創作シリーズ/創作キャラクター/メルヘヴン

Last-modified: 2016-06-28 (火) 20:32:14
目次

メルヘヴン Edit

虎水ギンタ(メルヘヴン) Edit

ジャンプ回数カベジャンプ壁張り付き滑空しゃがみ歩きワイヤー復帰
2回可能不可能不可能不可能可能

・特徴
メルヘヴンキャラの中では、能力は一番平均的。ただ力が少し強く、少しふっとびやすい。
普段はバッボを通常状態にしており、バッボを投げたり、ハンマーを大きくしたりして戦う。
実はワイヤー復帰ができ、ワイヤー復帰を行うと、なんとバッボがフィールドの淵に噛み付いている。なので、通常のワイヤー復帰よりも早めに落ちてしまう。その分距離は長め。
通常必殺技:バブルランチャー
ためが可能で、普通に連打すると、それに伴ってバッボ形のシャボン玉爆弾を飛ばす。ためると単発だが威力の高い大きなシャボン玉爆弾を飛ばす。どちらも触れると爆発する。大きな方はシールドに当たるとシールドを多く削れる。
横必殺技:ハンマー&ダガー
DXのクッパのように、相手が近距離に居ればハンマーアームに、少し遠く(中距離?)に居ればダガーアームになる。
ハンマーアームはふっとばし力が高いがダメージはあまり増えない。
ダガーアームはふっとばし力は低いがダメージを増やすのに適している。
上必殺技:ハイジャンプ
全身に力を込め、少し斜めに大きくジャンプする。相手が軌道上に居ると、その相手をダガーアームで攻撃する。
下必殺技:クッションゼリー
ゼリーのようなクッションを作り、攻撃を防ぐ。あらゆる攻撃を無効化できるが、切り札の攻撃を受けると全体の2/3のダメージを受ける。また、3秒経つと消えてしまう。
最後の切り札:ガーゴイル
ガーゴイルを召喚し、目の前に強力で太いビームを放つ。前一直線上なので、ゼルダ(シーク)の光の矢に似ているが、こちらはビームなので連続ヒットする。
召喚された近くで安全なのはギンタの後ろ、リングと口の間である。ただし、ビームを放つ直前にリングと口の間に入ると口を開けた時にリングの外へ追いやられるので、ビームを出す前にリングの前に行き、直前になったら緊急回避でリングと口の間に入ろう。ただし、リングと口の間は1人が入れるぐらいしかない。
アピール上:バッボでけん玉のように遊ぶ。
アピール横:バッボとケンカする。近くに居ると微小ながらダメージを受ける。
アピール下:バッボのハンマーを持って「ぶっ飛ばす!」と言う。
Wiiリモコンセレクト時:「ワクワクがとまらない!」のセリフ。
登場:アンダータで登場。
落下&画面前:「ぐあっ!」「うわぁっ!」「ぐあぁぁ!」
星:「うわあぁ~~~・・・」
勝利1(X、→):「メルの勝利だぜ!」と言ってガッツポーズをする。
勝利2(Y、↑):「わしのお陰で勝ったんじゃ!」「なんだと、この野郎!」となってケンカ勃発。
勝利3(B、←):バッボのハンマーを2回振ったあと、「負けらんねぇぜ!」と言う。
尚、対戦相手にメルヘヴン系のキャラが居ると、モーションが勝利3だがセリフが「どうだった?今の戦い!」に変わる。

