アイテム/死神の鎌

Last-modified: 2021-03-06 (土) 22:10:30

●出典:悪魔城ドラキュラシリーズ

原作での死神の鎌

悪魔城ドラキュラシリーズに登場する死神の持つ鎌。
究極の暗黒武器で、多くの人間がそれを複製しようとして命を落としたという逸話がある。
デザインは『キャッスルヴァニア(PS2)』のものに近い。
原作シリーズにおいて味方の武器として登場することは少なく、扱えるキャラも蒼真ヘクターのみ。
『闇の呪印』のみ"死神の鎌"という名称で、『暁月の円舞曲』『蒼月の十字架』『HD』では"デスサイズ"の名前で登場している。

隙が大きい代わりに威力の高い斧カテゴリの武器で、
後隙を上手くキャンセルできれば破格の攻撃性能を発揮する。

 

死神はこの大きな鎌とは別に、小さな鎌を飛ばしてくる攻撃も行う。
『Harmony of Despair』ではこれも"デスシックル"として味方が放てる。
同作はオンライン協力プレイということもあり、対死神戦で使うと大変まぎらわしい。

概要

スマブラでは地味に珍しい鎌型の武器。
鎌らしく先端部分を当てるとダメージが増える(スマッシュ攻撃時は先端部分から赤黒いオーラを放つ)。
普通に振るだけだとそこそこのダメージだが、蓄積ダメージが70%以上の敵に先端の一撃を当てる事で、その敵を即撃墜する事が出来るという点こそがこのアイテムの真価である。
スマッシュ攻撃の貯め中、即撃墜できる敵が範囲内にいるとその敵からも紫のオーラが発生するので目印になる。

関連項目

コメント