スプラスピナー

Last-modified: 2022-10-02 (日) 21:41:23
 
 

概要

射程は短いが素早くチャージできるスピナーだ。
公式Twitterより

ブキ紹介

バレルスピナーの機構を見直すことでチャージ時間を大幅に減らし、機動性に長けたスピナー
メインの飛距離と射撃時間が下がったものの、サブスペシャルで軽快な動きが求められる組み合わせ。

メイン解説

チャージ速度がかなり早く、バレルスピナーが半分を貯める程度で2周のチャージが完了する。
ギアパワーなしで5回フルチャ+一周程度、インク効率アップ(メイン)ギアパワーサブに1つ積むと6回フルチャ可能。
チャージ込みでも塗り能力はブキの中でも上位に入り、ナワバリバトルでは一度のフルチャージで50ptは当たり前、塗りかぶりが発生しなければ70ptも稼いでしまう。

ある程度射程が長いので安全に塗れるのもポイント。さらに人速も連射力も他シューターより上なので塗り被りも起きづらく、メインだけの塗り性能なら高水準だといえる。
射撃継続時間はバレルスピナーの半分以下で、射程はスプラシューターよりもライン半分長い程度。
バレルスピナーハイドラントと比べると多少足下塗りが発生しやすく、スピナーでは唯一チャージ中でもジャンプ高度が低くならない仕様があり、乗りの良い人速も相まって前に出やすくなっている。

射撃時の軽快性から勘違いされやすいが、本ブキは軽量ブキではないため非射撃時ヒト速やイカ速が少し速くなるという効果は特に無く、ハイドラントを除く他スピナ―と同等。
またフルチャージで撃ち出す弾数の少なさに反して、実は1発単位でのインク消費量が他のスピナーより重く、全快から撃ち切れる弾数自体は全スピナー中最も少ない。非常に早いフルチャージも相まって、いざというときのインク切れを起こしやすく、あのハイドラントよりもスタミナが低いが、その分1発あたりの塗り能力の高さにステータスが振られていると思って良い。
インク回復を挟まずにフルチャージを繰り返すと、あっという間にインク残量が底を付く上にそこそこ長いインクロックも存在するので咄嗟の戦闘時に対応できない。扱いは慎重に。

 

運用

射程上中~近距離で戦うことになる。1秒足らずで終わるとはいえバレルスピナーのように射程外から余裕をもって待ち構えるのが難しいのでチャージの影響は大きい。
不意打ちも難しいためシューターとは違った独特の立ち回りが要求される。
平面の撃ち合いは得意な一方、高低差のある地形は苦手である。

チャージ時間やインク回復ロックのことを考えると、塗りに関しては「一度チャージしたら全弾撃ちきる」、「インク回復は射撃の都度ではなくフルチャージ数回分をまとめて行う」ようにすると効率良く塗れる。攻撃に関しては「不要な弾なら無駄撃ちをせずすぐキャンセル」してインクの消費を抑えると良いだろう。
インク管理を怠ってインクタンクを完全に空にすると弾1発を出すチャージですら途端に時間かかるようになり、その間完全に無防備となるため、適宜中断して回復する時間を設けるようにすること。
姿を晒しすぎる危険もあるため慣性キャンセルやサブウェポンも使用して単調な動きにならないように。*1

 

塗り

スプラスピナーの強みは、塗り性能が高いブキは射程が短く、射程が長いブキは塗り性能が低いというブキが多い中、そこそこの射程と非常に高い塗り性能を兼ね備えているところにある。この点はL3リールガンと類似している。
短射程のプロモデラーやボールドに比べて安全に敵陣目掛けて塗りを広げられる。さらに人速も早いので塗被りが少ない。メインの塗り性能で言えば全ブキ最強と言っても過言ではないが、とにかくメイン射撃の燃費とインクロックの所為で結構な頻度で休憩を強いられてしまうのが難点。
チャージ時間が短いとはいえ、リスクは伴うため如何に誤魔化すかがポイント。
基本的には前衛の少し後ろから味方の撃ち合いに絡みに行き、人数有利時に持ち前の塗りを活かし、塗りを広げていくのが基本的な立ち回りになる。
必要スペシャルポイントが他の200Pのブキ群に比べて180Pと少ないため、スペシャル自体の回転率が良く、インク回復としても使えるので、チームへの塗り貢献度はかなり高い。
敵全員をWIPEOUT!に追い込んだ際はすぐさま中央~敵陣を整地しにいくと良い。

