【エンジョイ!パーティ】和泉愛依

Last-modified: 2021-04-18 (日) 23:40:10

実装日
2020/12/23

サポートイベント

イベント名VoDaViメンタルSP
パーティしようよ~+20+10+10
パーティできないの~?+20+10+10+15
パーティできた~♪+20+10+10+15

ステータス

LvVoDaViメンタル
155725558
60(☆0)138180138145
65(☆1)146191146154
70(☆2)155202155163
75(☆3)163213163172
80(☆4)172225172181

スキルパネル

SP☆の数は解放に必要な特訓回数、E〇は〇番目のサポートイベントで解放、灰色はライブスキル
20Dance15%UP
[条件:和泉 愛依がライブに参加している場合]
[確率:5%]
[最大:1回]
30Dance15%UPダンスアピールⅣ
[条件:4ターン以前]
[確率:10%]
[最大:1回]
Dance
2.5倍アピール
40Dance60%UP/
注目度30%UP(☆2)
Dance15%UPDance30%UP(☆1)
[条件:和泉 愛依がライブに参加している場合]
[確率:20%]
[最大:1回]
[条件:観客3以上]
[確率:20%]
[最大:1回]
[条件:Danceポジション担当に編成している場合]
[確率:20%]
[最大:1回]
50エンジョイ!パーティ(☆4)Dance30%UP(E3)Dance上限UPDance上限UP(☆3)
Dance4.5倍アピール/
Vocal & Visual
30%DOWN[3ターン]
[条件:Danceポジション担当に編成している場合]
[確率:10%]
[最大:2回]
Dance
上限+25
Dance
上限+100

所持スキル

ライブスキル

スキル名効果取得Lv
ダンスアピールⅣDance2.5倍アピール初期
ダンスアピールⅣ+Dance2.6倍アピール60
ダンスアピールⅣ++Dance2.7倍アピール65
ダンスアピールⅣ+++Dance2.8倍アピール70
ダンスアピールⅣ++++Dance2.9倍アピール75
ダンスアピールⅣ+++++Dance3倍アピール80

サポートスキル

スキル名スキル効果取得Lv/スキルLv
151020304050556065707580
アイドルの絆プロデュース開始時に絆+<Lv*5>234610
ダンスマスタリーSP一緒にダンスレッスンをするとSP+<Lv*1>261014
約束リカバー「約束」を守れなかった場合に<Lv*5>%の確率でテンションが下がらない2
おやすみブースト「休む」を選択時に<Lv*3>%の確率で体力回復量+1513
体力サポートレッスンかお仕事を選択する時に<Lv*3>%の確率で体力消費量-50%1357

アイデア

トーク

特徴

デビューから1年半にしてようやく実装された愛依初の恒常S-SSR。愛依のDaサポートとしても初のカード。
高レベルの体力サポート、ダンスマスタリーSPと便利なサポートスキルをそろえている。
ただスキルパネルにはクセがあり、そちらの汎用性は低い。

 

Daストレイは恒常sSSR【あめ、ゆき、はれ】芹沢あさひも高レベルのダンスマスタリーSPを備えているため、合わせて使うことでかなりSPを稼ぎやすくなる。しかしプロデュースアイドルのほうは限定pSSR【アンシーン・ダブルキャスト】黛冬優子以外は4凸を要するか消去スキルがかぶるかで少々心もとないものが多い。

 

2凸パッシブは条件:愛依とストレイ向けなもの、Da60%UP/注目度30%UPは恒常S-SSRとしてはかなり高いほうで、(パネルの位置をのぞけば)デメリットも小さい。
GRAD本選前に習得してもメン死につながることはそうない。
フェスでの注目度UPはルールにもよるが、通常ルールではそうそう致命傷にはならない。
ただ恒常なので1回しか発動せず準備の整わないうちに暴発することもしばしばある。
また、手前の弱バフは条件:4ターン以前、横の弱バフは条件:観客3以上と、早期発動を回避できず迂回が難しいのもそれなりにサポートがそろってくると難点か。

 

恒常S-SSRを4凸まで特訓するプレイヤーは少ないかもしれないが、一番の特徴は4凸スキルだろう。
S-SSRの4凸スキルの倍率は通常3倍なのに、4.5倍と破格の倍率を持つ。Da極編成でお世話になった人も多いであろう【メロウビート・スローダウン】三峰結華を一回り強力にしたようなもので、倍率だけなら恒常P-SSRの4凸スキルの相場より高い。

