴーム「すっ、すんません・・・」
~スペースペンドラゴン内~
ヒュウガ「イテテ・・・みんな無事か!」
クマノ「我々は大丈夫です!」
ヒュウガ「それにしてもここは一体・・・」
レイ「奇妙なところに飛ばされたな・・・。」
ヒュウガ「とにかく降りてみよう。みんな来てくれ」
レイ達「了解!」
ZAPクルー達はスペースペンドラゴンに降りた。
ヒュウガ「んっ!?」
ペラップ「おい、お前達!」
レイ「誰だっ!?」
カチャ!
ペラップ達「ひゃあ!」
ハルナ「やめなさいレイ!」
レイ「・・・」
オキ「変わった生き物ですね」
クマノ「ああっボス、ここは地球ではありませんね」
ヒュウガ「うむ・・・君達、この惑星は一体・・・」
コータス「ここは惑星ポケタニアじゃ」
ヒュウガ「惑星ポケタニア?」
ペラップ「コータス村長!」
レイ「惑星ポケタニア・・・」
オキ「聞いた事のない星ですね・・・。」
コータス「おぬしらは一体・・・」
ヒュウガ「我々はZAP SPACYのクルーの隊長のヒュウガです。コータス村長、惑星ポケタニアって一体・・・」
コータス「惑星ポケタニアは我々ポケモンだけが住む惑星で地球と同じ美しい惑星じゃ」
ヒュウガ「ポケモンだけが住む惑星?」

コータス「その通り、ここはお前達みたいな人間はおらん。んっ?」

ヒュウガ「どうしたんですか?」
コータス「北西の森からアゲハントの群れが・・・これはまさか・・・」
ヒュウガ「アゲハントの群れ?」
ヘイガニ「おーい大変だ!また怪獣が現れたぞ!」
レイ「怪獣だと!?」
ヒュウガ「なにがあったんだ!?」
ヘイガニ「北西の岩山から怪獣が現れたんだ!」
ゴメス「グォォォーーーー!!!」
マグラー「グギャァァァァーーーーーー!!!」
グドン「グォォォーーーー!!!」
ゴルザ「グギャァァァァーーーーーー!!!」
キリンキ「かっ、怪獣だぁぁぁぁぁぁーーーーーー!!!」
ソーナノ「逃げるナノ!」
ゴメス「グォォォーーーー!!!」
ズガァァァァーーーン!!!
ゴメスはポケモン達に襲い掛かって来た!
レイ「行け!ゴモラ!」
バトルナイザー音声「バトルナイザー、モンスロード!!」
ゴモラ「キシャォォォォーーーーーン!!!」
レイはゴモラを召喚した!
ゴメス「グォォォーーーー!!!」
ルリリ「きゃぁぁぁぁぁぁーーーーーー!!!お兄ちゃぁぁぁぁぁぁん!!!」
マリル「ルリリ!」
ゴモラ「キシャォォォォーーーーーン!!!」
ゴモラはゴメスの尻尾を掴み投げ飛ばした!
ゴメス「グォォォーーーー!!!」
マグラー「グギャァァァァーーーーーー!!!」
ゴルザ「ズギャグォォォォーーーーーー!!!」
グドン「グギャグォォォーーーー!!!」
マグラーとゴルザとグドンの一斉攻撃!
ゴモラ「キシャォォォォーーーーーン!!!」
ゴルザ「グォォォーーーー!!!」
ゴモラは怪獣軍団に攻撃するがしかし!
ズドーーン!!!
ポケモン達「きゃぁぁぁぁぁぁーーーーーー!!!」
レイ「!?」
なんとゴモラが横に倒れたためポケモン達に被害が出てしまった!
ゴルザ「グギャァグォォォーーーー!!!」
ゴルザの超音波光線がゴモラに向けて発した!
ズガァァァァーーーン!!!
ゴモラ「キシャォォォォーーーーーン!!!」
レイ「ゴモラ!」
クマノ「くそっ!これじゃゴモラが戦えねえ!」
グドン「グォォォーーーー!!!」
グドンはゴモラの背後から襲い掛かろうとしたその時!
???「デェヤァ!」
オキ「ボス!あれを!」
ヒュウガ「おおっ!ウルトラマンゼロ!」コータス「ウルトラマンゼロ!?」
なんと空からウルティメイトフォースゼロが現れた!
ミラーナイト「加勢します!」レイ「すまない!」ミラーナイト「ディフェンスミラー!」
ミラーナイトはポケモン達に被害を加えないようにディフェンスミラーを使った!
ポケモン達「おお!」ミラーナイト「さぁ早く!」
ミラーナイトはポケモン達を安全なところに逃がした!
ヒュウガ「これでポケモン達に被害を加えず戦える!」レイ「行け!ゴモラ!」
ゴモラ「キシャォォォォーーーーーン!!!」グレンファイヤー「よーし行くぜ!焼鳥!」
ジャンボット 「無礼者!私は焼き鳥ではない!」ウルトラマンゼロ「デェヤァ!」
ゴメス「グォォォーーーー!!!」
ウルトラゼロキックがゴメスに炸裂!
マグラー「グギャァァァァーーーーーー!!!」
グレンファイヤー「俺が相手だ!」
グレンファイヤーとマグラーの一騎打ちだ!
グレンファイヤー「ファイヤーフラァァァァァッシュ!」
マグラー「グギャァァァァーーーーーー!!!」
マグラー大爆発!
ゴルザ「ズギャグォォォォーーーーーー!!!」
レイ「ゴモラ!超振動波だ!」ゴモラ「キシャォォォォーーーーーン!!!」
ゴモラの超振動波がゴルザの超音波光線とぶつかり合った!
ナエトル「どっちが勝つナエ!?」アチャモ「分からないチャモ!」
そして!