ジャック(メルヘヴン) Edit

ジャンプ回数カベジャンプ壁張り付き滑空しゃがみ歩きワイヤー復帰
2回可能不可能不可能不可能不可能

・特徴
スコップを用いて戦う。スコップは威力が高めだが、スコップの先の方は威力が高く、持ち手の辺りは威力が低くなっている。
足技は靴のトゲが当たる技と当たらない技がある。当たる技の方が威力は高い。
身軽なので歩きやダッシュは早く、ジャンプも高めだが、吹っ飛びやすいのが難点。
ゾロのように、壁に向かって攻撃ボタンを入力すると、スコップを壁に刺して、落ちないように耐える。そしてジャンプしたりスティックを上に入力すれば、壁にスコップを刺しながらよじ登る。(ちなみにこれには技名があり、技名は「ロッククライミング」である。)
野菜系の「たべもの」を食べると、回復量が3%上がっている。マキシムトマトは2%上昇。
攻撃の威力は高めだが、隙が大きいのが難点。
弱攻撃:振り下ろし→振り上げ→ミドルキック
スコップを振り下ろす→スコップを振り上げる→ミドルキックの手順で攻撃する。ミドルキックはトゲが当たりやすい。
強攻撃
上:突き上げ スコップで突き上げる。
横:ハイキック 相手の顔面を狙って蹴りを繰り出す。トゲが当たりやすい。
下:足刺し スコップを足に向かって突き刺す。
空中攻撃
通常:ジャックキック 目の前に蹴りを入れる。靴の裏なので、トゲは当たらない。
前:かち割りスコップ 前に思い切りスコップを振る。
後:背面キック 後ろに向かって蹴りを入れる。靴の裏なので、トゲは当たらない。
上:フルムーンキック 後方に一回転しながら満月を描くようにキックする。トゲは当たりやすい。ただし攻撃判定があるのは半分から上のみ。
下:落下採掘 アイスクライマーの空中下と似ている。スコップを構えてそのまま落下。
ダッシュ攻撃:ダッシュスコップ 走りの勢いに乗りながらスコップを振る。
スマッシュ攻撃
上:スコップスイング・上 アイクのスマッシュ上と似ている。上に半月を描くようにスコップを振る。
横:スコップスイング・中 前に向かってスコップを思いっきり振る。
下:スコップスイング・下 足元を狙ってスコップを思いっきり振る。
つかみ攻撃:膝蹴り 名前のまま。
前投げ:スマッシュキック 相手をそのまま蹴り倒す。靴の裏なので、トゲは当たらない。
後ろ投げ:飛び越え蹴り 相手の頭上を飛び越え、背中を蹴って蹴り倒す。靴の裏なので、トゲは当たらない。
上投げ:スコップクロー 相手を上に軽く投げ、その後スコップで殴って追い討ちをかける。
下投げ:スコップスマッシュ 地面に叩きつけ、スコップで殴る。
通常必殺技:アースウェイブ
地面にスコップを突き刺して衝撃波を起こす。ためている時間が長ければ長い程威力と届く距離が伸びる。足場と足場の間に穴があると、そこで衝撃波が途切れてしまう。そのため、足場が一つしかない終点では非常に有利。
最大にたまるまで4秒くらいはかかる。5秒ためていると勝手に放ってしまう。
横必殺技:ナッツシュート(オリジナル)
木の実や野菜を取り出し、スコップで打って目の前に飛ばす。種類によって威力やスピード、性能が違う。
当たると消えてしまうが、当たらなかった場合は残る。もちろんジャック本人でも相手でも食べられる。
ピーナツ:威力は低いがスピードが速く、避けるのは困難。一直線に飛んでいく。食べると1%回復。
カボチャ:威力は中ぐらいでスピードは普通。弧を描くように、比較的遠くに飛んでいく。食べると5%回復。
ココナッツ:威力は高いがスピードはあまりない。弧を描くように飛んでいくが、カボチャよりは飛ばない。食べると7%回復。
カイスのみ:威力はココナツより高いが、スピードはあまり出ない。あまり遠くにも飛ばない。食べると12%回復。何故ジャックがポケモンのカイスのみを持っているのかは不明。
バッボ:ごく稀に出る。威力がかなり高いが、ギンタが扱っている訳ではないのでスピードはあまり無く、ウソハチと同じぐらいしか飛ばない。当たらなかった場合、その場にしばらく残る。他のキャラが持ち上げて投げる事も能。ギンタが居る場合は絶対に出ない。あと、バッボは重すぎるためスコップで打って飛ばさずに投げつける。
上必殺技:アースビーンズ
地上で使うと目の前の敵を捕まえられる。射程範囲は広め。空中で使うとツルを投げる。つまりワイヤー復帰。
下必殺技:ビーンズシールド
大きな豆の中に入り、相手の攻撃を無効化する。ただし、5秒で割れてしまう。また、敵から大きなダメージ(ボム兵や魔人拳など)を受けても割れてしまう。割れると左右に割れた豆が飛ぶ(スネークのダンボールのように)。微量だがダメージがある。
最後の切り札:メヒィトス
メヒィトスを召喚し、周りの敵を攻撃する。範囲はかなり広く、終点などの小さいステージで使うとほぼ相手に逃げ場はない。10秒で消える。かなりの魔力を使うため、終わった後ジャックが息切れしてしまい、少し隙が出来てしまう。
アピール上:スコップを上に投げ、そして後ろでキャッチ。キャッチと同時に「どうしたッスか?」と言う。
アピール横:バトンのようにスコップを回す。
アピール下:スコップを眺める。
Wiiリモコンセレクト時:「ガンガン行くッスよ!」のセリフ。
登場:アンダータで登場。
落下&画面前:「うわっ!」「ぐあぁッ!」「おわっ!?」
星:「うぎゃぁ~~~・・・」
勝利1(X、→):スコップをÄRM状態に戻して「こんなモンッスかね!」と言う。
勝利2(Y、↑):右から走ってきて滑って転ぶ。そして頭をさすって起き上がる。
勝利3(B、←):スコップを一回振った後に右肩に担ぎ、「オイラの勝ちッス!」と言う。
尚、対戦相手にメルヘヴン系のキャラが居ると、モーションが勝利3だがセリフが「オイラだってやれば出来るんッス!」に変わる。
落下した時、1/100の確率で「親父・・・ゴメン・・・。」と呟く。

