アイテム/ハンマー

Last-modified: 2020-06-21 (日) 10:44:19

●出典:ドンキーコング(AC)

原作でのハンマー

初代「ドンキーコング」でのマリオはジャンプ力が低い、一定以上の高さからの落下で即死するなど極めて非力。
そんなマリオがドンキーコングに対抗する手段の一つがこのハンマー。
取得すると妙に耳に残るあの曲を流しながらマリオが一定時間ハンマーを振り続ける。
この状態の時は触れるとミスになる転がる樽を破壊できる。
 
今ならNSOの会員特典でFC版だが原作をプレイできる。

概要

初代から登場し続ける皆勤賞アイテムの一つ。その乱闘のハチャメチャ感を担う演出と性能・そして人気は最早スマブラを象徴する存在に等しい。
 
取得すると例の曲にBGMが切り替わってファイターが一定時間ハンマーを振り続ける。
振る速度まで原作再現した結果、最新技術による美麗なポリゴンで作られたファイターが巨大なハンマーを高速で振り続けるというシュールな絵面になる。
今作からBGMがFC版からAC版基準(AC版の方が音が低い)になった。
またヒットエフェクトとSEに原作再現が行われるようになった。
 
ハンマーの威力は絶大で、当たりさえすれば一撃で試合を大きくひっくり返すことができるが、
空中ジャンプができない、攻撃を中断出来ない(他のワザやシールド・回避などもできない)、条件を満たさないと捨てられないなどデメリットも多数ある。
乱闘においては奪い合いが起きるアイテムだが、寧ろ奪ったとしてもその弱点を咎められて撃墜されてしまうことも。
使用する時は常にリスクと隣合わせであることを忘れてはならない。
 
スマちしきにもある通り、吹っ飛び落下中は掴みボタンで捨てることができる。場外に吹っ飛ばされてしまった時は忘れずに捨ててから復帰しよう。
 
たまにハンマーの頭が抜け落ちることがある。ファイターは攻撃判定のない棒をそのまま振り続ける。
落ちたハンマーの頭は投擲アイテムとして利用が可能で、かつ当たるとかなりの威力
棒を振り続けてるファイターはその間前述したデメリットのみを抱えた完全に無防備な状態と化し、アイテムも拾えないので絶好の反撃チャンス。

空中攻撃や相殺モーションのない技を当てると、ダメージを受けることなくハンマーの動きを一時的に止められる。

コメント