Top > No50 シリアス > 元ネタ解説

No50 シリアス/元ネタ解説

Last-modified: 2018-02-24 (土) 16:17:28
所属Royal Navy
艦種・艦型ダイドー級軽巡洋艦
正式名称HMS Sirius (82)
名前の由来Sirius おおいぬ座で最も明るい恒星 冬の大三角を形成してる
起工日1938.4.6
進水日1940.9.18
就役日(竣工日)1942.5.6
退役日(除籍後)1949退役 1951.3.14除籍(1951.3.15売却後解体)
全長(身長)156.0m
基準排水量(体重)5600英t(5690t)
出力Admiralty式重油専焼缶4基Parsons式蒸気タービン4基4軸 62000shp(62859.9PS)
最高速度32.25kt(59.72km/h)
航続距離16.0kt(29.63km/h)/5560海里(10297.12km)
乗員480名
装備(1945)5.25inch50口径Mk.I連装両用砲5基10門
ヴィッカース2ポンド機関砲x8(2x4)
ボフォース40mm機関砲x2(2x1)
エリコン20mm機関砲x6(6x1)
21inch三連装魚雷発射管2基6門
装甲舷側:3inch 甲板:1inch 砲塔:1.25~1.5inch 隔壁:1inch 弾薬庫:2inch
ゲーム内との違いゲームでは8番艦となっているが起工順は7番目、進水順は10番目、就役順は9番目となっている
建造所Her Majesty's Naval Base, Portsmouth,Hampshire
(王立ポーツマス海軍基地 イングランド国南東イングランド地域ハンプシャー州ポーツマス市)
艤装Scotts Shipbuilding and Engineering Company,Greenock, Inverclyde
(スコッツ・シップリング・アンド・エンジニアリング社 スコットランド国レンフルーシャー郡インヴァークライド州グリーノック町)
  • イギリス海軍の軽巡洋艦、ダイドー級。
    前級はタウン級軽巡洋艦であり、ダイドー級は第二次大戦前の1937年から建造がスタートした。
    航空機の発達により、海戦において航空攻撃が脅威になると予見したイギリス海軍により対空武装の強化が図られた艦級である。
    先進的な発想によって建造された軽巡洋艦であるが、イギリス海軍の予見はその後見事に的中した。
  • ダイドー級は複数生産されたが、開発時期や武装バリエーションなどにより細部が異なる。
    • シリアスは第2グループ(主砲塔を全て装備したグループ)に分類される。
      他に第1グループ(主砲塔を一部欠いた状態のグループ)、第3グループ(11.4cm高角砲を主砲にしたグループ)そして全面的な改修を施した改ダイドー級(ベローナ級)が存在する。
       
  • シリアスは1938年4月6日に起工、1940年9月18日に進水、1942年5月6日に就役した。
  • 初の本格的な作戦行動は1942年8月のペデスタル作戦。
    地中海の戦いの一つであり、イギリス海軍によるマルタ島への補給作戦であった。
    この戦いでシリアスを含むイギリス艦隊はドイツ・イタリアと交戦した。
  • 続く11月8日、モロッコとアルジェリアへの上陸作戦であるトーチ作戦にも参加。
    以降は主戦場を地中海に移し、イギリス艦隊の一員としてシリアスは精力的に活動する。
  • 12月2日にはイタリア海軍艦隊と交戦、カミチア・ネーラを含むイタリアの輸送船団と護衛艦隊を攻撃した。
    この戦闘でシリアスを含むQ部隊は船団の壊滅に成功、駆逐艦フォルゴーレを撃沈している。
  • 1943年7月にはハスキー作戦に参加。シチリア島侵攻作戦を支援している。
    その後もタラント、サレルノなどイタリアでの上陸作戦支援にも参加した。
  • 10月7日にはまたも枢軸の船団を攻撃、大打撃を与えている。
    しかし、その後10月17日に爆撃を受けたシリアスは翌年初めまで修復に徹している。
  • 1944年、第二次世界大戦のターニングポイントでもあるノルマンディー上陸作戦が開始。
    シリアスもまた連合軍艦隊の一員としてこの史上最大の作戦へと参加した。
    続く8月のフランス南部上陸作戦、10月のギリシャ占領作戦などにも参加している。
    そして1945年に終戦を迎え、シリアスは無事に第二次世界大戦を生き抜いた。
  • 戦後の1951年3月14日、シリアスは退役、1956年にスクラップとして売却された。

小ネタ Edit

  • 海洋冒険小説の傑作とも呼ばれる「女王陛下のユリシーズ号」(1955年、アリステア・マクリーン著)の主役、軽巡ユリシーズのモデルとなったのはこのダイドー級。
    • ダイドー級をモチーフにした架空艦であるが、改ダイドー級のベローナ級とダイドー級の中間に位置する艦である。
      もっとも、スペックはかなり盛られており全速で40ノット近い速力が出るハイスペック艦として描かれている。
  • 余談だが、この作品に登場する艦のモデルとなった船で「女王陛下のユリシーズ号の元ネタ艦隊」をゲーム中組む事が出来る。
    ダイドー級、S級駆逐艦アタッカー級護衛空母、ラスボスとして登場するヒッパー級重巡などがゲーム内で実装されている。
    世界の艦を幅広く取り扱った今ゲームならではの光景である。
  • なお実際は戦時中ずっとジョージ6世の治世であり、本来なら国王陛下のユリシーズ号なのだが、語呂が良いとの理由でタイトルは女王陛下のまま今日に至る。
    ジョージ6世についてはアカデミー賞も受賞した映画「英国王のスピーチ」が有名。