ドガーーン!!!
ゴルザ「ズギャグォォォーーーー!!!」
ゴモラの超振動波がゴルザの超音波光線を押し戻した!
ゴモラ「キシャォォォォーーーーーン!!!」
ナエトル「ゴモラの方が勝ったナエ!」アチャモ「凄いチャモ!」
グドン「グォォォーーーー!!!」ナエトル「うわぁ!」アチャモ「食べられちゃうチャモ!」
グドン「グォォォーーーー!!!」ナエトル・アチャモ「うわぁぁぁぁぁぁぁーーーーーー!!!」
ジャンボット「ジャンナックル!」グドン「グォォォーーーー!!!」
ナエトル・アチャモ「えっ!?」
ジャンボット「小さな命に手をだす奴はこのジャンボットが相手だ!」グドン「グォォォーーーー!!!」
グドンはジャンボットに襲い掛かった!
ジャンボット「バトルアックス!必殺・風車!」
ジャンボットの必殺・風車がグドンに炸裂!
アチャモ「やった!」ウルトラマンゼロ「喰らえ!ワイドゼロショット!」
ゴルザ「ズギャグォォォォーーーーーー!!!」レイ「ゴモラ!超振動波!」
ゴモラ「キシャォォォォーーーーーン!!!」ゴメス「グォォォーーーー!!!」
ウルトラマンゼロのワイドゼロショットとゴモラの超振動波がゴメスとゴルザに炸裂!
そして大爆発!
オキ「やった!」ヒュウガ「しかしコータス村長、なぜ惑星ポケタニアに怪獣が?」
コータス「うむ・・・惑星ポケタニアは元々、我々ポケモンだけが住む平和な惑星じゃった・・・」
レイ「なるほど・・・」
コータス「しかし、突然、時空をさけダークライが現れた。そしてダークライは星の力と自分の力を利用し怪獣を呼び寄せた・・・・。」
コータス村長の言う通りこの星はポケモンだけが住む平和な惑星だった。
ピチュー「わーいわーい」
トゲピー・ウパー・ソーナノ「まてまて~」
水辺で遊ぶポケモン達。
するとその時!
ズガァァァァーーーン!!!
アストロモンス「グギャァァァァーーーー!!!」ムルチ「ガァァァァァーーーーーー!!!」
リングマ「かっ、怪獣だぁぁぁぁぁぁーーーーーー!!!」
なんと今度は宇宙大怪獣アストロモンスと巨大魚怪獣ムルチが現れた。
アストロモンス「スギャァァァァァーーーーン!!!」ムルチ「ガァァァァァーーーーーー!!!」
ポケモン達「逃げろぉぉぉぉぉーーーーーー!!!」
逃げるポケモン達
ズゴッ
ピチュー「きゃあ!」
ピチューは転んだ
アストロモンス「グギャァァァァーーーー!!!」ムルチ「ガァァァァァーーーーーー!!!」
アストロモンスとムルチがピチューに迫る!
ピチュー「きゃぁぁぁぁーーーーーー!!!」
???「行けレッドキング!」バトルナイザーの音声「バトルナイザー・モンスロード!」
レッドキング「ピキャォォォォーーーン!!!」ピチュー「!?」
シェイミ「大丈夫ミィ?」ピチュー「君は?」シェイミ「私シェイミでしゅう」グランテ「おい、シェイミ」
シェイミ「はい?」グランテ「早くソイツを安全な所へ連れて行け」シェイミ「分かったでしゅう」
シェイミはピチューを安全な所へ連れて行った。
グランテ「行け!レッドキング!」
グランテの命令でレッドキングがアストロモンスとムルチに向かっていった!
アストロモンス「ズギャァァァァーーーーン!!!」
ムルチ「ガァァァァァーーーーーー!!!」レッドキング「ピキャォォォォーーーン!!!」
レッドキングのラリアットだ!
アストロモンス「ズギャァァァァーーーーン!!!」レッドキング「ピキャォォォォーーーン!!!」
???「クックック・・・まさかレイオニクスがもう一人いたとは・・・」
続く

第6話「ダークライ軍」 Edit

その頃、地球では・・・
中川「一体あの怪獣軍団はなんだったんでしょう?」
大原「うむ・・・とにかくなにも起こらなければいいが・・・」
しかし、今度はしゅごキャラの聖夜学園に魔の手が迫っていた!
~聖夜学園~
ズガァァァァーーーン!!!
ブレーキング「ギシャァァォォォォォーーーン!!!」
亜夢「ひゃぁ!なによあれ!」ルビー「私にも分からないよ!」
ブレーキング「ギシャァァォォォォォーーーン!!!」
ミキ「こっちに来るよ!」ルビー「あかりちゃん助けてぇぇぇーーーーーー!!!」
ブレーキングは亜夢達を襲うとしたその時!
???「待て!ブレーキング!」ブレーキング「ガウ?」ラン「あっ、あれは!?」亜夢「戦闘機!?」
なんとそこに三つの戦闘機が!
ブレーキング「ギシャァァォォォォォーーーン!!!」
3人「フルパワーチャージングセットアップ!!!」號「チェンジゲッター號!」
なんと三つの戦闘機はなんとゲッターマシンで合体してゲッターロボ號になった!
亜夢「あっ・・・、あれは一体!?」號「行くぞ!ブレーキング!」
ブレーキング「キシャォォォォーーーーーン!!!」號「ナックルボンバー!!!」
ゲッターロボ號のナックルボンバーがブレーキングに炸裂!
ブレーキング「ギシャァァォォォォォーーーン!!!」
ブレーキングの尻尾攻撃!
號「ブーメランソーサー!!!」
ゲッターロボ號のブーメランソーサーが、ブレーキングの尻尾を切り裂いた!
