サーカスまとめ

Last-modified: 2021-08-09 (月) 10:10:18

※当ページは背景推理の読み比べが面倒な方向けのまとめ記事です。
ちゃんと背景推理読み込んでいるタイプの方には必要ないかもしれません。
レイアウト上モバイル版が非常に見にくいのでデスクトップ版で閲覧することをおすすめします。
同じ数字のところは時系列がはっきりしていない事件です。

ナタリー入団前

曲芸師

  • 1.マイク・モートンがノイジーサーカスで誕生
    マイク・モートンは出身が流浪芸人となっていることやノイジーサーカスに対する執着から、生まれた時からノイジーサーカスにいる可能性が高い。
    「ひげを生やした中年の男性」はバーナード(※1)である可能性が高いが、確定ではない。

    1.家
    彼はまさに理想の父親だ。
    写真1:ひげを生やした中年の男性が一人の金髪の少年を抱いて、
    サーカス団のテントの前に立っている。
    (曲芸師背景推理1)
  • 2.バーナードから雑技を学ぶ
    ノイジーサーカスの団員となったマイク・モートンはバーナードから雑技を学ぶ。
    初期衣装の腰にある袋やモーションからこれはジャグリングに関するものである可能性が高い。

    2.雑技の秘訣
    ジャグリングは面白い。
    あれはパフォーマンスとパフォーマンスの繋がりになる。
    日記1:バーナードは、袋のサイズ、形および入れる物の種類に至るまでとても重要です。
    彼は私が麻袋の中に石ころを入れることを反対した。
    理由は「危なすぎるから」と言っていました。
    (曲芸師背景推理2)

  • 3.雑技の応用に関する研究を始める
    硫酸アンモニウムは窒素肥料によく使われる物質。
    硝酸アンモニウムは火薬の材料になり、水に溶解する際に吸熱反応が起きるため瞬間冷却剤にも使われる。
    背景推理においてマイクが扱っていた薬品は硫酸アンモニウム、硝酸アンモニウム、硝酸(強酸)液の3種類。

    3.芸術の形式
    創作力が溢れる実践こそがステージでのパフォーマンスを進化させるのだ。
    ノート:硫酸アンモニウムの性質と関連する「実験記録」について詳しく書かれている。
    (曲芸師背景推理3)
    私は硝酸アンモニウムが大好きだ!
    水と混ざると、それは炎天下の夏日でも涼しさをもたらすのだ!
    バーナードの表情は面白い。
    そればかりか彼は私のことを「親愛なるマイク・モートン」と呼んだのだ!
    おお、バーナードよ、その呼び方をもう一度聴きたい。
    次は冷えた手を君の襟の中に忍び込ますよ。
    (曲芸師背景推理5)

※1.バーナード:ノイジーサーカスの団長。

道化師

  • 1.ジョーカーがノイジーサーカスに入団
    ジョーカーはナタリー・セルジオより前にノイジーサーカスにいたことがわかる。
    生まれつきの泣き顔によって優れた泣きピエロになった。
    この時ジョーカー以外にノイジーサーカスにいる可能性があるのは団長であるバーナード、モウロ、マイクの3人。

    ジョーカーは昔、サーカス団の大黒柱だった。
    生まれつきの泣き顔によって、優れた泣きピエロになった。
    しかし、優秀な微笑みピエロのセルジオと、雑技のスターで絶世の美女・ナタリーの入団によって、ジョーカーの天下に変化が訪れた。
    (公式サイトより)

  • 2.事故により片足を負傷する
    道化師の右足がないのはおそらく一輪車についていた棘によるもの。
    しかしこの事故はナタリーが入団した後の可能性もある。



    この鋭い針を見れば道化師の片足がどうなったのかは明白だ。
    だが彼はこのステージの相棒をずっと大切にしている。
    (携帯品「くるぶしの破壊者」より)

踊り子

  • 1.湖景村にサーカス団が巡業に来る
    漁家の娘であるナターシャはこの巡業の際に微笑みピエロのセルジオ(※1)と出会う。
    セルジオはナターシャ(ナタリー)と一緒にノイジーサーカスに入団したため、このサーカス団はノイジーサーカスではない。

