ブキ/スロッシャー属

Last-modified: 2022-09-30 (金) 19:09:28
 

一覧

概要

容器のような形状で、一度に大量のインクを放つことができるブキ種。
攻撃範囲が広め、かつ落下するインクにも攻撃判定があるため、起伏のある場所でも射線を通すことができる。

射程は全体的に長めで、よく「高台の上を攻撃するのが得意」と言われるが、
実際にはエクスプロッシャーを除いて高台の上を気軽に攻撃できるというほどの射程は持っていない(高台上を攻撃するにはかなり近付く必要があったり、下からでは攻撃が全く届かなかったりする)。
実際に得意なのは、小さな障害物や起伏が多数ある場所、比較的小規模な段差である。
ブラスターは段差下の際を攻撃するのが苦手だが、スロッシャーはこれを得意とする。

一方で、連射が利かないブキ属で、ごく一部の例外を除いて確1を取ることもできず、押し並べてキルタイムが遅いため、属全体として正面からの戦闘は不得意。
また、全体的にインク消費も激しく、継戦能力に劣る。
攻撃の前隙も後隙も、どちらも大きいため、機動力のある相手やキルタイムの速い相手が特に苦手。シューターマニューバーチャージャースピナーは天敵。ボムにも弱い。

特徴

大量のインクを放物線を描くように放つブキ属…という特徴以外に統一感が無く、どのブキも個性豊かで使用感は大きく異なる。

  • ヒッセンバケットスロッシャーはスタンダードな弾の特性を持つ。
    • 手数に優れたモデルで、スロッシャーの中ではキルタイムに優れる。
    • 先端の弾の当たり判定が大きいので、敵に当てやすい。逆に言えば、ヤグラの柱などの障害物に吸われて無効化されやすい。
  • スクリュースロッシャーは弾丸と一緒に飛ぶ螺旋状の攻撃判定を活かした攻撃範囲(それを利用した壁裏攻撃力)に期待できる。
  • エクスプロッシャーは連射性は劣るもののより高めの角度が付く弾道による爆撃と、着弾点の爆発による塗り能力が利点。
  • オーバーフロッシャーは低い弾道で3つ連なり、バウンドしながら軌道上を跳ねまわる弾幕形成力が武器。

他のブキ属よりも少し上を向くことによる射程の伸び具合がやや大きい。
また慣性が乗りやすいため移動しながら射撃すると弾速に慣性が上乗せされる。

エクスプロッシャー以外はローラーのように1回のZR入力で複数の弾が連射される。オーバーフロッシャー以外は複数の弾が当たった場合、一番高いダメージを出した弾以外はダメージを与えない。
バケットスロッシャーの弾は大きなインクの塊に見えるが、実際の仕様上は大量のインク弾が並べられている。
1発しか撃ってないように見えるスクリュースロッシャーも実際には芯の弾を追いかけるように地形に当たらずプレイヤーへの当たり判定の大きいウズ弾が発射されているという仕組み。

コメント