Top > イギリス三連装15inch火砲(試作)

イギリス三連装15inch火砲(試作)

Last-modified: 2019-09-02 (月) 16:29:55

基本データ Edit

No.121
E-Country_15in_Guns_in_triple_mounts_(Experimental).png名称英国三联15英寸炮(试作型)日本版イギリス三連装15inch火砲(試作)
レアリティ☆☆☆☆☆主砲
装備ステータス
火力+21雷装 
爆装 対潜 
対空 対空補正 
命中+1回避 
索敵 装甲 
射程 
耐久 
装備可能艦種
航空母艦軽空母装甲空母戦艦
航空戦艦巡洋戦艦重巡洋艦航空巡洋艦
重雷装巡洋艦軽巡洋艦モニター艦駆逐艦
潜水空母潜水艦砲戦潜水艦給油艦
ミサイル駆逐艦防空ミサイル駆逐艦ミサイル戦艦
廃棄時獲得資源
燃料0弾薬15
鋼材15ボーキサイト0
備考
開発不可
日本語説明この火砲は1920年代の新巡戦計画と共に提出され、試作品はモニター艦に実装しテストした。キング・ジョージ五世の時も三連装15インチ主砲を採用する予定だったが、各種の理由で実現できなかった。
中国語説明该炮最早源于20年代的新战巡计划,有一座炮塔曾制作出来并装到浅水重炮舰上进行测试,在乔治五世设计时,也曾考虑过使用三联15英寸炮,因为各种原因并没实现。

入手方法 Edit

中国版
胡德改初期装備
日本版
フッド改初期装備

性能や運用について Edit

  • フッドが改造で持ってくる主砲。
  • 性能は主砲としてみると普通だが、フッドを改にするまでの手間を考えると、釣り合っているのか微妙なところ。フッド自身が強いのでノーカンと考えるべきか。
  • 17年3月20日?のメンテナンスにて名称が変更された。(イギリス三連装15インチ火砲(試作)→イギリス三連装15inch火砲(試作))

元ネタ解説 Edit

絵のモチーフ15"/45 (38.1 cm) Mark II
  • 1925年に一時的に3連装砲塔で斉射した際、主砲弾同士が相互に干渉する影響を確認するため、イギリス15inch連装砲を3連装砲化した砲塔が試作された。
    この砲塔を試験するため、モニター艦HMSロードクライブの後部にフューリアスから下ろして装備されていた18inch砲を降ろした場所へ搭載し、
    発射試験が行われ、結果として特に干渉の影響はないとして試験は終了した。
    この時点では42口径である。
  • 1935年に入り、旧式戦艦の代替として条約に収まる形で建造計画の立ち上がったキングジョージ5世級戦艦の主砲選定に際し、
    これまでQE級以降採用されていた42口径15inch砲から45口径に長砲身化した15inch三連装砲塔の搭載が考えられた。
    これは本艦の装備として最も有力視されていたのだが、ロンドン条約の延長を図りたいイギリスはこの戦艦の主砲を14インチとすることで各国に批准を促そうと試みた。
    しかし日本の脱退やドイツの再軍備宣言によりその試みはもろくも崩れ去り、宙に浮いた新型15inch三連装砲塔は幻のまま終わっている。

コメント Edit

コメントはありません。 コメント/イギリス三連装15inch火砲(試作)?

お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White
 
 

カード一覧/種類別装備一覧表

装備一覧表 Edit

装備一覧表

装備通称リスト Edit

通称