前作との相違点

Last-modified: 2022-09-26 (月) 20:50:03

追加された要素

全般

  • 3ヶ月ごとの「シーズン制」になった。シーズンごとにウデマエ、カタログがリセットされ、新たなカスタマイズアイテムやブキ、ギアの配信はシーズン更新のタイミングで行われる
  • シーズンごとに「カタログ」が配信されるようになった。バトルやバイトでレベルが上がり、アイテム類を入手可能。一般に他のゲームで「バトルパス」と呼ばれているシステム
  • お店に「ザッカ屋」が追加。カタログで獲得したアイテムを受け取ったり、ロッカーに飾るアイテムを購入したりできる
  • 同じブキをたくさん使うと「じゅくれん度」が上がり、プキと交換できるブキチライセンスやネームプレートを飾るバッジが手に入るようになった
  • 1人からフレンドと4人までチームを組んでガチルールのバトルに参加でき、ウデマエの増減がかなり少ない「バンカラマッチ(オープン)」が新設された
  • 前作『スプラトゥーン2』からのセーブデータ引き継ぎが実装。引き継ぎによる変化は次のとおり。
    • バンカラマッチにランク1から参加でき、初期ウデマエがB-になる。
    • すべてのブキと交換できるアイテム、ゴールドブキチライセンスが3枚もらえる。
    • (DLCを購入している場合)ヒーローモードの司令の姿がオクト・エキスパンションで設定した3号の姿(性別・肌の色・眼の色)になる。
    • オンラインマッチの対戦相手が、最初から実力に近い相手になる。
    • サーモンランのけんしゅう(チュートリアル)をスキップできる。
    • なお、引き継ぎの選択は一度きりで、『2』のセーブデータがない本体でプレイしたり、引き継ぎを「やめとく」と選択したりするとそのアカウントでは二度と引き継げなくなることに注意。

カスタマイズ

  • コジャケがお供として同行し、キャラメイクでモヒカン形状を変更できる。ヒーローモードでお供するほか、普段は広場のどこかでくつろいでいる。
  • キャラメイクで眉毛の変更が可能になった。
  • プレイヤーごとに、見た目のカスタマイズが可能なネームプレートを持つようになった。背景や二つ名、実績で入手できるバッジを装飾可能。
  • 同名のプレイヤーを区別するため、ネームプレートに、名前決定時に決まるランダムな数字が記載されるようになった。
  • カスタマイズで、勝利時のエモート(モーション)を選択できるようになった。新しいエモートはカタログで入手可能。

広場

  • 「さんぽ案内所」から、スケジュールにかかわらず、任意のルール・ステージのさんぽができるようになった。
  • 「ナワバトラー道場」から、ボードゲーム「陣取大戦ナワバトラー」が遊べるようになった。

バトル

  • 新しいブキ種、ストリンガーワイパーが追加。
  • 新しいアクション、イカロールとイカノボリが追加された。
  • バトル中のスタート、およびリスポーン地点が自陣の手前全体となり、空中にあるイカスポーンから選択した位置に射出されるようになった。リスポーン時のみタイミングも任意になった。スーパージャンプで自陣に帰るときは前作のリスポーン位置相当の場所に着地する
  • バトル中、どちらかのチームが全滅した場合「WIPEOUT!!!」と表示されるようになった

ヒーローモード

ロビー

  • 過去50戦の戦績、過去50回のバイト結果がゲーム中から見られるようになった。放置や不正行為などの通報も、この戦績画面からできるようになった。
  • フレンドの最近の動向がタイムラインとして表示されるようになった。
  • ロビーが試し撃ち場兼務となり、自由に移動してブキの試し撃ちができるようになった。マッチメイク中にも試し撃ちが可能。
  • くじ引き(ガチャガチャ)が設置され、おカネや後述のホラガイで回すとフードチケットやカスタマイズアイテム、ギアパワーが手に入る。
  • 「バトルメモリー」に過去50回分のバトルのリプレイが保存され、「メモリープレーヤー」から、プライベートマッチやイカッチャの観戦モードのように視点を変更しながら再生できるようになった。アップロードして他の人に見てもらうことも可能。
  • ロッカーが設置された。入手したザッカやブキ、ギアを好きに飾って公開することが出来る。

サーモンラン

  • オンラインで、サーモンランにおけるプライベートマッチが遊べる「プライベートバイト(無報酬)」が追加された。
  • クマサン商会の建物内を自由に移動できるようになり、マッチメイク中を含めて今回のシフトで支給されるブキの試し撃ちができるようになった。
  • 新アクション「イクラ投げ」が追加された。
  • 新規オオモノシャケとして、ダイバーテッキュウナベブタハシラが追加。
  • 新しい「特殊な状況」として、ドロシャケ噴出巨大タツマキが追加。
  • 何回かバイトをクリアしていると、Extra Waveが発生して巨大ボス「オカシラシャケ」が出現し、与えたダメージで特殊な報酬「ウロコ」が得られるようになった。
  • テッキュウ」が出現したとき、テッキュウが使う砲台を利用してイクラコンテナ周辺まで金イクラを飛ばせるようになった
  • 「ウロコ」を専用のネームプレート、ザッカや、色違いのバイトユニフォームと交換できるようになった。
  • 生存しているプレイヤーが残り1人になったとき、「あとひとり!」という警告が表示されるようになった。