スノウ(メルヘヴン) Edit

ジャンプ回数カベジャンプ壁張り付き滑空しゃがみ歩きワイヤー復帰
2回可能不可能不可能不可能不可能

・特徴
氷属性の攻撃を操り、相手を凍らせる攻撃が得意。相手の身動きを取れなくした上で、徹底的に倒していくのだ。ただし、基本的に炎系の攻撃を受けると溶けてしまう事が多い。
スノウ自身は軽くて吹っ飛びやすいので注意。攻撃に隙が出来にくく、またすばしっこいのでその特徴を存分に活かして戦おう。攻撃力は全体的にやや低め。ジャンプ力は高い。
必殺技:アイスドアース
目の前に大量の氷のつぶてを飛ばす。そのままだと範囲は広め。ためが可能で、最大までためると「ビッグアイスドアース」になり、氷のつぶてが一回り大きくなり、威力も増す。
横必殺技:アイスリング
手に鋭い氷の塊を付け、剣として使う。15秒ほど手に残り、攻撃力は高くなる。
上必殺技:ユキちゃん
スノーマンことユキちゃんを出し、相手を押しつぶす技。空中ではユキちゃんに投げてもらう事で復帰する。ジャンプでも届かなかったらこれを使おう。
下必殺技:アイシクル
自分の周りの相手を一瞬にして凍らせる技。ただし効果範囲は狭めで、外れたりすると大きな隙が出来てしまうので注意。
最後の切り札:ウンディーネ
水の妖精であるガーディアン・ウンディーネを呼び出し、敵を追尾し、地中から噴出す水の槍“アクアニードルス”で攻撃する。自動でも出すが攻撃ボタンを押すとこちらの意思で攻撃可能。15秒経過するか12回アクアニードルスを放つと終了する。

