Section8の魅力--他のFPSと何が違うか

Last-modified: 2011-04-23 (土) 21:50:17
やればやるほど製作者の思惑、作りこみが伝わってくる
色々と詰め込んでいる要素が絶妙なバランスの上に成り立っている
このゲームを私は「頭脳系FPS」と名付けたい
-
というのも、目の前の敵と撃ち合うだけのゲームじゃないのだ
そしてただ占拠ポイントを占拠すれば良いというゲームでもないのだ
-
このゲームの肝は「突発ミッション(DCミッション)」にある
ゲーム中に条件を満たすことによってミッションが発生する
-
そのミッションと言うのが、どれも非常に個性的
基本占拠拠点とは関係ないところで起きる
-
・指定ポイントに護衛対象が降ってくるのでそれを3分間死守せよ
・指定ポイントにVIP(重要人物)が1分後降下するので、降下後に指定占拠ポイントまで護衛せよ
・指定ポイントにあるIntel(機密データ)を指定ポイントに届けよ
-
この他にも何種類かのミッションがある
-
これらのミッションが試合の後半になると同時多発的に発生するのだ
-
VIPを護衛している最中に敵の破壊目的対象が降ってきたり
こちら側の護衛対象と敵の破壊目的対象が同時に降ってきたり
敵が占拠している拠点にIntelが発生したり
-
そういった状況が試合が終わるまで続く
もちろんマップの各地では占拠拠点の取り合いや歩兵戦闘が繰り広げられている中で・・・だ
-
頭脳をフル回転させ、戦況を瞬時に判断し、最善の選択肢はどれかを選んで行動する必要がある
時には苦渋の選択でVIPを見殺しにすることもあるだろう・・・
-
優先すべきは何か、ただ単にAIMがよいだけの兵士は必要としていない
-
戦場に翻弄される一兵士で終わるか、戦線を動かすキーマンとなるかは貴方の頭脳にかかっている
-
ぜひ体験してみてほしい
 
 

ストイックにFPS | Section 8・・・「新ジャンル頭脳系FPS」
http://fpsoldgamer.blog54.fc2.com/blog-entry-95.html
よりお借りしました。