號「よーし!必殺!マグフォースサンダー!!!」ブレーキング「キシャォォォォーーーーーン!!!」
ドガァァァァァーーーーン!!!
マグフォースサンダーがブレーキングに炸裂し大爆発!
號「やったぜ!」
亜夢「あなた達は一体・・・!?」號「俺達はゲッターチームだ」亜夢「ゲッターチーム?」
號「ああ、俺はその一人、一文字號だ。」橘翔「ボクは橘翔です」大道凱「自分は大道凱だ」
ミキ「変わった人達ね・・・」亜夢「でも、なぜあなた達がここへ?」
號「俺達は今、謎の敵と戦ってるんだ。そしてあの人の行方を探してるんだ」亜夢「あの人?」
神隼人「その人は俺の仲間さ」 號「隼人指揮官!」亜夢「指揮官?」神隼人「ああ、俺は神隼人だ。」
神隼人、彼はかつて恐竜帝国や百鬼帝国と戦った初代ゲッターチームの一員である!
ルビー「そのあなたの仲間って・・・?」
ガーネット・サフィー「ルビー!」あかり「ルビー!」ルビー「あかりちゃん!」
なんとそこにガーネットとサフィーとあかりが!
あかり「よかった・・・無事で・・・」號「指揮官・・・これは・・・」
神隼人「感動の再会って奴だな。」
橘翔「指揮官・・・」神隼人「それよりお前達に言っておきたいことがある」
大道凱「言っておきたいこと?」神隼人「実は・・・恐竜帝国と百鬼帝国が復活した」
號・翔・凱「恐竜帝国と百鬼帝国が!?」
恐竜帝国、かつてゲッター線によって絶滅に追い込まれた恐竜がマグマ層まで逃げそこで長い間生活したことによって爬虫人間として進化し地上奪還すべくメカザウルスを送り込む悪の軍団である!
大道凱「そんな!?恐竜帝国と百鬼帝国は滅びたはずなのに!?」
神隼人「弁慶の情報によるとダークライと名乗る者が復活させたらしい・・・」
號「ダークライだと・・・」神隼人「うむ・・・」
あかり「あの・・・、隼人さん、百鬼帝国って何ですか?」神隼人「百鬼帝国・・・奴らは鬼の軍団だ」
亜夢「鬼の軍団!?」神隼人「奴らは・・・」弁慶「おーい大変だ大変だ!」
神隼人「弁慶!」號「どうしたんですか弁慶さん!」あかり「ミリアちゃん!」
ミリア「あかり大変だよ!魔法界ジュエルランドが恐竜帝国と名乗る悪い奴らに侵略されてるの!それにマーメイドの国が百鬼帝国に侵略されてるの!」
神隼人「なんだって!?」弁慶「早くGGGに協力を!」
~魔法界ジュエルランド~
メカザウルス軍団「ギシャァァォォォォォーーーン!!!」
ドガァァァァァーーーーン!!!ドガァァァァァーーーーン!!!
ゴルゴ・テラノ・ステラ・チラコ・アロー「グギャァグォォォーーーー!!!」
ラブラ「ギャーーーーーーーーーッ!怪獣らぶぅーーーーーーーーーーーっ!」
帝王ゴール「フッハハハハハハハ!!!よく聞け!我らは恐竜帝国の帝王ゴールだ!こんなメルヘンチックな世界は我々恐竜帝国がぶっ壊し征服するのだ!」
ガレリィ「ゴール様テンション高すぎです」
帝王ゴール「細かいことは気にするな!行け!メカザウルス軍団」
~マーメイドの国~
ブライ大帝「フッハハハハハハハ!!!」 るちあ「だっ、誰!?」
ブライ大帝「よく聞け!我々は百鬼帝国!マーメイドの国を侵略しに来た!」
波音「ひゃ、百鬼帝国!?」ブライ大帝「その通り!我々は鬼の軍団だ!」
るちあ「鬼!?」リナ「お前ら!マーメイドの国を侵略してなにをするつもりだ!」
ヒドラー元帥「問答無用!百鬼ロボット軍団、出撃せよ!」
ブライ大帝「そして攻撃開始!」
百鬼ロボット軍団の総攻撃が始まった!
るちあ「やめて!マーメイドの国を攻撃すれば海が汚染されちゃう!」
ヒドラー元帥「断る!マーメイドの国を侵略しそして百鬼帝国の基地にするのだ!」
魔法界ジュエルランドとマーメイドの国が侵略されそうになったその時!
???「そこまでだ!百鬼帝国!」グラー博士「ブライ大帝!あれを!」
ブライ大帝「なっ、なんだあのSLの化け物は!」舞人「レェェェッツ、マァイトガイン!!」
ヒドラー元帥「なっ、なにが起きるんだ!?」
舞人が乗ってるマイトウィングとロボットガインが両腕に変形しそしてロコモライザーも変形し合体!
舞人「マイトガイン起動!」
ヒドラー元帥「ええーい貴様らは一体何奴じゃ!」
マイトガイン「銀の翼に望みを乗せて、灯せ平和の青信号!勇者特急マイトガイン!定刻通りにただいま到着!!」
ブライ大帝「マイトガインだと!?」ヒドラー元帥「なら行け!百鬼魔獣オニンガー!」
ブライ大帝「カスタマーサービスから貰った百鬼魔獣の力を思い知るがいい!」
オニンガー「オニンガー!」マイトガイン「百鬼魔獣だと!?」
ヒドラー元帥「マイトガイン!この百鬼魔獣の力見せてくれるわ!」
オニンガー「オニンガー!」グラー博士「ついでに行け!百鬼ロボット軍団!」
グラー博士の命令で百鬼ロボット軍団が次々に出撃していく!