誰にでも4.5倍アピールを持たせられるのはなかなか強力で、W.I.N.G.決勝Vo1位でも夏葉の出目とパッシブスキルの乗り次第では1~2ターン目にこれが引ければDa600程度でも不一致で殴り勝てることがある。
道中火力が不足しがちなストレイメンバーに持たせるのもいいが、【×トリック/〇____】黛冬優子の金バフ起動条件(DaUP5個以上)とは相性が良くないか。

代わりにVoとViにデバフがかかるが、【てへっ♪】和泉愛依【かしゃーんとがらがら】芹沢あさひなどはデバフを消去しつつアピールできるのでDa&Vi2極ぐらいなら組み込めなくもない。Da1色編成でも思い出アピールの基礎部分はVo&Da&Vi全色アピールなので火力が下がることに注意。

 

各特訓段階ごとの解説

 

☆0 ~Lv60

無凸だとダンスマスタリーSPは6止まりで、単体で使うには頼りない。ダンスマスタリーDaがないのも若干痛い。
枠が空いているときに体力サポート頼みで入れる程度だろう。
パッシブスキルの上昇率は15%と恒常にしては高めだが、そのぶん発動率は低め。

 

☆1 ~Lv65

ダンスマスタリーSPのスキルLvが10に上がる。
1凸のパッシブスキルはDaポジション専用なので、3凸後に上限解放パネルへの通過点として通る程度だろう。

 

☆2 ~Lv70

Da60%UP/注目度30%UPが解放される。
発動は1度きりだが、条件:愛依と編成に縛りはあるもの起動は容易な割に上昇率はかなり高い。
サポートの多くが限定S-SSRで埋まっているような上級者でもなければ、ストレイ編成では採用できるだろう。

 

☆3 ~Lv75

ダンスマスタリーSPのスキルLvが14に上がり、ダンスレッスンでトーク並みのSPを稼げるようになる。
Da上限+100も解放されるが、手前のパネルはDaポジ専用のパッシブスキル、横のパネルはDa上限+25と位置があまりよくない。

 

☆4 ~Lv80

ライブスキル「エンジョイ!パーティ」が解放される。
アピール倍率自体は4.5倍と相当高いのだがデメリットもあり、どちらかというと2凸パッシブを取ったついでにSP50で習得できることのほうがメリットかもしれない。
恒常頼みだとSPの確保には苦労するので尚更。
フェスだとパネル配置が悩みどころだが、TrueEnd攻略などでは特訓さえできれば文句なしに強い。

 

その他/小ネタ

背景はパーティー会場となった冬優子の部屋である。愛依の部屋ではない。

 

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • マスタリーと体力サポートのみのカードだな -- 2020-12-23 (水) 18:41:07
  • サポートスキルのあめゆき、スキルパネルのパーリーってとこか。どうあれ、カードプールが貧弱だったDaストレイの穴がひとつ埋まったのは嬉しい。 -- 2020-12-23 (水) 20:42:40
  • 珍しく素直にインフレしてるカード。SSRメロビ。7%ではなく15%バフなあたりも有能。 -- 2021-01-16 (土) 11:51:29
    • これから恒常サポはこのレベルできてほしいっすね 7%バフ鳴くと禿げそうになる -- 2021-01-16 (土) 13:35:14
    • 15%いつからかなと思ったら1年近く前なんだな -- 2021-01-16 (土) 20:47:55
  • lv75のステ埋めました。不備があればお手数ですが修正願います。 -- 2021-01-17 (日) 23:14:06
  • Daストレイで使うとしたらリーダー育成か、絆要因で夏葉を採用する場合だけれども弱バフがあるからパネルには触れない(リーダーなら尚更)。恒常だから仕方ないけど、グレフェス向きではないね。 -- 2021-01-28 (木) 00:51:42
    • うちは限定で強ければ引くわけじゃないし、闇鍋とか目当ての抱き合わせでいいの来なければそのまま使うなあ。性能目当てで好んで引くカードではないっていうのは同意。でも古いのだとこれ以下の限定もいるし…… -- 2021-01-28 (木) 07:52:26
  • これがないとDaストレイのユニマスがつらい -- 2021-03-02 (火) 21:55:45
    • そうかな?花火夏葉あるなら採用する必要ないと思う -- 2021-03-08 (月) 21:56:36
  • 4凸したのでDa極での歌姫周回に使っているけどサポで低デメリットの4.5倍をつけられるのはかなりつええわ。 -- 2021-04-18 (日) 23:40:10
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White
 

 
©BANDAI NAMCO Entertinment Inc. ©BXD Inc.
当Wiki上で用いるゲーム画像の著作権、及びその他知的財産権は
当該サービスの提供元に帰属します。