断罪狩人

Last-modified: 2021-10-03 (日) 00:02:37

断罪狩人(ベイン・ぺレッツ)



ベインは親切な狩人の番人で、いつも優しく密猟者を逃がしてやった。
しかし彼の優しさは報われず、密猟者達は帰って来て彼を襲撃した。
哀れなベインはトラバサミで押さえつけられ、彼の耳元ではずっと、鹿の群れの哀れな悲鳴がこだましていた。
猟犬がベインを荘園へと連れ帰り、虫の息だったベインは生き延びた。
それ以来ベインは、自分の領地に侵入した人間に対し、それがいかなる理由であっても容赦しなくなった。

外在特質

  • 憎しみの重圧
    ベインのチェーンクロウは異なる対象に命中すると異なる効果が発動する。
    ベインがチェーンクロウで跳躍し、地面に着地すると振動を起こし、X秒の間に一定範囲内のサバイバーの移動速度をX%、板・窓操作速度をX%ダウンさせる。
    期間中に再度振動波を命中させると、減速効果を重ねることができる。最大3回まで。
    チェーンクロウが命中したサバイバーにはチェーンクロウの枯れ葉の匂いが付着し、この匂いによりサバイバーはX秒の間周期的に位置をX回暴露される。
    同時に、ベインがそのサバイバーを攻撃する時の攻撃回復速度がアップする。

    アプデ前

    憎しみの重圧
    ベインのチェーンクロウは異なる対象に命中すると異なる効果が発動する。
    ベインがチェーンクロウで跳躍し、地面に着地すると振動を起こし、一定範囲内のサバイバーの移動速度をX秒の間X%ダウンさせる。
    期間中に再度振動波を命中させると、減速効果を重ねることができる。
    チェーンクロウが命中したサバイバーにはチェーンクロウの枯れ葉の匂いが付着し、この匂いによりサバイバーはX秒の間周期的に位置をX回暴露する。
    同時に、ベインがそのサバイバーを攻撃する時の攻撃回復速度がアップする。

形態変化

  • トラバサミ
    ベインはその場にトラバサミを設置することができる。
    サバイバーがトラバサミを踏むとX秒間囚われる。
    サバイバーは地面に設置されたトラバサミを解除することができ、囚われている仲間を解放することもできる。
    解放された後はX秒間ベインに居場所が表示されるが、他のトラバサミに拘束されることはない。
    マップには最大X個のトラバサミが同時に存在可能。上限を超えた場合、先に設置したトラバサミから自動的に破壊される。
    地下室の中とその付近にはトラバサミを設置できず、サバイバーがいるロケットチェアの付近Xメートル以内にはトラバサミを設置できない。拘束前に設置した場合は自動的に破壊される。
  • チェーンクロウ
    ベインはチェーンクロウでサバイバーを自分の元に引き寄せる。
    チェーンが障害物に命中すると、自分も壁に引き寄せられる。
    チェーンクロウが障害物に当たると、ベインはX秒内に再度チェーンクロウを使える。最大1回まで。

    アプデ前

    チェーンクロウ
    ベインはチェーンクロウでサバイバーを自分の元に引き寄せる。
    チェーンが壁に命中すると、自分が壁に引き寄せられる。
    ※力を溜めて使用するとさらに命中しやすいーー「逃げられると思うな!」

  • トゲのチェーンクロウ
    サバイバーの恐怖はチェーンクロウにある無数のトゲへと具現化される。
    ベインのチェーンクロウがサバイバーに命中すると通常攻撃の半分のダメージを与える。

    アプデ前

    トゲのチェーンクロウ
    サバイバーの恐怖はチェーンクロウにある無数のトゲへと具現化される。
    ベインのチェーンクロウがサバイバーに命中すると通常攻撃の半分のダメージを与える。

  • 怒りチェーンクロウ
    怒り状態のベインはチェーンクロウから逃げたサバイバーを決して逃がさない。
    チェーンクロウが障害物に当たった際、最初のX回はX秒内に再度使用でき、それ以降はX秒内に再度使用できる。

    アプデ前

    • アプデ前1
      怒りチェーンクロウ
      怒りによってベインはさらに大きな力を得る。
      その時彼のチェーンが命中したサバイバーは負傷するーー「逃げられると思うな!」
    • アプデ前2
      怒りチェーンクロウ
      怒り状態のベインはチェーンクロウから逃げたサバイバーを決して逃がさない。
      チェーンクロウが障害物に当たった際、7秒内に再度チェーンクロウを使用できる。
      回数は最大で2回まで使用できるが、チェーンクロウがサバイバーに命中或いは空を切ると止まる。

