Top > 交易


貿易協定

Last-modified: 2019-06-03 (月) 08:50:14

貿易協定 (trade) は外交機能の一環で、他の帝国と物資や情報などの交換または譲渡を行う。

協定を結ぶ方法 Edit

  1. 交信画面から取引を希望する帝国を選択して外交画面を開く
  2. 外交内容から「貿易協定を提案」を選択する
  3. 取引交渉画面が開くので、希望する条件を入力する
    • ▼の書かれた項目は折りたたまれており、クリックすると詳細な選択肢が表示される
    • 大きい数値を指定する場合、Ctrl(10)・Shift(100)・Ctrl+Shift(1,000)キーを押しながら操作する
  4. すべての条件を入力したら「確認」ボタンを押す
  5. 数日後、相手からの返答が届く。相手が取引に同意した場合、希望した内容の取引が開始される

実際には、取引交渉画面の「取引受諾値」(画面中央の大きく書かれた数値)が1以上かどうかで取引の可否を事前に知ることができる。

AI帝国からプレイヤー帝国に協定の打診をされることもある。

協定を成功させる要素 Edit

  • AIパーソナリティ
    AIの性格によって、同じ条件でも応じる帝国と応じない帝国がある。極端な性格の場合、取引には全く応じない。
  • 外交関係
    相手国がこちらに対して警戒心や敵対心を抱いている場合、取引には応じない。

こちらからの一方的な贈り物はほとんどの場合、受け取ってもらえる。没落帝国の聖地を押し付けるなどの罠にはAIは気づく。

武力を背景に不利な貿易を強要するような要素はこのゲームには無く、保有する国力や戦力は協定の成否に影響しない。たとえ相手が従属国であっても、恐喝のような条件には全く応じない。

取引受諾値 Edit

現条件での取引にAIが示す反応を表した数値。数値が大きいほど好感を表しており、1以上でなければ取引に応じない。
取引受諾値が-1000の場合、その取引に応じる見込みが全く無いことを示している。

取引条件 Edit

取引では以下の内容を条件として提示できる。

資源
各種資源(エネルギー通貨鉱物食料消費財合金エキゾチックガスレアクリスタル揮発性粉末ダークマターズィロ生体金属)を一括全量もしくは毎月定量を相手国に支払う。ナノマシンナノマシンは取引できない。
一括全量は即座に手に入り不履行になる可能性が無いので同じ量の取引でも、AIは一括全量の条件をより高く評価する。
相手の備蓄能力を超える量を渡そうとしても取引受諾値は上がらない。逆に備蓄が無い資源を要求すると取引受諾値が-1000になる。汚い手だが、これを利用して相手の反応から資源の備蓄量を推察できる。
星系を移譲
星系の領有権を相手国に渡す。
相手国との国境に隣接している星系と、相手が請求権を掛けている星系のみが取引材料になりうる。引き渡したい星系によっては取引を複数回に分け、国境に隣接した星系から順に渡していく必要がある。
AIは条件の良し悪しに関わらず、自国の星系を決して譲渡しようとしない。
国交
相手国には既知で自国には未知の帝国について、その存在を知ることができる。
アクティブセンサーリンク
相手国の視界を得ることができる。相手国が従属国の場合など、既に視界を得ている場合には取引材料にできない。

取引期間 Edit

協定の有効期間。10~30年で選択できる。資源の一括全量での支払いを対価に協定を結ぼうとする場合、期間の長さで取引受諾値が変動する。一度結んだ協定は破棄できないので、長期間の協定には熟考を要する。

取引への興味 Edit

AIがどれだけ交易に前向きかを示す数値。この数値はAIパーソナリティのみで決定され、数値が高いほど対等な取引に前向きであり、数値が低いほど自らに有利な取引のみを行おうとする。

AIパーソナリティ取引への興味
名誉を重んじる戦士70%
教えを説く狂信者75%
博識な探検家90%
魂の求道者90%
冷血な資本主義者100%
平和的な商人100%
覇権を狙う帝国主義者80%
奴隷独裁者80%
退廃的ヒエラルキー90%
民主主義の信奉者90%
調和した集団主者90%
連邦の建設人95%
異星人嫌いの孤立主義者50%
狂信的な浄化主義者(※1)50%
流浪の集団110%
狂信的な友好主義者100%
聖地の守護者50%
知識の番人75%
謎の観察者50%

ヘビメタ音楽ファンと武闘派な偏屈者は取引に一切応じない。
(※1)狂信的な浄化主義者は同じ種族の帝国としか取引に応じない。


※以下はDLCのユートピアまたはシンセティック・ドーンが必要。

AIパーソナリティ取引への興味
集合意識70%
機械知性80%
暴走する同化機械50%
断固たる殺戮機械(※2)100%
独善的な奉仕機械90%
太古の番人75%

貪食する群れは取引に一切応じない。
(※2)断固たる殺戮機械は機械帝国としか取引に応じない。

協定の破棄 Edit

一度締結された協定は破棄できない。取引相手と戦争状態になっても取引は継続される。資源が枯渇するなど、協定の履行が物理的に不可能になった場合にのみ、期限を待たずに協定は破棄される。

協定と外交感情 Edit

取引受諾値が大きくプラスの条件で取引すると相手国から感謝の意が得られ、外交感情に揮発性のボーナスが発生する。
AIは他国同士の貿易協定に全く関心を示さない。例えば帝国Aと帝国Bが敵対関係にある場合に、プレイヤーが帝国Aとどのような貿易協定を結んでも、帝国Bがプレイヤーに対して不快感を示すことは無い。

コメント Edit

  • 交易と外交を分けました。随時更新します。 -- 2017-10-01 (日) 18:29:42
  • ひとまずVer.1.8.0に合わせて更新しました。 -- 2017-10-02 (月) 17:31:22
  • 更新お疲れ様でした -- 2018-06-14 (木) 10:44:01
  • 大量の資源を譲渡したい場合、マウスボタンを連打するしか方法が無いのでしょうか -- 2019-04-30 (火) 23:03:14
  • CtrlとShiftの組み合わせで10/100/1000ずつ調整できる -- 2019-05-01 (水) 09:57:57
  • ↑できました ありがとうございます -- 2019-05-01 (水) 14:14:58

URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White