茶屋逸聞

Last-modified: 2021-03-29 (月) 10:21:09

※ガチャの方はこちら

茶馆逸闻イベント



“终于找到这里了。”
细密的雨丝透着寒意,笼罩着这寂静的唐人街,雨水侵透了你单薄的里衣和手中持着的相册。
相册被紧握在手中,这是你对庄园的唯一记载,寥寥改数页,却是写尽了你在这两年来的时光逸事…
新伙伴,新场景甚至是新游戏,现在出现在眼前的画面在告诉你,庄园主似乎从未打算放我们离开。
恍惚间瞥见唐人街尽头的热闹,推门而入,老版娘轻抬眼眸,背后满是华贵的赠礼“你来了。”
老板娘下巴扬起,勾起一抹笑意,一双桃花眼摄入心神,“帮我找出叛徒吧,你想要的一切都会有。”
这时你似乎知道了,故事,才刚刚测开始。
「やっとここを探し出せた。」
細い雨糸が寒さを纏い、この静かな中華街を覆い包んでいる。
雨水はあなたの肌着や手に持ったアルバムを濡らしていく。
あなたはアルバムをしっかりと手に持った。
これはあなたにとっては唯一の荘園の記録であり、幾つかのページしかないが、しかしあなたが過ごした2年間の時間と逸事が書いてある…
新しい仲間、新しいマップ、そして新しいゲームまで、今あなたの目の前に現れた画面は、荘園主が最初から私たちを帰すつもりがなかったように見える。
突然中華街の喧騒の終わりが垣間見えた。
門を押してくぐると女主人は軽く目を上げた。
その後ろには豪華なプレゼントでいっぱいになっていた。
「来たのね。」
女主人は顎を上げて笑顔を作る。桃色の双眸は心を取り込む。
「裏切り者を見つけるのを手伝ってくださいな、あなたの欲しいものは全てあります。」
この時あなたは知った、物語は、始まったばかりなのだと。
(原文)

※当イベントは中国版の2周年イベントなため、内容は全て有志が翻訳したものになります

茶香疑韵(茶香の疑惑)



十三娘から出される二択の質問に答えることになる。
質問はそれぞれ十三娘寄りと血滴子寄りの回答があり、この回答によって茶馆往事で読める内容が変わる。

診断

推门而入,画报中的美人儿立于眼前,老板娘轻拍眼眸,背后满是华贵的赠礼。
門を押して入ると絵の中のような美人が目の前に立っている。
女主人は目を瞬かせ、彼女の後ろには豪華な贈り物がたくさんあった。

