歩兵戦

Last-modified: 2011-05-12 (木) 06:27:37

奇襲対策

先に敵に気付いた方が大抵勝つのはFPSでは当たり前だが、
Section8に関してはロックオンシステムがその性質をより強めている。
ロックオン中は撃った弾がほぼ当たると言ってもいい状態になるため、
「先にロックオン使って当てた者勝ち」になる事が多い。

 

特にCPとCPの間を移動している間はいつ背後に敵が降ってくるか分かったものではないので
フィールドを見渡して警戒するのは勿論だが、
センサーが敵を捉えるかもしれないのでミニマップも常に気を配るといい。
SENSOR BEACONを持っているなら進行方向に定期的に射出して索敵するのがベストだろう。

 

発砲すれば敵に位置がバレるので、交戦後は特に背後や物陰を警戒すべきだろう。
近くにAA TURRETやJAMMER BEACONも置かずにスナイパーライフル持って同じ場所で狙い続けてるのは論外。

特化型VARIENTの活用

NAPALM/INCENDIARY(焼夷/火炎弾)

アーマーダメージに特化した弾薬。
この弾種による攻撃がヒットすると着火による継続ダメージが発生するほか、
NAPALM系の爆発物は着弾点で炎が燃え続ける。

 

できればEMP GRENADEのようなシールド剥がし要員を持ち込みたい。
無ければFRAG GRENADEやRIOT MORTORなどで代用しよう。

 

ちなみに施設系はアーマー扱いなのか、CRUSHほどではないが比較的ダメージを与えられる。
そういった意味では対人も対施設もこなせるNAPALM MISSILEは活躍の幅が広い。
シールドさえ剥がせば対車両もいける。
ただしCPの近くに無計画に撃ち込むと炎で味方が近づけなくなるので注意。

EMP ROUND(EMP弾)

シールドダメージに特化した弾薬。
ヒットした敵のオーバードライブ、ジェットパック、ロックオンのエネルギーを減少させる。
アーマーを削る手段が問題だが、どちらかというとシールド削りより選択肢は多い。

 

特にPULSE CANNON>飛んで避けながらSIPHON TOOL、のコンボはかなり凶悪。
SIPHON TOOLでなくてもEMPのエナジードレイン効果で機動力の鈍った敵なら
NAPALM GRENADEやMORTOR系で十分トドメを刺せる。

 

NAPALMとは逆に対施設、対車両は絶望的なのでEMP武器と一緒にミサイルでも担いでいるのでなければ
乗り物に乗った敵を見かけたら尻尾を巻いて逃げた方がいい。