探偵

Last-modified: 2021-09-19 (日) 11:56:26

探偵(オルフェウス)



衣装

UR

  • 邪悪な魅力
    悪には悪の品位、悪には悪の格調がある。
    意気地のないもうひとりと決別する時だ!
    (記憶の破片)

ストーリー

私の名前はオルフェウス。
昔は小説家だった。
だが、数年前、記憶障害になって、小説が書けなくなった。
そうして気づけば、閑古鳥が鳴きやまない、私立探偵になっていた。
まあ、それもあの奇妙な手紙が届くまでのことだったのだが……。
ある日、私のもとに届いたその手紙には、悪名高い荘園の調査と、失踪した娘の捜索依頼…
私の目を引いたのは、同封された巨額の小切手だけではなかった。
宛名の欄に「オルフェウス」ではなく、この名前が書かれていたのだーー
……このペンネームがわたしのものだと知っている人間は、誰もいないはずだ。

チュートリアル

親愛なる(プレイヤー名)様
突然このような形でご連絡を差し上げることをお許しください。
私のことはご存知ないかと思いますが、私は今でも貴方様の忠実なファンです。
貴方様の著書はすべて読ませていただきました。
常軌を逸した数々のお話に心を打たれました。
貴方様を襲った不幸は残念ですが、探偵になられた貴方様の犯罪推理力は
他の誰でも及ばないでしょう。
この手紙を書いたのも、探偵としての貴方様のお力が必要だと判断したからです。


本来ならば直接お伺いするのが常識ですが、家内が重病を抱えており、
手紙でご依頼させて頂くことをお許しください。
依頼の内容は、妻の病の原因でもある三日前の娘の失踪。
ただの誘拐事件なら貴方様に依頼する必要はなかったのですが、
娘は行き先のおばの家から突然失踪した当日、数十キロ離れた場所で目撃されたのです。
不可解すぎて悪ふざけかと思いましたが、どうしても気になるのが、目撃された場所が例の「荘園」でした。
近くの林から娘が当時来ていた服の切れ端も発見されています。
あそこは悪い噂ばかりで、現地の警察の反応からしても不安で仕方ありません。
家内はあの人たちも共犯だと言い出す始末で、このショックを受け止めきれず寝たきり状態です。
娘が彼女の生きる唯一の希望です。
彼女にはもう時間がありません。
ですので、貴方様の力で、私たち夫婦の天使を救っていただけませんでしょうか。
そのためならどんな代償でも支払います。
娘が戻ってくるのであれば、どんな代償でも支払います。
娘が戻ってくるのであれば、私の全財産を捧げても構いません。
もし(神よ)…もし既に事件に巻き込まれてしまっていたとしても、
一体誰がこんなことをしたのか徹底的に調べ上げてほしいのです。
もし貴方様が私の願いを引き受けてくれるのであれば、なるべく早く手紙か電報でお返事をください。
手紙と一緒に娘の写真と服の切れ端を同封します。
小切手はほんの気持ちですので、宿泊や交通費にお使いください。



※現在では顔の輪郭しかわからない写真になっている


ジェームズ・ライシンバッハより

第1幕「新たな主人」

 第1幕「新たな主人」
車で悪事を半日近くかけて私はついに手紙に書かれていた荘園に到着した。
突然降ってきた大雨を避けるため広大な敷地で比較的きれいな母屋にまず足を踏み入れる。
しかし足を踏み入れた途端ほとんどの部屋が歳月のために荒れ果て、
著しく損傷している事が分かった。
雨と冷たい風がここから離れるよう催促する。
それは私が居室のドアを開けるまで続いた…


探偵:10年も放置されていた廃墟の割には、状態が良い状態だな。
ここで一晩過ごすことになるかもしれない。
探偵:しかしここは暗すぎる。ランプの燃料が切れる前に、代わりの明かりを探さなくては。
探偵:あの奇怪な手紙を読んだ限りでは、ここがこんなにもゾッとするところだとは思わなかった。
探偵:心理的な効果でしかないのは分かっているが、明かりのおかげでだいぶ気持ちが落ち着いた。
探偵:(奇妙な鳴き声)
探偵:…?
探偵:紙飛行機?……普通なら子供が飛ばすものだが。
探偵:シャンデリアの上に飛ばしてしまったのか。
さっきの明かりでネズミが驚き、振動で落ちてしまったのだろう。どれ…

  • 神が比較的新しい
  • 子供らしい折り方
  • 大量の文字記録

探偵:文字から得られた情報はこれだけだ。しかし紙は記録の一部分と思われる。
もしかしたら他に何か手掛かりがあるかもしれない…
探偵:どうやら日記の1ページのようだ。しかも数日前の。
探偵:もしかしたら、持ち主は私たちが探している人物と関係があるのかもしれない。
探偵:もう小説は書けないが、私は他の人よりも文字に込められた想いを容易に読み取ることができる。
探偵:この能力を生かして、当時の状況を再現してみようと思う。
もしかしたら、書き手について分かるかもしれない。


