アイテム/ドルフィン爆弾

Last-modified: 2020-10-19 (月) 01:43:28

●出典:ピクミン2

原作でのドルフィン爆弾

原作『ピクミン』シリーズにドルフィン爆弾というアイテムは存在せず、オリマーの所属する会社「ホコタテ運送」が所有している宇宙船「ドルフィン初号機」がモデルの爆弾となっている。

『ピクミン』でオリマーが宇宙船を修理し帰ってくるやいなや、
ホコタテ運送会社は莫大な借金を抱えて倒産の危機に瀕していた。

立て続けの不幸に思わず家族へのおみやげを落としてしまうオリマーだったが、
ドルフィン初号機が鑑定した結果、そのおみやげが高く売れると判明。
借金返済の為、ドルフィン初号機はオリマーと新入社員ルーイを乗せてピクミン達の住む星へと飛び立つ。

 

洞窟などの狭い場所では先端部分が独立して飛行し、オリマー達を音声でナビゲートする。
かなりお喋りな性格で、見つけたお宝の命名も彼(?)が行っている。虫が嫌いらしい。
また、オニヨンが存在していなかった紫ピクミンと白ピクミンは、
日没になるとこのドルフィン初号機に乗り込んで夜を過ごしていた。

 

『ピクミン3』では無残にもとある場所で朽ち果てている。
彼が回収・修理される日は来るのだろうか。

概要

投げて地面に当たった後、何らかの攻撃が当たるか一定時間が経過することで原作の日没時のように煙を出しながら飛び立っていく。
この際にずらさないとそのまま宇宙へ連れ去られるので、必ずずらすように。

しばらくすると飛び立った地点へと真っ逆さまに落ちてきて大爆発を起こす。
かなり攻撃範囲が広いので、落ちてくる場所は確実に覚えておきたい。

コメント