フェスマッチ

  • バンカラジオでのフェスの告知から開催前は「ヨビ祭」となり、前もって勢力を選ぶことで普段のバトルで「ホラガイ」が手に入り、若干フェス結果に反映されるようになった
  • 10倍マッチに勝利すると、100倍マッチの確率が上がる「オマツリガイ」が手に入るようになった(持てば持つほど確率が上がり、100倍マッチ以上が発生すると無くなる)
  • 両チームが100倍マッチを発生させた場合、333倍マッチになるようになった
  • 100倍マッチや333倍マッチに勝利すると、そのフェスの間、バトル中の名前の上に「オマツリの証」が刻まれるようになった
  • 開催期間が半分を経過するとバンカラジオで中間発表が行われ、後半は広場のフェスの様子が変わるようになった
  • 中間発表後、1位のチーム4人と2・3位のチーム各2人ずつがバトルする「トリカラバトル」が追加される

変更された要素

全般

  • 舞台が、『2』のファイナルフェスで勝利した陣営「混沌」が反映された『バンカラ街』になった。『1』のハイカラシティと『2』のハイカラスクエアは電車ですぐの距離だったが、それらからかなり離れた場所にある。
  • ニュースやフェスを取り仕切るアイドルユニットが、ウツホ・フウカ・マンタローの3人(?)組による『すりみ連合』になった*1
  • 広場がかなり広くなり、広場にいるイラスト投稿のイカタコもかなり多くの人数がいるようになった。
  • バンカラジオ(前作までのハイカラニュース)を左スティック押し込みでスキップできるようになった(フェスの告知やフェス中は除く)。
    • スキップした場合はニュースの続きが画面左上に小さく表示される。広場では左スティックを押し込むと、全画面と左上表示の切り替えも可能
    • スケジュール更新で画面が切り替わったとき、『2』ではニュースは完全にスキップされていたが、『3』では左上表示の状態で流れるようになった。
  • アドバイスをくれるジャッジくんは広場からロビーに移動し、話しかけてアドバイスをもらった際、ブキやサブウェポンスペシャルなどの使い方を実演させてくれるようになった。また、コジャッジくんは広場やロビーにはおらず、アドバイスのために話しかけられなくなった(本作ではナワバトラー道場におり、対戦相手として登場する)。
  • マップに塗られたインクの陰影表現が控えめになり、『1』に近い見た目に戻った。立体感はそのまま。
  • 先述の通り「さんぽ」が改善。変更点はイカの通り。
    • いつでも全マップ・全ルールのさんぽに行けるようになった。
    • オフライン状態でも行けるようになった。
    • さんぽの最大滞在時間が5分→60分になった。
    • ナワバリバトルルールの場合、塗りポイントが表示されるようになった。
    • ガチアサリのゴールや、各種ガチルールのカウントが機能するようになった。
    • プライベートマッチ(イカッチャ含む)に「さんぽモード」が追加され、複数人でさんぽに行けるようになった。
  • イカッチャに、ロビー同様の試し塗り場が併設された。

セーブデータ

  • オンラインプレイに関するセーブデータは、ニンテンドーアカウントに紐付いてすべてサーバーに保存されるようになった。ヒーローモードなど、オンラインが関係しないモードについては本体にセーブされ、セーブデータお預かりサービスも利用可能。これによって、本体やアカウントの引っ越しをしなくても別の本体でもプレイできる。
  • サーバーに保存されたセーブデータは削除できない。オンラインプレイ関連を、同じアカウントで最初からやり直すことはできない。

プレイヤー・キャラメイク

  • インクリングたちのデザインが若干変更され、頭身が少し上がっている。
  • イカ・タコの性別(ボーイとガール)の明確な区別がなくなった。*2
    • キャラメイクでの最初の質問「キミは誰なんだ?」に対して、「ガールっぽい(長髪)」「ボーイっぽい(短髪)」シルエットを選択し、従来からガールとボーイで異なっていたボイスはこちらで決定される。
    • 髪型や眉、ボトムスといった見た目は、ボーイとガールでの選べるパーツの違いはなくなり、どれでも選択できるようになった (イカとタコ間での髪型などの制限は従来通りある)。
    • カスタマイズ時の立ちポーズや勝利時のエモートといった動きが統一され、性別によるしぐさの差がなくなった。
    • ゲーム中では「ボーイ・ガール」など性別をあらわす表記は二つ名以外で登場しない。二つ名も性別をあらわすものはかならず男女セットで入手できる。
  • プレイヤー名がSwitchのユーザー名と別で決められるようになった。
    • このスプラトゥーン内でのプレイヤーネームは設定してから1ヶ月間は変更不可のため、頻繁に名前を変更することが出来なくなった。