    1.漁村
    そこは美しく静かな所だ。
    毎朝早起きして魚を捕らなくてもよいのであれば、私はそこを好きになるかもしれない。
    (踊り子背景推理1)
    そのてっぺんが尖ったテントには、私の憧れのすべてがあるようだった。
    花、煌びやかな衣装、拍手…そして優秀な微笑みの道化師。
    (踊り子背景推理2)

  • 2.セルジオと距離を縮める
    ユージン(※2)に警告されながらもセルジオとの距離を縮める。

    4.贈り物
    受けとった贈り物には注意して対処なさい。
    あなたはその代償が何かを決して分かっていないのだから。
    写真:微笑みを浮かべた道化師が黒髪の少女に1つのオルゴールを手渡している。
    (踊り子背景推理4)
    5.ユージンおじさん
    彼はいつも眉間に皺を寄せていた。まるで、世の中には彼を喜ばせることなど何一つないかのようだった。
    ナターシャ、あの軽薄な奴から離れるんだ!
    道理をわきまえて自分の身を守る良い娘になりなさい。
    (踊り子背景推理5)
    6.軽快なワルツ
    それは軽やかで活発な踊りだったが、同時にロマンティックな雰囲気に満ちていた。
    写真:赤毛の若者と黒髪の少女が村の舞踏会で踊っている。
    (踊り子背景推理6)

  • 3.セルジオに一緒に来ないかと誘われる
    ナターシャはある日セルジオに駆け落ちを提案されて承諾する。


    「ナターシャ、俺と一緒に来ないか?」
    彼はそう尋ねた。
    (踊り子背景推理7)

  • 4.セルジオとナターシャは湖景村から脱出する
    ナターシャがユージンとマージョリー(※3)のボルシチに「精神安定塩」を仕込み、セルジオの助けを得て2人で駆け落ちする。
    背景推理9の描写から睡眠薬の類の可能性が高い。

    ユージンおじさんは部屋に施錠をしていたが、屋根の換気窓だけ鍵がかかっていなかった。
    それはセルジオにとって難しいことではなかった。
    (踊り子背景推理8)
    あの夜のローソンスープ(ボルシチ)はなんだか少し苦かったでしょう?全部私のせいです。
    私はスープの中に安神塩を入れたから、おじさんとおばさんが翌日の朝市を逃すようになったのかもしれません。
    (踊り子誕生日手紙より)
    私は試してみたかった。セルジオが私を止めた。
    そのことは私を少し不安にさせた。
    「ねぇ、ハニー、君は僕らの旅路を寝て過ごしたくはないだろう?」
    彼はこのように言った。
    (踊り子背景推理9)

  • 5.名前をナターシャからナタリーに変える
    駆け落ち後からノイジーサーカスに入団するまでの詳細は語られていない。
    しかしあまり良い待遇ではなかったことが伺える。




    でもあの時は思いもしなかった。
    未来の代償がこんなにも重いだなんて。
    (踊り子背景推理10)

※1.セルジオ:微笑みピエロを職業とする男。赤毛のイケメン。
※2.ユージン:ナターシャの叔父。
※3.マージョリー:ナターシャの叔母。

野人

※野人はナタリーとの時系列関係が分からないので全てここにまとめている

  • 1.バーナードに育てられたモウロは「野人」としての芸を教えられる
    背景推理3からモウロが野人になるのは強制であり、外に行くことは制限されていると考えられる。

    日記1:人生最初の10年は私の世界には犬のぬいぐるみと木製の壁4面しかなかった。
    それと、おじさんバーナードもいた。
    たぶんカスパー・ハウザーが私よりついてると思う。
    (野人背景推理1)
    日記2:「私は君の保護者です。君の行為が合理的に監視されなければなりません。」
    と言って笑い出した。
    「地面に落ちたパンを拾ってそのイノシシに乗れ」と言った。
    (野人背景推理2)
    「カスパー・ハウザーの結末は誰でも知っていた。注目がなくなると、あの虫けらは自殺したんだ。」
    彼は鞭を取り出してブーツを叩いた。
    「家に戻って練習しろ、お前なんかバーデンの王子じゃないんだ。」
    (野人背景推理3)