ここに来て6日目、ついに始まった。
すべてを捨(塗り消した跡)捨ててここに来たことは正解だったと思いたい!
さっき誰かが追放された。
大※※馬※鹿※(多くの修正と書き間違い)、彼らはきっと記(塗り消した跡)規則という言葉を知らないんだな。
私がそう考えた一人目じゃなくてよかった。
神様に感謝(字が小さい)。
いや、いや、いや、違う!今何が起こったんだ!?ヤツは何で私の方に向かってきた!?
私はただ追放された奴を見に行こうとしただけじゃないか。
ヤツが私の方に向かって来る理由は何なんだ!
ちょっと待てよ、これじゃあまったく話が違うじゃないか…
やつはつみのない人をおそった。私だけじゃない…
あっ私たちは騙されたんだ!
しかし…それでも私は行かないと…遠い…誰も…安全…あん号…救えない…すべては


探偵:離れたところにある母屋の部屋について記述があったが、ここはまだ荘園だ。
母屋からは大分離れているが。
探偵:だが今は神経を集中して、当事者の足跡を辿らなければ…少し酒は控えた方がいいな。
探偵:筆跡から男性、右利きで、受けた教育は中等程だと分かる。
探偵:ここから筆跡が乱れている。恐怖で理性を失ったのか…何かに追われているようだ。


幸運児:不気味ヤツ…は、早く逃げろ!
サバイバー:よかった、間に合った。君はまだ「追放」されてない。
サバイバー:これが最後の暗号だ。暗号機を解読して、脱出しよう!
サバイバー:早く、最後の暗号機を探しに行こう!
(幸運児はこの後脱出するがもう一人はハンターに捕まる)


探偵:…日記はここで突然終わっている…
しかしこれはいったい何を意味するのだ?「カーニバル」?
探偵:まるで狂人が書いたような…
ライシンバッハ氏のお嬢さんがこの事件に巻き込まれていないといいのだが。
探偵:とにかく、今は日記の他の部分を探し出して事件の真相を明らかにする方が先だ。
この紙の他に手がかりはないだろうか。

  • 字が汚く、書き直しがある
  • 縁は綺麗に断裁されている
  • 大量の黒い粉末が付着している

探偵:灰、意図的な断裁ーーもしかしたら答えは近くにあるのかもしれない。
ここにちょうど暖炉がある。
探偵:暖炉の中は灰でいっぱいだ…だがそこには私が期待していた日記はなかった。
探偵:一方で別の物に興味を引かれたーーこの燃えていない薪だ。
探偵:煙道も詰まっているーー
どうやら家主は本来の使い方を隠すために、他人に使っていると見せかけたかったようだ。
探偵:きっとここにも何か秘密が隠されているに違いない。
探偵:屋敷の主人がどんな人だったかは分らないが、少なくともセンスは良かったようだ。
探偵:【ミューズ-9人の女神】…この絵なら知っている。
探偵:この燭台…なぜこんなところに置いてあるのだろう。
探偵:まるで暖炉の一部であるかのように、しっかりと固定されている…
探偵:謎のカギの一部だろうか。


探偵:壁がゆっくり動くと、そこに私の探していたものが現れた。
探偵:動きが止まった時、私は自問した。心の準備はできているか、と…

第2幕「手掛かり」

 第2幕「手掛かり」
壁が動きを停めた時、目に入ってきたのは100冊近くの同じような本だった。
直観がこれらの本と私の手の中にある紙が同一のものであることを告げる。
しかしこの単純な事実により、かえって私の理性は大きな衝撃を受けるのだったーー


探偵:私はきっと寝る前の読み聞かせが嫌いな子だったに違いない。
探偵:こんなにたくさん…この中から1ページが抜けた日記を探し出すのは大変だな。
探偵:…だがその必要はもうなくなった。重要なのはこれらすべてだからだ。

  • 参加者は志願してやってきた
  • 全員が「秘宝」の虜となっている
  • ルール違反すると「追放」される
  • 日記には特別な意味がある

探偵:こんな奇怪な事件、見たことがないぞ…
探偵:筆跡も言葉遣いもバラバラ…つまり、彼らが正気を失ってしまったか、
私には理解できないことが起こったということだ。
探偵:ふむ、読めば読むほど疑問が湧いてくるな…
情報をもっと集めるためには、いつもの方法を使う必要がありそうだな。