  • 第1天
    “进来坐吧,知道你受困在此有求于我,我并非不通情理,但也总得先了解你几分?来茶馆些许时日,回我十三娘些问题即可。有人说多数人是值得信任的,也有人说与他人交往时必须特别小心。你看法如何呢?”
    我的回答A:多数人都值得信任。
    我的回答B:还是小心为妙。
    「中に入ってお座り下さい、あなたの困り事に私が必要なことは知っています。
    筋が通らないかもしれませんが、まずはあなたのことを知っておかなければなりません。
    茶屋に来て少し時間が経ったら、十三娘の質問に返答してください。
    ある人は多くの人から信頼されていると言い、ある人は他人と対話する時には特に注意する必要があると言います。あなたはどうですか?」
    私の回答A:多くの人から信頼されている。
    私の回答B:注意が必要でしょう。
  • 第2天
    “你来了。”
    十三娘温柔的双眼耐心地注视着我,大概是识破了我刚从冬日的冷风中撞入这份暖意的窘迫,“你认为多数人是喜欢帮助别人还是只喜欢照顾自己?”
    我的回答A(血滴子):独善其身尚且困难,谈何帮助他人。
    我的回答B(十三娘):助人为积乐之本。
    「来ましたね。」
    十三娘の優しい目はじっと私を見ていた。
    おそらく冬の冷たい空気からこの暖かさの中に飛び込んできた私の恥ずかしさを見破ったのだろう。
    「ほとんどの人は人を助けるのが好きですか、それとも自分の面倒だけを見るのが好きでしょうか?」
    私の回答A:一人でいることすら難しいときに、どうやって人を助けることができるのでしょうか?
    私の回答B:人を助けることは幸福の基盤です。
  • 第3天
    有些昏暗的房间中,看不清十三娘的眼色,看似状态不加往日般好,细碎的声音中我依稀能辦出,她悄然道:“是否你自己一不小心,人们就会占你的便宜?”
    我的回答A(血滴子):没人能轻易伤害我。
    我的回答B(十三娘):是的。
    暗い部屋の中で、さっきよりも調子が悪そうな十三娘の目の色は見えず、小さな声でぼんやりとしか分からなかった。
    彼女は静かに 「気をつけないと、人に利用されてしまうこともあるのでは?」と言っていた。
    私の回答A(血滴子):誰も簡単に私を傷つけることはできません。
    私の回答B(十三娘):はい。
  • 第4天
    今日十三娘来得时辰晚些,我忙着在四处打探周边,耳畔突然传来一阵熟恐的笑语,她轻叩了两声桌面拉回了我的注意力:“小朋友,是否当你专心处理某件事情时,没有人会关心你遇到什么事?”
    我的回答A(十三娘):确实如此。
    我的回答B(血滴子):没这回事。
    今日は十三娘が少し遅れて来てくれた。
    私が忙しそうに周辺を見回していると、突然耳のそばから聞き慣れた恐ろしい笑い声が聞こえて来た。
    彼女はテーブルを軽く二回叩いて私の注意力を戻した。
    「子供たちよ、何かに集中している時、誰もあなたがどうなろうと気にしないことはありますか?」
    私の回答A(十三娘):その通りです。
    私の回答B(血滴子):そんなことはありません。
  • 第5天
    “客卿近日在这茶馆可又探寻了些什么?”
    十三娘看上去心情不错,从椅子上起身离我甚近,幽深的眸子中只留下我慌乱的身影,“人从本质上来讲是富有合作精神的,对吧?”
    我的回答A(十三娘):我所遇到的人皆是如此。
    我的回答B(血滴子):这样的想法未免太天真。
    「お客様は最近この茶屋で何を探していますか?」
    十三娘は上機嫌そうに、椅子から立ち上がり私に近づいた。
    彼女の深い瞳の中には慌てる私の影だけが映っている。
    「人間は本質的には協力精神があるでしょう?」
    私の回答A(十三娘):これは、私が出会ったすべての人に当てはまります。
    私の回答B(血滴子):そのような考えはあまりにも純真です。
  • 第6天
    “人们太容易被指挥了,不是吗?”
    十三娘望我,垂落的头发挡住了她好看的眼眸,但可以看出来她心情并不是很好,似窗外厚重的阴云一般令恐慌。
    我的回答A(十三娘):盲从也不完全是他们的错。
    我的回答B(血滴子):大多数人还是更加有主见的。
    「人はたやすく操られる、そうでしょう?」
    十三娘は私を見た。垂れた髪が美しい目を隠していますが、彼女の気分はあまりよくないようだ。
    窓の外の厚い黒い雲のように、恐怖を感じた。
    私の回答A(十三娘):盲目的な服従は完全に彼らのせいではない。
    私の回答B(血滴子):ほとんどの人はまだもっと自分の意見を持っています。
  • 第7天
    “我喜欢我所了解的人们。”
    她轻轻地将茶杯举起,摇晃着杯底浅淡的茶色,昧着眼轻尝一口,“看得见底的清茶才养身,不是吗?”
    我的回答A(血滴子):保护好自己就不能暴露太多。
    我的回答B(十三娘):深以为然。
    「私は私がよく知ってる人のことが好きです」
    彼女はそっと湯飲みを持ち上げ、底の薄い茶色を揺らしながら、目を伏せて一口味わった。
    「身体に良いのは底が見えている程澄んだお茶でしょう?」