マイトガイン「舞人、来るぞ!」
舞人「分かってる!ボンバーズ!ダイバーズ!」
舞人の呼びかけでボンバーズとダイバーズが出撃した!
ボンバーズ「チェーンジ!!!」 ライオボンバー「ライオボンバー!」
バードボンバー「バードボンバー!」 ダイノボンバー「ダイノボンバー!」
ホーンボンバー「ホーンボンバー!」舞人「ボンバーズ!合体だ!」
ライオボンバー「了解!みんな合体だ!」バードボンバー・ダイノボンバー・ホーンボンバー「おう!」
ボンバーズ「合体!」バトルボンバー「バトルボンバー!!!」リナ「なにっ!?」
波音・るちあ「がっ・・・、合体した!?」
ヒドラー元帥「なっ、なにがバトルボンバーじゃ!ぶっ倒してくれるわい!」
グラー博士「ぬぉ!?あれは!?」
ファイヤーダイバー「チェーンジ!!!ファイヤーダイバー!!!」
ポリスダイバー「チェーンジ!!!ポリスダイバー!!!」
ジェットダイバー「チェーンジ!!!ジェットダイバー!!!」
ドリルダイバー「チェーンジ!!!ドリルダイバー!!!」
ヒドラー元帥「へっ、変形だとぉ!?」
舞人「ダイバーズ!緊急合体してガードダイバーの勇姿を見せてくれ!」ファイヤーダイバー「了解!合体!」
ガードダイバー「ガァァァァドダイバァァァァーーーーーー!!!」舞人「行くぞ!オニンガー!」
さぁ、勇者特急隊対百鬼帝国の戦いだ!
マイトガイン「シグナルビィィィィーム!」バトルボンバー「バトルランチャー!」
ガードダイバー「ダイバーデトネイター!」百鬼ロボット軍団「グォォォーーーー!!!」
オニンガー「オニンガー!」るちあ「舞人さん!ここで戦ったら海が汚染されちゃうわ!」
舞人「なんだって!?」オニンガー「オニンガー!」
ズガァァァァーーーン!!!
マイトガイン達「うわぁぁぁぁぁーーーーーー!!!」
ブライ大帝「フッハハハハハハハ!!!さすがカスタマーサービースから授かった魔獣は素晴らしい!」
グラー博士「ゲッターロボの力も解散した今は赤子も当然!」
るちあ「このままじゃ舞人さん達が・・・」リナ「んっ?なんだありゃ!?」
ヒドラー元帥「ブライ大帝!何かがこっちに!」陽介「待ちやがれ!百鬼帝国!俺達を忘れちゃ困るぜ!」
なんとペルソナシリーズに登場する花村陽介と里中知枝とクマさんが乗ったネオイーグル号とネオジャガー号とネオベアー号がやって来た!
神隼人「花村君!訓練の通りにやるんだ!」
陽介「分かってます隼人指揮官!皆行くぞ!」
3人「ペルソナチャージングオン!!!」
陽介「ゲッター・チェンジ!!!ネオゲッター1!」
ネオイーグル号とネオジャガー号とネオベアー号は合体してネオゲッター1になった!
ヒドラー元帥「ばかな!ゲッターロボはもういないはず!?」ブライ大帝「貴様は一体!」
陽介「俺達はネイサーの新たなゲッターチーム!ペルソナゲッターだ!」
ブライ大帝「ペルソナゲッターだと!?」
ついに我々の前にネオゲッターロボが誕生した!
果して、ネオゲッターロボは百鬼帝国に勝てるのか!
続く!

第7話「天下無敵のゲッターロボ!」 Edit

バトルボンバー「すっ、凄い・・・」
マイトガイン「ネオゲッターロボ・・・」舞人「ゲッターは號だけではなかったのか・・・」
ヒドラー元帥「何がネオゲッターロボだ!所詮、赤子同前じゃい!オニンガー!やれぃ!」
オニンガー「オニンガー!」陽介「チェーンナックル!!!」
ネオゲッター1のチェーンナックルがオニンガーをぶっ飛ばした!
オニンガー「グォォォーーーー!!!」陽介「ペルソナトマホーク!!!」
ペルソナトマホークとはペルソナの力でゲッタートマホークを作り出すことが出来るのだ!
ヒドラー元帥「百鬼ロボット軍団出撃じゃい!」
ヒドラー元帥の命令で、百鬼ロボット軍団が次々に出撃していく!
百鬼ロボット軍団「ウォォォォォーーーーーーーー!!!」陽介「トマホークブーメラン!!!」
ネオゲッター1のトマホークブーメランがメカ一角鬼に炸裂!
メカ一角鬼「グォォォーーーー!!!」陽介「ショルダーミサイル!!!」
ネオゲッター1のショルダーミサイルがメカ一角鬼に命中!
メカ一角鬼「グォォォーーーー!!!」
そして大爆発!
陽介「マイトガイン!ここでの戦闘は危険だ!」
舞人「じゃあどうすればいいんだ!」陽介「俺にいい考えがある!ゲッター・チェンジ!!!」
クマ「チェーンジネオゲッター3!」
ネオゲッター1はネオゲッター3にチェンジした!
クマ「行くクマ!ゲッタァァァァトルネェェェェド!!!」
オニンガー「オニンガー!」百鬼ロボット軍団「ウォォォォォーーーーーー!!!」
ネオゲッター3のゲッタートルネードが百鬼魔獣オニンガーと百鬼ロボット軍団を吹き飛ばした!
るちあ「すっ、凄い・・・」舞人「これで海を汚さずに済む!」
クマ「オープン・ゲット!!!」知枝「チェーンジネオゲッター2!!!」
ネオゲッター3はネオゲッター2にチェンジした!