  • 2.「野人」としてノイジーサーカスの見世物になる
    待遇はよくなかった。
    ポスター:動物に育てられた子供ーーモウロ!
    素晴らしい野生動物の馬術パフォーマンス、この喧騒サーカス団があなたのために差し上げます!
    (野人背景推理6)
    写真:髪型が汚くて痩せている少年は一匹の傷だらけのイノシシに乗って火を飛び越えている
    (野人背景推理7)

  • 3.逃走を計画する
    荘園のゲームに参加できたということは逃走に成功したということだろう。
    また、逃走の際に誰かに手紙を残していることから、何者かの手助けを受けていることがわかる。

    日記5:カスパー・ハウザーのように、ここから逃げ出す方法を考えないと。
    王子様みたいな退場だが、私には助けが必要だ…バーナードは絶対私を逃さないから…
    (野人背景推理9)
    僕はもうここを出るよ!前金なら返した。
    君の枕の下に入れてある(鍵はかかっていなかった。防犯には注意したほうがいい)。
    ああ、一応多めに入れておいたよ。君へのお礼だ。
    ここでの僕の最後の願いを一一王子としての完壁な退場を実現させてくれてありがとう!
    こんな愉快な気分は初めてだ。
    奇妙な形で「死に」、謎の消失を遂げる。
    人々には伝説のような印象が残るだろう。
    これからはやっと偽りの拙劣な人生から抜け出せる。
    もう二度と仲間たちと来る日も来る日も火の輪をくぐり、おどけたふりをして人々の目を引く必要もない。
    僕がどんな思いをしてきたか君には理解できないだろうし、理解してほしいとも思わないさ。
    彼らはきっと真面目に僕を探さない。自信を持って言える。
    飽きた玩具や見飽きた鑑賞品を気にする奴なんていないからね。
    でも、君は違う。
    君は、どうか舞台を楽しんでほしい。バーナードに面倒を見てもらうんだ。
    数日後のカーニバル…そこでなら、君は真の力を発揮できる。
    僕のことは、どうか幸運を祈っていてくれ。
    誰にも見つからない場所へ行き、徹底的に「死人」となろう。
    (野人2年目手紙)

  • 4.マイク・モートンがモウロに関しての何かの依頼を撤回する

    意外が発生したため、ターゲットはあなたの雇員が到達する前に「除名」されました。
    非常に残念ではありますが、契約にも書いてありました通り、この状況では貴殿に残りの報酬を振り込むことはできません。
    あの灰燼から椅麗な首を探し当てることなど、誰にもできませんから。
    (野人誕生日手紙より)

  • 5.モウロが荘園に招待を受ける
    ナタリー、マイクとは別のゲームに参加するが開始前に失踪する。

ナタリー入団後

  • 1.調教師のナタリーと微笑みピエロのセルジオがノイジーサーカスに入団する
    ジョーカーはナタリーに恋をするが、セルジオとナタリーが付き合っていることを知ってしまう。

    4.新しい顔
    サーカスは人々が行き来する場所だ。
    私たちはいつも新しい顔を歓迎する。
    もちろん、美しい子に限るけどね。
    一枚の写真:赤髪の若いイケメンが一人の金髪の美女を抱きしめている。
    (曲芸師背景推理4)

    1枚の写真:サーカス団で撮影した、女調教師のナタリーとお笑いピエロのセルジオの親密そうな写真。
    遠くの隅には1人、泣面の男が立っている。
    (道化師背景推理3)

  • 2.ジョーカーがセルジオがナタリーを虐待していることを知る

    日記:可哀想なナタリー、彼女の背中は傷跡だらけ……
    必ずあの野郎と話をつけてやる!
    こんなことはやめるべきだ。
    (道化師背景推理3)

  • 2.ノイジーサーカスが月の河公園と契約する
    人気の観光名所である月の河公園を経営するバリエル伯爵はノイジーサーカスと契約を結び、ノイジーサーカスは月の河公園での興行を始める。
    時系列は不明だが、マイク・モートンの買い物が盗まれた薬品の補充であるならジョーカーの火傷よりも前の出来事である。

    随着收入提升,巴利尔伯爵又陆续增建了惊叫屋和旋转木马,并与名为“喧嚣”的旅行马戏团签约,引入了畸形秀和马戏表演。
    熙熙攘攘的游客使月亮河公园声名大噪,远处城镇的居民也慕名而来。