 

撃ち合い

短いといえどチャージが必要なため、奇襲をすることや相手からの奇襲に対して応戦することは難しいが、中射程シューターより少し長い射程と短射程シューター並のヒト移動速度を活かせば撃ち合いは強い。「相手の射程外かつこちらの射程内」という絶妙な間合いをうまく維持し、軽量スピナーに与えられたヒト速を駆使して戦うのが理想。
射程ギリギリでチクチクダメージを蓄積させるのも有効で、他スピナ―では大抵逃げられてしまうがスプラスピナークイックボムによる追い打ちが可能なので問題になりづらい。
引き射撃をしつつ相手の射程外に下がったり、強引に近づいてくる相手の弾を横移動でかわしたりと、ヒト移動速度はかなり重要である。

また、相手を倒すために弾を4発当てなければならず、射撃継続時間もそれほど長くないため、相手を仕留めきれないことも多い。弾が2発(32*2=64)当たっていればクイックボムの直撃(60)で、3発(96)当たっていれば爆風(35)でキルできるのでインク管理に注意しつつ狙っていこう。サブ性能アップギアパワーがあると逃げ道や壁裏に投げ込みやすく心強い。
相手を倒しきれなくても、こちらの牽制で退いてくれさえすれば、持ち前の塗り性能を活かして前線を一気に押し上げることができる。スプラスピナーはメインのインク消費率との兼ね合いで他のクイックボム持ちのブキに比べてクイックボムのインク消費の影響が大きいので、相手にとどめのクイックボムを投げてキルするべきか、投げずに前線を維持するべきかを状況に合わせて冷静に判断していきたい。

さらに、イカ状態からの奇襲は難しいが、曲がり角などの物陰でチャージし、飛び出して相手を倒すことは強みであり得意とするところである。
チャージ時間が短いため、チャージしつつ味方と撃ち合っている相手の視界外からふらふらっと近づいてキルを取ることもできる。ここでもヒト速の恩恵は大きい。

なお、射撃継続時間が短いため、一度に複数人を相手にして打ち勝つのは非常に厳しい。相手の位置を常に確認し、撃ち合いの最中でも横槍が入る前に素直に退くことが重要である。
相手がブラスターチャージャーなど塗りを苦手とするブキならば、塗りで2体同時に牽制しながらヘイトを稼ぎ、じりじりとこちらが退いている間に味方に倒してもらうこともできる。
生き残りさえすれば塗りで大きく貢献できるため、あくまで生き残ることが最優先である。

サブとの連携

クイックボムの射程は、メインより少し長いか同じ程度で射程外の相手への牽制や追撃の際に役立つ。
メインを射程ギリギリで2,3発当てた後に逃げる敵を追撃するには(通常では)少し射程が足りない。
サブ性能を付けるか、ダッシュで前慣性を付けると射程と弾速が上がるので追撃に使いやすくなる。
牽制で使う場合、敵の後ろを狙えば逃げ道を塞ぎ、メインと挟み撃ちにしやすい。メイン射撃中に使用すると動作がキャンセルされ、すぐに投げられるので直撃が狙えそうだったり最終弾の代わりに。
チャージがある分クイックボム→メインのコンボはやや遅いため慣れが必要。直撃と半チャージで相当速いキル速が可能な為、半チャージに必要な時間の感覚を身体で覚えるとクイックボム→メインで奇襲が刺さるだろう。
フルチャージ1回の消費量が17.25%なので「フルチャ→クイックボム2回」ができる。