7.16
ここに閉じ込められて3日。
私はだんだんとこの状況を受け入れ始めた。
私たちは自ら進んでここにやって来たのだから。
私は他の人と接触してみようと決めた。
しかし1人しか私と話をしてくれる人はいなかったーーそれは一番最初に荘園にやって来た人だった。
彼女は私の知らないことをいくつか知っていた。
でも有益な情報は多くはなかった。
大体が、「みんな『秘宝』に釣られてやって来たのよ。
でも自分が知らされた『秘宝』が何かは絶対に言ってくれない」といった話だった。
そして彼女もあの奇妙な「規則」が何を意味するのかは知らないようだった。
しかし、彼女が話題にしたカップルはどうも一緒に来たのではないようだ。
私も彼らには注意しておくべきかもしれない。
7.17
今日の午前中は蒸し暑くて窒息しそうだった。
だけどお昼を過ぎると予想外に雷が鳴り始め、大雨になり、今もまだずっと降り続いている。
他の場所を探索しようと考えていたがこれでは行けない。
荘園から出られないだけじゃなくて、今はこの屋敷から出ることも大変だ。
だが午後に2階の窓から外を眺めていると、外に出て行く人が見えた。
雨がっぱを着た後ろ姿だったから、誰かは分からなかった。
あまり色々考えたくない。
あと3日。私は無事に最後の1日を迎えて、私の欲しいものが手
7.18
大雨は一晩続いた。
明け方になってようやく上がり、めずらしく虹が見えた。
でも愉快な気持ちは長くは続かなかった。
1枚のメッセージによって私たちは朝食前に食堂へ集められた。
そして不愉快な方法で、ある人の「追放」が知らされた。
追放されたのはまさにカップルの男性の方だった。
追放の理由は「規則違反」とだけ簡単に記載されていた(昨日の午後外出した人と何か関係があるのかもしれない)。
女性の方は泣き崩れていた。
こんな状況だから絶望感もさらに増すのだろう。
他の人たちもその空気に影響されて、みんないっそう沈黙していた。
でもこんな沈黙の中で、ほくそ笑んでいる人がいるのだろう。
7.19
「カーニバル」前の最後の1日だ。
ほとんど誰も進んでしゃべらなくなった。眼光も針のように鋭い。
こんな空気は吐き気がする。だけどどんなに辛くても、これまでの日々と比べたら気楽だ。
最後のメッセージは夕食後だった。
私の机の上に現れたのは:「深夜、鐘の音が鳴り響いたら、あの廃墟に集合だ。日記を忘れるな」
どれだけ狂気に満ちて、偏屈な人だったら、ここまで執着できるんだろうか。
こうすることに何の意味があるんだろうか。
私は決して危険を犯したくないが、最後の最後であきらめたくはない。
これで


探偵:日記の作者のプロファイルもほぼできあがった。
探偵:人物プロファイルから精密な実演推理を行うことが可能だ。
探偵:推理スタントだけでは更なる詳細は再現できない。もっと具体的にキャラを作るのが必要だ。
探偵:内容が互いに関連している日記が何篇かある。どうやら同じゲームについて書かれているようだ。
探偵:筆跡と内容から考えると、このゲームについて書いたのは医師のようだ。
探偵:この医師の記述は詳細で明確だ。きっと良い手掛かりになるだろう。
探偵:日記の作者は医師ーエミリー・ダイアー。
探偵:医師エミリー・ダイアー、彼女はなぜこの荒唐無稽な「ゲーム」に参加したのか…
探偵:しかしこの「ゲーム」における「ハンター」が演じた役割とはいったい…
捜査の手掛かりになりそうだが。
探偵:一度…ハンターの立場になって考える必要があるかもしれない。


探偵:ハンターにルールは適用されていなかったらしい。
探偵:それどころか相手の脱出を阻止していた。相手が何をしていても。
探偵:誰もそれを阻止しないのは、彼が強すぎるから?それとも…皆このことを黙認していた?
探偵:彼はこの過程を楽しんでいるのだろうか?もしくは、それこそが「ゲーム」の目的?
探偵:だが彼の出現によって元々互いに敵対していた者が協力し合っていたのだとしたら…まさに皮肉だな。
探偵:より当時の状況を知る必要がありそうだ。
探偵:ハンターの情報こそがカギだ。
ヤツらが次に何をするかを知る必要があるーー方法、ルール、性格、特徴…すべてが重要だ。


探偵:(考え:イバラ、イバラ…)
探偵:…イバラとは、他人に触れられたくないものを封鎖する時、
もしくは相手の動きを封じるために使うものだ。
探偵:だが無理やり試そうとしても、痛みで声を上げてしまえば、
自分の位置を知らせてしまうことになるだろう。
探偵:単純だが、とても有効だ。
探偵:おそらくハンターは自分自身を傷つけないよう、鉄のグローブをはめていたに違いない…
探偵:
探偵:!!!