アルヴィス(メルヘヴン) Edit

ジャンプ回数カベジャンプ壁張り付き滑空しゃがみ歩きワイヤー復帰
2回不可能不可能不可能不可能不可能

・特徴
基本的に平均的な能力を持つが、技に隙が出来るものが多く、注意して戦わないと反撃できない時がある。その代わりに攻撃力は高め。
落下速度が速めで、やや吹っ飛びにくい。足の速さやジャンプ力は平均的。
必殺技:13(サーティン)トーテムロッド
13トーテムポールをロッド状態にし、相手を攻撃する。この状態だとリーチが長くなるので多用していこう。持続時間は15秒間。
横必殺技:13トーテムロッド・アタック
13トーテムロッドを構えたまま相手に突進する。相手を横に強く吹っ飛ばす能力があるので、オネット等の落下がないステージではこれを。
上必殺技:13トーテムポール
相手の足元からトーテムポールを突き出して攻撃。上に吹っ飛ばす威力が高い。空中で使うとアルヴィス自身がその上に乗る事で復帰。
下必殺技:スィーリング・スカル
しばらくの間相手一人の動きを止める。ただしこれを使うと代償として10%のダメージを受ける事になるので注意。
最後の切り札:ア・バオア・クー
ある程度の距離に居る相手を球状の空間に閉じ込める。これが外れると失敗となる。当たるとその空間ごと相手を上空に上げ、アルヴィスが「バーストアップ」と言うとその空間が爆破。かなりのダメージを与えるが距離感をつかむのが難しいのでそれをしっかり覚えないと失敗が多くなる。

アラン(メルヘヴン) Edit

ジャンプ回数カベジャンプ壁張り付き滑空しゃがみ歩きワイヤー復帰
2回不可能不可能不可能不可能不可能

・特徴
全体的に重くて吹っ飛びにくく、攻撃力が高いがジャンプ力と走りが遅めになっている。とにかく力技で攻めるのだ。
炎属性のÄRMを使うためか、炎系の技のダメージをある程度軽減できる。
必殺技:エアハンマー
相手に空気を凝固させた弾を放つ。ため可能で、ためると威力が増し、数が多くなる。
横必殺技:フレイムドラゴン
炎の龍を相手に向かって突撃させる。ため可能で、ためると距離が長くなる。
上必殺技:スカイアッパー
名前のまま。スカイアッパーをしながら上昇する。上昇率は高いが連続ヒットせず単発ヒット。ただし威力は高めになっている。
下必殺技:修練の門
原作では仲間の修行をするために使っていたが、ここでは別の使い方をする。
自分の足元に修練の門を出し、そこに入って攻撃を受け流す。方向入力をしていれば、そこにまた修練の門を出し、そこに出てくる。そのため上手く使えば切り札も防げる。ただし、発動までの時間がやや長いので注意。
最後の切り札:セイント・アンガー
巨大な一対の籠手のガーディアンを召喚し、相手を攻撃する。ふっとばしがかなり強く、モロに喰らえばほぼKO。ただし持続時間は10秒間とやや短め。

ナナシ(メルヘヴン) Edit

ジャンプ回数カベジャンプ壁張り付き滑空しゃがみ歩きワイヤー復帰
2回可能不可能不可能不可能不可能

・特徴
意外にも素早く、ジャンプ力が高い。攻撃力もどちらかと言えば高めだが、攻撃に隙が出来やすいのが難点。隙を見せないよう、工夫して戦うのだ。
電撃系のÄRMを使うためか、電撃の攻撃の威力をある程度軽減できる。
必殺技:エレクトリック・アイ
相手に向かって強力な電撃を放つ技。威力が高い上に連続ヒットするが、発動の際に隙が出来るので潰されてしまわないように注意しよう。
横必殺技:グリフィンランス
槍のようなÄRMを出し、15秒間これによる攻撃が可能。リーチが長くなった分有利になれるので、これを軸に攻めていくのも手。
上必殺技:スクリュージャンプ
回転しながら入力方向に飛び上がる技。モーションはフォックスとほぼ同じ。
下必殺技:サウザントニードル
自分の周囲に鋭い刃を出して攻撃する。すぐに発動できるので囲まれたり袋叩きにされた時に有効。
最後の切り札:ジムノート
巨大な電気ウナギを召喚し、縦横無尽に飛び回る事で相手を攻撃する。ピカチュウのボルテッカーと思って使えばOK。ただ違うのは使用キャラであるナナシ自身は動かない事。