    私の回答A(血滴子):自らを守るためにはあまり露出が多すぎてはいけないでしょう。
    私の回答B(十三娘):深く同意します。
  • 第8天
    十三娘精致的脸庞在微光中泛红,染上夕阳的倦意和傲气:“多数人相当自命不凡,从不正视自已的缺点,对吗?”
    我的回答A(十三娘):恐怕是的。
    我的回答B(血滴子):我认为并不是这样。
    夕暮れの光の中で、十三娘の繊細な顔が薄明かりの中で赤くなり、夕日の倦怠感と傲慢さに染まった。
    「大抵の人は気取り屋で、自分の欠点に目を向けない?」
    私の回答A(十三娘):そうかもしれません。
    私の回答B(血滴子):そうは思いません。
  • 第9天
    晕开的浓茶似乎在解开这虚容浮躁的世界,我看着十三娘好像有些明白了她琉璃色的瞳孔里的忧愁,她只淡笑着打探:“当今人们所谈论的似乎都是戏剧这一类事情,品茶和读书解意却是少之又少了。”
    我的回答A(血滴子):这有何不妥。
    我的回答B(十三娘):很遗憾,但确实如此。
    目眩がするほどの濃いお茶は、この落ち着かない虚構の世界を解きほぐしてくれる。
    彼女の瑠璃色の瞳の哀愁が何となくわかるような気がして、十三娘を見た。
    彼女はただ笑って尋ねた。
    「今の人々の話題は演劇のようなものばかりで、お茶を飲むことや読書をすることはほとんどありません。」
    私の回答A(血滴子):何が悪いのですか?
    私の回答B(十三娘):残念ながら、しかし確かにそうですね。
  • 第10天
    “人们似乎取得成功靠的是门路而不是知识?”
    虚掩着的门缝逢刮来阵阵寒风,明明她眸中还是如常清亮,但我还是看不清地笑意中的味道。
    我的回答A(十三娘):这也是没办法的事。
    我的回答B(血滴子):没有知识可难以长久立足。
    「人は成功を得るためには、知識よりもコネが必要でしょう?」
    閉めかけの戸のすき間から木枯しが吹く。
    彼女の目はいつものように澄んでいたが、笑顔の中身ははっきり見えない。
    私の回答A(十三娘):これも仕方のないことです。
    私の回答B(血滴子):知識がなければ長期的に生き残る事は難しいでしょう。
  • 第11天
    今日十三娘让我去帮她赠给门口小贩一碗茶和口粮,回来她淡淡勾起一抹笑:“一旦你开始帮助某人,他就会轻视你?”
    我的回答A(血滴子):我不认同这样的观点。
    我的回答B(十三娘):也许这便是现实。
    今日の十三娘は私と玄関先の行商人にお茶と食糧を贈るように言った。
    帰ってくると彼女はかすかに笑いを浮かべていた。
    「あなたが誰かを助け始めると、彼はあなたを軽視しますか?」
    私の回答A(血滴子):私はその考えに共感していません。
    私の回答B(十三娘):或いはこれこそ現実かもしれません。
  • 第12天
    “人们太自我中心了”,她望向窗外,手时撑在栏杆上,垂着头,睫毛微垂,说不出的温柔闲散。
    “你,我,不都是如此?”
    我的回答A(血滴子):我觉得人是能够从学习中进步的。
    我的回答B(十三娘):这很难改变。
    「人々は自分勝手すぎる」
    彼女は窓の外を見ながら手すりに手を添える。
    頭を下げ、睫毛が僅かに垂れた姿は言葉に言い表せない穏やかな怠惰さがあった。
    「あなたも、私も、全てそうではないですか?」
    私の回答A(血滴子):人々は学ぶことで進歩すると思います。
    私の回答B(十三娘):変えることは難しいです。
  • 第13天
    十三娘的生日宴会要开启了,茶馆上崭新牌匾的红绒布还裹着,雀舌帮着派送糖果给到来往的宾客,屋外哄闹作一团,她似乎不甚愉悦,挑眉望向我,细声道:“有许多人令人无法容忍,是吗?
    我的回答A(十三娘):我也这么想。
    我的回答B(血滴子):换个角度不就可以拍受了吗。
    十三娘の誕生日パーティが始まり、茶屋の新しい看板にはまだ赤い布が巻かれている。
    雀舌がキャンディを往来の客に配るのを手伝い、屋外はわいわい騒いでいる。
    彼女はあまり楽しくないようで、眉を上げて囁いた。
    「人が多くて耐えられないでしょう?」
    私の回答A(十三娘):私もそう思います。
    私の回答B(血滴子):別の角度からとらえることはできませんか?
  • 第14天
    “今日便是问茶最后一日,之后的是非请求。恐就交由你来完成了。”
    十三娘微昧着双眼,扬了扬下巴,一如始时初见她那般,令人心驰神往,“当你独自一人,远离人群时,你最欣赏你自己?”
    我的回答A:我喜欢享受孤独。
    我的回答B:独木难支,人还是需要其他人的。
    「今日がお茶の注文の最後の日か、以降何も求めないかはあなた次第です。」
    十三娘は僅かに目を伏せ、あごを持ち上げる。
    最初に彼女に会った時のように心を奪われた。
    「あなたが1人きりになったり、群衆から離れた時、あなたはは自分を最も尊重していますか?」
    私の回答A(十三娘):私は孤独を楽しむことが好きです。
    私の回答B(血滴子):独りで木を支えるのは難しく、人々は他人を必要としています。