    収入が増加すると、バリエル伯爵はスクリーミングハウスとメリーゴーランドを開設し、「ノイジーサーカス」というサーカス団と契約してフリークショーとサーカスショーを紹介した。
    観光客は月の河公園の名声を呼び、遠くの街の住民もこの公園に集まるようになった。
    (公式Wechatより)

  • 3.バリエル伯爵が月の河公園でのビッグイベントを計画する

    良好的营收让巴利尔伯爵决定举办一场盛会——月亮河公园将彻夜营业,关上大门,封闭的公园可以让人们暂时从宵禁的无趣长夜中解放。
    定价高昂也挡不住热情的宾客,入场券很快销售一空。

    良好な営業収入によりバリエル伯爵はビッグイベントを開催することを決めたーー月の河公園は門を閉め一晩中開園し、人々は退屈な夜間外出禁止令から一時的に解放される。
    客たちは高い値段をものともせずにこぞって買ったため、すぐに売り切れた。
    (公式Wechatより)

  • 3.ジョーカーが顔に火傷を負う
    ノイジーサーカスの泣きピエロのジョーカーが顔に火傷を負ってしまう。
    犯人は不明だが、バーナードはこの火傷は強酸(おそらく硝酸水)によるものではないかと疑っている。
    マイク・モートンは自身の管理する薬品がなくなっていることに気づき焦っている。
    ジョーカーの初期衣装にある仮面はここから使われ始めた?

    新聞の切り抜き:サーカス団の不思議な火災!
    有名な喜劇役者が休憩室で被害に遭い、顔面にひどい火傷を負って、泣きピエロの役が続けられなくなってしまった。
    (道化師背景推理8)

    日記3:バーナードが私の愛する子供たちに挨拶をしてくれた。
    彼はジョーカーの顔の傷がまるで「腐敗」しているように見えるらしい。
    なんて悲しい事だ!もちろん、私は確かに強酸をなくした。
    バーナードが今回の「管理不備」を発見する前に、私がもう1瓶取り戻さなくちゃ。
    (曲芸師背景推理6)

  • 4.マイク・モートンが何かを購入する
    この買い物があったために事件に巻き込まれなかったのではないかという説がある。

    7.カーニバル
    カーニバルは通常混乱を意味するが、混乱はチャンスを意味する。
    買い物リスト:硝強酸水、ラクダの糞、牛乳、卵
    (曲芸師背景推理7)

  • 5.ナタリーが月の河公園から脱出する
    経緯は不明だが、事件直前に月の河に飛び込み逃走する。

    唯一的幸存者是一位年轻的女士,她在混乱开始时跳进了月亮河,顺着水流从城墙下逃出了公园。
    唯一の生存者は若い女性で、この混乱が始まる前に月の河に飛び込み、川の流れに沿って城壁の下から公園を脱出した。
    (公式Wechatより)

  • 6.月の河公園にて「カーニバル大虐殺」事件が発生
    マイク・モートンはイベントに参加しておらず、彼以外のノイジーサーカスのメンバーはほとんどが死亡した。
    犯人は衣装にチェーンソーを持っているものがあるジョーカーでほぼ間違いないと思われるが、動機は不明。

    欢笑、美酒、音乐和扑鼻而来的食物香气,不出意外,这场盛会将成为附近居民整年的谈资。
    可谁都没想到,月上中天,一个发疯的马戏团员工将本应欢乐的嘉年华之夜彻底变为噩梦。
    人们哭嚎、尖叫,试图逃离那挥舞着链锯的可怖身影,但紧锁的大门和高耸的城墙断绝了一切出路。

    笑い声、ワイン、音楽、鼻をつく食べ物の香りは近隣住民の話題になった。
    しかし狂ったサーカスのスタッフが歓喜すべきカーニバルの夜を悪夢に変えるなど誰も予想していなかった。
    人々は泣き叫び、悲鳴を上げながらチェーンソーを振り回す恐ろしい影から逃れようとしたが、しっかりと施錠された門と高くそびえ立つ城壁によって外から完全に遮断されていた。
    (公式Wechatより)

  • 7.新聞で事件の犯人は未だに特定されていないという報道がある



    切り抜き:カーニバル大虐殺を起こした殺人犯は行方不明。
    住民は地方警察の力不足だと判断し、更なる調査を要求している。
    (曲芸師背景推理8)