第3幕「記憶」

 第3幕「記憶」
思い出と感情が大量に噴き出す。


探偵:この傷は…いや…
探偵:(息切れ)…
探偵:少し休もう…体力を消耗しすぎた。
探偵:(徐々に回想に陥る…)


《回想》
10年ほど前、私は火災現場で意識を失っている状態で発見された。
ケガはしていなかったが、意識が回復した時、それまでのすべての記憶を失っていた。
自分が以前まあまあ有名な推理小説家だったことは他人から教わったが、
自分が書いたという文字にまったく見覚えはなかった。
体調は日に日に良くなったが、記憶は戻らない。
だがそれ以上記憶を失うことはなかったため、新たな人生を送ることにした。
しかし私はすぐさま世間に見捨てられ、探偵事務所を開いたものの、案件が舞い込まない日々。
私は酒に溺れるようになった。
そんなある日、落ち目が覚めると自分の体に無数の傷が付いていた。
時には普段触ったりもしない物が側に現れることもあった。
酒に酔って記憶が飛んだのだと思ったが、酒をやめたあともその状態が続いた。
飛んだ記憶の時間は長くなる一方だ。
そしてついに、隣人の様子から私は事の真相を知ることとなったーー
私の中のもう一つの魂が、目覚めていたのだ。


探偵:私はそいつを信じることができない。
自分が眠っている時、ヤツが何をしているのかいまだに分からないのだ!
探偵:それなのに今突然出て来て「自分を信じろ」だと!?
もちろん信じているさ。だが信じているのはお前じゃない、私自身だ!
探偵:最悪な事態を想定する必要がある。
もし【ヤツ】がこの事件に関係しているなら…私は私自身の潔白を証明しなければ!
探偵:だが、1人の体に2つの魂が入っているなんて誰が信じてくれるだろう?
迷信が信じられていた時代じゃあるまいし!

第4幕「異常な状態」

 第4幕「異常な状態」
異常な身の上、異常な体、異常な魂ーー異常な自分。
すべてがただの偶然なのだろうか。
偶然であれば、必ずどこかに矛盾があるはずだ。
矛盾が自分自身にないのであれば、きっと他人にあるのだろう。
私は必ず黒幕を捕まえなければならない。


探偵:黒幕の人格特徴を少しずつ解明していけば、成果が得られるに違いない。
探偵:それにーー複雑な人格なんて、特別真新しいものでもないだろう?
探偵:私にとって友達という定義は、他人とは随分懸け離れている。
探偵:独り言は狂人の専売特許じゃないはずだ。
探偵:…とにかく、自分の力でこの事件のすべてを解明しなければ。
探偵:この日記こそがカギだ。
探偵:……傲慢なお嬢さんじゃ、この屋敷には耐えられないだろう。
探偵:真相を推理することは、時として、薄暗いデコボコ道を手探りで探すようなものだ。(推理の怪解放)
探偵:真実が明らかになる前、奇怪な「秘蔵品」に触れることになるとは誰も思わなかった。(秘宝解放)
探偵:この絵、逆さになっているようだ…
探偵:絵の裏面に何かあるようだぞ。
探偵:このマーク…

チュートリアル後

 チュートリアル後
これまでのストーリー
振り返る


その夜、奇怪な荘園に来た探偵は
暖炉の後ろの戸棚にある日記の秘密に気付いた。

  • ランク戦解放
    探偵:この再現から推理するゲームはますます「面白く」なるな。
    探偵:ひとりで楽しむのは、もったいない。
  • 時間経過+ドアを調べる
    探偵:!…なぜ鍵がかかっている!
    探偵:開かない!反対側から塞がれているようだ。いったい誰が!?
    探偵:私以外にも、やはりここに誰かいるんだな!
    探偵:女の子か?それとも真の黒幕か?
    探偵:…座して死を待つことも、怖いからって逃げたりもしない。来るなら来い!
    探偵:どんな小さな手がかりでも、必ず掴んでみせる!

復帰イベント

 復帰イベント
探偵:…また記憶喪失か…どのくらいの時間が過ぎたのだろう?
探偵:椅子の上に何か増えている気がする。幻覚がひどくなったのだろうか?
探偵:頭の中に何度も浮かんでくるこの女性…記憶の奥底で私を見守ってくれているのだろうか?(ナイチンゲールのことです)
探偵:椅子の上に…紙切れだ。いろんなことが書かれている。記憶を失っている間に誰かが来たのだろうか?
探偵:これは毎日のボーナスだろうか。誰かが私の残留を願っているようだ。(累計ログイン)
探偵:これは?誰かが残したメモか。誰かが残したメモか。使える手掛かりが沢たくさん残されていそうだ。見てみよう。(最新推論)
探偵:この不思議な誰かのメモに基づいて推理してみよう。驚くべき結論が得られるかもしれない。(推理検証)
探偵:私が離れている間にも記憶の真髄が絶えず湧いてきていたようだ。真新しいものはないか見てみよう。(ショップ新品)

ミニゲーム「preregistration」

悪夢。それは長くて終わりのない悪夢だった。
私はこの暗い夢から再び目を覚まそうとした。
汗でびしょ濡れになりながら私は死ぬ気で静かな森を走っていた。
私がついに
しかし私が周りを見回した時、恐ろしいことに気づいた。
悪夢。まだ悪夢だった…
(中国版英語版)



オルフェウス
やっと目覚めることができた、神に感謝します。
私はもうこんなに酒を呑まないことを誓います。
少なくとも、今日は…
待て、私はどのくらいの間寝ていた?