知枝「トウッ!」
ネオゲッター2は海上に出た!
舞人「俺達も行こう!」マイトガイン・バトルボンバー・ガードダイバー「オウ!」
マイトガイン達も海上に出た!
知枝「ドリルアームパァァァンチ!!!」
ズガァァァァーーーン!!!
ヒドラー元帥「うわぁぁぁぁぁーーーーーー!!!」
ネオゲッター2のドリルアームパンチが百鬼ロボット軍団を一掃した!
バトルボンバー「よし!」舞人「残りは百鬼魔獣オニンガーだけだ!」オニンガー「オニンガー!」
ブライ大帝「馬鹿な!百鬼ロボット軍団が・・・オニンガー!奴らを倒せ!」オニンガー「オニンガー!」
ブライ大帝「ヒドラー元帥!グラー博士!逃げるぞ!」
ヒドラー元帥・グラー博士「了解!」るちあ「待ちなさい!」ブライ大帝「ぬぉ!?」
るちあ「平和な海を汚そうとするなんて」波音「絶対に許さない!」リナ「覚悟しな!」
ヒドラー元帥「ブライ大帝!奴らはもしかするとマーメイドプリンセスじゃ・・・」
ブライ大帝「なにっ!?マーメイドプリンセスだと!?」
ヒドラー元帥「マーメイドプリンセスとはマーメイドの国のお姫様でその・・・」
ブライ大帝「ええーい! マーメイドプリンセスだろうがなんだろうがまとめて倒すまでだ!やれ!オニンガー!」
オニンガー「オニンガー!」
知枝「オープン・ゲット!!!」陽介「チェェェンジィ!!!ネオゲッター1!!!」
ネオゲッター2はネオゲッター1にチェンジした!
陽介「行くぞマイトガイン!」舞人「おう!動輪剣!」
るちあ・波音・リナ「ぴちぴちボイスでライブスタート!」
ブライ大帝「!?」
ヒドラー元帥「オニンガー!早く我々を助けるんだ!」オニンガー「オニンガー!」
マイトガイン「動輪剣!」陽介「ペルソナトマホーク!!!」
舞人「うぉぉぉーーーーーー!!!縦!一文字斬り!!!」
陽介「ペルソナトマホークチャージングブレード!!!」
ズシャ!
オニンガー「オニンガー!」陽介「必殺!プラズマサンダァァァァーーーーーー!!!」
るちあ達がライブで応援する中、ネオゲッター1のプラズマサンダーがオニンガーを科学要塞島もろとも葬った!
るちあ・波音・リナ「ラブシャワーピィィッチ♪アンコールはいかが?」
ブライ大帝・ヒドラー元帥・グラー博士「ギャァァァァァァァーーーーーー!!!ダッ、ダークライ様ァァァァーーーーーー!!!」
そして大爆発!
るちあ「ありがとう!舞人さん!ネオゲッターロボ!」
クマ「ちょっと待つクマ!ブライ大帝は確かダークライ様って言ってたクマ!」陽介「なんだって!?」
リナ「そーいえば確か言ってたな・・・」陽介「千枝!指揮官に報告を!」千枝「分かったわ!」
そして魔法界ジュエルランドでは・・・
バッド将軍「フッハハハハハハ!!!もっと暴れるがいい!」
メカザウルス・サキ「グォォォォーーーーーー!!!」三大メカザウルス「グォォォォーーーーーー!!!」
ディアン「くそっ!ジュエルペットの魔法が効かない!?」
帝王ゴール「フッハハハハハハ!!!ジュエルペットの魔法なんてこの恐竜帝国のメカザウルスにはきかん!フッハハハハハハ!!!」
???「待て恐竜帝国!」バッド将軍「ゴール様!あれを!」帝王ゴール「んっ!?なんだあれは!」
なんとそこに三つのゲッターマシンが!
一文字號「よーし行くぞ!」三人「フルパワーチャージングセットアップ!!!」
一文字號「チェーンジゲッター號!」
三つのゲッターマシンは合体してゲッターロボ號になった!
ディアン「なんだあれは!?」ファイヤーエン「トウッ!融合合体!」
ファイヤーエンはファイヤーストラトスと融合合体してダグファイヤーに!
ダグファイヤー「ダグファイヤー!」ディアン「ダグファイヤー!?」
そして後からパワーショベルが!
ニック「なっ・・・、なんだ!?」
ブラウニー「でっかいショベルカーだうに~!」 ダグファイヤー「剛力合体!」
そしてダグファイヤーはパワーショベルと合体!
パワーダグオン「パァァワァァァダグオン!!!」ターボカイ達「融合合体!」
ダグターボ「ダグタァァァァボ!!!」ダグアーマー「ダグアァァァァマァァァァ!!!」
ダグウィング「ダグウィィィィング!!!」ダグドリル「ダグドリィィルゥ!!!」
ダグターボ達「超重連合体!!!」
Sライナーダグオン「スーパーライナァァァァダグオン!!!」
シャドーリュウ「融合合体!」ダグシャドー「ダァァァァグシャドーッ!!!」
サンダーライ「融合合体!」ダグサンダー「ダァァァァグサンダァァァーーーーーー!!!」
ダグシャドー「ガードアニマル!」
ダグシャドーはガードアニマルを召喚した!
ガードウルフ「グォォォォーーーーーー!!!」ガードタイガー「ガァァァオォォォン!!!」
ガードホーク「ガァァァァァーーーーーー!!!」ダグサンダー「カムヒァ!サンダーシャトル!!!」
ダグサンダーはサンダーシャトルを呼んだ!
