Top > ブキ > クマサン印のチャージャー


クマサン印のチャージャー

Last-modified: 2019-08-03 (土) 15:23:29

クマサン印のチャージャー

ブキ紹介 Edit

クマサンの私物。見つけても絶対に持ち出さず、口外しないでください。
サーモンラン限定で使用可能なブキ。口外してはいけないとのことなので、通称「違法改造ブキ」。

メイン性能 Edit

※射程・距離関係の単位は試し撃ちラインの本数。
正確な計測ができないため、体感近似射程のリッター4Kの数値を暫定で記載。要検証
キルタイムや確定数は(中)シャケ相手のものを記載。

有効射程6.2程度塗り射程6.7程度
チャージ時間4F(空中でも)秒間発射数6発/秒
ダメージ200確定数1
キルタイム(チャージ時間含む)0.083秒/killDPS1200/秒
キルタイム(チャージ完了後)0.017秒/kill?
射撃継続時間1.167秒(70F)インク消費量(装弾数)13%(7発)
チャージキープ不可*1
非射撃時ヒト速度イカ速
チャージ完了後ヒト移動速度0.72

解説 Edit

最大の特徴はチャージャーでありながらチャージ工程が存在せず、チャージという概念が無いという点。
通常のチャージャーにある徐々に火力や射程が向上するチャージ工程は発生せず、常にフルチャージが完了した状態で照準が出現する
そのためZRを短く押しても長く押しても弾の性能は変わらず、フルチャージ弾のみが即発射される。

...

チャージがない以上当然だが、チャージキープも存在しない。
(もっともこのブキにはチャージ時間が存在しないので仮に使用できても恩恵は全く無い。
それどころかセンプク中にインクが回復しないキープの性質がデメリットでしかないと言い切れる)。

 

肝心の弾の性能だが、インク消費13.0%、威力200、貫通性能が有り、射程距離はリッター4Kと同等、塗りも太い。
またチャージが無くなったことで相応にチャージャーでありながら、連射力という概念が付随するようになった。
連射速度は約10F*2、1秒間で最大6発のフルチャージ弾を発射できる。
瞬間的なDPSは全ブキ中ぶっちぎりに高い1200/秒
(参考までにスライド後バイト用スパッタリーで675/秒、フルチャージバイト用ハイドラントで900/秒)
対オオモノシャケに強く、コウモリはおろかモグラさえ通常射撃で1ターンキルできてしまう。
通常チャージャーが苦手とするタワーですら遠距離から高速で落とせる。
平時ではバクダンが2確とやや心許ないように思えるが、バクダンがボムを出す1秒間に6発撃てるため、全く問題ない。
連射と射程、貫通性能により直線上のザコの群れに対しても有効。
対シャケに関してはコジャケカタパッド以外全く問題ない。

 

また、チャージャーとしての機動力も完璧で、チャージ中(照準を出している間)に歩行が遅くなるデメリットがない。
空中チャージ時間も皆無なのでチャージャーらしからぬジャンプ撃ちの実用性も持つ。
塗りに関しても瞬間的に足元を含め長距離を塗れるため、移動力は随一。
総じて普通のチャージャーらしい遠隔地からの狙撃はもちろんシューター顔負けの突撃スタイルまで選択することが可能。
ただしインク消費は相応で13.0%と連射力を考慮すると異常に多いのが欠点。
反面、意外なことにインクロック時間は無いことが運用するうえで重要になる。

 

ちなみにインク不足のまま発射しようとした時にはチャージが発生するが、その間ゲージは0のままで(当然トリガーを離しても不発)溜めているといきなりフルチャージになるという特性がある。
(おそらくノンチャ、半チャが存在せず、ゲージの途中段階に当たる部分が無い為だと思われる)
この突然のフルチャージにかかる時間は80Fとソイチューバーより長いので、素直にインク回復して撃った方が速い。

運用 Edit

常にフルチャ―ジ状態という事の弱点として、ノンチャや半チャージといった出力調整ができず
細かい塗りやコジャケ一匹相手にも全力射撃になってしまう。という点が挙げられる。
そのため使い方が悪いとインク効率と継戦能力が非常に悪くなってしまう。
1発撃つだけでインクタンクの約1/7を消費し、2発撃てばボムが投げられなくなる。
例えインク満タンでもたった7発連射でインクは空。インク不足の警告が出てしまう。
最速連射時の射撃継続時間は驚異の1.1秒
(参考までによく射撃継続時間が短いと言われるプライムシューターは6.6秒)
文字通り桁外れのDPSと引き替えに、インクタンクの中身は即座に消し飛ぶジレンマを抱えている。

 

過剰火力を持っているが、高速連射や近接格闘戦もできるからといってそうする必要があるかは別。
必要分だけをセーブしながら小出しにしていくのが最も重要。扱いさえ間違えなければ既存チャージャーの完全上位互換なのでそうそうやられない。
その為にはそれぞれの敵に必要な確定数を覚えておくのが大切。
といっても種類は多くないので難しくない。ドスコイバクダンは2発、テッパンは前後共に3発、コウモリが5発、これだけ覚えておけば十分。
塗りにおいても最速連射は塗り被りでほとんど無駄になるので、確定数の多いオオモノを倒す時以外は1~2連打で十分。
最低でも2発程度は手元に残しておきたい。2発あれば退路のドスコイをどかして一気に退がり、インク回復しつつ有利な間合いを再確保できる。

 