結果

  • 血滴子側
    “或许你总是将自己封闭在自己的世界,浮躁世间中有好有坏,我将你交付于同样将自己心思封闭的血滴子,请你教我探测下他的内心。”
    「恐らくあなたはいつもあなた自身を自分の世界に閉じ込めていますね。
    浮ついた世界の中には良いものも悪いものもあります。
    私はあなたを、同じように心を閉ざしている血滴子に任せることにします、どうか私に彼の心を探るように教えて下さい。」 
  • 十三娘側
    “你是值得信任之人,容易信任他人也心思纯净,我将你交付于同样纯净的雀舌,让他的洞察机敏,可带你窥其他人内心”
    「あなたは信頼できる人であり、容易に人を信じる純粋な心を持っています。
    私はあなたと同じように純粋な雀舌に任せ、彼の鋭い洞察力はあなたに人の心を見せることができます。」

蚀骨赠礼(骨を蝕む贈り物)

プレゼントの中から毒を探すように依頼される。
マインスイーパー式のミニゲームをする事でストーリーが明らかになる。
調査する贈り物の主は味方勢力・中立勢力・敵対勢力の3種類から選ぶ事ができ、難易度が変わる。

結果

  • 調査成功
    “可难得见到十三娘这般满意的神色,她应当是认可你的。雀舌微微一鞠躬,“今日也是辛苦,不妨先回茶馆歇息?”ーー雀舌
    「十三娘のこんなに満足した顔はなかなか見られません。彼女はあなたの実力を認めざるを得ないでしょう。」
    雀舌は会釈して「今日もお疲れ様でした、まずは茶屋で休憩はいかがですか?」
  • 調査失敗
    “恐怕需要你多待些时日了。”血滴子嘴角一扯,淡漠的点点头,做出邀请的神情,“你还有选择吗?”ーー血滴子
    「もう少し長く滞在する事になるかもしれません。」
    血滴子の口角が上がり淡白に頷き、誘いの表情をして「あなたに選択肢はありますか?」

内容

面前是几个上好的红檀木箱,堆砌在一起,她简靠在窗边的栏杆上,“既然来了,有求于我,自然是要帮我做些事务的,不是么?”
目の前にはいくつかの上等な赤檀の木箱が積み重なっており、彼女は窓際の手すりに寄りかかった。
「私に頼みたいことがあるから来たのでしょう。せっかく来たからには私の仕事を少し手伝ってくれませんか?」