    悪夢のような祭典のあと、ここは付近の住民が話したがらない禁忌の地となった。
    (月の河公園説明文より)

事件後

  • 8.マイク・モートンが事件の被害者の死体を確認する
    ノイジーサーカス団員の死体はセルジオとナタリーだけなかった。
    ジョーカーがスルーされているのは諸説あるが、ジョーカー自身は別に死んでいないので替え玉の死体があったかサーカスを既に辞めていたなどが考えられる。

    日記4:市の霊安室を探し回ったら、新しくやってきたおかしな恋人たち以外は全ての人間を見つけた。
    彼らはあの日、一番最後の演出に回されていた。
    逃げ出す機会などなかったのだ。
    (曲芸師背景推理9)

  • 8.ナタリーがマルガレータ・ツェレに名前を変える
    踊り子になったのもここから?

  • 8.ナタリーがユージンとマージョリーに手紙を送る
    受け取られなかったのは既に湖景村で事件が起こり失踪した説と単純にシカトされた説がある。

    今では、後悔しているのは湖景村を離れたことではなくて、おじさんとおばさんと正式に別れを告げずに暗闇に紛れてこっそりと逃げたことです。
    もし愚かな私を許してくれるなら、ご返事ください。
    ずっと待っています。
    セルゲイはもう二度と私の手紙を破くことはできませんから。
    敬具
    ナターシャ
    (踊り子誕生日手紙より)

  • 8.マイク・モートンがアーサー・ラッセルに「ノーフェイス」の調査依頼を行う

    尊敬なるマイク・モートン様:
    警察内部の情報によると、月の河事件の「ノーフェイス」は五体満足であり、強酸によって顔が潰れてしまったと報道されていた被害者ジョーカーの身体特徴とは一致しません。
    我々は以前セルゲイ(セルジオ)の行方を調査していますが、現在把握している証拠から推測すると、彼は生きて月の河公園を出ていない可能性が高いでしょう。
    それでは。
    (道化師記念日手紙より)

  • 9.マイク・モートンがアーサー・ラッセルにマルガレータ・ツェレの調査依頼を行う

    前回でご送信いただいた調査報告はたいへん助かり、ありがとうございました。
    調教師のナタリーまたはマルガレータ・ツェレについて、彼女の家庭、彼女がサーカス団【ノイジー】に加入した前にどのような生活を過ごしていたかをまだ理解したいです。
    来週はしばらく出かけるつもりです。
    報酬の支払い方は前回のと同様で、調査報告を郵送するのは要りません。
    後ほど訪問時にお受け取りします返信をお待ちしております。
    (曲芸師誕生日手紙より)

  • 10.マルガレータ・ツェレ(ナタリー)が荘園に招待を受ける

    マルガレータは美しい舞人で、贅沢な生活を送っていた。
    しかしある事故で彼女は夫を失い、唯一の収入源も失った。
    独りで生きてゆく術を知らない彼女は、もう一つの自由に気付く。
    億万長者になれるチャンスを見逃すわけにはいかない。
    (公式サイトより)

  • 10.マイク・モートンが荘園に招待を受ける

    招待状:手紙には黒髪の女性の写真が一枚同封されている。
    写真の裏にはナタリーという名前が書かれている。
    (曲芸師背景推理10)
    「ノイジーサーカス」は彼の全てであり、「殺戮」といったものは、本来そこに存在してはならないはずだった。
    あの災難から生き残ったマイクは、「ノイジーサーカス」を壊した元凶を探すことしか考えられなくなっていた。
    (公式サイトより)

荘園のゲーム

  • マイク・モートン
    参加者にはマイクの顔見知りが複数人いるらしい。
    女性の参加者は元ノイジーサーカスの団員であり、彼の招待された理由から考えてナタリーである可能性が高い。