主な流れ

  • 部屋の確認(Check Time)
    ⑩を確認すると次のステップに進む。
    待て、どのくらい寝ていた?
    まずい、もう時間だ。私はその手紙を17:00までに送らなければ。
    私はこの仕事を失いたくない。

    その他の捜査可能アイテム

     その他の捜査可能アイテム
    ①ここにはないが、ここに置いておきたかったと確信する。
    多分それはテーブルの上にあるはずだ。
    ②私は自分に幾つか手がかりを残すべきだった。
    ③ここでは寝ていないようだ。
    ④鍵がここにあった場合、見つけるには何千年もかかるだろう。
    ⑤机の上にはファイルや手紙が乱雑に置かれているが、それらのほとんどはまとまっていて、法律の本は読んだことがないようだ。
    ⑥行方不明の子供、行方不明の老人、行方不明の浮気夫、行方不明のショートヘア(猫)、行方不明のテディベア…
    いいね!私は自分に依頼の手紙を送る時が来たようだ。
    ⑦本棚には、法医学、地理学、天文学、宗教研究、工学、文学作品などさまざまな法的文書が沢山ある。
    ただし、埃の少ない探偵小説のみが元の場所から取られたようだ。
    ⑧本を一つひとつ読んでいる時間はない。
    ⑪いや…少なくとも今日は。
    ⑬くそ、私の鍵!私は間違いなく昨晩ジャケットに入れたはずだ。(1回目)
    鍵が必要だ…(2回目)
    鍵(3回目)
    鍵…鍵ぃぃぃぃ!(4回目)
    もういい!時間がない!私は家を出る!そして金を稼いだ後に(鍵を?)変える!(ゲーム終了)
    ⑭お前は別の靴を履いていた。


  • 依頼の手紙を見つける(Find the client's letter)
    ⑨を確認すると次のステップに進む。
    ここにあった!巨額の小切手を送ってきた依頼主。
    誰がこの依頼を気にしている。
    しかし、すぐに私が受諾することを彼に伝えなければ!
    郵便局はもうすぐ閉まってしまう。本当に電話が欲しい。

  • 手紙を送る(Sending the letter)
    ⑬をタップすると次のステップに進む。
    くそ、私の鍵!私は間違いなく昨晩ジャケットに入れたはずだ。
    私の最後の望みは私を外へ連れ出して家を施錠することだ。
    鍵を見つけなければならない。
    ジャケットと一緒に入っていたはずだ。

  • 鍵を探す(Find the key)
    ⑫で本の中を確認し、EかFを選択するとクリアになる。
    私は昨晩ここで寝ていたはずだ。確か何冊か本を読んでいたような?
    不思議なことだが、それらの本はここにあって私は都市伝説に夢中になっていた。
    少なくとも重要な進歩だ。
    どの本を選択しますか?

    【英語版】

    【英語版】
    A. Brief History of Time
    「ホーキング、宇宙を語る」/著:スティーヴン・ホーキング(Stephen William Hawking)
    宇宙の誕生(ビッグバン)から終わり(ブラックホール)までの解説本。
    B. The Interpretation of Dreams
    「夢判断」/著:ジークムント・フロイト(Sigmund Freud)
    オーストリアの精神科医の著作で心理学的な観点から夢に関する分析をした本。
    C. The Justice Game
    D. Why Nations Fall
    「Why Nations Fall(なぜ国家は衰退するのか)」/著:ダロン・アシモグル(Kamer Daron Acemoğlu)、ジェームズ・A・ロビンソン(James Alan Robinson)
    タイトルそのままで衰退する国家と反映する国家の違いを経済・政治を中心に解説した本。
    E. Peril at End House
    「邪悪の家」/著:アガサ・クリスティ(Dame Agatha Mary Clarissa Christie)
    ポアロシリーズの6作目。
    F. And Then There Were None
    「そして誰もいなくなった」/著:アガサ・クリスティ(Dame Agatha Mary Clarissa Christie)
    クローズド・サークルとして有名な推理小説。

    【中国版】

    【中国版】
    A. 《工具论》
    「トピカ」/著:アリストテレス(Aristotelēs)
    B. 《梦的解析》
    「夢判断」/著:ジークムント・フロイト(Sigmund Freud)
    C. 《劳动在猿到人转变过程中得作用》
    「猿人類から人間への移行における労働の役割」/著:フリードリヒ・エンゲルス(Friedrich Engels)
    D. 《拉莱耶文本》
    「ルルイエ異本」
    クトゥルフ神話作品に登場する架空の書籍。
    E. 《庄园阴云》
    「邪悪の家」/著:アガサ・クリスティ(Dame Agatha Mary Clarissa Christie)
    F. 《无人生还》
    「そして誰もいなくなった」/著:アガサ・クリスティ(Dame Agatha Mary Clarissa Christie)