ダグシャドー「機獣合体!」ダグサンダー「雷鳴合体!」
シャドーダグオン「シャドォーッダグオン!!!」サンダーダグオン「サンダァァァァダグオン!!!」
帝王ゴール「なっ、なんだお前達は!?」
一文字號「恐竜帝国!これ以上貴様の好きにはさせないぞ!」
バット将軍「おのれぇ!メカザウルス軍団、攻撃開始!」
メカザウルス・サキ・メカザウルス・ザイ「グォォォォーーーーーー!!!」
メカザウルス軍団の攻撃だ!
一文字號「ナックルボンバー!」
ゲッターロボ號のナックルボンバーがメカザウルス・サキとメカザウルス・ザイに炸裂!
プレーズ「う、腕が飛んだ!?」イオ「なんという魔法だっち!」
パワーダグオン「こっちも行くぜ!ファイヤァァァァクロォォォォーーーーーー!!!」
ゴルゴ「グギャァグォォォーーーー!!!」
パワーダグオンのファイヤークローがゴルゴに炸裂!
メカザウルス・バド・テラノ「ピキュゥゥギャグオォォォーーーン!!!(ラドンの鳴き声)」
大道凱「空から来るぞ!」橘翔「ボクに任せて!チェーンジィゲッター翔!!!」
ゲッター號はゲッター翔にチェンジした!
橘翔「いくよ!ストリングアタァァァック!!!」
ズガァァァァーーーン!!!
メカザウルス・バド・テラノ「ピキュゥゥギャグオォォォーーーン!!!」
ゲッター翔のストリングアタックがメカザウルス・バドとテラノに炸裂!
パワーダグオン「すっ、スゲー・・・」
メカザウルス・ズー「グォォォォーーーーーー!!!」一文字號「翔!来るぞ!」
大道凱「ここは俺に任せろ!チェェェンジゲッタァァァ凱!!!」
ゲッター翔はゲッター凱にチェンジした!
大道凱「グレートハンマァァァァーーーーーー!!!」メカザウルス・ズー「ガウ!?」
ドガアーーーーーーン!
メカザウルス・ズー「グォォォォーーーーーー!!!」大道凱「止めだ!ブレストビーム!!!」
ゲッター凱のブレストビームが、メカザウルス・ズーに炸裂!
ラブラ「凄いラブ!」
帝王ゴール「くぅ~おのれぇぇぇーーーーーーい!!!ガレリィ!エレキングを出せ!」
ガレリィ「了解!行け!エレキング!」
エレキング「ギィィィィーーーン!!!」
ガレリィ長官の命令でエレキングが出撃した!
Sライナーダグオン「エレキングだと!?」エレキング「ギィィィィーーーン!!!」
大道凱「ゲッタァァァチェェェンジ!!!」一文字號「チェェェンジゲッタァァァ號!!!」
ゲッター凱はゲッター號にチェンジしてエレキングに立ち向かう!
一文字號「行くぞ!」エレキング「ギィィィィーーーン!!!」一文字號「ハァァァァァ・・・トリャ!」
ドゴッ!
エレキング「ギィィィィーーーン!!!」一文字號「ナックルボンバァァァァーーーーーー!!!」
ガレリィ長官「電子バリア!」エレキング「ギィィィィーーーン!!!」
カキィィィーーーーーーン!!!
なんとナックルボンバーが跳ね返された!
一文字號「ナックルボンバーを跳ね返した!?」エレキング「ギィィィィーーーン!!!」
エレキングは尻尾を使ってゲッターロボ號に巻き付いた!
一文字號「うわぁ!」エレキング「ギィィィィーーーン!!!」
バリバリビリビリィィィーーーーーー!!!
3人「うわぁぁぁぁぁぁぁーーーーーー!!!」
エレキングの高圧電流が、ゲッターロボ號を襲う!
パワーダグオン「ゲッターロボ號!」ステラ・チラコ・アロー「グォォォォーーーーーー!!!」
Sライナーダグオン「来るぞ!」
ステラ・チラコ・アローがダグオンチームに襲い掛かる!
ゴール「フッハハハハハハ!!!でかしたぞガレリィ長官、もうこれで終わりだ!フッハハハハハハ!!!」
ガレリィ長官「帝王ゴール様、あれを!」ゴール「んっ?」
なんとそこにウルトラセブンが来た!
ウルトラセブン「デュワ!」一文字號「ウルトラセブン!」
ゴール「ばっ、馬鹿な!どうしてウルトラセブンがジュエルランドに!?」
ウルトラセブン「デュワ!」
ビィィィィーーーーーー!!!
ウルトラセブンはエメリウム光線でゲッターロボ號を助けた!
エレキング「ギィィィィーーーン!!!」
一文字號「ありがとうセブン!助かったぞ!」ウルトラセブン「デュワ!」
ビィィィィーーーーーー!!!
ウルトラセブンはエレキングの角をエメリウム光線で破壊した!
一文字號「こっちも行くぜ!ブーメランソーサー!」
ゲッターロボ號のブーメランソーサーがエレキングに炸裂!
エレキング「ギィィィィーーーン!!!」
一文字號「よっしゃ!」
神隼人「號!マグフォースサンダーだ!」
一文字號「了解!行くぜ!必殺!マグフォォォォォスサンダァァァァーーーーーー!!!」
ウルトラセブン「ワイドショット!」
パワーダグオン「パワードリルクラッシュ!!!」
Sライナーダグオン「スーパァァァァライナァァァァクラァァァァシュ!!!」
シャドーダグオン「名刀カゲムラサキ!!!」
チラコ「ガウ?」
シャドーダグオン「トウッ!シャドー・牙王斬り!」
サンダーダグオン「サンダァァァランサァァァーーーーーー!!!」
バッド将軍「なっ、なんだ!?」
サンダーダグオン「サンダァァァフィニィィィシュ!!!」
ゲッターロボ號とダグオンチームとウルトラセブンの合体攻撃だ!