ギア

  • 広場のスパイキーの注文商品の入れ替えが、日本時間の0時から9時に変更された。
  • 広場のスパイキーが成長して身長が伸びており、よりたくさん(45個)のギアパワーのかけらを使うことで、ギアの基本ギアパワーを付け替えてもらうことができるようになった。
  • どのギアギアパワーの空き枠がなくなった後もケイケン値がたまるようになり、『2』のアップデート後のフェスTのように、ギアパワーが満杯になった場合はギアパワーのかけらが手に入るようになった。
  • お店で買えるギアは、重ねて購入することで、レアリティを★5まで上げられるようになった。追加ギアパワーが3枠ない場合は枠が増えて、すでに3枠ある場合は、ギアの獲得ケイケン値が最大で1.1倍になる。
  • お店でギアの買い換えができるようになった。
  • ゲソタウンや付け替えによって、本来と基本ギアパワーが異なるギアをスパイキーに注文した場合、低確率の抽選に当たった場合を除き、基本ギアパワーギアを持ってくるようになった。

バトル

  • バトル中の上部やサーモンランでの各イカタコのステータス表示で、やられたときにアニメーションが再生されるようになった
  • バトル結果の演出や表示内容が変更された。
    • 敗北時は、相手チームの勝利演出が表示されるようになった。
    • バトル中の戦果に応じて、表彰がもらえるようになった。「バンカラマッチ(チャレンジ)」においては、勝敗の他もらった表彰がウデマエポイントに変換される。
    • 自分以外のキル数や塗りpなどの戦績画面は、結果画面が終わったあと、バトルを続けるか選択したあとで表示されるようになった。続ける場合でも、マッチメイクを待ちながら戦績を閲覧できる。
    • 戦績画面にそれぞれのデス数が表示されるようになった。
  • 自分にスーパージャンプしてきた味方に対して、スーパージャンプができなくなった。
  • インクに潜伏したまましばらくすると鳴る「ブクブク」という効果音が、ゆっくり移動していても鳴るようになった。

ブキ関連

  • シェルターの挙動が変更された。
    • 通信同期の際、2では自分から見たシェルターの挙動が優先されていたが、今作では相手側から見た挙動が優先されるようになった。そのため、自分ではシェルターを展開しているつもりでも、弾が貫通しているように見えるという状況が生じやすくなっている。

バンカラマッチ

  • 前作の「ガチマッチ」からシステムが刷新された。ウデマエが全ルール共通となり、一度上がったウデマエがシーズン更新以外で下がらなくなった。
  • バトル後に「つづける」を選択したとき、同じく「つづける」を選んだ仲間と同じチームで連戦できるようになった。
  • ガチホコバトル
    • ゴールの前に必ず通過する必要があるカンモンが追加された。
    • 戻りすぎ注意・ホコ侵入禁止エリアのペナルティカウントが早くなった(3倍→4倍)。
    • 前作よりも戻りすぎの判定が厳しくなり、カウント1でも戻ると戻りすぎ扱いされるようになった。
  • ガチアサリ
    • ガチアサリ作成に必要なアサリが10個→8個になった。
    • 1箇所の地面に出現するアサリの数と、アサリを持った敵を倒した時に落とす最大数が4個→3個になった。
    • リスポーン地点にスーパージャンプしても持っているアサリやガチアサリを失わなくなった。
    • アサリの湧きの早くなる条件が、「フィールドに散らばっているアサリとプレイヤーが所持しているアサリの合計が『25個未満』」から『18個未満』であることに変更された。
    • アサリが湧く際に湧きポイントが埋まっていた場合、『2』では別の場所に再抽選されていたが、『3』では再抽選されなくなった。
    • 全プレイヤーのアサリ所持状況が画面上部に表示されるようになった。
    • ガチアサリを作った・取得した時の音が自チームと相手チームで別になった。
    • ゴールが割れてアサリの投入を受け付けている間、ゴールから音楽が流れるようになった。