  • 第1天
    忙活了一天,跨出溢满清润槽木香气的园子。
    血滴子只是站在那里,隔着老远把玩手中的古玩意,好似闲情逸致的文人。
    要不是来之前有了解到他并非善人,我恐真被这般相貌给骗了去。
    一日忙しく働き、香ばしい木のにおいが満ちる庭園に踏み込む。
    血滴子はそこに立ったまま、手に持っている骨董品を持って遊んでおり、まるで暇をもて余した文人のようだ。
    もし彼が善人では無いことを知らぬままであったら、私はこのような外見に心底騙されていたかもしれない。
  • 第2天
    十三娘拉了只雕花木椅坐在我身边,白玉样光的手端着茶杯,仰面望着我。
    收整礼盒的我也不由得局促起来,忙生间:“十三娘是为何选择帮我?”
    “你应该知道我为何选择见你的。”
    她随手拿起一个礼盒在我耳畔,“我身边就加这赠礼,看似光鲜动人实则危机四伏。你初来作到了无牵挂,可是最合适的人?”
    十三娘は彫刻の施された木椅子を引いて、私のそばに座っている。
    白玉<はくぎょく>の様に艶めく手で茶碗を持って、私を眺めていた。
    贈り物の箱を整理する私も思わず窮屈に感じ、慌ただしく「十三娘はなぜ私に良くしてくれるのですか?」と尋ねた。
    「私が何故あなたを選んだかを知るべきです」
    彼女は私の耳元に贈り物の箱を持ち上げた。
    「私の手にしているこの贈り物は、魅力的に見えますが危険なものです。ですが貴方は何も知らないので一番の適任者かも?」
  • 第3天
    只曹没获得实际信息之前,或许我唯一能做的就是隐藏好自己。
    说起来从那次和十三娘谈话结束后,好像茶馆周围的人看我的目光有所变动,尤其是雀舌和玉露,为何在试图与我保持距离。
    実際の情報を得るまでの間は、自分の身を隠すことしかできないのだろう。
    十三娘との対話が終わると、茶屋の周りの人達の私を見る視線が変わったようだが、特に雀舌と玉露はどうして私と距離を置こうとしているのだろうか。
  • 第4天
    “或许你该注意一下雀舌?他最近并非常态。”
    我悉悉索索的收拾礼盒时讲到,十三娘闻言白了我一眼,半隐在光晕里,眉眼被细碎的发遮住,叫人离不开眼。
    “他在我身边很久了,不会背叛我的。”
    雀舌依旧在边上同客人们讲话,不时有目光投射过来让我有点屏息。
    「雀舌に気を付けるべきでは?最近の彼はマトモじゃない」
    ガサガサゴソゴソと贈り物の箱を整理しながら言うと、十三娘は私をじろりと白い目で睨みつける。
    逆光でその半身を隠し、細かい髪に眉目を遮るその姿に目が離せない。
    「彼は長い間、私のそばにいます。裏切ることはありません」
    雀舌は相変わらず横で客に話しかけていたが、時折こちらに向けるその視線に私は一瞬息を呑んだ。
  • 第5天
    “你不会觉得你有些过于相信这个看似温柔的女子了么?”
    血滴子今日过来看我,面孔依旧温和,但语气却变得冷峻。
    “她可是杀人不眨眼的。”
    说着指指窗外湿冷的雪地里跪着的孩童,开了窗冰確子飘进来,原来这么冰凉。
    「あなたはその優しく見える女性をすこし信じすぎているのでは?」
    今日は血滴子が会いに来てくれた。表情は相変わらず優しいが口調は冷たい。
    「彼女は人を殺しても瞬きすらしない」
    窓の外の湿った冷たい雪の中でひざまずく子供を指差して言った。 窓を開けると氷が差し込み、こんなにも寒くなった。
  • 第6天
    今日是十三娘的寿辰,夜色如墨,茶馆却热闹非凡,雀舌他说这是一个烟花开启的日子,发丝乖巧柔顺地贴在耳边,消掉了日常的尖锐和圆滑。
    “不去祝她生日快乐吗?”
    我轻声试式探。
    “不用,她知我在就好。”
    今日は十三娘の誕生日で、夜は墨のように暗いが、茶屋はとてもにぎやかだ。雀舌いわく、1つの花火が咲く日らしい。
    彼の耳にかかる髪の毛がとても柔らかく、サラサラしていて、いつもの鋭さと人の歓心を買おうとする態度がなくなっていた。
    「彼女の誕生日をお祝いしに行かない?」
    私は小さな声で尋ねて彼の反応を探った。
    「いや、彼女は私がいることを知っています。」
  • 第7天
    “十三娘,您这生意太大,我银某可承不起。”
    十三娘在外似乎在和银骏探讨什么生意。
    血滴子修长的身影腰间握着一把刻着腾龙的精致匕首,面色冷漠得根本不像是平日里和气温和的血滴子。
    华灯初上,灯火通明似乎在说放纵吧,别看那些城市之中的阴暗角落。
    十三娘递给我梦魅以求的相册。
    “你的行装雀舌已收拾妥帖,你我都得到了想要的,如此,多谢了。”
    「十三娘、その取引は規模が大きすぎて、この銀駿には買う余裕はありません」
    十三娘は外で銀駿と何かの商売の話をしているようだった。
    血滴子の細身の姿は、精巧な飛龍が刻まれた短刀を腰に携えており、その顔はいつもの温厚な血滴子とは思えないほど冷然たるものだった。
    提灯が付き始め、明々と灯される頃は秩序など存在しないと言われているらしい。
    あの都市の暗闇の部分を見るべきではない。 十三娘は夢にまで魅せられた写真帖を手渡してくれた。
    「あなたの服は雀舌が片付けました。私もあなたも欲しかったものは全部手に入れることができました。本当にありがとう」