ドロシー(メルヘヴン) Edit

ジャンプ回数カベジャンプ壁張り付き滑空しゃがみ歩きワイヤー復帰
2回不可能可能可能不可能不可能

・特徴
ホウキを使っての戦いを得意とし、その分リーチが長い。ホウキに乗っての異例滑空(上必殺技とモーションは同じ)もでき、空中戦では結構強い。風を使った攻撃で遠距離戦闘もこなせるぞ。ただし吹っ飛びやすいので、そこに注意して戦おう。
必殺技:フライングレオ
目の前の相手に向かって翼の生えたライオンのガーディアンを突撃させる。威力は高いが召喚の際に隙ができるので潰されてしまわないよう注意。ちなみにドロシーをコピーしたカービィが使うと、何故かフレイムレオが出る。
横必殺技:リングダガー
小さなダガーを出し、素早い攻撃を可能とする。15秒間これで戦えるが、ジャンプ後の滑空が出来なくなるので注意(上必殺技は使える)。このまま横必殺技を使うとマルスのマーベラスコンビネーションのように連続技を繰り出す。
上必殺技:ゼピュロスブルーム
地上で使うと自分の周囲に風を起こし、攻撃を無効化したり相手を攻撃したりする。空中で使うとホウキに乗ったまま空を飛ぶ(滑空する)。ただし滑空と同じで方向転換できないので注意。
下必殺技:アンダータ
一瞬でワープし、相手の背後を取る技。背後を取る以外にあまり用途はないが、最後の切り札を避ける事も可能。
最後の切り札:レインドッグ(トト)
レインドッグ(名前はトト)を呼び出し、相手一人に噛み付く。これが当たらないと失敗。当たるとそのまま噛み付き続け、最後は地面に叩きつけたりステージ外に放り投げたりする。ダメージが大きいので帰ってきても返り討ちに遭いかねないぞ。

