岡原正幸 の変更点

**緊急告知 [#i8391046]

座談会「生きる」のお知らせ

来る12月19日(土)、午後2時より慶応大学社会学・岡原正幸ゼミと脚本家小浜慎也の共同企画で、三田哲学会協力で三田第一校舎131A教室にて座談会を催します。1時50分までに会場に御入室下さい。入場無料です。
一般の方々も御参加でき、東門より御来校いただければ会場まで御案内いたします。終了時間は午後4時半を予定しております。

ゲスト

加賀乙彦さん(作家、元東京拘置所精神科医官、作品『錨のない船』を山田洋次監督が映画化に着手)
宇都宮健児さん(弁護士、『派遣村』名誉村長を務め、格差・貧困問題に取り組む)
熊本典道さん(元裁判官、日弁連人権擁護委員会、東日本ボクシング協会が救済に取り組む袴田事件の再審を強く訴える)
渡辺えりさん(劇作家、演出家、女優)
杉山卓男さん(布川事件)

座談会は先生方のお話を一方的に伺う講演形式ではなく、みなさんがた、学生達、マスコミ関係者を
交えて裁判制度、人権、平和、市民運動などをテーマに語り合う趣向です。

クリスマス前のひととき、至極の先生方を囲んで皆さん方と意義深い週末を過ごせれば幸いです。
&size(24){&color(red){詳細は[[座談会12/19]]};};

*Okahara, Masayuki [#xcdf19e5]
-慶應義塾大学文学部 教授 人間関係学系 社会学専攻 
-[[研究会>岡原研究会]]として金曜4、5限は本ゼミ、金曜2,3限は[[サブゼミ]]を行っている。授業担当はほかに、[[社会学概論]]、[[社会学史]]、[[現代社会論]]、[[ドイツ語洋書講読]]、[[社会科学特論]]、[[社会学(通信教育部)]]など。

http://oka.web.infoseek.co.jp/foto/okahara2.jpg~

''「早稲田塾」のコーナーで勝手なことしゃべりました。[[こちらをどうぞ>http://www.wasedajuku.com/wasedane/wasedane_flm.html]]''

**&color(red){オフィスアワー}; [#rbfb4ff5]
金曜日 12:00~13:00 下記アドレスへのメールにて予約してください。 

**&color(red){専攻科目}; [#i0d57fc8]
感情社会学,ボランティア論,社会彫刻 ([[ソシオインスタレーション]])

**&color(red){所属学会など}; [#i9885c36]
日本社会学会、日本現象学・社会科学会、障害学会 他

**&color(red){主要著作・論文}; [#c7d8ecd2]
〔著書〕[[『ホモ・アフェクトス―感情社会学的に自己表現する』(世界思想社 1998):http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4790707369/qid=1065649469/sr=1-3/ref=sr_1_2_3/250-7746175-0329869]]。[[『生の技法 - 家と施設を出て暮らす障害者の社会学』(藤原書店 1990 増補改訂版1995):http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/489434016X/qid=1065649469/sr=1-1/ref=sr_1_2_1/250-7746175-0329869]]。[[『感情の社会学-エモーションコンシャスな時代』(世界思想社 1997):http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4790706389/ref%3Dnosim/inktomi-jp-asin-books-22/250-7746175-0329869]]。〔翻訳〕[[『地位と羞恥 社会的不平等の象徴的再生産』(S.ネッケル著 法政大学出版会 1999):http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4588006347/qid=1065649469/sr=1-4/ref=sr_1_2_4/250-7746175-0329869]]。〔論文〕 「求ム癒すべき身体~セラピーカルチャーの感情社会学」『身体のレッスン』(岩波書店2006)「生と性の技法」(『三色旗』2006)、「感情・身体知・パフォーマンス」(『三色旗』2006)、「本当の自分の政治学」(『情の技法』2006)、「出会いとまよい」(『こころと文化』多文化間精神医学会2006)、「感情共同体と感情公共性」(『三色旗』2005)、「ポスト・モダンな感じ - 感情文化と社会変容」(『哲学』1990)。「感情社会学の主題系,古典から:Weber」(『哲学』1994)。「モードのポリティックス」(『日常生活の舞台と光景』聖文社1990)。「〈出会い〉と〈まよい〉 - 荻野恒一論1」(『哲学』1993)。自由なセックスと感情表現(世界思想社 1999)。A Situation has a Feeling(Toronto 1990)。さらには、雑誌『JJ』(1992、1993)に恋愛占いや性格分析のコラム。 そのほか詳細は、下記のアドレスにて公開しています(常時作成中)http://www.k-ris.keio.ac.jp/