ウルトラハンコについて

(発売間もない現時点では)使いどころを選ぶスペシャルであり、スプラスピナースペシャル回転率の良さをいまいち活かしきれていない。メタとして設置型のホップソナーグレートバリアを突進で破壊したり、キューインキに向かって突撃かけるといった手段がある。だがそれらを破壊する為には敵の動きをよく見て発動しないとカバーに入られて返り討ちに合うので注意しよう。
他の運用法としては裏取りを仕掛け視界外から敵を一掃する、低めの台に居る敵を空中一回転で叩き潰す、居座る後衛に横から曲射で投げ込む、インク回復兼ワンチャン投擲キル等がある。
正面から突撃するのは絶対にやめよう。よくて1:1交換にしかならず、突進の当たり判定も狭く、大概避けられてこれも返り討ちに合う。

クイックボム2連→ハンコ投げ→クイックボム2連によって無理矢理遠距離にいるチャージャースピナーのキルを取るといった運用も覚えておこう。もったいないようにも思えるが、ハンコ突撃を敢行して目立った挙句無駄死にするよりかはよっぽどマシである。

ギアパワー考察

人の好みは千差万別、ギアパワーも人の数だけ組み合わせがある。
以下はほんの一例、ぜひ自分なりのギアパワーを見つけてほしい。
ギアパワーは57標記で記載する。

必須級のギアパワー

ヒト移動速度アップ

スピナー種共通の相棒。敵の射撃をフラフラかわしながら戦う為の必須級のギア。カニ歩き撃ちでのインクの重なりが減るため、実質塗り能力とスペシャル増加量アップ。補正が掛かっており、ヒト速の乗りは全ブキ中最高。
最低でもメインギア1個とサブギア2個(16GP)、更に上乗せしたい場合は他に載せたいギアパワーを先に検討し、余った分をヒト速に当てるといいだろう。

相手インク影響軽減

スピナー種共通の相棒。
射程から特に敵インクの多い前線を射撃しながら歩く事が多く、積んだ分だけ敵インクを踏んでもヒト速が落ちにくくなり、被ダメージも多少は減少する為、撃ち合いでのデスを減らせる必須級のギア
最低でもサブギア2個(6GP)。多く付けても効果が落ちにくい。

推奨ギアパワー

インク効率アップメインサブ)

メインの塗り、サブの追撃とイカセンプクの余裕がないままインクを使い切ってしまう場面が多いなら採用の価値あり。クイックボムサブ効率の効果が乗りにくく、メインの消費率が高いスプスピに限ってはサブ効率よりメイン効率の方が優先度は圧倒的に高い。
フルチャージを6回撃つだけだったらインク効率アップ(メイン)サブギア1個(3GP)だけで十分な為、サブギア1個は推奨。(7回撃つなら、メインギア1、サブギア1(13GP)。8回ならメインギア2、サブギア1(23GP))
インク回復力アップと比べると、スペシャル使用時のインク全回復と相性が良いのはこちら。

アレンジ枠のギアパワー

サブ性能アップ

クイックボムの飛距離、弾速が上がる。メインと大して変わらないボムの射程を伸ばし、メインで届かない相手に追撃できるようになる。
また、敵の後ろに投げたい場合や助走をつければ後衛にも手が届くので便利。味方へアシストできる範囲も広がる。ギア枠的にサブギア1個(3GP)かサブギア2個(6GP)が現実的。サブギア1個でも割と恩恵は感じるだろう。
またロマン枠ではあるが、ハンコ投擲で後衛を仕留めきれなかった時にクイックボムを投げつけて追撃を狙うという使い道も。ハンコの近爆風ダメージは60のため、クイックボムを直撃させられれば60+60=120でキルが成立する。この場合はサブギア3個(9GP)でイカダッシュジャンプ投げで試し撃ちライン5本ぐらいの位置に着弾させられる。

