Top > FM-2 > diff

FM-2 の変更点


 *基本データ [#mbfbb6f7]
 |CENTER:218|CENTER:80|CENTER:80|CENTER:80|CENTER:80|c
 |>|>|>|>|~No.207|
 |&attachref(./Equip_L_207.png);|~名称|FM-2|~日本版|FM-2|
 |~|~レアリティ|☆☆☆☆|>|戦闘機|
 |~|>|>|>|~装備ステータス|
 |~|~火力||~雷装||
 |~|~爆装|+2|~対潜|+4|
 |~|~対空|+6|~対空補正||
 |~|~命中||~回避||
 |~|~索敵||~装甲||
 |~|~射程||~運||
 |~|~耐久||~ 1機当たりのコスト|-5|
 |~|>|>|>|~装備可能艦種|
 |~|航空母艦|軽空母|装甲空母|BGCOLOR(#ccc):COLOR(#ddd):戦艦|
 |~|BGCOLOR(#ccc):COLOR(#ddd):航空戦艦|BGCOLOR(#ccc):COLOR(#ddd):巡洋戦艦|BGCOLOR(#ccc):COLOR(#ddd):重巡洋艦|BGCOLOR(#ccc):COLOR(#ddd):航空巡洋艦|
 |~|COLOR(#ddd):重雷装巡洋艦|BGCOLOR(#ccc):COLOR(#ddd):軽巡洋艦|BGCOLOR(#ccc):COLOR(#ddd):モニター艦|BGCOLOR(#ccc):COLOR(#ddd):駆逐艦|
 |~|BGCOLOR(#ccc):COLOR(#ddd):重雷装巡洋艦|BGCOLOR(#ccc):COLOR(#ddd):軽巡洋艦|BGCOLOR(#ccc):COLOR(#ddd):モニター艦|BGCOLOR(#ccc):COLOR(#ddd):駆逐艦|
 |~|COLOR(#ddd):潜水空母|BGCOLOR(#ccc):COLOR(#ddd):潜水艦|BGCOLOR(#ccc):COLOR(#ddd):砲戦潜水艦|BGCOLOR(#ccc):COLOR(#ddd):給油艦|
 |~|BGCOLOR(#ccc):COLOR(#ddd):ミサイル駆逐艦|COLOR(#ddd):防空ミサイル駆逐艦|>|>|
 |~|BGCOLOR(#ccc):COLOR(#ddd):ミサイル駆逐艦|BGCOLOR(#ccc):COLOR(#ddd):防空ミサイル駆逐艦|>|>|
 |~|>|>|>|~廃棄時獲得資源|
 |~|~燃料|3|~弾薬|2|
 |~|~鋼材|2|~ボーキサイト|6|
 |~|>|>|>|~備考|
 |~|>|>|>|開発不可|
 
 ||LEFT:800|c
 |~日本語説明|F6F戦闘機の重量とサイズが大きいため、アメリカの護衛空母によくこの型のF4Fの改良版の搭載をしていた。F4Fに比べ、FM-2のエンジン出力は増加し、武器と全体の構造は改良された。空中戦闘以外、FM-2もよくTBFなどの対潜飛行機と一緒に対戦任務を行っていた。|
 |~中国語説明|由于F6F战斗机重量尺寸较大,U国海军的护航航母更多搭载这种F4F野猫战斗机的改型,相比F4F,FM-2发动机功率更大,武器,结构有所修改,除了执行空优任务外,FM-2也经常配合TBF等反潜机绞杀潜艇。|
 
 *入手方法 [#f79d20a7]
 |CENTER:800|c
 |~中国版|
 |兰利改、博格改初期装備|
 |~日本版|
 |[[ボーグ改]]、[[ラングレー改]]初期装備|
 *性能や運用について [#yda4d4ce]
 -ボーグ、ラングレーを改造すると持ってくる戦闘機。開発不可。
 -原型機の[[F4F]]に比べて対空が+1され、さらに高めの対潜がつくようになる。
 史実通り、軽空母の対潜任務のお供にどうぞと言わんばかりの性能。
 -4月28日のVer3.0.0アップデートで''爆装+2''が追加された代わりに、''対潜-1''の修正を受けた。((元は対空+6、対潜+5))
 *元ネタ解説 [#a6dd7061]
 |絵のモチーフ|[[GM FM-2 Wildca>https://en.wikipedia.org/wiki/Grumman_F4F_Wildcat#FM-1.2F-2_Wildcat]]|
 -[[F4F]]の派生モデルの1つ。
 -F4F、およびこれ以降の新鋭機は大重量のため、甲板が狭く短い護衛空母での運用には不向きだった。
 とはいえ性能不足のF2Aを使い続けるのも無理があったため、F4Fの軽量化モデルを開発することになった。
 -この軽量化モデルは「XF4F-8」としてグラマン社で試作されたが、その後グラマンはF6Fの生産に集中することになったため、本機も他のF4Fシリーズ同様、ゼネラルモーターズ(GM)社にて量産されることになった。
 GM製のF4Fは、形式番号が「FM」に改められている。FM-1はF4F-4のほぼ同型機だったが、このFM-2はXF4F-8の量産モデルに与えられたナンバーとなった。
 -発動機や武装の変更により、高高度性能が低下したものの、低空支援戦闘機としての能力が向上している。低空戦闘に限れば、後の新鋭機に勝るとも劣らないとさえ評されていた。
 また、F4F系列にあった着艦時のクセが大分改善されており、この点もパイロットには好評だったという。
 -本機は護衛空母用の艦載機として4000機以上が生産され、船団護衛や上陸作戦時の支援、特攻機の迎撃などに活躍した。
 *コメント [#nf7c27cc]
 
 #pcomment(reply)
 
 #br
 #br
 #include(カード一覧/種類別装備一覧表)