逸闻验证(逸話検証)

ログイン・試合などのタスククリアで明らかになる。

内容

唐人街是这乱世中撑出一片和谐它宁的假象。
“在外漂泊的第几个年头,早就没了举办生日的习惯,每一天都是一样的,一样的算计,一样的权衡。倒也没有什么日子值得纪念。”
她只是轻叹口气,“倒是那些人和事,总是让人挂念着。”
チャイナタウンは、この混沌とした世の中での調和と平和の幻影だ。
「外へ流離い何年目だったか、誕生日を祝う習慣はとっくに失くしてしまいました。毎日が同じ、同じ計算、同じ秤り。記念になる日もありません。」
彼女は少しため息をついた。
「いつも気にするのは人や物です。」

  • 逸闻验证一
    湿气厚重的小再堂口,茶馆楼下饭店和着浓浓的水汽跟着雾气搅合在一起,爆炒后刺鼻的辣椒末直朝鼻口袭来,让人越发感到室息。
    我手里是从十三娘那拿回的相册,却是充溢着说不出口的压迫感。
    我看着深处,有一个黑影,一顶宽檐帽子,独自往那弄堂黑暗处走去了。
    湿気が多く小さい路地の入り口。
    茶屋の下の階のホテルは濃い水蒸気と霧の中で混ざりあっていた。
    炒めた後に鼻を突く唐辛子の粉がそのまま鼻に来て、ますます部屋の息を感じさせる。
    十三娘からもらったアルバムを手にしたが、なんとも言えない迫力がある。
    詳しく見ていると、ある広縁の帽子をかぶった人影が一人で路地の暗闇へと歩いていった。
  • 逸闻验证二
    弄堂最里的位置,一股子腐朽潮湿的味道扑面,多少陈年往事埋藏其中?
    美人杀戮决断,毫不手软,隐蔽之处却瞧着少有的慈悲;雀舌虽狡猾善道,对珍惜之人却是真诚无容。至于血滴子,分明谋略才智不弱于十三娘,为何又甘居人下…或许人本复杂。所留存的不多善意,或是埋藏深重的权衡心计,不过为保护重要之物而已。
    路地の最奥では、腐臭と湿った匂いが顔に打ち付ける。どれだけ昔の記憶が埋もれているのだろう?
    美人は容赦なく人を殺すが、彼女の中には珍しく隠された慈悲が見えていた。
    雀舌は狡猾で巧妙だが、大切な人には真心があった。
    血滴子に関しては、明らかに才知で十三娘に劣らないのになぜ人の下に甘んじているのか......人間は複雑なのかもしれない。
    残された多くの善意、あるいは深いはかりごとは、大切なものを守るためにある。
  • 逸闻验证三
    “您早就知道了?”
    阴冷潮湿的弄堂暗处,传来低吼。
    血滴子捂着胸口,站也站不稳。
    “听说最近在寻账本?还多亏了异乡人,不妨打开看看?”
    听百瑞讲,这账本记载了十三娘建立茶馆以来,所有暗交易。
    “潜藏数年,万万没想到,竟是我…”
    血滴子在原地滞住,颤抖着将竹叶里的银针暗器取出。
    「もう知っていたのか?」
    冷たく湿った路地の暗闇の中で、低いうなり声がした。 血滴子は胸元を押さえていて、立つのも辛いようだった。
    「最近、帳簿を探していると聞いたが? 異郷人のおかげだ、開けてみても?」
    百瑞によれば、この台帳には十三娘が茶屋を設立してからの闇取引が全て記録されているという。
    「数年間潜伏していたが、まさか私だったとは...」
    血滴子はその場で止まり、震えながら竹の葉の中の銀の針の暗器を取り出した。
  • 逸闻验证四
    “血滴子之后?”
    十三娘送我走的时候我小声询问,我想起他将那带毒的银针生捏在自己的手中,人却颜抖得不像话。
    “不会如何。”
    十三娘笑起来还是那般好看,手指把玩着手中的扇刀。
    “只是以他的谋略才智,本是应当更好的。都是可怜人,要不是他…”
    “罢了,既来此赴宴,走前讨句生后之乐便可以。”
    「血滴子のその後?」
    十三娘が送ってくれた時に私は小声で尋ねたが、彼が毒の入った銀の針を自分の手に握っていたのを思い出した。
    顔は無表情に震えていました。
    「大したことはありません。」
    十三娘が笑みは相変わらず綺麗で、手に持っている扇子の刃を指で弄んでいた。
    「才智があれば、もっとうまくいくはずだったというだけの話です。可哀想な人です、彼でなければ...」
    「気にしないで。せっかくの宴だ、出発前に少しでも楽しんでおきましょう。」
  • 逸闻验证五
    夜色撩人,天空里铺满璀璨的星海,似乎在向人们说明,明儿又是个艳阳天。
    一切回归原点。
    又重归庄园的时刻,我轻抚这庄园的铁細栏,为我此刻的自由和可以继续这追逐的游戏而喜悦,至少,在这里,我无需像十三娘那般挑起责任,无需刻意坚强,更无需因客观因素被迫做出违背自身内心的选择。
    夜の景色が人々を誘い空にはきらきら光る星の海が敷き詰められ、明日も明るい晴れの日になることを示しているかのようだった。
    すべてが原点に戻った。
    荘園に帰った時、私はこの荘園の鉄の細い柵を撫でて、自由になったことと、この鬼ごっこを続けられることを喜んだ。
    少なくともここでは、十三娘のように責任を負う必要はない。
    強くなる必要もないし、客観的な要因で自分の心に反する選択を迫られることもない。
  • 逸闻验证六
    “那面牌匾,有名字吗?”
    我忆起,曾在茶馆时最高处被红绒布包裹着的崭新红木牌匾。
    十三娘倚靠在沙发之上,眼眸却望着那块匾。
    ''走时才目睹到那块红绒布揭开的时刻,画内置放着的旧照载满茶馆众人。
    “它的名字,叫家人。”''
    十三娘面上挂着笑,“没有任何一场胜利不需依靠身边之人。”
    「あの看板、名前がありますか?」
    茶屋で一番高いところに赤い布で包まれていた真新しい赤の看板を思い出す。
    十三娘はソファにもたれて、その横額を眺めていた。
    赤い布が解けた瞬間を目の当たりにしたのは歩き出した時だった。
    絵の中の古い写真は茶室のみんなでいっぱいだった。
    「名前は家族です。」
    十三娘は笑顔を浮かべた。
    「人に頼らない勝利はありません。」
  • 逸闻验证七
    庄园的追逐游戏又一次开启,我好像比起从前更加了解了这里的规则,或许人与人之间,人与物之间皆是如此,多给一点耐心去接触、试探、探寻内心相互博弈,多一些探索的勇气和信心,讨论得越多,越可以避免认知缺席。
    我们之间,不也是靠着这样的勇气去建立在这里的存在吗?
    荘園での鬼ごっこがまた始まったが、私はここでのルールを以前よりもよく理解していた。
    おそらくこれは人同士の間はこのように、もっと忍耐強く接して、探りを入れ、お互いの内なる遊びを探求し、より勇気と自信を持って探求し、議論を重ねれば重ねるほど、認知欠如を回避することができる。
    ここだけの話、私たちはそのような勇気でここに存在を築いているのではないだろうか?
  • 逸闻验证八
    杂乱的脚步声混着清冽的镣铐声,我捂嘴喘着气小声腾行,庄园几日不见好像多了许多新来的家伙,也扩增了许多新的土地。
    这之后的日子,大概是会更加有趣了。
    熟悉的声音又响起了,还是那个低沉压抑的男声:“新的游戏快开始了,你准备好了吗?”
    雑然とした足取りに澄んだ手枷の音を混ざる。私は口を覆い息を殺しながら小声で走った。
    数日ぶりに荘園には新しい奴がたくさん来たようだし、新しい土地もたくさん増えたようだ。
    これからもっと面白くなるだろう。
    耳馴染みのある声がまた響いた。やはりあの低く沈んだような男の声だ。
    「新しいゲームが始まります、準備はいいですか?」
  • 逸闻验证九
    虽然庄园的管理向来松散,并非困你于此,那些听来荒谬但真实存在的游戏规则,只是愿你玩的愉快。
    再来一次启,为了想要获取的奖赏,害怕向来不是勇士的品质。遵循游戏规则,才能在这个世界中肆意。
    荘園の管理は常に緩んでいるが、これはあなたを困らせるわけではない。
    嘘のように聞こえるかもしれないが、実際に存在するゲームのルールはただ楽しく遊ぶというだけのものだ。
    もう一回やろう、報酬のために。恐怖は決して勇士の資質ではなく、ゲームのルールに従ってこそ、この世界を意のままににできる。
  • 逸闻验证十
    本无意窥探这个世界。
    我接到侦探书来到这里之后从总是遇事怯儒躲闪,到后来成功失败都能坦然以对。
    有人从庄园拿到了想要的东西就匆忙离开,有人累了就遗憾出局,有人陪伴重要的人留守庄园,有人对这里的草木土地都有了感情,有人在此收获成就感。
    至少,我觉得很幸运,能在这里遇见,遇见你们。
    この世界を覗くつもりはなかった。 探偵ノートを手に入れてここに来てからずっと臆病になっていた。自分の成功や失敗に素直になれるまでは。
    ある人は荘園で欲しいものを手に入れてすぐに出て行き、ある人は疲れて残念ながら脱落し、ある人は大切な人と共に荘園を守っている。
    草木や土地に愛着を持っている人もいるし、達成感を得るためにここに来ている人もいる。
    少なくとも、ここで出会えたことは幸運だと思う。

茶馆往事(茶屋の思い出)