**&color(red){僕の研究紹介}; [#ed34e94e]
自然のものだと思われているような「感情」や「身体」の社会的構築を謳う,あるいは「障害者」の自立生活に立ちあう,それらをベースにして,ひと,もの,ことば,そして出来事が,この社会で権力的に配置される場面を僕は探ってきたのですが,今現在は,それらのいわゆる「社会学的」な営みにあって,「探る主体」として制度的に構築されていってしまった「僕」「岡原正幸」「社会学者」の脱・再構築をめざして,みずからのリアルさに準拠するような,実験的な試みをしようとしています。たとえば,感情公共性の立ち上げ,非言語式社会学の創案,社会/学/アート,もしくはソシオインスタレーションの制作,社会調査の演劇的批判,極私的社会学の創作,[[感情Tシャツ]]・ワークショップなどがそれです。またそれら試みの総称として《社会彫刻》を,ドイツのアーティスト,ヨーゼフ・ボイスより借用しています。 

**mailto [#y503be5a]
MLB41567@nifty.com

*&color(red){相談社会学}; [#gf98ca94]
|''どなたでも、みなさんの相談に応じて「社会学します」。''|


**1993年卒業 [#v3465cf2]
>[[カデュー?]] (2007-03-12 (月) 00:43:56)~
~
山岸ゼミです。ソフトボールの練習の後、自由が丘で痛飲したのを思い出します。当時のメンバーはちょうど東京に戻ってきています。~


**1993年卒業 [#m359b070]
>[[カデュー]] (2007-03-11 (日) 01:32:35)~
~
白幡? 違います。三田の美人ママがいたカデユーで酒をよく奢ってもらいました。まだシトロエンに乗っていますか? ~
-ごめん!そもそも93年卒業なら、僕が代講した山岸ゼミあるいは藤田ゼミかな? -- [[岡原正幸]] SIZE(10){2007-03-11 (日) 10:10:18}
**1993年卒業 [#w5e2b7ce]
>[[カデュー]] (2007-03-04 (日) 02:56:30)~
~
ご無沙汰しています。31(土)に卒業以来14年ぶりに会えることを楽しみにしています。~

//
-すげえ、白幡? -- [[岡原正幸]] SIZE(10){2007-03-04 (日) 09:34:00}

**先生 [#f04ceab2]
>[[クマガイ]] (2005-10-21 (金) 08:37:13)~
~
育児ばっかりでなくて、たまにはゼミ員にかまってください。~


**悩み [#g24ca913]
>[[あらいともひろ]] (2004-07-29 (木) 19:14:43)~
~
たまには指導してください。うへ。~

//
-ワァ、新井さん、まともに「相談」じゃん、それとも相談に向けての相談じゃん。それもいいけどね。 -- [[岡原正幸]] SIZE(10){2004-07-30 (金) 07:01:52}
-「相談」に隠された微細な権力作用こそ社会学で告発しましょうか。 -- [[岡原正幸]] SIZE(10){2004-07-30 (金) 07:04:32}
-僕はむしろ「相談」って<信頼>ということと関わると思うんですねえ。 -- [[あらいともひろ]] SIZE(10){2004-08-07 (土) 12:10:17}
-友愛関係とその相補関係から紡がれた<信頼>みたいな。 -- [[あらいともひろ]] SIZE(10){2004-08-07 (土) 12:13:16}
-そこだ!「感情公共性」で僕が訴えたいのも。 -- [[岡原正幸]] SIZE(10){2004-08-07 (土) 12:25:51}
-いつも思うのですが「感情公共性」ってピンと来ないのですね、僕には。 -- [[あらいともひろ]] SIZE(10){2004-08-16 (月) 18:38:21}
-<感情>と<公共性>の間に、どうも埋めがたい溝があるような気がして。 -- [[あらいもとひろ]] SIZE(10){2004-08-16 (月) 18:39:21}
-あえて突っ込むと、ちょっとした「マジックワード」になっとんのちゃうのか、と。 -- [[あらいともひろ]] SIZE(10){2004-08-16 (月) 18:40:44}
-新井さん、息をゆっくりはいて、素直になって、自分の気持ちを眺めてみよう。 -- [[岡原正幸]] SIZE(10){2004-08-17 (火) 10:38:08}