怪獣軍団「グギャグォォォォォーーーーーー!!!」
帝王ゴール・ガレリィ長官・バッド将軍「ギャァァァァァァァーーーーーー!!!」
そして大爆発!
一文字號「やったぜ!」
帝王ゴール「勝ったと思うなよ!ゲッターロボ號!」
一文字號「!?」
橘翔「どういうことだ!帝王ゴール!」
ゴール「我々を復活させたダークライ様が必ず貴様らを・・・グワァァァァァァァーーーーーー!!!」
ゴールは爆発に巻き込まれ死亡した。
一文字號「ダークライ・・・一体、なんのことだろうか・・・」
続く

第8話「プププランド最大の危機」 Edit

~プププランド~
カービィ「ぐぅ・・・ぐぅ・・・」
カービィは地球での戦いが終わった後、プププランドに戻り眠っていた。
だがその時!
ドガァァァァーーーーーーン!!!
カービィ「んっ?」フーム「カービィ大変よ!」カービィ「ぽぉよ!?」
デビルサターン6「ガッハハハハハハ!!!よく聞け貴様ら!ワイの名はデビルサターン6や!」
なんとプププランドにデビルサターン6が現われた!
コックカワサキ「なっ、なんなんだあれは!」
デデデ大王「わしはこんなやつレンタルした覚えはないぞい!」
エスカルゴン「本当ゲスか?」
突如現れたデビルサターン6に戸惑う住民達!
デデデ大王「エスカルゴン!わしを疑うのか!」
そしてその様子を見るメタナイト達・・・。
メタナイト「おかしい、ナイトメアは滅んだはずだが・・・。」
デビルサターン6「ワイの力を見せてたるで!」
デビルサターン6の火炎攻撃だ!
ゴォォォーーーーーー!!!
コックカワサキ「うわぁ!」ブン「こっ、こいつ!ファイヤーカービィみたいに火を噴きやがった!?」
デビルサターン6「喰らえ!デビルレーザー!」
デビルサターン6のデビルレーザーがプププランドの住民達を襲う!
コックカワサキ「助けてくれぇぇぇーーーーーー!!!」
デビルサターン6「ガッハハハハハハ!!!んっ!?なんだあれは!」
そこにワープスターを乗ったカービィが現れた。
デデデ大王「カービィ!」
カービィは、デビルサターン6を吸い込もうとするが・・・。
ズガァァァァーーーン!!!
カービィ「ぽよ!」
カービィはデビルサターン6の攻撃を受けて吹っ飛んでしまった!
フーム「カービィ!」デビルサターン6「処刑の時間やで!」
デビルサターン6がカービィに止めをさそうとしたその時!
???「待てぇい!」フーム「!?」デデデ大王「なんだあれは!」
???「悪の暴力に屈せず、恐怖と戦う正義の気力!人、それを『勇気』と言う!」
デビルサターン6「その声はもしや!?」デデデ大王「だ、だれぞい!お前は!?」
ロム「貴様らに名乗る名前はないっ!」デビルサターン6「やっ、やはりロム・ストール!」
ブルー・ジェット「おっと!このブルー・ジェットを忘れちゃ困るぜ」
ロッド・ドリル「おいらもいるぞ!」
エスカルゴン「ロボットが喋ったゲス!」
デデデ大王「どんな仕掛けか知らないが、機械のクセにペラペラ喋りおって!」
デビルサターン6「うるさいわブタペンギン!」
デデデ大王「ブタペンギン!?わしはブタペンギンではないわ!」
ロム「行くぞ!トウッ!」デビルサターン6「!?」ロム「天空宙心拳、旋風蹴りっ!!」
デビルサターン6「グェ!」カービィ「ぽよ!」ブン「かっ、格好・・・」
ドガァァァァーーーーーーン!!!
カービィ「ぽよ!?」フーム「なっ、何!?」
カービィ達がふりむくと・・・・。
ゴォォォ・・・
フーム「あれはメタナイトの戦艦!?」
ブン「前にナイトメアとの戦いで沈んだはずじゃ!?」ディオンドラ「デビルサターン6!」
デビルサターン6「ディオンドラのアネゴ!」ロム「ディオンドラ!?」
ディオンドラ「デビルサターン6!なにをやっている!プププランドの征圧はアンタの役割だろ!」
デビルサターン6「す、すんまへん!」
ロム「なぜ貴様が!」ディオンドラ「うふふ・・・」ブルー・ジェット「何が可笑しい!」
ディオンドラ「私達はダークライ様の命令でプププランドを征圧しにきたのさ!」
ロム「ダークライだと!?」
デデデ大王「おいディオンドラ!この美しい体(デブ)と最強の頭脳(悪い頭脳)とイケメン(不細工)のヒーロー、デデデマンが相手ぞぃ!」
エスカルゴン「陛下・・・」
と、そこへ!
メタナイト「ディオンドラ!私のハルバードを返せ!」フーム「メタナイト!」ディオンドラ「ふん!」
ディオンドラは電磁ムチでメタナイトを攻撃した!
メタナイト「フン!トリャ!」
メタナイトは聖剣ギャラクシアでディオンドラの電磁ムチを切り払う。
ディオンドラ「うふふ・・・私と遊びたいのね・・・」
ロム「ディオンドラ!ダークライって一体・・・」
ディオンドラ「ロム・・・貴方の相手はコイツらよ!行きな!」
ガロン・リッドル「ズギャグォォォーーーーーー!!!(ゴルザの鳴き声)」
ガギ「ギシャァァーーーン(タッコング(初号プリント版)の鳴き声)」
フーム「ま・・・、魔獣!?」デデデ大王「エスカルゴン!こんな奴いたか?」
エスカルゴン「大王様、もうナイトメアは滅んだんでゲスよ!」
そして3体の怪獣はロム・ストールたちに襲い掛かってきた!