茶香疑韵の結果によって内容が変わる。

内容

  • 十三娘側
    「雀舌少年,这货是收到小库房,还是收到老地方?」
    我隐约间听到我房间门口的人声,打开来是岩在雀舌耳畔低语。
    看到我前来的两人愣在原地,雀舌笑着前探先开了口:「客官,稍安勿躁。」
    说罢将我拉入房内,拉上了窗帘。
    「你们是在做什么交易吗?」我拉着他的袖口小声念叨。
    他勾了一抹笑容,竖起手指嘘声道:「切不可声张。」
    我知晓了交易这事,不知怎的,还是被发现了,雀舌受了责罚。
    「无需为我难过,」
    他应当是看出了我的愧疚,
    「十三娘是我最大的恩人,这事确实也是我的责任。」
    「可是…」我小声道。「以后站在我们身边就好。」
    他摸了一下我的头笑着说,看着这寂寥的烟火,我心中生出一丝难过。
    「客官,已经午时了,可不要因为无需问茶就贪睡哦。」
    雀舌还是一如既往礼貌和煦的笑容,「午食,已经备好在楼下了。」
    我抬眼看过去,「我们去给十三娘送点心吧。」
    他瞥了一下头看着我,「我觉得她有点危险。」
    周围都是窒息般的寂静,从房顶漏下的水珠灌进他的脖子。
    我们端着点心走进去的时候,十三娘正坐在茶馆小房间,翘着二郎腿半躺着,在昏黄的灯光下,慵懒而看不清情绪。
    摩挲着手指尖的宝石戒指,临了吹吹扇子刀上的灰。
    「十三娘,你要的点心到了。」雀舌语气淡淡的。
    如果不是面前那个被打到血肉绽起的人,挂在高处大声喘息,皮肉下可以隐约瞥见的白骨,我几乎快要相信这是什么閒散的美人了。
    「银骏,你知道我向来是信任你的?」她轻巧地拿起点心吃了起来,「而你却,掉包我的货?」一坨黑乎乎的包裹被血滴子猛地踢到银骏面前。
    十三娘勾着笑,接过从雀舌手里的一叠契约,弯着腰用扇刀挑起银骏的喉结,「这是你的全部身家。
    哦,不只如此,我记得你的妻子刚怀孕,对吧?」
    「不!不要!我说!是丹…」
    「砰!」
    银骏话音未落,巨大的枪声响彻了整个茶馆,我的视线和耳膜似乎也随着面前这血液的刺激变得没有知觉,缓缓地倒下了。
    「雀舌少年、この荷物は小さい倉庫に届けますか?それともいつものところに届けますか?」
    部屋の入り口から声がかすかに聞こえ、開けてみると岩が雀舌の耳元で囁いている。
    私が来たのを見て2人は呆然としていたが、雀舌は笑いながら探りを入れるために口を開いた。
    「お客さん、落ち着いてください。」
    言い終わると私を部屋に引き込みカーテンを閉めた。
    「何の取引をしているのですか?」
    彼の袖口を引っ張って小声で言う。
    彼はかすかな笑みを浮かべ「絶対に口外しないでくださいね」と指を立てて言った。
    私は取引の件を知ったが、なぜか見つかり、雀舌が罰を受けた。
    「私のために悲しまないでください」
    彼は私の後ろめたさを見抜いたようだ。
    「十三娘は私の1番の恩人ですが、これは確かに私の責任です。」
    「でも…」と私は小さい声で言う。
    「これからは私たちの傍に立ってくれるなら良いです。」
    彼は私の頭に触れて笑いながら言った。
    この寂しい花火を見て、私の心に少しの痛みが生じた。
    「お客さん、もうお昼ですよ。問茶が必要ないからといって寝坊しないでください。」
    雀舌は相変わらず穏やかな笑顔で礼儀正しい。
    「昼ご飯は下の階に用意されています。」
    私は目を上げて言った。
    「十三娘にお菓子をあげに行きましょう。」
    彼はちらっと私を見て言う。
    「彼女はちょっと危険な感じがします。」
    周囲は窒息しそうなほどに静かで、屋上から漏れた水滴が彼の首に入り込んだ。
    私たちがお菓子を持って入る時、十三娘は茶屋の小さい部屋に座っていた。
    椅子に腰を下ろし足を組んだ状態で半分寝ており、薄暗い照明の下でけだるげにしており何を考えているのかわからなかった。
    指先の宝石の指輪で手を擦ると、扇子刀の上に灰が吹きつけてくる。
    「十三娘、あなたの注文したお菓子が来ました。」
    雀舌の声は淡々としている。
    高いところに掛けられて大きな声で喘ぎ、皮の下にうっすら見える白骨。
    もし殴られて血肉がぼこぼこしている人が目の前にいなければ、私は美人の暇つぶしだと信じてしまいそうになった。
    「銀駿、私はいつもあなたを信じています。」
    彼女はお菓子を軽く持ち上げ食べ始め、
    「あなたも私の荷物をすり替えるのですか?」
    1つの黒い塊が血滴子によって銀駿の前に蹴り出された。
    十三娘は笑いながら、近づいてきた雀舌が手に持った1重ねの契約を書受け、腰を曲げて扇刀を銀駿の喉元にかきたてた。