インク回復力アップ

こちらはメイン・サブの両方に効果があるのが強み。
このギアパワーはインク潜伏した時の回復速度が上昇するのと、ヒト状態時のインク回復速度も上昇する効果があり、特にイカ状態時の回復力上昇幅よりヒト状態時の方が上昇幅が大きい為、塗れない床や金網を歩くことが多いスピナーとの相性も良い。多く積むとしてもサブギア2個(6GP)。サブギア1個(3GP)でも割と恩恵を感じる。

アクション強化

ジャンプ撃ちの弾ブレを抑えられるギアパワースピナーは地上のヒト速で勝負するが、今作からこのギアによってジャンプ撃ちの運用も視野に入れての立ち回りが求められる。
GP10(メイン1個)積むだけでかなりの弾ブレが抑えられるため、採用価値は高い。積極的に敵と対面しに行くのなら採用しよう。積んでない場合はジャンプ中拡散は8°だが、サブ1個で6,5°、メイン1個で5.6°までブレが抑えられるので、ギアパワー枠に余裕があるならサブ1個だけでも積んでおいてもいいだろう。
ただジャンプ撃ちの弾ブレが減るということは、侵入できない敵高台へのジャンプ撃ち塗りなどの塗り範囲が小さくなるので、ルールによって積むGPを調整しよう。

イカダッシュ速度アップイカニンジャ

スプラスピナーシューター感覚で使用したい時に採用するギア
ただし、スプラスピナーシューターなどより若干長いインクロックがある為、移動を速めている分インク回復時間を設けないとインク管理がより難しくなるので、スプラスピナーの扱いに慣れてきた人にオススメしたい。
ギア枠的にイカ速は多く積んでもサブギア2個(6GP)まで。ガチホコで使用する場合でギア枠に余裕があるのならメインギア1個(10GP)までは積むのも一考。
今作からスプスピにもイカニンジャを採用する価値あり。塗りの強さで自身が隠れる場所を多く作れて距離を詰めたりと使い勝手の良いギアとなっている。
イカニンジャを採用していない時に比べてイカ速が遅くなったことにより、移動に時間がかかる=インク回復する時間を得られるため、インク回復の感覚が楽になるメリットも。

ラストスパート

残り時間30秒を切るとメイン・サブ効率とインク回復力アップギアパワーが各24GPずつ発動する。
またガチマッチでは相手の残りカウントが50を下回ると少量ずつ発動し始め、残りカウント30の時点で最大となる。
スプラスピナー種はメインもサブもインク消費の荒いブキである為、これらをメインギア1つで賄えるのは相性が良い。
ラストスパートの効果が最大で発動中はフルチャージ8回、クイックボムを1個投げた後はフルチャージ5回、2個投げた後はフルチャージ2回できるようになる優れもの。
メインの圧倒的な塗り性能を存分に発揮し続けることができ、戦闘もクイックボム連投で強引に処理する事も可能と長所と短所の両方上げられる。

対物攻撃力アップ

サブ性能アップ無しの設置したばかりのスプラッシュシールドを破壊するのに必要な弾数が17発まで減るため、フルチャージ1回で破壊が可能になる。シールドを早急に破壊できるという意味では相手にかけられる圧に差が出るので、シールドメタとして積む価値あり。
スプリンクラーやビーコンの他にも、ホップソナーカニタンクグレートバリアナイスダマといった破壊可能スペシャルにも効果が期待できる。

最後に

スプラスピナーほど、ギアパワーがあれも欲しいこれも欲しいなブキはないかもしれない。ヒト速と安全靴は必須だが、お守り以外も各種サブギア1個(3GP)ずつ積んでバランスを取るよりもギアを絞って部分的に特化アレンジし、それに合った立ち回りをした方が良いだろう。
イカ速/インク系/サブ性能を積んだのならシューターのような前中衛型、メインク/サブ性能/スペシャル系/で中衛アシスト投擲特化型、といったような自身が想像するスプラスピナーの型を、ギアパワー考察を参考に探してみてはイカがだろうか。

コメント


*1 ちなみにスピナー種共通の仕様として、射撃中でもサブウェポンを使用することは可能。その場合射撃は中断され残っているインクは温存される。