パノ(メルヘヴン) Edit

ジャンプ回数カベジャンプ壁張り付き滑空しゃがみ歩きワイヤー復帰
2回可能不可能不可能不可能不可能

・特徴
ボールハンマーのÄRMがあるので、リーチが長く攻撃力の高い攻撃が出来る。ただしその分振りは遅めで、隙が出来やすい。ボールハンマーや×4は敵を追尾するので、その特性を上手く活かして弱点を補いながら戦おう。
相手を集中狙いしたければ、下必殺技の追尾の印を付けたり、横必殺技のボールクラッシュで徹底的に追い詰めるなど、工夫をしよう。
攻撃力はÄRMのおかげで高いが、やはり女の子なのでか弱く、軽くてふっとびやすい。動作は素早く、落下速度もやや遅めなので、ふっとばされたら復帰できるタイミングを見計らって復帰しよう。
味方にジャックかレノが居ると、能力が全体的に高くなるという特性がある(ジャックの方がより高い)。
通常必殺技:ボールハンマー
ÄRMの先にある鉄球を相手に向かって放つ。ボールは相手を追尾するが、近くに居る相手なので、別の相手が近くに来ると狙いをそちらに変えてしまう事もある。だが実は密かに操作可能。狙いが逸れそうになったら操作して追い回そう。追尾の印を付けていると、いかなる状況でもその相手を追い回す。
Bをもう一度押すと戻ってくる。もしくは敵に当たる、10秒経過すると自動的に戻ってくる。追尾中に壁に当たるとすぐ戻ってきてしまうが、戻ってくる際は壁や障害物を突き抜けて戻ってくる。ダメージ判定があるので、この特性を利用して壁に隠れた相手を攻撃するのもあり。
横必殺技:ボールクラッシュ
ÄRMの先にある鉄球を勢いよく目の前に放つ。貫通性があるため、相手が一直線に居たらこれを使うのが良い。微妙に操作可能で、上に入力すれば上の方に曲がり、下に入力すれば下の方に曲がる。
上必殺技:ワイヤーボール
魔力によってボールとハンマーの間を魔力の縄で繋ぎ、ボールを放つ事によって壁に吸い付き、ワイヤー復帰をする。一回ジャンプボタンを押すと、フシギソウの上必殺技のように崖つかまり状態に入る。
下必殺技:追尾の印(オリジナル)
指輪型のÄRMから赤い光を飛ばす。これが当たると相手に発信機のような赤い小さな宝石が付き(付く場所はあたった場所によって変わる)、ボールハンマーやクワトロがその相手を自動で追尾するようになり、他の相手には攻撃しなくなる。いわばレオンの発信機と同じ?
最後の切り札:×4(クワトロ)
ボールハンマーの鉄球を4つに分け、敵に向かって飛ばす。ボールハンマーのように別の相手が近くに来ると狙いをそちらに変えてしまう。壁に当たっても消えず、相手を追尾し続ける。Aを押すと魔力で4つとも一時的に高速回転し、ダメージが増す。追尾の印を付けていると、4つともその相手を追い回す。
ちなみにばらばらに動くので操作は不可能。15秒すると自動で戻ってくる。
アピール上:その場でボールハンマーを片手でバトンのように縦に回す。
アピール横:ボールハンマーを担ぎ、「かかってきなよ!」と言う。
アピール下:ボールハンマーの棒を少し回して調節する。
Wiiリモコンセレクト時:「あたしが相手してあげる!」のセリフ。
登場:アンダータで登場。
落下&画面前:「きゃあっ!」「いやぁっ!」「ああぁぁっ!」
星:「きゃあ~・・・」
勝利1(X、→):ボールハンマーをÄRM状態に戻し、「もう終わり?」と言う。
勝利2(Y、↑):ボールハンマーを円を描くように振り回し、「あたしの作戦に引っかかったわけだ!」と言う。
勝利3(B、←):「あたし、負けたくないのよ!」と言いながらボールハンマーを一回振る。
尚、対戦相手にメルヘヴン系のキャラが居ると、モーションが勝利3だがセリフが「もっと頑張りなさいよ!」に変わる。

レノ(メルヘヴン) Edit

ジャンプ回数カベジャンプ壁張り付き滑空しゃがみ歩きワイヤー復帰
2回可能不可能不可能不可能不可能

・特徴
基本的に攻撃力が高く、常にストームカタールのÄRMを具現化させて、それで戦う。技の一部には強化技もある。ジャンプ力が低い訳ではないが上必殺技の上昇率があまり高くないので、復帰はお早めに。ふっとびにくく歩きのスピードは普通。走りはやや早め。固有の技名が少ないので、通常必殺技以外はオリジナル。
炎属性のÄRMを使っているからか、炎系の攻撃はダメージが減っている。ダメージが300%を超えると、仮面にヒビが入る(だが割れはしない)。
通常必殺技:フレイムボール
炎の玉を出し、相手にぶつける。ぶつからなかったフレイムボールもしばらく残る。これにレノが触れるとこの炎をストームカタールに帯びさせ、一時的に攻撃力を上げる事が出来る。
横必殺技:ハーツストライク
相手の心臓を狙ってストームカタールを突き刺す。外れると横に瞬間移動し、攻撃を仕掛ける。横復帰にも一応使えるが、空中だと最初の一撃はなく、そのまま横に瞬間移動する。
上必殺技:フレイムボム
フレイムボールを集め、下に向かって放ってその場に爆発を起こし、自分はその風圧で上に上昇する。一応上に飛ぶが上昇率はガノンドロフより少し高い程度なので、早めに復帰しないと間に合わない。威力はかなり高い。
下必殺技:インフェルノミラー(オリジナル)
目の前に鏡のÄRMを出し、相手の飛び道具を跳ね返す。飛び道具以外の攻撃が来る寸前で使うと相手の攻撃で鏡が割れ、その隙にレノが背後に回り相手を攻撃。ただしÄRM発動がやや遅いため、タイミングは結構シビア。
最後の切り札:地獄の業火・ダークファイアー(オリジナル)
ルカリオのように飛び上がり、炎のÄRM(ダークファイアー)を暴発させ、ステージ一面を焼き払う。OFF波導のように回避できるが、ステージのいたる所にマリオの切り札のように炎が残る。
アピール上:「来いよ?」と言いながらストームカタールを二回振る。
アピール横:自分の周りに炎の玉を出し、すぐ消す。この炎に触れると少しダメージ。
アピール下:仮面を外しかける。
Wiiリモコンセレクト時:「俺の力を見せてやるよ!」と言う。
登場:アンダータで登場。
落下&画面前:「ぐわっ!」「うわっ!」「ぐあぁぁぁ!」
星:「うわぁ~~~・・・!」
勝利1(X、→):「言ったろ?俺が勝つって。」と言いながらストームカタールをÄRM状態に戻す。
勝利2(Y、↑):ストームカタールを2回振り、「俺の勝ちだな?」と言って後ろを向く。
勝利3(B、←):仮面を外しかけるが、「おっと!」と言ってまた戻す。