    「これはあなたの全ての家族です。ああ、それだけではない。あなたの妻は妊娠したばかりですよね?」
    「いいえ、要りません!言います!これは丹…」
    「(銃声)」
    銀駿の言葉がまだ終わらないうちに大きな銃声が茶屋全体に響き渡り、私の視線と耳膜も目の前の血液の刺激によって感覚がなくなり、ゆっくりと倒れた。
  • 血滴子側
    血滴子拉下窗帘,关掉屋里所有的电灯,一小束月光打在他的身上,脖颈处的肌肤微微露出,透露着淡淡的书卷气息,“这局看上去只是寿宴,但实际上是权贵们的交际大会,十三娘也会在此出售交易她的货物,你应当也有所耳闻,我们都不希望看见糟糕的事情发生,不是吗?”
    血滴子露出浅浅的笑意,抓住我的肩膀,“我们等这天已经等了一年了。你愿意帮我吗?”
    我轻轻推开他,摇了摇头又点了一下,脑子里面一直浮现着玉露给我讲述的,血滴子的过去。
    一个留洋世家公子,被险害至家破人亡,一切的一切都是因为十三娘,因为她的“贸易”。
    或许我真应该帮他。
    十三娘的生辰宴会在茶馆大厅举行。
    这是一场灯火通明的地下贸易盛会,来来往往许多人都挂着和善的笑容。
    他们彬彬有礼,同时也对每个进入茶馆的男女进行审视思考对方又是怎样的人物,可以从中获取什么利益。
    十三娘在一片掌声中开始发表演讲,玉露拉着我转身去了女宾化妆间,出来就把一支枪支插在血滴子的后腰,然后用手搭在那里,就像两个关系很好的舞伴揽着对方的腰。
    掌声再次响过后,天花板上的灯光渐渐暗去,十三娘的身影消失在茶馆中央,朝着茶馆小偏殿走去,茶馆内响起浪漫的音乐。
    王露掏出一块手帕,轻柔地擦去血滴子鬓角的一丝汗迹,在他耳边说了什么。
    下一首音乐响起,血滴子揽上了我的腰,唇边浮起了一抹笑,在我耳畔轻声说,“去帮我找澜沧吧,另外,告诉她,银验被发现了。”
    我一面感概血滴子建立势力的能力,一面依照血滴子的指示,找到澜沧给地传递了信息,匆忙赶回来,却已经看不见血滴子的身影。
    一丝忧息袭上我的心口,玉露却声色自若地坐着,也透着少少的自信,柔声细语抚摸我的背脊:“别担心,他不会有事的。”
    恍惚间巨大的枪声穿过整个茶馆大厅,聊天的,交际的,舞蹈的众人全都尖叫起来,冲出茶馆。
    “看来计划成功了。”
    玉露端着茶杯笑吟吟地说。
    血滴子がカーテンを閉め部屋の電灯を全て消すと、月の光が彼の体に当たった。
    首筋の肌がほんのりと露出し、淡く微かな書物の息吹を漂わせている。
    「これはただの宴会のように見えますが実際には権貴たちの交流会で、十三娘もここで取引の品物を売ります。あなたも聞いたでしょうが、悪いことが起こるところを見たくはないですよね?」
    血滴子が薄い笑みを浮かべ、私の肩を掴んだ。
    「私たちがこの日を待って1年になります。助けてくれますか?」
    私はそっと彼を押しのけ、首を振ってから又一回頷いた。
    玉露が語ってくれた血滴子の過去が頭に浮かぶ。
    一人の留洋家の息子は十三娘の「貿易」のためだけに家を滅ぼされるまで危害を加えられた。
    彼を手伝うべきかもしれない。
    十三娘は誕生日パーティーは茶屋のロビーで行われる。
    灯火明々とした地下貿易の盛会で、行き交う多くの人が優しい笑顔を浮かべていた。
    彼らは礼儀正しいと同時に、茶屋に入る男女についてもどのような人物なのかを考え、そこから何の利益が得られるかを思い描いている。
    十三娘は拍手の中スピーチを始め、玉露は私を連れて振り向きながら女性用の化粧室に向かう。
    出て来た血滴子の腰の後ろに銃を差し込み、そこに手をかければ二人の仲のいいダンサーが相手の腰を握っているようだ。
    拍手の音が再び響いた後、天井の照明がだんだん暗くなる。
    十三娘の姿が茶屋の中央に消え、茶屋の小脇のホールに向かって歩いていくと、茶屋の中にはロマンチックな音楽が響き渡った。
    王露はハンカチを取り出して、血滴子のこめかみの汗の跡を優しく拭いて彼の耳元で何かを言った。
    次の音楽が鳴り響くと血滴子が私の腰を抱き、口の端に笑みを浮かべながら耳元で「澜沧さんを探してください。銀駿が見つかったと伝えてください。」と囁いた。
    血滴子の勢力を築く能力を感じながら、血滴子に従い澜沧を見つけて情報を伝達し急いで戻ったが、血滴子の影はもう見えなくなっていた。
    一抹の憂いが私の心中を襲うが玉露は顔色一つ変えずに座っている。
    自信がないことが透けたのか、私の背中を撫でながら柔らかい声で「心配しないで、彼は大丈夫です。」と言った。
    ぼんやりしている間に大きな銃声がホールを通り抜け、喋ったり交流していたり踊っていたりしていた人々は全て悲鳴を上げながら茶屋から逃げ出し始めた。
    「計画は成功したようです。」
    玉露は茶杯を持ち笑いながら吟じるように言った。

コメント