日本九八式10cm連装砲 の変更点


 *基本データ [#jd817e74]
 |CENTER:218|CENTER:80|CENTER:80|CENTER:80|CENTER:80|c
 |>|>|>|>|~No.156|
 |&attachref(日本連装10cm高角砲/J-Country_10cm_Guns_in_twin_mounts.png);|~名称|日本10厘米连装炮|~日本版|日本九八式10cm連装砲|
 |~|~レアリティ|☆☆☆☆|>|主砲|
 |~|>|>|>|~装備ステータス|
 |~|~火力|+2|~雷装||
 |~|~爆装||~対潜||
 |~|~対空|+4(+7.6)|~対空補正||
 |~|~対空((()内は対空倍率考慮値))|+4(+7.6)|~対空補正||
 |~|~命中|+1|~回避||
 |~|~索敵||~装甲||
 |~|~射程|短|~運||
 |~|~耐久||~対空倍率 |1.9|
 |~|~耐久||~対空倍率|1.9|
 |~|>|>|>|~装備可能艦種|
 |~|BGCOLOR(#ccc):COLOR(#ddd):航空母艦|BGCOLOR(#ccc):COLOR(#ddd):軽空母|BGCOLOR(#ccc):COLOR(#ddd):装甲空母|戦艦|
 |~|航空戦艦|巡洋戦艦|重巡洋艦|航空巡洋艦|
 |~|重雷装巡洋艦|軽巡洋艦|モニター艦|駆逐艦|
 |~|COLOR(#ddd):潜水空母|BGCOLOR(#ccc):COLOR(#ddd):潜水艦|砲戦潜水艦|BGCOLOR(#ccc):COLOR(#ddd):給油艦|
 |~|ミサイル駆逐艦|COLOR(#ddd):防空ミサイル駆逐艦|>|>|
 |~|ミサイル駆逐艦|防空ミサイル駆逐艦|>|>|
 |~|>|>|>|~廃棄時獲得資源|
 |~|~燃料|0|~弾薬|1|
 |~|~鋼材|1|~ボーキサイト|0|
 |~|>|>|>|~備考|
 |~|>|>|>|開発不可|
 
 ||LEFT:800|c
 |~日本語説明|九八式10cm二連装機銃は戦時帝国海軍の性能一番いい対空機銃だった。この機銃の初速は高く、弾道性能も良く、大鳳、大淀、秋月型駆逐艦に装備した。九八式対空機銃の性能が優れているものの大量生産されていなかったため、帝国海軍の対空武装は終始不足だった。|
 |~中国語説明|九八式10厘米连装炮是战争期间J国海军性能最好的高射炮,该炮初速高且弹道性能优良,装备了大凤,大淀和秋月级驱逐舰。九八式虽然性能优秀但是产量不足,影响了J国军舰的防空能力。|
 *入手方法 [#f79d20a7]
 |CENTER:800|c
 |~中国版|
 |[[秋月>No164 秋月]]、[[凉月>No165 涼月]]、[[宵月>No315 宵月]]、[[初月>No349 初月]]、[[早春>No372 早春]]、[[涼月改]]初期装備|
 |~日本版|
 |[[秋月>No164 秋月]]、[[涼月>No165 涼月]]、[[宵月>No315 宵月]]、[[早春>No372 早春]]、[[涼月改]]初期装備|
 *性能や運用について [#u78d5c5a]
 -秋月型が所持している主砲
 -対空+4と高い数値ではあるが、対空補正は掛からない((対空+0で+20%な[[日本三年式12cm単装砲]]なんて装備もある))
 --入手難易度が高めではあるが性能的には微妙なのでコレクターズアイテムと割り切ろう
 -17年4月2日のメンテナンスにて名称が変更された。(日本連装10cm高角砲→''日本九八式10cm連装砲'')
 #br
 #region(小型主砲一覧)
 #include(装備/小型主砲一覧)
 #endregion
 
 #br
 *元ネタ解説 [#bfbbec77]
 |絵のモチーフ|[[九八式十糎高角砲>http://www.navweaps.com/Weapons/WNJAP_39-65_t98.php]]|
 -九八式十糎高角砲。65口径の長砲身を採用しており、他と区別するため長10cm高角砲の通称がある。
 -今まで使用していた[[日本八九式12.7cm連装高角砲]]の後継として開発。初速は約1,000m/sと非常に速く、長砲身との相乗効果で射程は約1.4倍にまで伸びた。
 威力は勿論低下しているものの、対空砲として使用した場合の爆発半径はさほど差がなく、大きな問題とは考えられていなかった。
 -残念ながら対水上戦闘での性能は微妙なところ。威力が低下しているのみならず、軽量高初速弾の常として散布界が広く、命中精度は劣っている。
 -両用砲としての性能は決して悪くなかったが、砲身の寿命が非常に短いという大きな欠点がある。
 約1,000発の寿命があった12.7cm連装高角砲に対して約1/3の350発程度で砲身寿命が尽きてしまうため、下手をすると1海戦中ですらもたなくなる危険性があった。
 艦内工作で予備砲身と交換できたとの説もあるが、技術的に断念したとする資料が別途存在することや、実際に予備砲身の搭載および砲身交換を行った記録が確認できないことから、信憑性は疑問視されている。
 -搭載されたのは説明文の通り、[[大鳳>No117 大鳳]]、[[大淀>No248 大淀]]、[[秋月>No164 秋月]]型。イラストは秋月型に搭載された連装砲塔型。大鳳や大淀は連装砲架型を搭載している。
 また、中華民国時代の[[雪風>No169 雪風]]こと丹陽にも、他から持ってきたものが搭載されたことがある(この砲の出自は判然としないが、[[宵月>No315 宵月]]の装備をもらった説や台湾・高雄市の防空砲台を流用した説などがある)。
 *コメント [#f77603b6]
 
 #pcomment(reply)
 
 #br
 #br
 #include(カード一覧/種類別装備一覧表)