うわさ

ベインはかつて、親切な狩場の番人だった。
いつも優しく密猟者を逃してやった。
しかし彼の優しさは報われなかった。
それから、ベインは自分の領地に侵入した人間に対し、それがいかなる理由であっても容赦しなくなった。

推理目標

実装:グローバル版シーズン2
同時実装:道化師リッパー傭兵空軍冒険家マジシャンオフェンス心眼

1.番人の責任

この森には誰も入らせない。

  • 結論
    法律により、この土地で鳥や野生動物の狩りが許されるのは地主だけだ。
    だから番人が必要なんだ。

    【基礎目標】
    ・サバイバーを3回追撃
    【レベルアップ目標】
    ・サバイバーを4回追撃
    ・サバイバーを6回追撃

2.障害を取除く

誰かがここを通行止めにしようと、木の板を置いている。
何がしたいんだ?

  • 結論
    ここは相変わらず静かな森だ。
    この目障りな木の板がなければね。
    鹿の角が引っかかるだろ。

    【基礎目標】
    ・木の板を1個破壊
    【レベルアップ目標】
    ・木の板を3個破壊
    ・木の板を5個破壊

3.駆逐

番人の職務は侵入者を駆逐することだ。

  • 結論
    観光客たちはどうやらこの標識が見えていないらしい。
    もっと目立つように作らないといけないかもしれない。

    【基礎目標】
    ・恐怖の一撃を1回成功
    【レベルアップ目標】
    ・恐怖の一撃を1回成功
    ・恐怖の一撃を2回成功

4.捕獲

度重なる軽率な行為の責任は、誰かに取ってもらわなければならない。

  • 結論
    1枚の写真:がっしりとした番人が少年の襟を掴んでいる。

    【基礎目標】
    ・チェーンクロウが1回命中
    【レベルアップ目標】
    ・チェーンクロウが3回命中
    ・チェーンクロウが5回命中

5.善良な心

誤って森に入った人たちを監獄に入れるより、送り返した方がいいだろう。

  • 結論
    「優しい人になることで、魂が安らかになるって母さんは言っていたけど、それは間違ってた。」

    【基礎目標】
    ・2人を拘束する
    【レベルアップ目標】
    ・3人を拘束する
    ・4人を拘束する

6.ミノタウロスの森

彼らをそう簡単に出入りさせてはならない。
ここはその辺の公園とは違うのだから。

  • 結論
    1枚の写真:数人の密猟者が番人の顔をトラバサミで押さえつけ、
    1人の少年がヘラジカの頭を引っ提げている。

    【基礎目標】
    ・ロケットチェアで1人のサバイバーを脱落させる
    【レベルアップ目標】
    ・ロケットチェアで2人のサバイバーを脱落させる
    ・ロケットチェアで3人のサバイバーを脱落させる

7.狩り

ハンターと獲物、番人と侵入者。
どこか似ている。

  • 結論
    優秀な番人は、いかに侵入者を捕まえるかを熟知している。
    この点で、我々とハンターは似ている。

    【基礎目標】
    ・サバイバーを3回負傷させる
    【レベルアップ目標】
    ・サバイバーを5回負傷させる
    ・サバイバーを7回負傷させる

8.奇襲

ずる賢い奴らに対処するには、ちょっと方法を考える必要がある。

  • 結論
    明らかに彼らが思いもしなかったところで著しい成果を収めた。

    【基礎目標】
    ・神出鬼没後1回命中
    【レベルアップ目標】
    ・神出鬼没後2回命中
    ・神出鬼没後3回命中

9.修繕

この愚か者たちは多くのものをぶち壊した。

  • 結論
    1篇の日記:この世で最も修繕し難い物は人の心だ。

    【基礎目標】
    ・チェーンクロウが命中後再度サバイバーに1回命中
    【レベルアップ目標】
    ・チェーンクロウが命中後再度サバイバーに2回命中
    ・チェーンクロウが命中後再度サバイバーに3回命中

10.一視同仁

彼らは送り返されるべきだ!