カービィ「ぽよ!?」デデデ大王「こっちに来るぞぃ!」
ブルー・ジェット「そうはさせるか!ジェェェェェェェット!!」
ガロン「ズギャグォォォーーーーーー!!!」
ジェット機に変形したブルー・ジェットはガロンを攻撃する!
ロッド・ドリル「こっちも行くぜ!よっしゃああああああ!!!」
ロッド・ドリルはドリルタンクに変形した!
リットル「グガガガガァ(バキシムの鳴き声)!!!」
リットルのロケット弾攻撃!だが、ドリルタンクに変形したロッド・ドリルはこれをかわしながらリットルに突っ込んでいく!
ロット・ドリル「トリャァァァーーーーーー!!!」
リットル「ズギャグォォォーーーーーー!!!(悲鳴はゴルザの鳴き声)」
ロッド・ドリルのドリルチャージがリットルを貫いた!
ロム「こっちも行くぞ!」カービィ「ぽよ?」
ロム・ストールの手元から剣狼が召喚された!
ロム「剣狼よ!我に力を!」
光のエネルギーが頂点に達すると、剣狼は次元の壁を超えケンリュウを呼び寄せるのである。ロムはケンリュウと合身することによってその力を数十倍に発揮できるようになるのだ!
ロム「闇あるところ光あり、悪あるところ正義あり!天空よりの使者、ケンリュウ参上!!」
ブン「すっ、スゲー・・・」
フーム「あ・・・、あれも星の戦士!?」カービィ「ぽよ!」
メタナイト「私も行くぞ!」デデデ大王「エスカルゴン!わしらも行くぞぃ!」
エスカルゴン「あ、はいでゲス!」ロム「行くぞ!」カービィ「ぽよ!」
カービィはケンリュウとともにバリヤー怪獣ガギに向かっていく!
ガギ「ギシャァァーーーン!!!」
バリヤー怪獣ガギはカービィとケンリュウにむけて破壊光線を発射した!
ロム「トゥッ!天空真剣!稲妻二段斬り!」
ケンリュウの天空真剣・稲妻二段斬りがバリヤー怪獣ガギに炸裂!
ガギ「ギシャァァーーーン!!!」
デビルサターン6「ロム・ストール!ワイが相手や!」
ロム「望むところだ!デビルサターン6!」エスカルゴン「やい!ディオンドラ!」
デデデ大王「お前の相手はこのわしとエスカルゴンが相手だぞぃ!」
エスカルゴン「陛下殿!?」ディオンドラ「ザコはすっこんでな!」
ディオンドラは妖剣メデューサから出る破壊光線でデデデ大王とエスカルゴンをぶっ飛ばした!
デデデ大王・エスカルゴン「ギャァァァァァァァーーーーーー!!!」
ディオンドラ「うふふ・・・馬鹿な奴・・・」
ロム「ディオンドラ!その戦艦はどこから持って来た!」
ディオンドラ「この戦艦ハルバードはダークライ様から貰ったのよロム!」
ロム「ダークライだと!?」カービィ「ぽよ?」ブン「あれが・・・、敵の物になっちまったのか!?」
ブルー・ジェット「君!こんなところにいては危ない!」
ブン「うわっ!?」フーム「ブン!危ないから早くこっちへ!」
ブン「あっ!わかった!」デビルサターン6「喰らえ!デビルレーザー!」
ブルー・ジェット「ブレイザーカノン!!!」
ジェット機に変形したブルー・ジェットはデビルサターン6のデビルレーザーをかわしながらブレイザーカノンで反撃した!
デビルサターン6「おまっ!」ロム「天空真剣・・・真空竜巻!」ガギ「ギシャァァーーーン!!!」
ケンリュウの天空真剣・真空竜巻がバリヤー怪獣ガギを切り刻んだ!
ガギ「ギシャァァーーーン!!!」
ガギは大爆発!
ブン「やった!」カービィ「ぽよ!」メタナイト「さあ、私のハルバードを返してもらおうか!」
ディオンドラ「うふふ・・・いいわよ・・・でもこれで勝ったと思うなよ!」
デビルサターン6「そうやそうや!」
メタナイト「なに!?どういうことだ!」ディオンドラ「うふふ・・・デビルサターン6、逃げるわよ!」
デビルサターン6「はい!ディオンドラのアネゴ!」
シュン!
ロッド・ドリル「逃げやがったぞ!」ブルー・ジェット「奴らは一体・・・」
レイナ「ロム兄ぃさぁーん!」ロム「レイナ!」カービィ「ぽぉ~よぉ~?」
そこにレイナ・ストールとトリプル・ジムが現れた。
レイナ「大変よ!謎の艦隊が太陽系に向かってるらしいの!」 ロム「なんだって!?」フーム「謎の艦隊!?」
カービィ「ぽよ!?」レイナ「それで今、マシンロボ軍団が謎の艦隊の攻撃に向かってるわ」
ロム「よし、我々も行こう!」デデデ大王「待て!我々も連れてってくれロム!」エスカルゴン「陛下?」
ブン「デデデ、まさかお前・・・!?」デデデ大王「わしらもプププランドのために協力するぞい!」
エスカルゴン「陛下・・・」カービィ「ぽよ!ぽよ!」デデデ大王「カービィ、お前も行きたいのか?」
カービィ「ぽよ!」ロム「分かった!プププランドの皆と共に行こう!」一同「おー!」
かくしてロム達とカービィ達は戦艦ハルバードに乗り謎の艦隊に立ち向かうべく太陽系に向かった。
続く

続き Edit

スマブラ・超勇者伝説~ブラックノヴァの大逆襲~Part2~