サーモンラン

  • 24時間営業になった。
  • バイト終了後にバイトを続けるを選択した場合、同じ人と連続でバイトに行けるようになった。
  • バイト評価「たつじん」は「たつじん+0~3」に細分化され、その上に最高評価「でんせつ」が追加された。
  • キケン度MAXが「333%」になった。
  • 支給されるスペシャルが、サメライドトリプルトルネードホップソナージェットパックカニタンクナイスダマメガホンレーザー5.1chの7種類からのランダム選択となった。
  • ボムのインク消費量が75→66%に軽減された。
  • けんしゅうがいつでも何度でもできるようになった。
  • キンシャケ探しのイベントで、ハズレのカンケツセンからザコシャケが出現しなくなった。そのため、前作ではタブーとされていた片っ端からカンケツセンを開けるという行為に問題が無くなった。
  • 報酬のギアサブスロットに必ず追加ギアパワーが付くようになり、何も付いていないギアをおカネに替えることが出来なくなった。
  • 報酬の受け取り演出が短縮され、たくさんの報酬受け取りがスムーズになった。
  • シャケたちが、蘇生後の無敵時間中にプレイヤーを捕捉するようになった。
  • ザコシャケが攻撃するまでの時間が短くなった。これにより囲まれると一瞬でウキワ状態になってしまう他、ザコシャケの横をイカジャンプで無傷で飛び越えることが非常に難しくなった。
  • カタパッドのコンテナが遠爆風でも壊れるようになった。そのため、一部のポイントではボム1個でカタパッドを撃破可能。
  • カタパッドのコンテナは、ジェットパック・キャノン等でフタを狙っても壊せるようになった。さらに、2枚のフタの間の下半分を狙えば、1発で両方のコンテナを壊せるようになった。
  • バクダンのボムが爆発するまでの時間が短くなった。
  • モグラ出現前に点滅する際、音が鳴るようになった。
  • タマヒロイが空を飛んで金イクラを拾いに来るようになった。また、1匹で最大8個まで金イクラを回収するようになった。
  • 水没のやられ判定が着水時に発生するようになった。これにより、wave終了数秒前に水没し攻撃をやり過ごす技が使用できなくなった。
  • バイト終了時に復活中でも、リザルト画面への遷移が遅くならなくなった。

フェスマッチ

  • フェスの称号は「ふつうの○○ボーイ/ガール」から「ふつうの○○派」に変更された。
  • すりみ連合が3人(?)いることに伴い、フェスの勢力も3択となった。
  • 100倍マッチや333倍マッチに勝利したとき、エモートが特殊なものになるようになった。

廃止された要素

全般

  • バンカラジオでは、前作までのハイカラニュースにはあった「ステージ紹介時のステージ固有の会話」がなくなり、バトルに関する一般的な会話をするようになった。
  • イカラジオが廃止された。代替となるサウンドテスト機能も実装されていない。
  • 自分とフレンド以外のランクやウデマエが表示されなくなった (広場、バトルともに)。
  • 「ウデマエX」はなくなった。「Xマッチ」に形を変えて今後のアップデートで実装される予定。
  • マッチメイク中、マッチングの進捗や、見つかったチームメンバーや対戦相手の名前などの情報は表示されなくなった。
  • チョーシボーナスがなくなった。チョーシ自体は残っており、ロビー画面で表示される。
  • 「推定ガチパワー」の表示がなくなり、ガチパワーが表示される箇所がなくなった。「フェスパワー」は以前通りフェス中のロビーで表示され、「Xパワー」は「Xマッチ」で実装される予定。
  • バトルで負けたときは相手の勝利モーションが表示されるようになり、自チームが悔しがるモーションは廃止された。
  • ブキチのブキ解説はそのブキが購入可能になったときの1回きりしか聞けなくなった (本Wikiではブキチの説明一覧に掲載している)。
  • スペシャルウェポンの多くが廃止され一新された。特筆すべきは、1作目から存在していたボムピッチャー系列が全廃されたこと。

フェスマッチ

  • フェスマッチで、ミステリーゾーンのマップがなくなった。
  • フェスマッチで、○倍マッチに勝利したときの、広場のモニターでの自チームの記念写真表示がなくなった。
  • フェス開催中のフェスTにおいて、ギアの必要経験値の優遇がなくなった。
  • フェス開催中でも、さんぽは昼のみとなり、夜のステージのさんぽは廃止された。
  • フェス開催中のバンカラジオは、ライブステージ上からではなく、通常時と同様にスタジオからになった (フェス期間前半では、すりみ連合は動く神輿の上に1人ずつ乗っているなど、3人でニュースできる状況ではないためと思われる)。
  • ジャッジくんが広場からロビーに移動したため、フェス期間中でも踊らなくなった。

*1 『3』にちなんで「スリー(3)」や「み(3)」にかけたネーミングと思われる。ちなみにニュースの最後の挨拶の「ほなカイサン!」も、「海産」と「さん(3)」にかけていると思われる
*2 「性別によって見た目を制限すること」をさせないという最近主流になりつつある考え方による仕様で、『あつまれ どうぶつの森』や、『ポケットモンスター』の新作など任天堂の近年の作品でも積極的に取り入れられている。