  • 結論
    1枚の写真:ヘラジカの頭をかぶった番人は、森の中で逃げ込んだ密猟者を見張っている。

    【基礎目標】
    ・全員を脱落させる
    【レベルアップ目標】
    ・全員を脱落させる
    ・全員を脱落させる

記念日

1年目

バルクへの手紙
親愛なるバルクへ:
お前が研究室に1ヶ月近く篭っていたおかげで、お嬢さんや御坊ちゃまが森に入り始めたじゃないか。
ここは危険すぎる、密猟者がずっと辺りをうろうろしているんだ。
この間、森で新しいトラバサミも見つけた。
あの鋭い牙がついた鋼の口は簡単に彼らの踝を砕いてしまう。
なあ、密猟者共を止められる装置を作ってくれないか?
なんでもいいんだ、殺傷力を控えめにしてくれれば!
お前が昔作った「点火装置」の威力は今でも覚えている…危うく山ごと燃やしちまったからな。
ああ、もういい、何か楽しい話でもしよう。
森で捨てられた子供のヘラジカを見つけたんだ。
痩せこけていて小さくて、ずっと震えていた。
自分で立つこともできない。
だから一匹だけ灌木の中に取り残されたんだろうな。
今は丁度羊が子を産む季節だ、雌羊を何匹か見つけて代わりに育ててやるのも難しい話じゃないだろう。
俺なりに考えてみたんだが、「黒い鼻」なんて名前はどうだ?もっといい案が浮かんだら教えてくれ。
お前の友
ベイン・ペレッツ
(編集注:文頭の空欄は半角。また、日付は不明だが鹿の名前が「ブラックノーズ」から「黒い鼻」にサイレント修正された。)

【英語版】

【英語版】
Letter to Burke
Dear Burke,
You have been in the laboratory for nearly a month. The young mister and miss have started to venture into the dangerous forest. The poachers have always run rampant in those woods, and I even found a beast trap around. These terrifying traps would've shattered their tiny ankles if they weren't careful.
I hope you could craft some sort of anti-poacher devices. Any goes, but please take it casy on the destructive power of your devices. I could never forget that "tgnition device" of yours, it nearly burned down the forest.
Anyway, allow me to change to a lighter subject. 1 stumbled upon an abandoned moose calf in the forest, and it's so weak that it couldn't even stand on its own. Its shivering body breeding season for goats around this time of the year, and I suppose I could find a mother goat to nurture this poor thing.
I think I am going to name it "Black Nose," perhaps you could come up with a better one.

Your friend,
Bane Perez

【中国版】

【中国版】
给巴尔克的信
亲爱的巴尔克:
  你已经在实验室里待了快一个月,小姐和少爷都开始朝林场跑了这里对他们来说太过危险,偷猎者们一直在附近游荡。我甚至在林场里找到了新的捕曾夹,那些带着利齿的钢缩可以轻松地粉碎他们的脚課。
  我希望你能制造一点防范这些混蛋偷猎者的装置,什么都可以,但是千万别太有杀伤力!我永远忘不了你那个感力巨大的点火装置”,差点引起了一场山火。
  说一些能让人能感到榆快的事吧,我在林场里发现了一只被遗弃的驼鹿幼患。太複弱了,一直在发抖甚至没法自己站起来,我想这就是为什么它被单独留在灌木丛里。现在正是羊群产仔的季节,找几头母羊把它养大应该不难。
  我觉得“黑鼻子”是个不错的名字,如果你有更好的选择记得告诉我。
你忠诚的朋友
班恩・佩雷兹

2年目

1枚のメッセージ
バルク、
あの新しい仕掛けは見たよ。
君もあの人を見ただろう?
荒廃の地の果てに立つ姿を見た時、自分が見ている全てが幻ではないかと目を疑った。
私は以前のように、何かできることはないか訊ねてみた。
こんな風に人と交流したのは久しぶりで、自分が誰か気付かれるか分からなかった。
幸い、私が心配していた状況は起こらなかった。
その人はこう言ったからだ:
「仕事を続けなさい、ベイン。規則を破った者は、対価を支払うことになる。」
かつてのように、私はその願いを叶えるのだ。

衣装

UR

  • 金細工職人
    金細工職人は工芸の頂点に立つ物ーーー最高傑作の創造者なのだ!
    (S1・真髄1)
  • 熔鉄の猟犬
    彼は最適な器のはずだった。しかしその特性とは裏腹に、彼は第一回優勝者の「賞品」を呑み込んでしまった。
    本能に駆られるまま、彼はサーキットで各々のために戦っているレーサーたちから栄誉を掻っ攫っていったのだ。
    (CALL OF THE ABYSSⅣ)