    【アイテムの画像など】

    【アイテムの画像など】
    ※未解読

    オルフェウスの紹介後にノートがこの画像に差し代わる。


    ⑦の本の束。


    ⑦の隣の赤い本。


    ⑪の酒瓶。


    ⑭の靴。

第五人格美術設定集より

荘園

19世紀、ヨーロッパの辺鄙な山岳地帯に古い荘園があり、そこには風変わりな噂が伝わっていた。
顔を見せない荘園の主人は神秘的な「宝探しゲーム」を繰り返し開催しているが、このゲームに参加した人は荘園で失踪してしまう。
同時に新米の探偵ミステリー小説家ーーオルフェウスが文学界で脚光を浴び始め、彼は奇妙な事件と人間性に対する深い分析で現地を風靡し、すぐに当時の推理小説の新星として受け入れられた。
しかし、「宝探しゲーム」の継続的な開催により荘園には恐ろしい噂が向けられ、ますます激しくなる波の中で突然全てが停止したーー突然の大火がこの古い邸宅を飲み込んだのだ。
この日、小説家のオルフェウスは荘園から数キロ離れた崖の中で昏睡状態になっているのを発見され、全身に多数の火傷と頭部に大きな傷を負った。
それ以来荘園は荒廃し、宝探しについても他のニュースはなかった。
オルフェウスは荘園の火災の唯一の生存者として適時に治療とケアを受けたが脳の損傷により記憶を失い、荘園の不思議な事件に有効な証言をすることができなかった。
オルフェウスが回復した後、彼の記憶とともに小説家としての鬼才的な執筆のインスピレーションも消えてしまいーーオルフェウスが以前の創作レベルに回復することはなかった。
挫折と混乱で制御できない感情の中で、彼は時折浮かび上がってくる乱れた記憶と激しい頭痛に苦しみ、さらには人格分裂の病を引き起こした。
しかし困窮した小説家は、わずかに残った推理能力でなんとか私立探偵事務所を営んでいる。
ある日、すでに私立探偵に転職した彼は怪しげな尋ね人から依頼状を受け取った。
手紙についてきた巨額の小切手に加えて、手紙には彼が発表したことのないペンネームと自身が秘密にしてきた荘園が記載されていた。
内心の疑惑と葛藤を抱えながら探偵は車で荘園に向かい、私たちの物語が始まった……

ハンター

日記によれば、ハンターは荘園主に代わり懲罰を加える者で、懲罰が必要な時にのみ現れるためあまり姿は見えない。
しかし一度出現すれば必ず恐怖のドラマを伴うため、その詳細を明確に説明できる者はおらず、有効な情報は限られている。
さらに目撃者が説明するハンターの姿が違っているのは、荘園主が受罰者が最も恐れる執行者を選んでいるからかもしれない。

サバイバー

荘園主から荘園に招待され、「カーニバルゲーム」に参加して勝つことで最も望む者を手に入れることを約束された不幸な者。
荘園に到着した後、彼らは荘園のせいで「カーニバルゲーム」が終わるまで生き続けなければ出ることができないと気づく。
さらに荘園の生活の数日間において、荘園主の奇妙な規則(日記を残さなければならない)に従わなければならず、違反者は厳しく罰せられる。
荘園主は毎回数人を共同生活させようとするが、ゲームが始まるまでには4人しか残っていない。
おそらく荘園主だけが「良い出会い」に気づくことができる。

原文

被庄园主邀请来到庄园,被许诺只要参与并赢得“狂欢游戏”即可获得最渴望之物的不幸者。
来到庄园后他们就发现自己被困于庄园,只有坚持活到“狂欢游戏”结束才有可能离开。
并且,在庄园生活的若干时日内,必须遵循庄园主的古怪规则(必须留下日记就是其中之一),违反者会遭到严厉的惩罚。
虽然每次庄园主都会邀请若干人一起生活,但“游戏”开始前总能准确地只剩下4人。
不过也许只有庄园主才能注意到这一“巧合”吧。