    マイク・モートンの荘園日記
    4ページ目
    全く予想外の集まりだなあ、まさかここで「古い友人」に会えるなんて!
    ここ数日、いつも体を引きずるあの見覚えのある姿を見かけていた。
    思わず心臓が「ドキドキ」と脈打ったけれど、にわかには信じられなかった。
    彼はやっぱり生きていたんだ!!!
    しかし、4つのブサイクな顔が並ぶと何だか可笑しいな。
    食卓で彼らが席に着いた時、危うく我慢できなくなるところだった。あははははは!
    (このページにはペンにつつかれた痕跡がある)
    6ページ目
    ふっ、あの女はやっぱり変わってないようだ。
    腹立たしいことこの上ない。食卓であんなに分かりやすい行動を取るなんて、ここを「ノイジー」だと思っているのか。
    また彼女の小細工をひけらかして、ここの空気を悪くするつもりだろう!
    7ページ目
    くそ、彼はまたあの表情を浮かべていた。「ノイジー」にいた時と同じだ。
    もうあの女の好きにさせてはいけない!
    9ページ目
    なぜ彼らがここにいるんだ、おかしすぎる!誰かがわざと仕組んだのか?一体誰が?
    たしかに彼らが僕を見る眼差しは、そうだ、確かに彼らは夜に僕を見ていた。
    まさかあの女が?
    いや、彼女はそこまで頭が回るはずがない。彼女が得意なのは見てくれの小細工だけだ。
    ああ、彼らの欠けた体はかつて人々の歓声を呼ぶことができたのに、今ここにいるとなぜこんなにも恐ろしいのか!もう考えられない!
    ああ、しっかり対策を練ねば。
    (このページの下にはペンを引きずった跡がある)
    (曲芸師2年目手紙)

  • マルガレータ・ツェレ(ナタリー)
    荘園で書いたものと明言されたわけではない。

    1通のしわくちゃの紙切れ
    あなたと再会できた時は本当にうれしかった!本当よ!
    昔の日々を思い出したわ。
    あなたが傷の手当をしてくれた時はすごく優しかった!
    後のことは、ああ、あの後に起こったことはもう思い出したくない。
    私、怖くて……!
    あれはあなたの意思でも、私の意思でもなかった。
    私たちは人を傷つけるような人じゃないもの。
    こんな時にあなたを必要とする私をどうか許して。
    でも、あなた以外に誰を信じていいのか分からない。
    私が信じられるのはずっとあなただけだわ!
    来る前にあいつが私を探していると聞いた。
    彼がここ数日私たちを見る目つきにはあなたも気付いたはず。
    嫌悪、憎しみ……あんな恐ろしい思いはもうこりごりよ。
    どうかもう一度私を信じて!お願い。
    今夜皆が寝静まった後、一度私に会いに来て。
    ずっと待っているから。
    マルガレータ
    (踊り子2年目手紙)

  • ジョーカー
    荘園で書いたものと明言されたわけではない。
    ジョーカーがセルゲイの振りをしていたような描写がある。

    破られた1ページ
    晩餐前、誰かがたくさんの中古品から蓄音機を見つけた。
    彼らは戸惑いながらレコードに針を乗せ、耳障りな 「ジジッ 」という音が響いた。
    ほんの数秒後、背後から伝わってきた音色を聞いて私は足を止めた。
    なじみ深い音色だが、 曲名がどうしても思い出せない。
    全員沈黙に陥った。
    他の者たちも私と同じように考えているのだと思う。
    セルゲイだけが妙に小躍りしていた。
    「純粋さ」と「彼」は、あまりにも合わない。
    彼は両手を腰に添え 、嬉しそうに踊り始めた。
    セルゲイは絶対にこんな風に踊ったりしない。
    彼は単純な喜びなんて知らない。
    彼が本当にこの曲を好きになったことはない。
    踊った時に左足を先に着地させたりもしない!
    思い出した。これは『道化師』ポルカだ。
    右足が不自由なジョーカーが大好きだった曲。
    彼はユーモアなこの音楽が好きで、不器用な彼の動きを笑う人々の笑い声が大好きだった。
    「ああ、 セルゲイ。 あなたは相変わらず素敵ね。」 片隅の女がぽつりと囁いた。
    彼女の声は軽やか過ぎて現実味がなかったが、この素晴らしい全てを引き裂くには十分だった。
    かつて私が深く愛したこの顔は、徐々にサーカス団の裏で木を切り落とす時のあの落胆した顔と重なり、 見たことないような歪みと凶悪さが見えるようになった。
    簡単な喜びというものは、いつも刹那にして消える。
    (道化師2年目手紙)

コメント