SSR

  • スチームパンク
    スプリング使いに邪魔されなければ、
    鉄帽団の珍客と冒険者の裏切り者の密会情報が事前に漏れることはなかった。

    旧テキスト

    この姿を見た人は皆恐ろしさの余り、
    仮面の下がどうなっているのか気にする余裕も無くなってしまった。

    (S1・真髄1)
  • 森の狩人
    決して軽率に彼の守る森に足を踏み入れてはならない。
    彼は泥棒に対して情け容赦がない。
    (S3・真髄1)
  • アヌビス
    君達は、死者だけでなく死そのものを呼び覚ましたのだ。
    (S4・真髄)
  • ケリュネイアの傷
    「贈り物」ありがとう。
    こっちも気に入ってくれる嬉しいな。
    (S6・推理の径)

SR

  • スカーレット
    スカーレットの塗装は狩場に足を踏み入れた不届き者に警告している:軽々しく近づくな!
    (記憶秘宝)
  • 怪人
    夜の狩場は決して静かではない。
    暗紫色の亡霊が領内を動き回り、人々に戦慄を与えている。
    (S1・真髄3)
  • 紅桜の紋
    この桜の花のような赤い紋様は、いったい何によって染め上げられたのだろうか?
    (S2・真髄3)
  • 梅鹿の災
    血色を失った白い鹿の角は、その受けた苦難を物語っている。
    彼は変装してパレードに忍び込み、大いに暴れようとしたが、他の者に抜け駆けされるとは思いもしなかった。
    (ショップ)
  • 「狩り」
    貴様の骨は、このマントの釦にぴったりだ。
    (S5・真髄2)
  • 村の守衛
    忠誠の原則は裏切らないこと。それが例え間違った指令でもだ。
    村の外の世界のことは、知る必要がない。
    (S15・真髄2)

R

  • アイスブルー
    アイスブルーは、断罪狩人の冷酷な心の象徴。
  • 白蝋
    執念を失った絶望、愛を失った無力感。
  • ハナズオウ
    昔の記憶は思い出すとつらいが、心強さに繋がる
    (S11・ランク秘宝)

携帯品

SSR

  • 鳴り響く鈴
    昔から、お祭り事に喜びをもたらした鈴だと言われていた。
    しかし、とある災難により、それは人を寄せ付けないものへと変わってしまった。
    もし君が鈴の音を聞いたなら、すぐにその場を離れることだ。
    特殊効果:背負う動作を切り替え
    (S8・ランク秘宝)
  • 引っかかった歯車
    医療企業は調査局の後始末に協力した際、ピークマンと機械人形師の技術を回収し、両者の長所を結合させることで理想的な容器を作ったのだがーー
    かみ合いを阻む小さな手抜かりには気づけなかったようだ。
    (CALL OF THE ABYSSⅣ)

SR

  • 金の角笛
    彼が最も親密な仲間の唯一の遺留物で作った金の角笛。
    特殊効果:チェーンクロウ

ペット

SSR

  • 枯枝の霊
    孤独な森の見張りは枯枝と腐った根で「仲間」を積み上げた。
    しかし、そこに名のない悪霊が宿るなど想像もしなかった。
    (2019・アンステーリア祭イベント)

その他

  • 中国版公式サイトより
    エウリュディケ荘園で7年間働いてきたこの守護者にどのようなストーリーがあったのだろうか?
    (原文)
  • キャラ診断より
    君はとても強い領地意識を持っているが、元から外界に敵意を持っていたわけではない。
    君は元々優しくて、人を信頼しやすいタイプだったが、
    素直すぎていつも裏切られてしまうので、自分や大切なものをどう守ればいいのかを徐々に学んだのだ。
    ただ、心理的な防衛戦を立てすぎると、心から近づきたい友達を失ってしまう可能性もあるだろう。
  • 公式WeChatより
    ベイン・ペレッツは7年間エウリュディケ荘園の狩猟場で働いており、この森林と巡守小屋は彼の家だった。
    そしてベイン自身が育てた鹿のリーダーである「黒い鼻」は彼の子供であり、事故がなければこのまま永遠に森で仕事をしていたいと思うほどだった。
    次の月に始まる狩猟シーズンに向けて、ベインは黒い鼻を隠す方法を考えていた。
    職務怠慢かもしれないが、時には家族の命運のために戦わなければならないのだ。
    狩猟シーズンの1か月前には鹿の交尾期があり、雄鹿は空気中に漂うフェロモンを追いかける。
    これはベインにとって良いことではない。
    鹿の行動は予測不可能で、黒い鼻は一時的にベインから離れてしまうからだ。
    そのため、完全武装した密猟者たちが現れた時、ベインは異常に全く気づいていなかった。
    森で銃声を聞き、マスケット銃を持って駆けつけた時には遅すぎた。
    密猟者は沢山の戦利品を持って出発する準備ができており、ベインは躊躇うことなくマスケット銃の引き金を引いた。
    しかし装備も整っていた彼らが戦利品を諦めるにはいたらず、たった1人の森の番人は数の差により完全に落ちた。
    地面に押しつけられる前にベインは見たことのある顔を見つけた。
    数年前、その少年は狩猟場に侵入したもののトラバサミに引っかかってしまっており、仲間たちは少年を見捨てたがベインは彼を救い、放したのだ。
    ベインはここで間違った判断をしてしまう。ベインは少年の名前を呼び、彼に自分を放すように頼んだ。
    少年は彼の要求を無視し、仲間に「ミノタウロスの創造」という遊びをすることを提案した。
    彼らは番人の舌を切り、戦利品の中でも最も雄大な鹿の頭を彼に被らせた。
    密猟者たちは雄鹿の名前を知らなかったが、この鹿の群れのリーダーの首は完全に「遊び道具」となっていた。
    ベインはその首を認識し、怨みと怒り、屈辱で胸がいっぱいだった。
    密猟者たちは遊び心でベインがトラバサミに引っかかって動けなくなるまで追いかけた。
    その後密猟者たちは去ったが、彼らはこの晩秋の寒い夜にベインが耐えられるとは思っていなかった。
    しかし巡守小屋に残されていた猟犬が手綱から自由になり、ベインの臭いを追い、ベインを巡守小屋へと引き戻し命拾いした。
    治療を受けたベインだったが、彼は首から鹿の頭を外すことは考えなかった。
    その日からこの山には一人のミノタウロスが住むようになり、山の森は彼の迷宮となった。
    (原文)
  • 正式サービス前