インク消費こそ激しいが、メイン射撃にインクロック時間が無いという秀逸な性質を併せ持っていることに注目してほしい。
射撃後即センプクを挟むことで即座にインク回復が開始するということだ。
特に雑魚処理時には貫通性能を生かすためにもマメにポジション調整を兼ねたインク回復移動をすることで意外なほどインクが長持ちする。
1発で確実に塗りが発生する点も移動しやすく高相性。まるでサブ効率ガン積みのカーリングボムを持っているかのよう。

 

塗り性能も高い。
塗りとしてはやや消費は重いが、射程によりかなりの面積を瞬時に塗れるので結果的に効率は良い。
貫通性能もあるので敵を倒しながら同時に塗る事もできる。
支給武器の関係上、このブキが出現する編成ではチャージャーの塗りが重要になる事も多いので役割として覚えておこう。
納品時にコンテナの左右にV字に撃っておくだけでも周囲塗りが殆どカバーでき、味方生存率がグンと上がる。
正面だけでなく上空に撃つ方法もある。
バクダンの破裂の後にインクが落ちるようタイムラグを作ったり、障害物を挟んで曲射状に塗る事ができる。

 

インク消費量が多いことは事実であり、それに関してボムを投げるタイミングが他のブキ以上に少なくなりがち。
そう言う意味でカタパッドを苦手とする。
また、地形的に近距離に行かねばならないタワーやボムを使用するモグラ等もインク消費の事を考えるとあまり相性は良くない。
タワーは1匹程度ならば、ジェットパックリッター4K並の射程を活かし、かなり遠くから倒せる・・・のだが、1匹倒すとインクタンクは空になるため、1発でも外す、または、邪魔者の処理を挟むとインク不足によりインク回復を挟む必要があり、処理直後に横槍を入れられると応戦ができない。処理したいならば、安全な場所を確保して、鍋を1個ずつ慎重に崩そう。2本目もいるとき、立て続けに相手することはできないので、そのような状況になったらスペシャルの使用を検討しよう。
モグラに関しては、特別な事情がある。
例えば流れ弾が当たってモグラにダメージが蓄積している場合がある。
この場合セオリーに反するがボムを使わず、メイン射撃による攻撃の方が効率的な場面も十分あり得る。
理由としてはインクロックがなく、回復が早いこと。また周りの雑魚も貫通できると言う利点があるからだ。
他例では、遠方でモグラを一度出し、タゲを自分に移すついでに殺さない程度に射撃→コンテナ誘導→射撃で倒すというムーブも有効。ボムを投げるインクが足りない時、インクがある分だけ射撃をし、再び顔を出したらメインで倒すのもあり。

 

高性能とはいえ、ベースがチャージャーなのでエイム力は必要。
当たらないと感じた場合、連射力に甘えて残弾を無駄に吐くのではなく、射撃ボタンを長押ししてみよう。
チャージ時間は0なので溜める意味こそないが、チャージャー種の特徴として構える事で射線が出現し、狙いやすくなる。
多少攻撃速度が落ちても構わない。それでも並のブキより圧倒的に速く、確実に当たる事で結果的に殲滅速度は向上する。

 

役割としてはオオモノ全般は勿論だが、特にドスコイを掃除しておきたい。
射程が長いので発見次第即消し飛ばす事ができ、ドスコイさえ取り除けば他の味方は中ジャケ以下だけを相手にできる。
最大の天敵としてはやはり的が小さく素早いコジャケ。当て難さとインク効率の悪さから相性が最悪。
バイト仲間にはぜひコジャケの処理をサポートしてほしい。
足元に纏わりつかれたらインク消費は覚悟で落ち着いて一匹ずつ潰すか、あるいは割り切って逃げてしまうのも悪くない。
味方ありきだが、下手にコジャケにインクを費やすより、その分で他を潰した方が全体の効率自体は良い。

 

総じてチャージャーの枠を超えた突撃型スペックを兼ね備えているものの、塗りのサポートであったり、長距離狙撃であったりと本質的な部分はやはりチャージャーである。
外観と使用感は竹筒銃に近いが、バンバン撃てるあちらとは少々違い、どちらかと言えばリッター等に近い運用が本懐。
先陣を切るよりも、遠くから広い視野と長射程をイカして味方の後ろから援護し、ザコに包囲された所や、味方にとって厄介なコウモリ等をピンポイントで倒すと良いだろう。
しかしサーモンランでは納品する際に前線に出ることもしばしば。その際には自慢の近距離戦闘力を発揮しよう。

インク管理はかなり繊細だが、それさえできればリッター等でありがちな、バクダン出現にチャージが間に合わない!という事例はなくなるだろう。
キンシャケ探し時やグリルなどには連打で瞬間的な超高火力を叩き込めれば非常に心強い。
全ブキ中で最強候補と評されるのも使い手次第。
しかし繰り返しになるが、他の味方がこれを持っている時は、他プレイヤーはコジャケに絡まれないように掃除をしてあげよう。

解放履歴 Edit

外見 Edit

クマサン印のチャージャー

クマサン印のチャージャー4人揃い

14式竹筒銃・甲と似ているが、本体はくすんだ色をしており、見た目が殆ど自転車の空気入れに近い。
竹筒銃の要素は銃身の部分(金色の燃料タンクが刺さっている部分)に茶色い竹のパーツが申し訳程度に見えるくらいである。
もしかすると空気入れの圧縮空気によって遠くまで飛ぶのかも知れない。
また、例によって金色の燃料のようなものが入ったタンクが4本刺さっているのも特徴。

コメント Edit






*1 空中でも一瞬でチャージできるため、実質あるようなものである。
*2 チャージ前隙(4F)+発射隙(1F) + 射撃(1F) + 後隙(4F)=10Fとなる。当然手動連射のためそれも考慮されたし。