その他

エウリュディケ荘園殺人事件

エウリュディケ荘園殺人事件

  • 警察の調書
    番号:756090
    エウリュディケ荘園殺人事件
    事件時間:1887年
    事件場所:エウリュディケ荘園
    被害者:荘園主夫妻
    現場証拠物:◼︎◼︎
    証人:荘園主の娘
    証言:◼︎◼︎、特殊な理由により証人の証言を採用することはできませんでした
    現場診断結果:激動殺人(可能性がある)、怨恨による殺人(可能性がある)、強盗(除外)、自殺(除外)、その他原因◼︎◼︎
    案件の処理結果:保留中
  • 「殺人者は逃げた!」
    家主と彼の妻が家の中で怪死、トーマス・コール(記者)
    このような恐ろしい事件が平和な荘園で起きたなんて信じられない。
    私たちは…
    1887年、荘園主夫妻が自宅で奇妙な惨死をしており、殺人者は逃走した。
  • 「警察、殺人者をいまだ捕まえられず」
    6ヶ月が経ち、私たちの警察がした唯一のことは彼らがどれほど無能であるかを証明することだ…
    警察はいまだにエウリュディケ荘園殺人事件の犯人を見つけられない。
  • 「警察が発見した家主の娘は精神がおかしくなっていた」、ジム・ケンドリック(記者)
    神はこの憐れな子供を祝福する…
    警察が発見した荘園主の娘は気がふれていた。
  • 「狂った少女の運命」
    荘園の娘、狂った少女は新しい手がかりを得た
    手がかりが指すのは荘園主の娘ーー「狂った運命の女」?
  • 貪欲な無法者、もしくは臆病な勇者
    「新しいオーナー」、ジェフ・モリー(記者)
    良いロケーションは全ての邪魔な要因を克服することができるようだ。
    オーナー殺害から2年後、呪われた邸宅は新たな所有者を導いた…
    …間違いなくこの人は人よりも勇気があるか、あるいは彼が特別な人であるかだ。
    もちろん、彼が新聞を読んでいなかったり文字を読めない人であるという可能性もある。
    呪われた荘園は新たな主人を歓迎し、2倍の報酬で使用人を募集したことで候補者は後を絶たなかった。
    貪欲な金目的の命知らず?それとも悪を信じない勇者?
  • 求人
    高給の庭師、弁護士、メイド、その他の仕事
    荘園は高給で庭師、弁護士、メイドその他の種類の仕事を募集している。
  • 週間書評、ジム・ルイス
    「私はオルフェウスは私立探偵だと思う」
    この素晴らしい小説を3回読んだ時、著者は専門的な経歴がなければこのように説得力のある内容を書くことができないと気づいた。
    これは著者の2番目の小説だが、彼の最初の本からは4年経っており…
    本の批評家は、オルフェウス本人が「私立探偵だろう」と推測した。
  • 「疑惑上昇中の小説マスター!」
    オルフェウスの有名な本「WHISTLING from THE DEATH」
    呪われた邸宅の血まみれの殺人事件の再現!
    第4版!
    ※7月発売
    広告:オルフェウスの名作「死神の笛声」の第4版は、呪われた荘園の血まみれの謎を再現している。

大火災後

大火災後

  • 警察より、「火事に注意!」
    荘園火災事件の死傷者数は未だ不明。
    安全に気を配り、時間内に消化してください。
    警告:荘園で大火災が発生、死傷者は不明、市民は防火に注意せよ。
  • 警察より、「火災事件の結果」
    私たちはカルト儀式を見つけました。
    見知らぬ人からの危険な取引や招待を簡単に信じたり、もう荘園に行かないようにしてください。
    警告:火災調査の結果、火災の原因は邪教の儀式が原因であることが判明した。
    市民の皆さんは見知らぬ人の魅力的な招待を簡単に信じないように。
    また、荘園には入らないように。
  • 警察の通知
    荘園の火災で行方不明の人を探しています。
    もし見かけたら、すみやかに警察に連絡してください。
    各生存者の行方不明者の通知。
  • 「行方不明、有名な小説家オルフェウス」
    有名な小説「Flute from The Death」の作者である著名な小説家オルフェウスが長い間行方不明になっている。
    手がかりがあれば、誰でもこの新聞に直接連絡を。
  • 「オルフェウス、いったいどこへ?」
    疑惑の男が姿を消してから長くかかる。彼がどこにいるのかは誰にもわからない。
    彼については多くの噂がある。彼が荘園の火事で亡くなったと言う人もいた。
    一部の人々は…
    尋ね人:本新聞と契約する著者であるオルフェウスを探していますーー
    この人物に会ったら、すぐに出版社に連絡を。
  • ミステリーマスター、オルフェウス
    彼は長い不在の後、今、帰ってきた
    「The Notorious Manor」
    ※8月発売。
    広告:ミステリーマスターのオルフェウスが再登場。
    新作「悪名高き荘園」を発表した。
  • 週間書評、アダム・モリソン
    「彼は回復するのにもっと多くに時間が必要だろう」
    彼は事故にあったと聞いたことがある。
    一冊の本を見たとき、私はとても悲しくなった。
    才能とは男にとって呪いの具現化であり…
    レビュアーのコメント:「作者は事故に遭ったと聞いた。元に戻るにはもっと時間がかかるようだ」
  • 「NAMELESS REMAINS」
    オルフェウスの3番目の小説、ついに登場
    待つ価値のある本、明らかにする価値のあるミステリー、そして維持する価値のある時間
    広告:オルフェウスは3番目の小説「未知の骨」を発表する。
  • 週間書評、アダムモリソン
    「才能は尽きた」
    古い人は言った、3以上はないと。あぁ、それは正しいだろう。
    オルフェウスは文章に脚注を追加したが、あまり面白くない。
    将来のミステリーマスター、伝説の作家…
    レビュアーのコメント「江淹の才能が尽きた(才能が尽きたという意味の中国の古事成語)」
  • 贅沢な装飾と優遇価格
    「お見逃しなく!」
    デューク・ストリートの素敵なスイートルーム。
    オーナーは有名な推理小説家のオルフェウス。
    有名人の家を買うなんて滅多にないでしょう?
    電話でのご予約も承っております。
    555-478-6587
    Duke St. No.56 Room201
    広告:著名な推理小説家のオルフェウスは、豪華に改装されたスイートルームを手頃な価格で販売している
  • 「電話をください」、オルフェウス
    家族が見つからない?夫の浮気?子犬が行方不明?
    電話をください。
    新しい私立探偵事務所がオープンしました!
    新しい探偵事務所のオープンの広告チラシ:行方不明の家族、不倫する夫、迷子の子犬。