    現在の紫色の可愛らしいチェーンクロウではなく、ただのトゲのような形をしたチェーンクロウだった。
  • 3周年記念生放送より
    Q.断罪狩人の頭部って取り外せますか?それとも引っ付いているのですか?
    A.他の人にちょっぴり手伝ってもらう必要があるかもしれませんね。
  • 第五人格美術設定集より
    ベインの設計のインスピレーションは現実の狩人から生まれた。
    頭に獣の首をかけ、獣の皮を身につけているのがこのキャラクターの基本的な特徴だ。
    私たちは彼に凝った毛皮のズボンを穿かせようと試みたり、適当な布を裁断したり、狩人が常用するさまざまな罠を作る工具と組み合わせた。
    しかし、最終的には最初に欲しかった「鹿の頭と獣の皮」という2つ特徴を明白に残し、他の引き立て要素は弱くした。
    これもチームの美的センスとデザイン習慣に合ったものだ。

    原文

    班恩的设计灵感来源于现实中的猎人。
    头挂兽首、身披兽皮是这个角色形象的基本特点。
    我们曾尝试给他穿上讲究的皮衣皮裤,或者剪裁随意的布衣,再搭配猎人常用的各种制作陷阱的工具。
    但最终的结果是只保留了最初想要的两个最明显的特征:鹿头与兽皮,弱化了其他的衬托元素。这也比较符合团队的审美和设计习惯。

まとめ

本名

ベイン・ペレッツ
Bane Perez
班恩・佩雷兹
베인 페레즈

記念日

5月21日
公式Twitterではヘラジカの黒い鼻を拾った日とされている。

職業

狩場の番人

役職

断罪狩人(日本語)
鹿头(中国語)
Gamekeeper(英語)
Gamekeeper(インドネシア語)
Gamekeeper(マレー語)
ผู้คุมเกม(タイ語)
Kẻ Gác Rừng(ベトナム語)
사냥터지기(韓国語)
鹿头は日本語にすると鹿頭。
Gamekeeperやผู้คุมเกม、사냥터지기は狩猟管理者の意。貴族などが所有する敷地の野生動物を管理し、所有者の狩猟の際はどの動物をどれだけ狩っても影響が無いかなどを判断する役割である。
Kẻ Gác Rừngは森の男の意味。

性格

好きなもの:ヘラジカ、猟犬
嫌いなもの:銃、トラバサミ

趣味

ヘラジカを飼うこと

特技

投げること

人間関係

  • バルク・ラパドゥーラ
    記念日手紙にて侵入する密猟者を殺さずに追い払うための罠の製作を依頼している。
    なお断罪狩人の英語版名称である"Gamekeeper"は貴族の所有する森の野生動物の管理を行う仕事を指している。
    バルクは貴族であるデロス男爵と共にエウデュリケ荘園の管理を行なっていた人物であり、ベインはデロス男爵の所有していた領地であるエウデュリケ荘園の森の番人であった可能性が非常に高い。

参考文献

コメント