ファントム(メルヘヴン)【ボス】 Edit

たくさんのガーディアンやファントムグラスで攻撃してくる。
[技]
アリュマージュ:火の玉のような生き物が襲い掛かる。ファントムのHPが少ないと、巨大化して出てくる事もある。
ファントムグラス:相手をファントムグラスに閉じ込める。レバガチャやボタン連打をすれば抜けられる。抜けられないとグラスが割れ、大ダメージを受ける。
①(アインス):槍で攻撃してくる。槍はリーチが長いので注意が必要。
②(ツヴァイ)レムレース:ファントムのHPが極端に少ない時に出してくる。ガレオム並の大きさで、一撃がとても痛い。ただ隙は大きいので、うまく避けていこう。これが召喚されている間、ファントムが画面上から消えるのでダメージを与えられないが、10秒すると消える。消えればまたファントムも出てくる。
③(ドライ):巨大な岩のような姿をしており、ファントムの目の前に立ってファントムの盾になる。一撃が結構痛いので、気をつけよう。少しダメージを与えるとひるむので、その隙に攻撃すれば消せる。
④(フィーア):空間移動をしてプレイヤーの背後や足元、頭上から攻撃してくる。どこから出現するかわからないので、ある意味一番厄介。ただし、攻撃を2回加えれば消せる。
⑤(フェンフ)デッドドラゴン:ファントムのHPが極端に少ない時に出してくる。ガレオム並の大きさで、一撃がとても痛い。ただ隙は大きいので、うまく避けていこう。ただ、レムレースと比べると遠距離が使えるので、遠くに逃げても油断は禁物。これが召喚されている間、ファントムが画面上から消えるのでダメージを与えられないが、10秒すると消える。消えればまたファントムも出てくる。
⑥(ゼックス):口から破壊光線のような物を発する。破壊光線を放った後は隙が出来るので、そこを叩けばOK。
⑦(ズィーベン):一番弱い。言ってしまえば囮役。こいつに気を取られている間に、別のガーディアンが攻撃をしてきたりする。
⑧(アハト):③と同じように、ファントムの盾になる。③よりは素早いので、③と同じと思わないように。ただ、③よりひるみやすい。つまり、早く消しやすい。
⑨(ノイン):プレイヤーを捕まえ、他のガーディアンの攻撃を当てやすくする。ただし、レバガチャすれば抜けられる。抜けられると、哀れにも他のガーディアンの攻撃がこいつにヒットする事もある。
⑩(ツェーン):相手の周りに纏わりつき、動きを封じる。原作では暗い言葉で隙を突こうとしていましたが、「暗い言葉って、誰に何を言うんだ。要領食うだろ。それにガノンドロフとかクッパとかどうなんだ。」と思ったので、動きを封じる、にしました。

コメント Edit

コメントはありません。 コメント/創作シリーズ/創作キャラクター/メルヘヴン?

お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White