その他

その他

  • 紙の切れ端(小説?)
    「だが何が聞こえる?私は悲しい!
    おそらく、エリニュスが武器を取り、私の宝を奪おうしているのだろうか?
    そして、私はそれを許すのか?」
    オルフェウスは振り向いた
    「最愛の瞳よ、いま…今、お前が見えた。だが悲しそうだ!日食は何を隠蔽しているんだ?」
    第三の魂
    「法を破ったお前は慈悲に値しない」
    (※振り返ってはいけないという補足が書かれている)
  • 手紙
    親愛なる◼︎◼︎さん
    あなたの妻の肺がんは再び悪化しているため、より高度な治療を実施する必要があります。
    できるだけ早く医療費を支払ってくださらないと、私たちは何もできません。
    ◼︎◼︎医師、1887◼︎◼︎

その他

  
  

  • 「TRUST YOURSELF」より
    動画で登場する探偵のフラッシュバック。
    泥棒以外の初期組のメンバーが復讐者らしき人物に連れていかれている。
    ※中国版公式サイトで再生できます
  • 事件簿より
    • 壁画

      【ヴィーナスの鏡】-エドワード・バーン=ジョーンズ
      この作品が世に出た当初から、私はこの絵を気に留めていた。
      ヴィーナスとその下部を讃えるという大衆的な解釈とは違い、絵の中の10人の女神を記憶の女神と9人の娘のミューズが、
      共に記憶の泉を楽しんでいると捉えた解釈が私は好きだ。
    • 記憶の回復

      この独りきりの道で、私は決して孤独ではない。
      ただ、本当の仲間と信頼が足りないだけだ。
      そして、この頭に何度も浮かぶ影は…記憶の奥底で私を守ってくれているのだろうか?

※補足:ゲーム内告知のお知らせではいつも末尾に「ナイチンゲールの歌声があなたと共に、夢境の中で自我を取り戻すことを願う」とつけられている

  • 日本版公式サイトより
    診療記録
    番号:SO715名前:オルフェウス
    性別:男性年齢:30家庭環境:父:不明 母:不明

     症状
    1.人間関係が不安定
    2.衝動的な行動(浪費癖、薬物乱用、危険運転)
    3.情緒不安定
    4.急激に、無意味で怒りっぽくなる(制御不能)
    5.自傷行為を繰り返す
    6.自己肯定感の混乱が顕著に見られる(不安定な自己肯定感、自己感覚)
    7.空虚感、何事にも興味が持てない
    8.重要な個人情報を思い出せないなど、記憶障害あり

     診断結果
    典型的な境界性パーソナリティ障害と解離性障害の混合状態。

     治療のアドバイス
    脳に電流を流す治療を受ける。刺激源との接触を控える。
    日常活動の種類を増やす
    中国版公式サイトの病历-奥尔菲斯(医療記録-オルフェウス)には以下の記載がされている。
    特徴:幻覚を伴う重度の不安、友情が途切れ易い
    ギャンブルが止められない
    悪い生活習慣、アルコール障害、神経障害

    原文

    原文
    特征:重度焦慮伴有幻所,間歇友作
    行为欠缼克制嗜賭
    不良生活习慣酗酒神径系統紊乱

  • 公式WeChatより
    時間とともに記憶が薄れるとき、楽園は廃墟へと変わる
    探求者は常に真実を理解しようとする
    しかしその半面忘れられようとすることの渇望がホコリのようにこびりつく
    剥がれ落ちた写真は過去の栄光を示している
    隠された言葉は少なく、疑問だ
    失われた自己は二度と同じ河に入ることはできないが
    時間が経ってもその足跡は永遠になくならない
    ようこそ、親愛なる旧友よ
    ここに来て最後のゲームを終わらせてください
    (原文)
  • 公式サイトより
    記憶を失った探偵に届いた一通の手紙…
    誰も知るはずのない宛名…
    手に残る傷痕…
    自分に呼びかけてくるメッセージ…
    館の一室で見つけた手紙と日記…
    そこに記された人格をプロファイリングする度に謎に満ちた惨劇を追体験する…
    襲撃か逃亡か…
    すべての鍵を握る…真実を求めて…

人間関係

参考文献

コメント